ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

フランスビール

クローネンブルグ1664

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0566IMG_0567
本日飲むのは、フランスのシェア№1ビールメーカーであるクローネンブルグ社から「クローネンブルグ1664」です。

クローネンブルグ社は1664年にその歴史をスタートさせているようですので、本品の名称はそこから付けたものでしょう。クローネンブルグというのはフランスの地名のようです。

なお、クローネンブルグ社は現在はデンマークのカールスバーグ社に買収されています。つくづく海外はM&Aが盛んというか、ごく当たり前のことなんでしょうね。

クローネンブルグ社の看板銘柄は「クローネンブルグ」と上位ラインナップの「クローネンブルグ1664」だそうです。で、どうやらそれぞれに様々なスタイルのビールがラインナップされているようです。

輸入元の日本ビール株式会社による製品紹介は以下のとおりです。

アルザス地方で造られるフランス№1ビール。麦芽の香りが豊潤な「通」の人のビール。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:クローネンブルグ1664
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:ブラッセリー・クローネンブルグ(フランス)
輸入:日本ビール株式会社
容量:330ml 5%
原料:大麦麦芽、ホップ
価格:税込450円前後
IMG_0569
【香り】
青々しく瑞々しいホップの香り、硬質な水の香り、麦芽のすっきりと甘く穀物的な香りを感じます。

海外の王道ピルスナーといった香りです。日本のビールとの違いは水なのか酵母なのか、それ以外の何かなのか。

【味】
クリーミィな口当たりの後からオレンジを思わせる柑橘系の甘みが押し寄せてきます。麦芽の甘みはしっかりと感じられますが、ボディはそれほど強くなく後味はすっきりとしています。

【感想】
始め甘口後味すっきりの上品なビール。

フランスのシェア№1だけあって、スイスイ飲めるタイプのビールだと思います。香りはホップの青々しさと麦芽の香ばしさが印象的で、飲むとスムーズなのが面白いです。

【リピート】
どこでも売っているとまではいきませんが、日本でも割りとよく見る方のビールではないでしょうか。また飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ビエール・ブロンド・ロワレット

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0243IMG_0240
本日飲むのは、フランスの瓶ビール「ビエール・ブロンド・ロワレット」です。

フランスらしく、ワインをイメージさせるボトルですよね(・∀・)
海外にもこのサイズの瓶ビールがあるんですね(´∀`*)

賞味期限2015年(笑)
本品はお酒の飲めない知人宅で発掘したものです。ワインと3本セットで箱詰めされており、知人もてっきりワインだと思い放置していたんですが、1本だけビールでした(ノ∀`)

まぁ飲めないこともないはず(・∀・)

製品紹介は以下の画像をご覧いただくのがベストでしょう。

IMG_0018
ワインの文化が影響しているのか、これでもかという程に細かく詳しく醸造所やビールの紹介が書かれています。

これほどまでにとは言いませんが、日本のビールメーカー、酒類メーカーにも見習ってほしい面があります。特に地ビールメーカーなどは、大手や同業他社との差別化を図る意味でも、積極的に情報公開して何が大手や他所と違うのか、しっかりと個性を売り出してほしいなぁと心から願っています。

日本酒や焼酎の酒蔵にも同じことが言えますが、日本の酒類メーカーは製品の情報を出さなすぎるというか、宣伝を疎かにしすぎているように感じることがままあります。

ビールに関しては4大大手メーカーも含めて、ビアスタイルすらまともに公開してくれないことが多いように思われ、言葉が過ぎるかもしれませんが猛省を促したい思いです。

ビアスタイルについては地ビールメーカーの影響で徐々にピルスナー以外にもビールはあるのだと周知が進んでおり、その影響で4大大手もピルスナー以外のビールにも力を入れるようになっています。是非是非、情報公開の方も一段進歩してほしいと切に願う次第です。

だいぶ話がそれましたが、それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:ビエール・ブロンド・ロワレット
種類:ビール
系統:エール
製造:ブラッセリー・ド・ラ・ピジョンネール
容量:750ml 5.5%
原料:麦芽、ホップ、甘藷糖
価格:税込1,500円前後
IMG_0245
かつて飲んだいかなるビールでも体感したことのない泡立ちでした。シュワシュワとシャンパンに浮かべたシャーベットが溶けていくような感覚。不思議な泡立ちでした。恐らくは経年の影響でしょうが(笑)

【香り】
グレープフルーツにレモンを思わせるフルーティな柑橘系の香りに、緑茶やジャスミン茶を思わせる香り、ホップの香りか少し清涼感のある青々しさ、ほんのり甘い麦芽の香り、コッテリと濃厚な麦芽の穀物的な香りを感じます。

【味】
グレープフルーツのフレーバーを付けた紅茶、緑茶を飲んだ時に感じるカテキンを思わせる苦み、薄手のレモンとその果皮を思わせるシトラスフレーバー、麦芽の甘みはほんのり、コクはしっかりとあるのですが主張は控え目で、全体にさっぱり爽やかなビールです。

余韻の苦みや渋みも含めて、お茶のお酒を飲んでいるかのような感覚にもなります。

【感想】
美味しく飲めますが、絶対に飲み頃を逃している気がします。きっと本来の味ではないです(ノ∀`)
少々発酵が行き過ぎている感じがあり、飲み頃のピークを逃している感じがあります。

もったいないことをしてしまいましたが、きちんと飲めましたのでお許し願いましょう(´∀`*)

無濾過で瓶内発酵するビールであることや、細かい製品紹介など、海外の製品らしいビールで、興味深く飲むことができました。事細かな製品紹介はフランスらしくワインで培われたものなんでしょうかね。

【リピート】
ベストコンディションのものを必ず飲んでみたいと思います。ビールとしては少し値は張りますし入手性も高くありませんが、ピークを過ぎたものを飲んで終わりとはしたくないものです(´∀`*)ウフフ

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ