皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は日本酒のテイスティングです( ´∀`)本日飲むのは青森県は六花酒造の「じょっぱり」。じょっぱりとは津軽弁で「意地っ張り」「頑固者」を意味する方言だそうです。ごうじょっぱり(強情っぱり)が変化したんでしょうか。濃厚で甘口な味わいが主流の東北の地酒に背を向けて、どこの酒にも似ていない、六花酒造ならではの酒を造りたいという意地っ張りで頑固な想いから生まれたのが「じょっぱり」という銘柄だそうです。

六花酒造は創業が享保4年(1719年)と超の付く老舗です。昭和47(1972)年に弘前の造り酒屋3社が合併して今の六花酒造になっています。そんな六花酒造の代表銘柄が「じょっぱり」で、この酒はその言葉が表すような「辛口」のお酒となっているそうです。

名称:大吟醸じょっぱり
種類:日本酒(大吟醸酒)
精米:40%
酒米:夢想い(青森県産酒造好適米)
酵母:青森県まほろば吟醸母
原料水:白神山系地下伏流水
日本酒度:+1.0
酸度:1.5
製造:六花酒造株式会社(青森県弘前市)
容量:720ml 15~16%
価格:3,000円
IMG_0425IMG_0429
IMG_0432
【香り】
華かで甘い吟醸香。メロンに少しの柑橘が混じった鮮烈で瑞々しい香り。
【味】
豊潤辛口。飲む瞬間は淡麗、ですがその後すぐに大吟醸酒の豊潤な甘さが広がります。なのに余韻は後を引きません。
【評価】
やっぱり東北の酒はすごいと再確認できる酒です。純米酒ではありませんが醸造用アルコールの嫌味はなく、余韻のすっきりさには、しっかりと純米酒でない強みが出ています。華やかで豊潤、すっきりと辛口、相反しそうな2つを同時に満たす稀有な酒なのではないでしょうか。
【リピート】
日本酒四合瓶で3,000円は決して安くないのは承知の上ですが、日頃ウイスキーなんぞを飲んでいると金銭感覚が狂ってきまして、このクオリティで3,000円は大変にお安いと思ってしまいます。「じょっぱり」も「六花酒造」も初体験でしたが完全に頭に記憶されました。きっとまた買います。

「大吟醸じょっぱり」はIWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ2013「SAKE部門」の「吟醸酒・大吟醸酒の部」に於いて金賞を受賞している酒です。また、同じく六花酒造の「じょっぱり夢想い」は2015年のANA国際線ファーストクラス提供酒になるなど、「じょっぱり」は世界的に評価を受けている酒のようです。

日頃、純米系(純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒)ばかり贔屓にしている私にとって、純米系以外の見方を変えてくれる酒になるかもしれません。私の凡庸な酒歴においてではありますが、これほど醸造用アルコールの弱み(ツンツンする、アルコール臭い)を感じさせず、強み(すっきり、辛口)を活かしている日本酒は初めてではないかと思います。

決して有名銘柄ではない(私がものを知らないだけかもしれませんが…)と思いますが、まだ見ぬ銘酒は山程あるのでしょう。長生きしないといけませんね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ