ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

スコットランドビール

クランブリューイング レッド・ライ・エール スペイサイド・ウイスキー・カスク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_4351IMG_4352
本日飲むのは、クランブリューイングの「レッド・ライ・エール スペイサイド・ウイスキー・カスク」です。

これまで「インペリアル・スタウト」「ゴールデン・エール」「スプルス・エール」と飲んできたクランブリューイングの4種類のビールもいよいよ最後の1種類です。

レッド・ライ・エールはライ麦を使用したレッドエール(赤銅色をしたエール)ということのようです。これをスペイサイドモルトのカスクで熟成させたんですね。

スペイサイドはスコットランドの中でも最も多くの蒸留所が存在しており、華やかでバランスの良いウイスキーが産出される地域です。

醸造所のテイスティングコメントは以下の通りです。

imgrc0064605076

かすかにコショウを感じるライ麦が温かい発酵によりフルーティーさを増し、シトラス系のホップと混ざり合い、スペイサイド樽でフィニッシュすることによってより複雑になっている。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:クランブリューイング レッド・ライ・エール スペイサイド・ウイスキー・カスク
種類:ビール
系統:レッド・ライ・エール
製造:ウイリアムブラザーズ醸造所(スコットランド)
容量:330ml 8%
原料:大麦、小麦、ライ麦、ホップ
価格:886円(税込)
IMG_4354
【香り】
イチゴにラズベリー、クリーミィでストロベリーショートケーキのよう。その奥にホップの青々しさやピリッとスパイシーな風味、ママレード、カラメルソース風味の麦芽の甘さを感じます。

【味】
青みがかったホップの香りに甘苦いカラメルソース、ピリッとしたスパイシーさにママレードやラズベリーを思わせるフルーティな甘酸っぱさを感じます。

【感想】
優しい甘口のフルーティさに、スパイシーさや青み、ほろ苦さも交じるバランスの良いビール。良くできていて美味しいと思います。
クランブリューイングの4種のビールの最後の1本ですが、最もバランスが良く万人受けしそうなビールではないかと思います。ライ麦のビールですのでその点で強い個性を感じるかと思いましたがさほどでもなく、スペイサイドモルト樽の影響なのかとてもフルーティで女性受けも良さそうです。

スプルスエールの強烈さの後でしたので警戒しながら飲みましたが、ホッとしたような拍子抜けしたような…(ノ∀`)

【リピート】
とりあえず、クランブリューイングの四種のビールを完飲です。それぞれに個性的で好みはあれど、どれも楽しく飲むことができました。

また新しいものが出てくることを期待していようと思います。

本品は入手性や価格に難はありますが、よくできた美味しいビールでしたので機会があればまた飲んでみたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

クランブリューイング スプルス・エール アイラ・ウイスキー・カスク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_4326IMG_4327
本日飲むのは、「インペリアル・スタウト」「ゴールデン・エール」に続いてクランブリューイングブランド3本目となる、「スプルス・エール アイラ・ウイスキー・カスク」です。

スプルス(spruce)はトウヒ(唐檜)というエゾマツの変種のことで、スプルス・エールとはホップの代わりにトウヒを使用したエールのことのようです。

イングランドの植民地であった時代のアメリカで飲まれていたビールだそうで、当時のアメリカで入手が難しかったホップの代用品としてトウヒが用いられたそうです。

アイラ・ウイスキー・カスクはスコットランドのアイラ島で造られたウイスキー「アイラモルト」の貯蔵に使用された樽(カスク)のことです。

ウイスキーをお好きな方には説明ご不要かと存じますが、アイラモルトはピートをふんだんに使用して麦芽の乾燥を行うことで、パワフルなピート香が楽しめるのが特徴のウイスキーです。

海岸沿いに貯蔵庫が建てられ、ウイスキーが潮風を浴びながら熟成されていくこと、使用されるアイラ島産のピートには海藻も含まれていることなどから、パワフルなピート香に加えて潮の風味やヨード香も感じられる、スコッチウイスキーの中でも非常に個性的なウイスキーが産出されるのがアイラ島のアイラモルトの特徴です。

ウイスキーライターが樽の選定を行い、醸造責任者がその樽に合ったビールを考案し醸造するというのがクランブリューイングのスタイルのようですので、パワフルで個性的なアイラモルトが貯蔵されていた樽に見合う、負けないビールをと考案したのが、恐らく今ではほとんど見かけることはないであろうスプルス・エールだったのかなと思います。

スプルス・エールというのは私は初耳でしたし、ググってもあまり情報が出てきませんでしたので、現代では定番商品として製造・販売しているところはあまりない、少なくとも日本に入ってくるビールの中にはほとんどと言ってよいほどないんではないでしょうか。

ウイスキー樽で貯蔵したビールというだけでもワクワクするのに、それが個性的なアイラモルトのカスクということで更にドキドキ感が加わりますよね。そこにスプルス・エールという全く想像のつかないビアスタイルということで、楽しみと共に少しビクビクもしますが(笑)

醸造所のテイスティングコメントは以下の通りです。

imgrc0064605050
スコットランドの伝統的な風味であるスモークとピートが甘くて樹脂のようなフルボディと調和する。スモーク、フルーツが凝縮されたフルボディタイプ。
松の一種を原料にしますので、松ヤニのような要素が感じられるんでしょうか。

ワクワク・ドキドキ・ビクビクと楽しみの三重奏ですが、それでは早速、おっかなびっくり飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:クランブリューイング スプルス・エール アイラ・ウイスキー・カスク
種類:ビール
系統:スプルス・エール
製造:ウイリアムブラザーズ醸造所(スコットランド)
容量:330ml 8%
原料:大麦、小麦、ホップ、エゾマツの小枝
価格:886円(税込)
IMG_4328
いわゆるスプルス・エールとは違い、ホップも使用されています。スプルス・エールを復刻させることが目的ではなく、あくまでアイラモルトのカスクに見合うビールを醸造することが目的ですしね。

【香り】
松林で感じるあの香り、煮詰まった樹液や樹脂、スモーキーさに潮気を纏うピート香、薄手のカラメルや麦芽の甘い香りを感じます。

【味】
レモンやオレンジなど柑橘類を思わせる甘酸っぱさに松の木の香り、ぶどうを思わせるツンだフルーティさ、軽めのコーヒーやカラメルソースを感じます。鼻に抜ける香りはほんのりとピート香にガッツリ松の木の香り。

【感想】
正直苦手な味ですが、面白いビール。
けっこうな松ヤニというか松の木の風味を感じますので、正直に言うとそこは苦手です(笑)

アイラ×スプルスですので非常に重たいビールを予想していたのですが、味は甘酸っぱさやフルーティさが中心で意外にも軽い仕上がりになっています。スモーキーさやぶどうっぽい風味はウイスキー樽の影響だろうと思います。

普通のビールではダメだったんでしょうか…(ノ∀`)

とはいえそこは好みの問題で、スプルスエールという歴史に埋もれてしまっていたであろうビールを現代に復刻させた試みや、クセの強いアイラモルトを熟成させた樽での熟成など、興味深く楽しむことができました。

アイラモルト樽のクセがどの程度のものか興味があったのですが、スプルスの圧倒的なクセの前にさすがのアイラモルトも苦戦を強いられていたように思います(笑)

苦笑もしましたが、始終(・∀・)ニヤニヤしながら飲めましたので、苦手な面はありつつも面白い体験でした。

【リピート】
2本目はいいかな(笑)
もう少しアイラモルトの個性が見えるビールにも挑戦してみてほしいところです。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

クランブリューイング ゴールデン・エール ハイランド・ウイスキー・カスク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_4312IMG_3622
本日飲むのは、スコットランドの新しいクラフトビールブランド「クランブリューイング」の、「ゴールデン・エール ハイランド・ウイスキー・カスク」です。

先日の「インペリアル・スタウト」に続き、クランブリューイング2本目です。

ゴールデン・エールは淡く美しい金色で、アルコール度数は高め、まろやかな口当たりとコクのあるスタイルのビールです。これをハイランドモルトのカスクで熟成させたんですね。

ハイランドモルトはスコッチウイスキーの中でも比較的ピートがしっかりと効いており、飲みごたえのあるウイスキーが多いことが特徴です。ハイランド地方はかなり広く、蒸留所の数も多岐にわたりますので一概には言えないようですが。

醸造所のテイスティングコメントは以下の通りです。

imgrc0064605109

エレガントで複雑なエールで、甘い麦とトロピカルフルーツのアロマが適度にひろがる。ハイランド樽からかすかに来るシェリーとフルーツケーキが心地よい。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:クランブリューイング ゴールデン・エール ハイランド・ウイスキー・カスク
種類:ビール
系統:ゴールデン・エール
製造:ウイリアムブラザーズ醸造所(スコットランド)
容量:330ml 8%
原料:大麦、小麦、ホップ
価格:886円(税込)
IMG_4315
【香り】
パイナップルや少しフローラルな香りに加えて、レーズンや薄手のコーヒーを思わせる香り、粘性のあるクッキー生地のような甘めの穀物感、淡いカラメルソースに少しのママレードの香りを感じます。

【味】
初めにママレードや柑橘系の風味、薄く花の香りをまとう蜂蜜のような麦汁の甘みを感じます。その直後に、ホップの苦味とウイスキー系のアルコール感、コクはかなりある方のビールだと思うのですが、ウイスキー樽の影響か後味がドライで、重たさどころかすっきりさを感じさせてくれます。

上品でエレガントにも思えるのですが、非常にパワフルなコクも潜んでおり、とても面白い仕上がりになっていると思います。

【感想】
しっかりアルコール感にパワフルなコク、でも上品で飲みやすく、なかなか手が止まらないビール。

アルコール度数相応のアルコール感がありますのでガブガブ飲む感じのビールではないんですが、スムーズに飲めて気づいたら量が減っているタイプのビールです。

アルコールを感じさせながら手が止まらないのは、それに負けないコクや甘みがあるからでしょうか。よくできた美味しいビールだと思いました。

【リピート】
入手性や価格に難はありますが、同時にウイスキー樽熟成の独特なビールという得難い個性があります。このシリーズは今後も追いかけたいですし、本品もまた飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

クランブリューイング インペリアル・スタウト ローランド・ウイスキー・カスク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は海外のビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_4306IMG_4308
本日飲むのは、スコットランドの新しいクラフトビールブランド「クランブリューイング」の、「インペリアル・スタウト ローランド・ウイスキー・カスク」です。

「クランブリューイング」というのはスコットランドのクラフトビールメーカー「ウイリアムブラザーズ醸造所」の新ブランドだそうです。醸造所のオーナー兼醸造責任者と、ウイスキーライターのチャールズ・マクリーンなる方が組んで立ち上げたそうです。

現在、製造・販売されているのは4種類のビールですが、そのすべてが約6か月間ウイスキー樽にて貯蔵・熟成されたものだそうで、ウイスキー樽の選定・調達をウイスキーライターが行い、調達されたウイスキー樽の地域(特製)に合ったビールのレシピを醸造責任者が考案・醸造するそうです。

ライターと醸造者ということで異色の取り合わせのようにも感じましたが、説明を聞くとベストマッチングのように聞こえますね(笑)

どのようなビールが醸造され、どのようなウイスキー樽で熟成されてどのような味わいに仕上がるのか、個人的に非常に楽しみでなりません(´∀`*)

01231530_5885a3176df59
クランブリューイングのクラン(clan)は一族といった意味の言葉ですが、ブランドロゴを見る限り、ライターと醸造者の2人がガッチリ手を組んで醸造していくという意味合いのブランドネームなんでしょうね(・∀・)


(・ω・ノ)ノオイトイテ


さて、本日飲むのは4種類の中から「インペリアル・スタウト ローランド・ウイスキー・カスク」です。

インペリアル・スタウトをローランドモルトの樽で熟成させたんですね。インペリアル・スタウトは、18世紀後半~20世紀初頭にかけて、イギリスから
北欧、バルト諸国、帝政ロシアなどに輸出されていた黒ビールのことで、皇帝献上品という意味合いもあってインペリアルの名が冠せられたビアスタイルです。

長期輸送に耐えられるよう、原料をたっぷり使用することで
腐敗を予防しています。そのため、アルコール度数は高めでボディはリッチで複雑な味わいを楽しむことができます。

ローランドモルトは、通常ウイスキーは蒸留を2回繰り返して製造されるところ、伝統的に3回の蒸留を行っていたそうです。今では必ずしも3回蒸留ではないようですが、スコッチウイスキーの中でも穏やかな味わいが特徴です。

濃く、重たいビールに穏やかなウイスキーのカスクを合わせることでどのような変化が生まれるんでしょうか。

醸造所のテイスティングコメントは以下の通りです。

imgrc0064605103

芳醇で濃いスタウト、焦がしたコーヒー豆とレモンの香りがあふれ、甘いシェリーやレーズンがバランスよく、スモーキーで少し強い口当たりで焦げたフィニッシュ。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:クランブリューイング インペリアル・スタウト ローランド・ウイスキー・カスク
種類:ビール
系統:インペリアル・スタウト
製造:ウイリアムブラザーズ醸造所(スコットランド)
容量:330ml 8%
原料:大麦、小麦、オート麦、ホップ
価格:886円(税込)
IMG_3604
【香り】
ダークチェリー入りの甘いチョコレート、ココアやコーヒーを思わせるほろ苦い香り、麦芽の穀物感に胚芽の交じるピザ生地のような穀物的な香ばしさ、すっきりスッと立ち昇るアルコール感にウイスキーの要素を感じます。

【味】
酸味の強いビターなコーヒー、酸味はレモンを思わせる柑橘系の要素が感じられ、そこにダークチェリーのような赤系・黒系のフルーティな甘酸っぱさ、コーヒーのような苦味に混じってふいにホップの青々しい苦味も感じられます。
喉の奥に残る余韻にウイスキーらしいフレーバーが感じられ、少しのウッディさや焦げ感も感じられます。

香りほどにはチョコレート的な甘みは感じられず、酸味と苦味が主体です。

【感想】
常温で、時間をかけて飲みたいビール。

2本購入しまして、冷蔵庫で良く冷えた状態のものも飲んだのですが、酸味などをきつく感じてしまい、これは冷やしすぎない方が良いなと今回は常温で飲みました。

酸味、苦味、甘み、ウイスキー的な余韻のアロマも含めて常温の方が色々な要素を感じやすく、好みもありましょうが軽く冷やすくらいに止めておいた方が良いように感じました。

赤系・黒系フルーツの要素やふわりと感じるアルコール感、余韻のフレーバーなどにウイスキー樽由来の影響が出ているのではないかと思います。

食後なんかにゆったりとグラスを傾けたいお酒です。

【リピート】
入手性や価格にやや難があるように思いますが、また飲みたいビールです。このシリーズは長く続けていってほしいですね(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ