ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

軽井沢ビール(長野)

THE 軽井沢ビール プレミアム・ダーク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日も長野県の地ビールを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_0465IMG_0466
本日飲むのは軽井沢ブルワリーの「THE 軽井沢ビール プレミアム・ダーク」です。同社の製品ラインナップには先日飲んだ「ダーク」と本日飲む「プレミアム・ダーク」とダークエールが2種類用意されています。

軽井沢ブルワリーについては先日の記事をご参照いただくことにして、製品紹介は以下のとおりです。
のどごし柔らか。豊潤で濃厚な100%麦芽のプレミアムビールです。本場ドイツから直輸入の上質な麦芽とヨーロッパアロマホップを、軽井沢浅間山の清らかな冷涼名水で仕込みました。
柔らかで豊潤な味わい、香ばしさが特徴の最高品質を追求した麦芽100%の濃色プレミアムビールです。
瓶ラベルと缶は日本画家千住博画伯「星のふる夜に」の美しい絵画を用いた、情感豊かなデザインです。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:THE 軽井沢ビール プレミアム・ダーク
種類:ビール
系統:ダークエール?
製造:軽井沢ブルワリー株式会社
容量:350ml 5.5%
原料:麦芽、ホップ
価格:359円(税込)
IMG_0469
「ダーク」は米、コーン、スターチなどの副原料を使用していましたが、本品は麦芽とホップだけで造られており、アルコール度数も若干高くなっています。

その分、価格も100円近く跳ね上がりますが、地ビールですしこのくらいはするよね、というところ。美味しければ(・∀・)イイ!!

【香り】
イチゴやクランベリーを思わせる濃厚かつ新鮮なフルーティさ、食パンの白い部分、麦芽の香ばしさを感じます。フルーティでかつしっかりと麦感のある香りです。

【味】
イチゴジャム、紅茶、緑茶、濃厚な麦芽の甘みとコク、ホップの苦みにほんのり青々しさを感じます。

しっとり上品な口当たりで、奥にはどっしりと麦芽の甘みやコクがありながらも上品さの漂う飲みくちです。これは美味しい。

【感想】
しっとりとした口当たり、上品な飲みくち、どっしりとした飲みごたえが同時に味わえる、プレミアムを名乗るにふさわしいビール。

ノーマルの「ダーク」のすっきりとした上品さも良かったですが、本品はその系譜を引き継ぎつつも一段上にあるビールだと思います。

春宵か秋の夜長か、時間をかけてゆっくりと飲みたいビールです。

【リピート】
食中酒という感じではなく、食後に飲みたいビールです。また飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

THE 軽井沢ビール ダーク

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は長野県の地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0452IMG_0453
本日飲むのは先日に引き続き、軽井沢ブルワリーの「THE 軽井沢ビール ダーク」です。

軽井沢ブルワリーについては先日の記事をご参照いただくことにして、製品紹介は以下のとおりです。
軽井沢の贅沢感たっぷりの、濃色で芳醇なビールです。麦芽、ホップ、水はもちろん、味のバランスに関わる副原料まで、原材料のすべてにこだわり、柔らかで芳醇な味わいが特徴の贅沢感のある濃色ビールです。
贅沢感というのがわかるようでよくわかりませんが、それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:THE 軽井沢ビール ダーク
種類:ビール
系統:ダークエール?
製造:軽井沢ブルワリー株式会社
容量:350ml 5%
原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
価格:267円(税込)
IMG_0455
【香り】
イチゴジャムやカラメルソース、コーヒー、少し紫蘇を思わせる香ばしく甘い麦芽の香り、副原料のおかげかすっきりと軽めです。

【味】
イチゴジャム、アメリカンコーヒー、紅茶など、フルーティな甘みに少し苦みや渋みも感じられます。麦芽の香ばしさもあり、コクをしっかりと感じさせつつも、後味はすっきりと軽く飲み疲れしない感じがあります。

濃色系のどっしりとしたビールに上手く副原料を合わせているなと思います。

【感想】
しっとり上品な濃色ビール。

コクや香ばしさのあるビールに副原料を加えることで、すっきりとした上品さが出ていると思います。日頃は麦芽とホップだけで、どっしり濃厚飲みごたえのあるビールを贔屓にすることが多いのですが、こういう副原料の使い方は面白いですね(´∀`*)

美味しかったです。

【リピート】
上品な味わいの分、シーンの多様性が広がると思います。また飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

THE 軽井沢ビール ヴァイス

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は長野県の地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_0448IMG_0449
本日飲むのは、軽井沢ブルワリーの「THE 軽井沢ビール ヴァイス」です。

軽井沢ブルワリー株式会社は地ビールメーカーとしては比較的後発の平成23年(2011年)創業の企業です。その名の通り、長野県軽井沢町に本社があります。

ドーバー洋酒貿易株式会社という大手企業を関連企業に持つだけあって資本は潤沢なようで、軽井沢ブルワリーの工場は
クラフトビール最大の規模と最新鋭の設備
を持つと同社HPでは紹介されています。工場見学も可能なようで、いつか行ってみたいものですね(´∀`*)

本日飲む「THE 軽井沢ビール ヴァイス」の製品紹介は以下のとおりです。
軽井沢の白樺林を連想した小麦麦芽の飽きのないビールです。選び抜いた小麦麦芽を用い、上面発酵でフルーティな香りに仕上げました。淡い色調と程良い酸味、柔らかい味が特徴の小麦麦芽ビールです。(酵母入り)
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:THE 軽井沢ビール ヴァイス
種類:ビール
系統:ヴァイス(白ビール)
製造:軽井沢ブルワリー株式会社
容量:350ml 5%
原料:麦芽(大麦、小麦)、ホップ
価格:288円(税込)
IMG_0451
【香り】
レモンやグレープフルーツを思わせる、柑橘類の酸味と爽快さ、トロミを感じさせるクリーミィさ、ホップの青々しさを感じます。

とかく白ビールというと、私の粗末な鼻と舌ではほとんどホップの香りをほとんど感じられないことが多いのですが、本品はホップの植物的な要素、青々しさを感じられ、それが香りを引き締めてくれています。

【味】
乳酸菌飲料のようなクリーミィな甘さにオレンジの果皮、レモンを思わせる酸味を感じます。飲みくちは意外なほどどっしりとしており、飲みごたえのある白ビールという印象を受けますが、後口は軽く小麦ビールらしい軽快感も味わえます。

香り同様にホップが最後に姿を現し、軽い苦味が後味を引き締めてくれます。余韻はシトラスフレーバーがほんのりと漂います。

【感想】
ビールらしい白ビール。

白ビールのフルーティさや甘酸っぱさ、軽快感も味わえつつ、ビールらしいホップの風味や飲みごたえもあるビールです。製品紹介どおり、飽きの来ない味だと思います。

【リピート】
春に飲むのにふさわしいビールだと思います。花見をしながら飲みたくなりました。また購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

THE 軽井沢ビール 浅間名水・クリア

皆さんこんばんは、ポッキーです。

本日二杯目のビールは同じく長野県の地ビールメーカー「軽井沢ブルワリー」のTHE軽井沢ビール・クリアです。IPAで苦くなった口中をすっきりさせようと思います(・∀・)

名称:THE 軽井沢ビール 浅間名水・クリア
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:軽井沢ブルワリー株式会社
容量:350ml 5%
原料:麦芽、ホップ、コーンスターチ
価格:267円(税込)
IMG_0571
【香り】
柑橘類を思わせる酸味混じりの香り。
【味】
すっきりと引っかかりなく喉の奥に落ちていきます。後口には柑橘類を思わせる爽やかさがありますが、それもほどなくして消えていく名前の通りクリアなビールです。
【評価】
夏場の暑気払いに飲みたい、清涼さを感じさせるビール。
飲み口が穏やかな分、爽やかな香りが幾分鼻を突くきらいはありますが、面白い香味のビールです。夏場であれば最初の一杯に、キンッキンに冷やしておいたものを大ジョッキでグイグイとやりたいところです。が、今の時期に飲むにはやや寒々しいように思います。
【リピート】
突如私の住むど田舎のスーパーに売られていたこのビール(笑)何があったんでしょうか。できれば真夏に仕入れてください。真夏に見かけたらリピートしてみようと思います。これからの季節に買うことはないでしょう。

口中はすっきりしましたが、本品の軽井沢ブルワリーとインドの青鬼のヤッホーブルーイングの関係にはすっきりしないものがあったようです。共に長野県にある地ビールメーカーなことに加えて、ヤッホーブルーイングは「軽井沢高原ビール」、軽井沢ブルワリーは「軽井沢浅間高原ビール」をブランドとして展開しており、ブランドネームが似通っている上に両者とも商標登録できちゃってるもんですから、ヤッホーブルーイングが商標登録無効の訴訟を提起していました。

最高裁までいく大揉めの裁判だったようですが、最終的に和解成立となり、ヤッホーブルーイングが「軽井沢高原ビール」、軽井沢ブルワリーが「THE 軽井沢ビール 浅間名水」のネーミングを使用することで合意したそうです。後発の軽井沢ブルワリーが、先発のヤッホーブルーイングに対して、「軽井沢浅間高原ビール」が「軽井沢高原ビール」の類似商標であると折れた上で、新たに「THE 軽井沢ビール 浅間名水」とすることで和解と相成ったようですね。

そもそもどちらも特許庁が商標登録を認めていたわけで、特許庁の判断としては他の商標と類似してなく誤認や混同の恐れがないとの判断で商標登録を認めるわけですから、お国が最初にきちんとしておけばこのようなことにはならなかったのかもしれませんね(`・д・´)

でも結局、「THE 軽井沢ビール 浅間名水」も「軽井沢高原ビール」と同じメーカーが造っているように見えますよね……(-。-) ボソッ

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ