ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

ニッカウヰスキー

ブラックニッカクリア&ウォーター

皆さんこんばんは、ポッキーです。

6月25日付で累計訪問者数が9万人を超えていました(´゚ω゚):;*.:;

前回8万人に到達してからこんなに早く次の大台に到達するとは思ってもみないことで、忙しさにかまけて更新が滞っていましたし完全にチェック不足でした(;´∀`)

さてそんなわけで、


祝!!累計訪問者数90,000人突破━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!


次はいよいよ、ついに、目指せ10万人です(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・

その日に向けてしっかり飲んでいきたいと思っていますので、今後とも宜しくご愛顧ください(´∀`*)


(・ω・ノ)ノオイトイテ


さて、今日はウイスキーの水割りを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0706IMG_0707
IMG_0710
本日飲むのは「ブラックニッカクリア&ウォーター」です。

本品はその名の通り、「ブラックニッカ クリア」を水割りにしたものです。

製品紹介は以下のとおりです。
ノンピート・モルト使用で、クセがなく、かろやかな味わいが人気の“ブラックニッカ クリア”を、もっと気軽に楽しんでいただくための、“ブラックニッカ クリア”ベースの水割り。
「ブラックニッカ クリア&ウォーター」は、サラッとした淡麗な味わい。ベースウイスキーの “ブラックニッカ クリア”が持つクリアな旨味はそのままに、さらに、飲みやすく、スッキリとした味わいに仕上げました。

やわらかな香りとまろやかな味わいで、クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカクリアをを水割りにすることで、爽やかな飲み心地と爽やかな余韻が楽しめます。

ほどよいウイスキー感とクセのないクリアな飲み心地で爽やかな余韻が続きます。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:ブラックニッカクリア&ウォーター
種類:水割りボトル
製造:ニッカウヰスキー株式会社
販売:アサヒビール株式会社
容量:300ml 10%
原料:モルト、グレーン
価格:216円(税込)
IMG_0712
【香り】
ほんのりプレーンな甘みとうっすらシトラスフレーバー。強く香りが立つわけではありませんが、余計な香りがないのはこの手の飲料としては望外のプラス点ではないかと思います。

【味】
ビターな樽感とグレーンウイスキーの甘み。十分に割水してありますのでアルコールの刺激も弱く、グレーンウイスキー主体の味ですが、香り同様に妙な感じがないのは嬉しいところです。

【ロック】
IMG_0713
氷を浮かべてみると、ほぼ香りは立たなくなります。プレーンな香りというか、ごく薄く甘さや樽香を感じるような感じないようなというところです。

口に含むと、樽由来のビター、少しエグいカラメルソースを思わせる風味、樽材の木の香りを感じます。

【感想】
RTDの(Ready to drink:開封してそのまま飲める)瓶飲料でありながら、安心して飲める味です。添加物の入っていないモルトとグレーンだけの構成なのはとても嬉しいことです(´∀`*)

ウイスキーとしての個性に欠け、些か焼酎甲類っぽくもありますが、価格も踏まえると十二分な出来映えだと思います。

【リピート】
缶ビールと同じかやや安い価格帯で、手軽にウイスキーの水割りを楽しめる嬉しい商品です。
出張先のコンビニなどで気軽に購入したいですし、アサヒビールの営業担当には是非がんばっていただきたいところです。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

スーパーニッカ&ウォーター 12%

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はウイスキーの水割り缶を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0281
IMG_0284IMG_0286
本日飲むのは「スーパーニッカ&ウォーター」です。

「スーパーニッカ」及び本品の製品紹介については前回の記事をご覧いただくことにして、それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:スーパーニッカ&ウォーター
種類:水割りボトル
製造:ニッカウヰスキー株式会社
販売:アサヒビール株式会社
容量:300ml 12%
原料:モルト、グレーン
価格:410円(税込)
IMG_0288
【香り】
9%のものと基本的には同じ香りながら、より樽材の香ばしさや麦芽の甘い香りが強く感じられます。樽香ばかりが目立つことなく、ほんのりピート香が混じるよりウイスキーらしい香りに感じられます。

【味】
カフェグレーンの甘さに樹液混じりの甘い樽香、薄くカラメルソース、木材の焦げ感、うっすらピート香を感じます。

アルコール度数12%と、「スーパーニッカ」本来の3分の1以下にまで割水されているわけですから、単調な味になっている面はありますが、それでも9%のものと比べると明らかに様々な要素が濃く感じられるようになっており、ウイスキーらしさを味わえます。

【ロック】
IMG_0290
氷を浮かべてみると、樽材の焦げとごく薄いピート香が燻製のような香りを漂わせます。ほんのり甘みも感じられ、やはり9%のものと比べると、氷を浮かべても香りがいくらかは感じやすくなっています。

口に含むと、樽材の香ばしさにカラメルソースや薄くチョコレートを思わせる甘み、薄手のピート香が感じられ、優しい甘みはありますが、香ばしくてどちらかと言えば男性的で力強い味わいです。

9%のもの同様に、十分に水で割られていることもあり、穏やかで飲みやすくなっている点は変わりません。

【感想】
RTDの(Ready to drink:開封してそのまま飲める)瓶飲料でありながら、十分美味しく飲める味です。個人的にそれはとても嬉しいことだと思っています(´∀`*)

原料はモルトとグレーンだけ、本当にウイスキーをそのまま水割りにしたものを瓶詰めしてくれています。

9%の記事ではロックスタイルで飲んだ方がオススメと書きましたが、ややアルコール度数の高まった本品は、ストレート(瓶からそのまま)飲んでも美味しく、ロックスタイルでも美味しく飲めました。

9%と12%では容量50mlの増量で税込み約140円の価格アップとそこそこ跳ね上がりますが、ウイスキー好きの方であればそれだけの価格上昇であっても納得いくんじゃないかと思います。

【リピート】
どうかお願いなので出張先のコンビニなどで売っていてほしい一品。がんばれアサヒビールの営業担当!!

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

スーパーニッカ&ウォーター 9%

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はウイスキーの水割り缶を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0262IMG_0264
本日飲むのは「スーパーニッカ&ウォーター」です。

「スーパーニッカ」は1962年発売の、ニッカウヰスキーのロングセラーブレンデッドウイスキーです。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏が、妻のリタの亡き後にその悲しみから逃れるためか、はたまた鎮魂のためか、一心不乱にウイスキーのブレンドの研究に取り組み、当時のニッカウヰスキーにできる最上のものと言っても過言ではないブレンデッドウイスキーとして作られたという逸話が残されています。

ブレンデッドウイスキーと言いつつ、中身は余市蒸留所のシングルモルトウイスキーといっても良いほど贅沢なブレンドであったことや、ボトルはカガミクリスタルの職人が一本一本手吹きで作り、木箱に収められて販売されたそうです。

一本一本微妙に大きさが異なることから、ボトルの蓋も違うボトルの蓋ではピシャリと合わないようになっていたそうで、何となく貝類のハマグリを思い出すようなエピソードであり、竹鶴政孝氏がリタを想いながら作ったウイスキーに相応しいボトルだったんじゃないかと思います。

当時の大卒初任給が1万5千円であった時代に、1本3,000円で販売された「スーパーニッカ」は、年間1,000本程度の生産能力しかなく、幻のウイスキーといった扱いをされていたそうです。

平成28年の大卒初任給(厚労省データ)が約20万3千円(千円未満切捨て)ですので、現在の価値に直すと1本40,600円ということになります。現在のニッカウヰスキーにはこの価格帯に該当するウイスキーはありませんが、「竹鶴21年」(15,000円)と「竹鶴25年」(70,000円)のおよそ中間あたりの価格帯に相当します。

本当に珠玉、渾身、入魂の一作だったんでしょうね。

「スーパーニッカ」はその後、幾度かのブレンドの変更を経て、現在では1本2,500円(税抜)で販売されています。手の届きやすい価格帯とはなっていますが、今でも当ブログでもいくつか取り上げた「ブラックニッカ」シリーズの上位に位置するブランドです。

ノンエイジのブレンデッドウイスキーとしては、ニッカウヰスキーの定番ラインナップ(地域限定品を除く)の中では最高値の製品として販売されています。

本日飲む「スーパーニッカ&ウォーター9%」は、そんな「スーパーニッカ」をアルコール度数9%の水割り缶としているものです。

製品紹介は以下のとおりです。

スーパーニッカのおいしさをそのままに、芳醇な水割りウイスキーに仕上げました。芳醇で華やかな香りが楽しめます。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:スーパーニッカ&ウォーター
種類:水割り缶
製造:ニッカウヰスキー株式会社
販売:アサヒビール株式会社
容量:250ml 9%
原料:モルト、グレーン
価格:270円(税込)
IMG_0266
【香り】
ニッカウヰスキーらしいカフェグレーンの香りに樹液混じりの香ばしい樽香、ピート香、ほんのり甘い麦芽の香りを感じます。

【味】
アルコール度数9%と薄めに作られていることもあり、しっかりと水の味がしてクリアな構成になっています。樽材の木の香りとそこに混じるほのかな甘さ、薄手のピート香を感じます。

グレーンウイスキー主体の甘みにカラメル、樽香。優しい甘さにしっかりとアルコールのパンチ、炭酸もちゃんと効いています。

【ロック】
IMG_0268
氷を浮かべてみると、元々水割りにしてあることもあり、香りはほとんど立ちません。ほのかな樽香とごくうっすら甘い香りを感じる程度です。

口に含むと、樽香とピート香、薄手の木の香りの混じる甘さを感じます。甘みは弱くピート香もあって、男性的で力強い味が主体になっていますが、十分に水で割られていることもあり、穏やかで飲みやすくなっています。

【感想】
缶飲料でありながら、ちゃんとした味です。それで十分、それが嬉しいといったところではないでしょうか(´∀`*)

原料もモルトとグレーンだけで、余計な添加物は入れず、シンプルにウイスキーの水割りを缶飲料に仕立ててくれています。

出張先のビジネスホテルなどで、これを飲めると最高に嬉しい気分になれそうです(笑)
缶からそのままストレート(?)で飲んでも良いですが、氷を浮かべてロックスタイルで飲んだ方がオススメです。

ビジネスホテルの一室で、適当なコップと適当な氷でグイッと飲んで、大きく息をつけたら翌日もまた頑張れそうな気がします(ノ∀`)

【リピート】
お願いなので出張先のコンビニなどで売っていてほしい一品。がんばれアサヒビールの営業担当!!

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

再びブラックニッカクリアハイボール

皆さんこんばんは、ポッキーです。

関西への旅行記事を終えまして、今日から通常更新です。ただ、今後もしばらく出張などが続くので、外食記事や不規則な更新になる可能性が高いです。悪しからず。

さて、父娘間の経営権紛争で話題になった大塚家具が、過去最大の営業赤字を計上する見通しだそうです。大塚家具最大の特色とも言えた会員制の廃止、高級家具売場を縮小して中価格帯を強化、付きっきりで接客するスタイルの取り止めなど、大幅な方針転換に踏み切りましたが、現段階では奏効していません。

とはいえ、既存顧客からの反発の沈静化や新規客が付くまで、また従業員が新しい営業スタイルに慣れるまでの端境期とも考えられますので、一概に方針転換失敗と判断するのは時期尚早でしょう。

今後、良い波に乗っていけるか否かは事業コンセプトがしっかりしているかどうか、つまり「誰に」「何を」「どのように」売っていくのか、という言い尽くされた感のある基本中の基本の部分を、経営者である創業者の娘さんがしっかり持てているか、従業員がそれをしっかり理解できているか、というところがカギになるのだろうと思います。

創業者である現代表者のお父さんは新たに匠大塚という家具店をオープンさせ、大塚家具から部長級など幹部職を含む数十名の従業員を引き抜いて大塚家具と勝負する意向のようです。高級品と中級品と上手く棲み分け、大塚同同士で争うのではなくニ◯リとかイ◯アと連携して勝負すれば良いんじゃないかと思うんですけどね。

さぁお酒と関係ない話はこのくらいにして、今日は缶ハイボールを飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのは3月29日にリニューアルされた、「ブラックニッカクリアハイボール」です。

アサヒビールの商品情報によると、

「やわらかな香りとまろやかな味わいのブラックニッカクリアを、研ぎ澄まされたクリアな味わいの本格炭酸水「ウィルキンソンタンサン」で割った、爽快なのどごしにこだわり抜いたハイボールです。ブラックニッカクリアのほどよいウイスキー感とアルコール9%による飲みごたえ、「ウィルキンソンタンサン」によるシャープな飲み口とキレのある炭酸の刺激が楽しめます。」

とのことです。「ブラックニッカクリア」を製造するのはアサヒビールの子会社であるニッカウヰスキーで、ウィルキンソンは同じくアサヒビールと同じくアサヒグループホールディングスの一員であるアサヒ飲料ですので、「ブラックニッカ」と「ウィルキンソン」というグループ内の製品でかつブランド力のある2つを組み合わせた面白いコラボ製品だと思います。

リニューアル前の「ブラックニッカクリアハイボール」も缶飲料としては大変美味しいものでしたので不安はありません。早速飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:ブラックニッカクリアハイボール
種類:缶ハイボール
製造:ニッカウヰスキー株式会社
販売:アサヒビール株式会社
容量:350ml 9%
原料:モルト、グレーン
価格:155円(税込)
IMG_2186
原材料は以前と変わらずモルトとグレーンのみ。香料だの糖類だの酸味料だの一切なし!!
(*´Д`*)コウイウノガイインデスヨ…コウイウノガ…

【香り】
新し目の樽、白木の香りにカラメル、グレーンウイスキーのぶどうを思わせる香り、うっすらと甘い樹液のような香りがします。

【味】
グレーンウイスキー主体の甘みにカラメル、樽香。優しい甘さにしっかりとアルコールのパンチ、炭酸もちゃんと効いています。

【感想】
ちゃんと美味しい。

リニューアル前のものを飲んだ際にも書きましたが、「クリア」の名にふさわしいすっきりとした味わいです。添加物系の作りものの香りや味がしないのが本当に嬉しいです。

大量生産とコストダウンのためにはある程度、許容しないといけない面があるのは百も承知しているつもりですが、余計なことをしてわざわざ味を落としているメーカーが実に多い中で、こうした奇をてらわないシンプルなものがかえって輝いてみえます。

【リピート】
旅や出張のお供に高頻度で出番がありそうです。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

竹鶴プレミアムハイボールとコロッケカレーの頭

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は北海道で気温が32℃まで上がるなど、全国的な陽気でしたね。私の職場でも今日は早くも冷房が使用されていました(笑)これから夏に向かってどんどんこうした暑い日が増えていくのでしょうね。ビールは美味しくなりますが、もう少し涼しい期間が続いても良いかなと思っています(ノ∀`)

さて、今日はRTD(Ready To Drink/レディ・トゥ・ドリンク:購入してすぐに飲める状態になっている飲料のこと)の缶ハイボールを飲みます(∩´∀`)∩

本品はその名の通り、ニッカウヰスキーの「竹鶴ピュアモルト」を使用した缶ハイボールです。ニッカウヰスキーの親会社であるアサヒビールが販売しており、アサヒビールでの序列は、プレミアムの「竹鶴プレミアムハイボール」、レギュラーの「ブラックニッカクリアハイボール」、カジュアルの「ニッカハイボール」となっているようです。

「ニッカハイボール」はちょっとアレでしたが、「ブラックニッカクリアハイボール」はモルトウイスキーとグレーンウイスキーだけを使用したシンプルかつ美味しいハイボールでしたので、その上級品となる本品も期待が持てます。早速飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:竹鶴プレミアムハイボール
種類:缶ハイボール
製造:ニッカウヰスキー株式会社
販売:アサヒビール株式会社
容量:350ml 7%
原料:モルト
価格:208円(税込)
IMG_1741
原材料:モルト…つまりモルトウイスキーだけ…(・∀・)イイネ!!

本品に使用されている「竹鶴ピュアモルト」は、ニッカウヰスキーの「余市蒸留所」と「宮城峡蒸留所」で蒸留された、モルトウイスキーだけを掛け合わせたウイスキーです。モルトウイスキーのみを使用していることから「ピュアモルト」と称され、スコッチの世界では「ブレンデッドモルトウイスキー」と呼ばれる種類のウイスキーです。

【香り】
蜂蜜、青りんご、樽香、すっきりと甘いモルトウイスキーの香り。妙な甘ったるさや香料臭さなど、余計な香りは一切ありません。

【味】
青りんごと樽香、蜂蜜のような柔らかい甘みと爽やかで若い果実感があります。後口は少し柑橘系の果実のようなすっきり感とやわらかな苦みが締めてくれます。

【感想】
「ブラックニッカクリアハイボール」といい本品といい、やはりシンプルなものは良いですね。奇をてらわない直球勝負の缶ハイボールです。RTDとしては出色の出来ではないでしょうか。

【リピート】
電車の旅や出張時のホテル、花見などの外飲みで大活躍させたい。家では「竹鶴ピュアモルト」をボトルで買って、自分好みにもっと濃いのを作ります(笑)

【肴】
IMG_1763IMG_1765
肴は某社の株主優待でもらった飛騨牛カレー(∩´∀`)∩

IMG_1771IMG_1775
スーパーのお惣菜のコロッケをレンジのフライ温め直し機能でサクサクに温めて、湯煎した飛騨牛カレーをかけてできあがり(∩´∀`)∩

おつまみですのでご飯はなしで頭(具の部分)だけです(*゚∀゚)
竹鶴プレミアムハイボールはこの写真の時点で二本目(ノ∀`)

飛騨牛カレーはなまじ肉の味がしっかり出て濃厚な分、スパイシーさがやや足りない感じですが、それ故にほっとする優しい味です。写真ではわかりづらいですが、大振りの飛騨牛が割りとごろごろ入っていて、歯応えと旨みも残っており、レトルトにしては家庭的な印象を受けるカレーです。

コロッケとの相性も( ´∀`)bグッ!
ハイボールとの相性も( ´∀`)bグッ!

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ