皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は岩手県の地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0495
IMG_0496IMG_0497
本日飲むのは銀河高原ビールの「小麦のビール」です。

株式会社銀河高原ビールは、平成8年(1996年)に岩手県沢内村の村おこしの一環として設立された企業です。小麦麦芽を使用する白ビール系統のビールに力を入れており、ヴァイツェン、白ビール、そして本品「小麦のビール」など、複数の小麦麦芽ビールをラインナップに持つのが特徴です。

地ビールブームが沈静化した2000年代に経営が悪化するなど、過去二度にわたる清算を乗り越えて現在も経営を続けている、根性のある(?)企業です(ノ∀`)

東証一部上場企業で岩手県に本社のある、日本ハウスホールディングスの子会社となっており、同社の株主優待ではこの銀河高原ビールを優待品としてもらうことができます。

製品紹介は以下のとおりです。
小麦を贅沢に使った自然志向の無濾過ビールです。
銀河高原ビールの「定番」と言える「小麦のビール」。 文字通り、小麦麦芽を贅沢に使用しています。日本で一般的に飲まれているビールは、淡い透明感のある黄金色、苦みと炭酸が特徴の「ピルスナー」という種類のものです。「ピルスナー」は通常「大麦麦芽」を使用して作られています。

「小麦のビール」は、南ドイツ伝統の「ヴァイツェン」という種類のレシピを元に日本でアレンジした商品で、「小麦麦芽」と「大麦麦芽」をブレンドして作られたビールです。

小麦麦芽を使用することにより、麦の香りや味わいがまろやかに感じられ、また泡持ちがよく、独特のこんもりとした甘い泡を楽しんでいただけます。ヨーロッパでは、「ヴァイツェン」ビールは「貴族のビール」とも呼ばれる贅沢なビールなのです。

ビール酵母入り、天然水仕立て、厳選された麦芽とホップにこだわり、副原料も使わない製法がおいしさの秘密です。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:小麦のビール
種類:ビール
系統:ヘーフェヴァイツェン(無濾過ヴァイツェン)
製造:株式会社銀河高原ビール
容量:350ml 5%
原料:麦芽100%(小麦、大麦)、ホップ
価格:288円(税込)
IMG_0499
【香り】
レモンクリーム、バニラウェハース、少しパッションフルーツやパイナップルなどのフルーティさを感じます。甘酸っぱく、ミルキィかつフルーティで滑らかな香りです。

【味】
レモンや乳酸菌飲料を思わせる自然な酸味、麦汁の甘みとコク、軽やかながら実に旨いビールです。

賞味期限2017年2月上旬のものを今頃飲んでいますが、十二分に発酵が進んでシンプルな味わいになっているのかなと思います。その分、小麦系ビールらしい濃厚さや濃密な甘酸っぱさはなくなっていますが、すっきりと飲みやすく軽い甘酸っぱさとしっかりとあるコクの楽しめる飲み物になっています(笑)

【感想】
本来の状態ではなくなっているものと思いますが、実に美味しいです(ノ∀`)

【リピート】
賞味期限が過ぎたものを飲んでも全く情報としては役に立たないと思いますので、いずれまた本来のコンディションのものを飲みたいと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ