皆さんこんばんは、ポッキーです。

昨夜は寒くてあまり熟睡できず、今日は連休明けにも関わらずダルダルな感じでした(;´Д`)
さて、今日からブログランキングというのに登録してみましたので、読まれてお気に召されましたらバナーをクリックしていただけますと幸いです。

このブログの主なジャンルはウイスキーのはずなんですが、ウイスキーのテイスティング記事は未だ1件(笑)ほとんど詐欺ですね(;^ω^)
そして今回も焼酎の記事です。ウイスキーも徐々に書いていきますので(笑)

名称:松永安左エ門翁
種類:麦焼酎(シェリー樽貯蔵)
製造:玄海酒造株式会社
容量:720ml 43%
価格:5,400円
IMG_0351 IMG_0354
【香り】
アルコールの揮発感に樽由来と思われるほのかなバニラ香。加水するとアルコール感が薄れ、ウッディさが強まる。併せて若干のシェリー感が出てくる。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、よりシェリー感が強まる。
【味】
シェリー樽由来と思われる甘さ・酸味・渋みに、ウッディさがある。アルコールのパンチ感は強め。

加水すると一気に飲みやすくなり、ウッディさをより強く感じる。トワイスアップにするとスムーズに飲める。ウッディ・バニリィ・シェリーのバランスが良く、この飲み方が最もおすすめ。

ロックにするとシェリー樽由来と思われる渋み、タンニン感が出てくる。水割りにすると渋みは弱まるもシェリーはしっかりと感じられ、後からウッディ・バニリィがついてきて、華やかかつスムーズな飲み口。
【評価】
流行りの(?)樽貯蔵焼酎。焼酎自体が麦焼酎であることからかなりウイスキーに近しい風味。アルコール度数もいかにもそれっぽい(笑)実に美味い焼酎であり、松永安左エ門氏が相当な地名士であったことが伺える。草葉の陰で喜んでいるかも?
【リピート】
美味い焼酎だが、この値段であれば同一価格帯のウイスキーを購入する。

壱岐対馬は麦焼酎発祥の地だそうです。焼酎の名前である松永安左エ門氏は、戦後、電力事業再編をなし、「電力の鬼」と云われた壱岐出身の人物です。

またしても焼酎ですが、ウイスキーっぽい焼酎ですので(笑)麦焼酎をシェリー樽(スパニッシュオーク樽)に貯蔵していますので、正直、適当なウィスキーの瓶に入れて飲ませたらそのまま通ってしまいそうです。で、あればウイスキーを買えば良く、樽貯蔵の焼酎は個人的には変化球扱いです。焼酎は樽貯蔵よりも甕貯蔵派です。

ウイスキーと麦焼酎って何が違うのって話ですが、私の頭の中では、以下のイメージです。

ウイスキー:酵母を使って麦汁をアルコール発酵させる。出来上がりはビール程度の低めのアルコール度数なので2~3回と複数回蒸留する。単式蒸留器で造るのがモルトウイスキー、複式蒸留器で造るのがグレーンウイスキー 

(麦)焼酎:麹を使ってアルコール発酵させる。出来上がりは日本酒程度の高めのアルコール度数なので基本的に1回蒸留で終える。単式蒸留器で造るのが乙類焼酎、複式蒸留器で造るのが甲類焼酎

基本的には親戚または兄弟と言って良いほど親しく、樽貯蔵すれば似通った風味になるのは当然のことと思います。

それ故に焼酎はウイスキーとは一線を画してほしく、樽貯蔵はあくまで変化球と受け止めています。焼酎には原料由来の香味とある種の荒々しさ、甕貯蔵のまろやかさが同居していてほしく、そこに樽由来の香味は没個性になるだけではなかろうか、と。いや美味しいんですけどね。

美味いんですけど、樽貯蔵することで値段が上がっちゃうのであればウイスキーを買っちゃうなぁと。焼酎は無色透明であってほしいと思います(笑) 

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ