ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

猪苗代地ビール(福島)

猪苗代地ビール ラオホ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

この週末も家の掃除に勤しんでいるところですが、モノが多すぎて収納に困ってしまっています。どうやらなかなか捨てられない体質のようで、もったいないお化けが出るかもしれませんが、断捨離にチャレンジする時がきたのかもしれません。

スーパーマーケットのビニール袋とか、デパートの紙袋とか、着なくなった服とか、何となく保管しているものが多すぎるので、思い切ってばさばさ捨てていこうと思います。家電の説明書とか大量の紙類は、必要なものはスキャンしてデータ化して、紙自体は捨ててしまいます。

すごい量のゴミが出そうですが(;´Д`)

さて、今日は先日の「ゴールデンエンジェル」に引き続き、猪苗代地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのは「ラオホ」というタイプのビール、ラオホとは燻煙という意味だそうで、本品はブナのチップで麦芽を燻製しています。猪苗代地ビールは各製品とも、会津磐梯山の伏流水に、ドイツ産の大麦・小麦麦芽、ホップのみを使用して造られています。

ゴールデンエンジェルと同時に入手しましたので、購入後相当程度経過しています。酵母が生きたままのこのビールがどのような香味になっているのでしょうか。

名称:ラオホビール
種類:ビール
系統:ラオホ
製造:親正産業株式会社(福島県白河市)
容量:330ml 5%
原料:麦芽、ホップ
価格:540円(税込)
IMG_0956
【香り】
燻した木、コーヒー、カラメルに少し酸味が混じります。香りは全般的にかなり強めです。酸味混じりの香りは猪苗代地ビール館で飲んだ時には感じられず、ゴールデンエンジェル同様に瓶内発酵が進んだ影響と思われます。

【味】
コーヒーやワインを思わせる独特の深みがありますが、かなりあっさり目の味わいで、どっしり感はありません。深いのに軽いので不思議な感覚になります。大麦麦芽だけでなく小麦麦芽を使用していることが猪苗代地ビール全般の味わいの軽さに影響しているのでしょうか。

味にも香り同様酸味が出ており、正直酸味が邪魔で薫香などが上手く楽しめませんでした。冷蔵庫とはいえ長期間置いてしまったことで飲み頃を逃してしまい、酒飲みとしては深く恥じ入るところです('A`)

【感想】
猪苗代地ビールでは本品が最も気に入ったビールです。カラメルやワイン等、いわゆる黒ビール的な味わいに薫香が加わることで、甘さ・ほろ苦さ・香ばしさの取り合わせがとても良いです。

味わいは猪苗代地ビール全般かなり軽めで、個人的な好みではありますがもう少し飲みごたえがほしいところです。

【リピート】
猪苗代地ビールでもう一度飲んでみたいのは間違いなくこのラオホです。また福島県を訪問したら是非飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

猪苗代地ビール ゴールデンエンジェルと肉焼売

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は地ビールを飲みます。今日飲むのは福島県の「猪苗代地ビール」です。猪苗代地ビールでは、ビール純粋令*に基づき、会津磐梯山から湧き出る水と、ドイツ産の麦芽とホップのみでビールを製造しているのだそうです。

*1516年制定のドイツの法律で、「ビールは麦芽・ホップ・酵母・水のみを原料とする」というもの。現在も有効な食品関係の法律としては世界最古だそうです。

昨年、福島県を訪れた際に、酒の飲めない友人がクジで引き当てたことから譲り受けたものです(笑)地ビールらしく、非加熱処理で酵母が生きたまま瓶詰めされているのですが、それをすっかり忘れていまして、数ヶ月間冷蔵庫で眠ってしまっていました( ̄ロ ̄|||)

幸い猪苗代地ビールの本拠地である「猪苗代地ビール館」を訪問し、全種類飲んでいましたので本品もうっすら記憶にあります。さて、発酵がずいぶん進んでいると思いますがお味は如何に(笑)

名称:ゴールデンエンジェル
種類:ビール
系統:猪苗代地ビールオリジナル
製造:親正産業株式会社(福島県白河市)
容量:330ml 5%
原料:麦芽、ホップ
価格:540円(税込)
IMG_0900
【香り】
カラメルと麦の穀物的な匂い。梅干しを思わせる甘酸っぱい香りも感じます。

ご当地で飲んだ際にはこの甘酸っぱさは記憶にありません(笑)酵母の力で発酵が進んだ結果と思われ、すっきり目の香りに甘酸っぱさが加わり、これはこれで悪くありません。

【味】
色味とは裏腹にかなり軽めの味。麦の穀物感、カラメル、少しワインや梅の実を思わせる甘酸っぱさがあります。味もご当地で飲んだ時と明らかに違いますね(笑)香り同様に甘酸っぱさは発酵が進んだことによる結果です。

【感想】
軽めのすっきりした味わいが好きな方には良いと思いますが、個人的には軽すぎてもの足りなさを感じてしまいます。時間経過により発酵が進み、香り・味ともに甘酸っぱさが加わりましたが、これ自体は好みはあるでしょうが個人的には嫌なものでは全くなく、むしろ軽すぎる味に良いアクセントになってくれたかなと思います。

酵母が生きたままですと瓶内でも発酵が進み、時間経過で香りも味もどんどん変わっていきます。大手メーカーでは長期保存や安定した品質が求められることや、多くの方に飲まれることから味や香りの変化が苦情に繋がりやすいでしょうから、なかなか酵母を生かしたままで出荷というのはやりづらいと思われます。

ご当地やビール祭りでフレッシュなものが飲め、自宅では味や香りの変化も楽しめるのは、地ビールならではの楽しみ方ではないでしょうか。

【リピート】
さっぱりしすぎていて私の好むタイプのビールではないことから積極的にはリピートしませんが、また福島県を訪れた際には飲もうと思います。

【肴】
IMG_0905
私の住む田舎から車で1時間ほどのショッピングモールの中にある、テイクアウトできる中華料理店の肉焼売です。大振りで肉の旨味がたっぷりです(∩´∀`)∩中華料理はビールとの相性が良いものが多いですね。

自宅から距離はありますが、訪問時にはまた買おうと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ