ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

ジョニーウォーカー

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はスコッチウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7157IMG_7159
IMG_7151IMG_7156
IMG_7155
本日飲むのはスコッチウイスキーの名作ブレンデッド「ジョニー・ウォーカー」から、「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」です。

ジョニー・ウォーカーについてはWikipediaもありますし、様々なサイトやブログで語り尽くされていることと思いますので、知識の薄さが明らかになるだけの当ブログでは殊更、解説するのはやめておきましょうね(ノ∀`)

19世紀から販売され、世界数百カ国で年間1億本以上売れるお化けブランドです。

麒麟麦酒株式会社のニュースリリース(抜粋)は以下の通りです。

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、ディアジオ社(英国)が所有する、世界No.1スコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」から、「ブレンダーズバッチ」シリーズ第二弾として、「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」を5月1日(火)より数量限定で全国発売します。

「ブレンダーズバッチ」は、既成の価値観にとらわれずブレンダーが豊かな経験や個性に基づいて思い描くブレンドを形にした、クラフト感あふれるシリーズです。12名のブレンダーの個性と豊かな発想、それを実現する約800万樽のストック、卓越したブレンディング技術から創り出されます。
「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」は、ウイスキーのみならず食べ物やワインにも造詣が深いブレンダー「エイミー・ギブソン」が、ワインのように、食事、特にデザートとのマリアージュを楽しめる新しいスコッチウイスキーを目指しブレンドした、新しい味わいの「ジョニーウォーカー」です。

製品紹介は以下の通りです。リンク先も合わせてご覧いただくのがよろしいかと思います。
華やかな香りと、熟したフルーツのような味わい
様々な種類のワイン樽で熟成した原酒をブレンド。新鮮なベリー系のフルーツ、上品なトフィのような甘みなどが感じられ、まるで果樹園にいるかのような華やかな香りと熟したフルーツのような味わいが特長です。
モルトウイスキーにはディアジオ社の最先端技術を集結した蒸溜所「ローズアイル」の原酒を、グレーンウイスキーにはスコットランド最大級のグレーンウイスキー蒸溜所「キャメロンブリッジ」の原酒などをブレンドしています。
様々な種類のワイン樽で熟成とのこと、ノンエイジですので総体の熟成年数は不明ですが、通販サイトなどを見るとワイン樽で2年以上の熟成(後熟?)を行った原酒をブレンドしたとの記載もあります。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド
種類:ブレンデッドスコッチウイスキー
製造:ディアジオ社(イギリス)
原料:モルト、グレーン
容量:700ml 40%
価格:税込1,700円前後
IMG_7160
【ストレート】
甘く焦がした蜂蜜、蜜蝋、樹液を纏うウッディな香り、琥珀色の白ワイン、フレンチトーストに上品で陶酔感のあるスパイシーさ、終盤はほんのりとスモーキーで、サングリアやフルーツコンポートを思わせる複数の果実やワインを思わせるニュアンスも感じられます。

口に含むと、まだ若いブランデー、琥珀色の白ワイン、トフィ、ワイン風味の飴玉のような少しベタつく甘酸っぱさ、八ツ橋、やや酸化したりんごジュースに薄くグレープフルーツを感じます。

赤ワインよりは白ワインや琥珀色系のワインの樽の原酒が中心なのか、タンニンや渋味はあまり感じられず、特に琥珀色系の甘く力強いワイン風味を強く感じました。樽系のウッディさやニッキなどを思わせるスパイシーさも強めで、ワイン風味で上品な感じも随所にあるのですが、意外とクセの強い味わいのブレンドだと感じました。

【加水】
IMG_7163
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)してみると、樽材の焦げ感やピート香などスモーキーフレーバーが前に出てきます。琥珀色の白ワインに少しグレープフルーツ、八ツ橋にカンロ飴、乾いた木材の香りも感じられます。

口に含むと、琥珀色の白ワイン、軽めのブランデー、ドライマンゴーにパイナップル、少し酸化したりんご、後口に若干のタンニンを感じます。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、潮気と野草のようなピート香、少し焦げた木材、グレープフルーツにうっすらイチゴ、琥珀色の白ワインを感じます。

口に含むと、少しオイリーでザラメのような甘さ、琥珀色の白ワインや酸化したりんごを思わせる風味は幾分薄まりますが引き続き顕著、プレーンな麦芽の甘み、八ツ橋を思わせる風味を感じます。

加水することでワイン系の風味は幾分薄まりますが、感じられなくなる程ではなく、引き続ききちんと感じられます。薄まった分は代わってスモーキーさやモルトの風味が出てくる感じがあります。

【ロック】
IMG_7165
オンザロックにすると、白ぶどうに少しグレープフルーツ、酸化したりんご、シナモンにバター、ザラメ、薄手の蜂蜜、ほんのりとウッディな香りを感じます。

口に含むと、ザラメと蜂蜜、バター、八ツ橋、少しカンロ飴、麦芽の穀物香、琥珀色の白ワイン、少し樽材のビターを感じます。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、パイナップルにレモン、少しグレープフルーツ、薄く琥珀色の白ワイン、チョコレートを思わせる香りを感じます。

口に含むと、チョコレートにミルクキャラメル、バターとザラメ、パイナップルに少しグレープフルーツ、ドライフルーツのニュアンス、軽めの琥珀色の白ワインを感じます。

ハーフロックまで加水すると、飲みやすいですがやや薄べったく、もったいない感じ。オンザロックで飲むのが良い感じです。

【その他】
IMG_7168
ハイボールにすると、麦芽の穀物香、ほんのりと煮詰まったフルーティさを感じます。

口に含むと、琥珀色の白ワイン、少しのトフィ、麦芽の穀物香を感じます。

小ざっぱりしたハイボール、ややワイン系のクセが気になる感じがあります。レモンスライス1枚で化けそう。

【感想】
なるほどワインカスク。

赤ワインよりは白ワイン系の樽が中心のイメージ。安定感のある味でさすがのジョニーという感じ。ワインカスク系の風味が得手か不得手かで評価が分かれそうです。

個人的には苦手じゃないし全然平気ですが、ボトル1本あると飲み飽きそうかな。

私がもっとウイスキーに詳しく、鼻も舌も優れていれば「ローズアイル」がどうとか他に〇〇のモルトがブレンドしてありそうだとか言えるんでしょうが、そこは私ポッキーのことですので、無理です(ノ∀`)

どのくらいの種類のワインカスクがブレンドしてあるのか、それは総量に比してどのくらいの量なのかわかりませんが、ワイン樽系の風味は香りでも味でも至るところで感じることができました。

オススメの飲み方はオンザロック、次いでストレートです。ハイボールはレモンスライスなど何かのちょい足しでアクセントを持たせることが必要かなと思います。

ワインカスクブレンドの名に恥じないワインカスク風味の強さで、そこはさすがジョニー・ウォーカーという感じなんですが、ややワインカスク一本調子な感じもあって、なまじ個性が強い分、バーで一杯なら良いんですがボトルで買うと飲み飽きしそうな感じもあります。

そのような場合にはハイボールのレモンスライスではないですが、ちょい足しやカクテル材として使用してみるのも良いかと思います。箱書きの裏にもカクテルレシピがありますしね。

【リピート】
このクオリティで2,000円を大きく割り込み、かつ量産できるとは…恐るべしジョニー・ウォーカー。

12名のブレンダーがブレンドするブレンダーズバッチシリーズですので、12種類が販売されるんでしょうね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

本品は限定品ですが、次も楽しみにしていようと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ジョニーウォーカー スイング 旧ボトル

皆さんこんばんは、ポッキーです。

あ、暑い…(;´Д`)
今日は山梨県で身延町で気温39.2℃を観測した他、今夏最多の全国170箇所で気温35℃以上の猛暑日となったそうです。つい2日か3日前に今夏全国最多の猛暑日を観測というニュースを見た記憶があるのですが、もう一体どうなってるんでしょうね('A`)

気象庁が熱中症の注意を呼びかけているというニュースのフレーズも毎日聞いている気がします。皆さんくれぐれも日中の不要不急の外出は控え、室内で冷たいビールでも飲んで過ごすようにしましょうね(・∀・)



さて、今日はスコッチウイスキーの名作ブレンデッド、「Johnnie Walker」(ジョニー・ウォーカー)を飲みますよ(∩´∀`)∩

本日飲むのは「Johnnie Walker Swing」(ジョニー・ウォーカー スウィング)というもので、1932年から販売されているご長寿製品です。モルトウイスキーもグレーンウイスキーも17年以上熟成させたものをブレンドさせているようですが、ボトルにはそれらしい記載はなく、ジョニー・ウォーカーの中でもマイナーな部類に入る製品のためか、ネット上にも情報はあまり多くありません。

そんなわけで早速飲んでみようと思います(*゚∀゚)

名称:ジョニーウォーカー スイング
種類:ブレンデッドスコッチウイスキー
製造:ディアジオ社(イギリス)
原料:モルト、グレーン
容量:750ml 43.4%
価格:4,000円前後
IMG_2182
裏面にラベルもなく、本当に情報が掴めません(笑)
表ラベルのすぐ上のあたりも、本来シールか金具がついていたのではないかと思うのですが、ボトリング後、長い月日が経つ間に剥げたか剥がされたかしたようです。裏面ラベルもありません(ノ∀`)

容量が750mlですので、1980年代~1990年代初頭のボトルではあるようです。日本語の記載が一切ないので、輸入販売されたものではなく、海外旅行などでのお土産品等ではないかと思います。

この変わった形状のボトルは大西洋を横断する豪華客船のために作られたものだそうで、波で揺られても倒れにくい設計になっています。指などでかなり強めにつついても、やじろべえのようにゆらゆらと揺れながらバランスをとってくれます。さすがに起き上がり小法師のように倒れていても起き上がったりはしませんが(・∀・)

【ストレート】
ピート香に強い潮気、ヨード香、紅茶、濃いレーズンやママレード、チョコレート、タンニンや皮革製品を思わせる香りがします。

口に含むと、やはり強い潮気が感じられ、ピートにヨードなどクセの強さがはっきりと主張してきます。その後で黒蜜のような熟成感ある濃厚な甘みがやってきて、次いでグレープフルーツやママレード、レモンのような爽やかさ、古びた樽香なども感じられます。

大して期待せずに開封したボトルですが、これは美味しい.。゚+.(・∀・)゚+.゚

アイラ・モルトの潮気やヨードの主張がしっかりとしており、海で飲むのにある意味で相応しい香りではないでしょうか(笑)長く海にいると陸が恋しくなりそうですので、逆効果のような気もしますが(ノ∀`)

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)してみると、若干、潮気やピート香、ヨードが弱まってフルーティさが増すような印象で大きくは変わりません。かなり個性の強いウイスキーです。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、潮気、ピート、ヨードなどは随分控えめになり、モルトウイスキーのフルーティな甘さで口中が満たされます。蜂蜜、紅茶、ママレード、黒蜜など、甘すぎて驚いてしまうほどです。

【ロック】
オンザロックにすると、冷やされることで急激に香りの立ちが鈍くなりますが、味はストレートとほぼ変わらず。強い潮気と煙たさがありながら黒蜜のような濃厚な甘さも感じられ、重厚感がありとても美味しいです。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、グレープフルーツ、ヨード、ピート、ぶどう、紅茶、黒蜜などの香りが感じられます。加水量が増えることでフルーティな香味が前に出てくるようです。

口に含むと、潮気とヨード、チョコレート、黒蜜、レーズン、樽香などが感じられ、ここまで薄めてもなお個性が感じられ、美味しく飲めます。アルコール感は相当に薄れますので、飲みやすさはぐんと増しています。

【その他】
ハイボールにすると、スモーキーさと潮気を追いかけて黒蜜のような濃い甘さが感じられます。ソーダ水で割ってもきちんと個性が感じられるよく伸びるウイスキーです。ハイボールにしてもとても美味しい。

【感想】
ものすごく美味しい。期待値が高くなかっただけになおさら(´∀`*)

保管状態があまり良くなかったと思われるオールドボトルでしたので、状態に不安があったのですが、すごく美味しかったです。個性的なアイラ・モルトの潮気と熟成感ある黒蜜のような甘さの取り合わせが実によく、さすがは「ジョニー・ウォーカー」ですね。正直、感服しました。

オススメの飲み方はストレート、オンザロック、ハイボール。幅広い飲み方に対応できる懐の深いウイスキーです。

しかし、本品は豪華客船用に開発された製品とのことでしたが、船旅で毎日毎日、潮の香りを嗅いでいるのに、飲む酒も潮の香りで嫌にはならないんでしょうかね(笑)

【リピート】
次は現行品も飲んでみたいです。適切な価格で入手可能であれば、オールドボトルもまた買いたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年

皆さん、こんばんは。ポッキーです。

休日になると酒屋めぐりをしたくなります。
こちら田舎住まいなものですから、未だに昭和で時が止まったような個人商店も時折見かけられ、既に終売になっている銘柄や、閉鎖した酒造会社の製品を見つけたり、値上げされた製品が値上げ前の価格で売っていたりと田舎ならではの時の流れの遅さを感じられます。

量販店と違って個人商店の酒屋は出入りに多少勇気が必要で、何も買わずに出ていきにくい雰囲気もあります。ですが掘り出し物を見つけた時の嬉しさには勝てず、どこか出かける度に酒屋がないかつい辺りを見渡してしまいます。

名称:ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年
種類:ウイスキー(ブレンデッド/スコッチ)
製造:JOHN WALKER AND SONS
容量:750ml 40%
IMG_0323
【香り】
初めにピート、次いでチョコレートの香りと熟成感あるエステリーさが漂う。さすがに熟成感がある。わずかに加水すると一層エステリー感が開く。
【味】
チョコレート、リンゴ、パイン、バナナなど様々な味が口中に広がる。余韻でピート感。
加水してもバランスは崩れず、扁平にもならない。
ハイボールにすると酸味が目立ち、ピーティーさ、エステリーさは追いやられてしまう。美味しく飲めはするが極めて勿体無い。
【評価】
非常にバランスが取れ、熟成感に溢れる。ピート感は嫌味ではなく、エステリーさにアクセントを加えてくれる。さすがのジョニーウォーカー。さすがのブレンデッドスコッチ。
【リピート】
終売品だが比較的高価格帯ということもあって、まだそこかしこで見かける。プレミア価格になってなく、かつ財布にゆとりがあればリピートする価値あり。

既 に終売になっているジョニーウォーカーの旧ゴールドレーベルです。現行品のゴールドレーベルリザーブ、プラチナムレーベルは試していませんが、年数的には プラチナムレーベルが後継品となるようです。リザーブはグリーンレーベルの後継品になるのかな?

スコッチの多様な原酒を使用したブレンデッドウイスキー は、本当にバランスが良く取れ、ブレンダーの作る芸術品であることがわかります。ジョニーウォーカーはどのレーベルもそのネームバリューに恥じない出来ですので、入門編としては今や2,000円前後で買えてしまうブラックレーベル、通称ジョニ黒を試してみるとそのすごさがわかるのではないでしゃうか。
個人的にも早くリザーブ、プラチナムレーベル、そして最高峰のブルーレーベルを試してみたいものです。

それでは本日はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ