ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

フランスワイン

ルイ・テット ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール 2018

IMG_0619
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は解禁日のボージョレワインを飲みますよ(∩´∀`)∩

本日飲むのはフランスの赤ワイン「ルイ・テット ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・サントネール 2018」です。
続きを読む

キャップ・ロワイヤル・ブラン 2016

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はワインを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_7414IMG_7415
本日飲むのはフランスの白ワイン「キャップ・ロワイヤル・ブラン 2016」です。

製品紹介は画像にて(・∀・)
IMG_7409
メドック2級格付けの”シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン”というワイナリーのワインだそうです。

2級と言われると格落ち感があるようにも思ってしまいましたが、そもそも1級が五大シャトーと呼ばれる5つしかないわけですから、それに次ぐ格付けと思えばすごいことなのでしょうね。

ちなみに2級は14シャトーだそうです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:キャップ・ロワイヤル・ブラン 2016
種類:白ワイン
原産:フランス
醸造:シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
容量:750ml 12.5%
価格:1,620円(税込)
IMG_7417
【香り】
バニリィでクリーミィな樽感、白ぶどうにレモンやグレープフルーツ、少しオレンジのニュアンスもあるクリアでフレッシュなフルーティさを感じます。

【味】
若い果実のフレッシュな酸味、グレープフルーツの果皮を思わせるシトラスビター、酸味の目立つ飲み口でとてもハイトーンなフレッシュさです。

フレッシュな飲み口に続いて白ぶどうの甘みもじわりと感じられ、奥の方には薄めの樽香も感じられます。甘酸っぱいフレッシュな飲み口ですがボディは意外としっかりとしており、樽系の香味もあってどっしりとした飲みごたえも感じられます。

【感想】
フレッシュですがしっかりボディの白ワイン。何年か寝かせてみても面白いんでしょうか。

ワインのことはまだまださっぱりわからないのですが、価格の割りにしっかり飲める印象でした。まだまだ酸味なんかが目立つ感じはありますが、思い切って何年か転がしておいても良いのかなと思いました。

【リピート】
株主優待でいただきました( ^ω^)
なかなか美味しいのでまた機会があればもらおうと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

キャップ・ロワイヤル・ルージュ 2015

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はワインを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_7406IMG_7408

本日飲むのはフランスの赤ワイン「キャップ・ロワイヤル・ルージュ 2015」です。

製品紹介は画像にて(・∀・)
IMG_7409
メドック2級格付けの”シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン”というワイナリーのワインだそうです。
2級と言われると格落ち感があるようにも思ってしまいましたが、そもそも1級が五大シャトーと呼ばれる5つしかないわけですから、それに次ぐ格付けと思えばすごいことなのでしょうね。

ちなみに2級は14シャトーあるそうです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:キャップ・ロワイヤル・ルージュ 2015
種類:赤ワイン
原産:フランス
醸造:シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
容量:750ml 13.5%
価格:1,620円(税込)
IMG_7411
【香り】
カシスやブラックベリーを思わせる皮付きの赤系フルーツ、紫色の花弁に少しレモンやグレープフルーツ、なめし革のようなタンニン、樽系のクリーミィさに割合しっかりと樽材の木の香りを感じます。

【味】
ぶどうの甘酸っぱくフレッシュな果実感の感じられるスムーズな口当たり、強くはないがしっかり目のタンニンの渋味、グレープフルーツなど軽めのシトラスフレーバー、樽材の風味は控え目です。

入りこそスムーズですが、中盤以降はどっしりとしたボディのワインです。

【感想】
フレッシュかつどっしりボディの赤ワイン。タンニンの渋味もそれなりにありますが、ボディの割りに飲みやすい印象です。

【リピート】
株主優待でいただきました( ^ω^)
なかなか美味しいのでまた機会があればもらおうと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ロワイヤル ブリュット

皆さんメリークリスマス、ポッキーです。

今夜はクリスマスイブ、そんなわけでちょっと贅沢に今日はシャンパンを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_5860IMG_5861
本日飲むのは「ジョセフ・ペリエ キュヴェ・ロワイヤル ブリュット」です。

”ジョセフ・ペリエ”は1825年にフランスのシャンパーニュ地方でジョセフ・ペリエが設立したメゾンです。イギリスのビクトリア女王とエドワード7世に愛され、英国王室の結婚式で振る舞われたことから、英国王室御用達として”ロワイヤル”を冠することを許されたシャンパーニュハウスだそうです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:Joseph Perrier CUVEE ROYALE BRUT
種類:スパークリングワイン(シャンパン)
原産:フランス
醸造:ジョセフ・ペリエ
葡萄:シャルドネ35%、ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ30%
熟成:瓶内で3年間
輸入:株式会社JALUX
容量:750ml 12%
価格:税込5,000円前後
IMG_5863
【香り】
バニラや少しカスタードクリームを思わせる樽香に、レモン、乳酸、少し白桃や洋梨を思わせるフルーティさ、花弁を思わせるフローラルな香りを感じます。

甘い樽香とキリッとしたフルーティさ、そこに甘さを伴うフルーティさやフローラルな香りが感じられる印象です。

【味】
しっかりと炭酸、グレープフルーツなど柑橘類を思わせる甘苦さに軽めのウッディな風味、フレッシュで酸味を伴うぶどうの甘み、少し後口にミネラル的な硬質さ、じんわりとアルコール感もあり、とてもバランスが良いです。

キリッとフレッシュ、その後はまろみを帯びた甘みが感じられます。じんわりとやってくるアルコール感が個人的にとても良いです(・∀・)

【感想】
バランス良く美味しいシャンパン。価格もスパークリングワインではなくシャンパンと考えるとこんなものではないでしょうか。

キリッとフレッシュな風味はシャルドネ、その後のまろみはピノ・ノワールやピノ・ムニエ由来のものなんでしょうかね。バランスの良さは複数種類のぶどうを織り交ぜているからかと思われます。

シャンパンもスパークリングワインも同じものなわけなんですが、シャンパンというだけでちょっとリッチな気分になってしまうのは庶民の悲しい性なんでしょうか(ノ∀`)

【リピート】
セレクトギフトでちゃっかりいただいたものです(・∀・)
また飲みたいなぁ。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

アンリ・フェッシ シャトー・デ・レイシエール・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 2017

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は赤ワインを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_5855IMG_5856
本日飲むのはフランスの赤ワイン「アンリ・フェッシ シャトー・デ・レイシエール・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 2017」です。名前長いですね(笑)

ボージョレ・ヌーボーは皆さんご承知のとおり、毎年11月の第3木曜日に解禁されるワインの新酒のことです。解禁日には日本でもイベントが開催されるようになって久しく、むしろ一般化しすぎたのか以前ほど盛り上がらなくなっているような気もするほどです(ノ∀`)

年の瀬も押し詰まる今日このごろですが、我が家でもようやくボージョレ・ヌーボー解禁です(ノ∀`)

アンリ・フェッシについてはアサヒビールによるブランド紹介をご参照いただくのが良さそうです。製品紹介は以下の通りです。
クリュ・デュ・ボージョレの一つ、レニエ村の自社保有するシャトーのプレミアムなヴィラージュ・ヌーヴォ※。深い紫色に果実の優しいブーケ、ブラックベリーなどの凝縮された果実味に加え、シルキーなタンニンと優美な余韻が楽しめる逸品です。

通常の「ボージョレ・ヌーヴォ」に加えて、ボージョレ地区の中でも特にコクのあるワインができる、北部の38の村のぶどうだけを使って造るワンランク上のヌーヴォ、“ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ”があります。

トロフィー・リヨン2017年 金賞受賞

トロフィー・リヨンとは…
フランス最大のボージョレ・ヌーヴォ(ロゼ含む)とボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォのワインコンクール。

クリュ・デュ・ボージョレというのは、ボージョレ地区のなかでも特に品質の高いぶどうを産出するクリュ(区画)のことだそうです。

それでは早速、解禁してみましょう(*゚∀゚)

名称:HENRY FESSY CHATEAU DES REYSSIERS BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU 2017
種類:赤ワイン(新酒:ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ)
原産:フランス
醸造:2017年
販売:アンリ・フェッシ社
輸入:アサヒビール株式会社
容量:750ml 13.5%
価格:3,974円(税込)
IMG_5858
【香り】
クリーミィさやバニリィな風味を感じさせる樽香にレモンやみかんの果皮を思わせる酸味、フレッシュですが重々しいぶどうの香り、タンニンの渋味を感じます。

赤ワインらしい重さの片鱗を感じますが、新酒らしくまだまだフレッシュな風味が強め、そこに樽香やシトラスフレーバー、タンニンの風味が落ち着きを与えてくれています。

【味】
サラリとした口当たり、タンニンは感じますが、まろやかで渋味は軽めです。ジュースと勘違いしそうな程にジューシィですが、奥行きを感じるぶどうやブラックベリーを思わせる風味の後からじんわりとアルコール、余韻は舌の上にぶどうの甘みが広がり、消えていくに連れてまろやかなタンニンの渋味、喉の奥にドライなアルコール感を感じます。

とても素直でキレイな酒質のワインだと思います。飲みやすさは抜群でワインに慣れない方にも好まれそうです。瑞々しい味わいですが当然のことながら熟成感には欠け、赤ワインらしい飲みごたえはやや希薄です。

タンニンが強くないように感じられますので長熟には向かなそうですが、その分ヌーヴォなどでフレッシュな果実味を思い切り楽しむのが正解かもしれませんね(・∀・)

【感想】
素直でキレイな酒質、タンニンも比較的軽めですが熟成感には当然欠けます。にも関わらず薄べったくは感じられず、フレッシュさとそれだけではない奥行きが楽しめる、よくできたワインなのかなという印象を受けました。けっこう美味しかったです(´∀`*)

ボージョレ・ヌーヴォよりもワンランク上質の、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォなだけのことはあるということなんでしょうね。

【リピート】
お祭り騒ぎだからと倦厭せず、年に1回くらいはヌーヴォを飲む機会があっても良いですね。来年も何がしか飲む機会に恵まれると良いのですが。

本品自体は一期一会で、残念ながらもう飲む機会はないだろうと思います。”アンリ・フェッシ”は覚えておこうと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ