ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

その他イベント

北海道新幹線グランクラス

皆さんこんにちは、ポッキーです。

IMG_7658
長かった宮城出張&北海道旅行もいよいよ終わり。おうちに帰ります!!

IMG_7660
函館駅から電車に乗り込み、ひとまず行き先は新函館北斗駅へと向かいます。

IMG_7663IMG_7671
雪こそ積もったものの好天に恵まれ、雄大な景色が実に気持ち良かったです。北海道はでっかいどうなどと、使い古されたネタではありますが本当にそのとおりだと思います。

IMG_7676
函館駅から新函館北斗駅までは約20分程です。この駅へと来た目的は、もちろんこちら…

IMG_7678
北海道新幹線はやぶさ号に乗るためです(∩´∀`)∩ワーイ

行きは飛行機でしたが、旅程に函館を組み込んでいたこともあり、帰りは北海道新幹線にと決めていました(´∀`*)

IMG_7680
しかも座席はこちら(・∀・)

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、一期一会という言い訳のもとに「グランクラス」です!!

グランクラスは新幹線のグリーン車よりも更に上の等級です。普通席料金にグリーン席料金を上乗せするとグリーン車に乗れるわけですが、そこに更にもう1回グリーン席料金を上乗せしたような金額を支払うことで、グランクラスに乗ることができます。

つまりどエライ金額をお支払いすることになるわけです(ノ∀`)
一期一会です一期一会(;´∀`)

IMG_7715
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

IMG_7723
キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!

IMG_7726IMG_7730
いよいよ到着した北海道新幹線。その最後尾(東京方面からだと最前列)のグランクラスへと乗り込みます(`・ω・´)b

IMG_7733
座席は予想していたよりすごい感じ(*´Д`)ハァハァ

IMG_7741IMG_7743
一席あたりの空間は、グリーン車が霞んでしまうほど。横一列は、普通車だと五席、グリーン車だと四席dふぇすが、一人掛けの座席と二人掛けの座席の三席しかなく、シートがすごく大きく広々としています。

IMG_7750
荷物棚は飛行機のように閉じられるようになっています。何と各席専用で用意されていましたΣ(・ω・ノ)ノ

IMG_7759
グランクラスは一両あたり三席✕六列の計18席のみ!!
前も横も非常にゆとりある造りになっています(*´Д`*)

IMG_7742
IMG_7766IMG_7768
座席の座り心地は抜群も抜群、すごかったですが、機能も満載です。

上の方の写真をご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、背もたれの後ろにカバーが備えてあり、後ろの席の方を気にすることなくリクライニング機能を使用することができるようになっています。

IMG_7769IMG_7770
アメニティも( ´∀`)bグッ!

IMG_7746
座席も荷物棚もアメニティも良かったですが、まだまだそれだけではありません(ΦωΦ)フフフ…

IMG_7747IMG_7748
グランクラス乗客へのサービスとして、軽食のサービスとアルコールを含むドリンクサービスが付いているんですw(*゚o゚*)wオオー

IMG_7772IMG_7775
IMG_7777IMG_7812
軽食とありますが立派なお弁当です(笑)
どれも美味しかったですよ(´∀`*)

IMG_7784IMG_7786
IMG_7787IMG_7791
函館では好天に恵まれ、美しく雄大に見えた北海道の景色でしたが、曇って日が陰ってくると、厳しい北の大地としての顔が見えてきます。

北海道は本当に広いので、電車で移動すると雪の積もり方や天候が、一口に北海道といってもまったく違っていて面白かったです。

IMG_7800IMG_7822
IMG_7820IMG_7821
座席も荷物棚もアメニティも軽食も景色も楽しめましたが、やはりやはり、やはり何が一番お楽しみかというとこれですよね(笑)

ドリンクはアルコールもソフトドリンクも種類豊富で、本当に全部飲み放題(∩´∀`)∩ワーイ
ビールもなんとヱビスビールでした!!

IMG_7803IMG_7804
ビールの次は白ワイン。北海道新幹線ですがなぜか長野県のワインでしたが(笑)
まぁそのあたりはご愛嬌というもので。

IMG_7814IMG_7815
IMG_7817
白ワインの次は日本酒。北海道の酒、そして贅沢に純米吟醸酒でした。

IMG_7823IMG_7826
IMG_7824IMG_7825
日本酒の次はシードル。青森県のりんごだけを使用して作ってあるそうです。

IMG_7827IMG_7829
シードルの次は赤ワイン。白ワインとは違うメーカーですが、こちらも同じく長野県でした。
何故なんでしょうか(笑)

【感想】
素晴らしい(*´Д`)ハァハァ

価格も素晴らしい(笑)
けっこうなお値段でしたが、移動時間をゆったりとリッチな気分で過ごすことができました。

グランクラスには専属のパーサーが複数名配置されており、ボタン一つで呼ぶことができます。軽食やドリンクはすべて座席まで運んできてくれます。

乗り込む際のお出迎え、乗っている間のサービス、降りる時のお見送りなど、本当に最初から最後まで至れり尽くせりという感じでした。けっこうなお値段に十分見合う、上質のサービスだったと思います。

余談ですが新函館北斗駅から東京駅まで乗ると4時間少々となるようです。東京まで乗る方は4時間お酒飲み放題なんでしょうね(´゚ω゚):;*.:;

【リピート】
私の懐が耐えられるのであれば、また是非乗りたいと思いました。相当先の話なのでしょうが、札幌まで北海道新幹線が繋がる日が楽しみですね(∩´∀`)∩

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

民営国民宿舎 霧島新燃荘(鹿児島県霧島市)

皆さんこんばんは、ポッキーです。

美味しい料理やお酒を飲み食いするのは実に楽しいものですが、たまにはデトックスするのも大事ですよね(・∀・)

そんなわけで秘湯番付なる温泉の格付けで、「西の大関」に選ばれた、名湯と名高い「霧島新燃荘」に温泉に入りにいきました(∩´∀`)∩

「霧島新燃荘」は鹿児島県と宮崎県に跨る霧島山の中央部に位置する、新燃岳付近の標高920mのところにある民営国民宿舎です。新燃岳が2011年に噴火した際には入山規制が敷かれたことからそれに巻き込まれ、約1年半の休業を余儀なくされていた程の、かなり辺鄙なところにある宿舎です(笑)

付近を車で移動しているとあちこちから白煙が立ち昇って硫黄臭も感じられ、温泉地であると同時に火山地帯であることがよくわかります。

そんなところにありながらも営業を続けられているのは、なんといっても温泉の泉質にあるのでしょう。インターネット、ガイドブックなどでも高く評価される、西日本屈指の名湯のようですから。

IMG_1331IMG_1338
「霧島新燃荘」すぐ側の風景です。自然に囲まれた風光明媚なところですね(´∀`)

旅館名:民営国民宿舎 霧島新燃荘
所在地:鹿児島県霧島市
プラン:一泊二食豪華版
宿泊費:基本料金7,200円+豪華版1,500円+休前日料金1,000円

IMG_1310IMG_1311
国民宿舎ですから(?)決して豪華な旅館というわけではありませんが、側を流れる川は温泉の成分から真っ白です。温泉に入りに来たのですから、温泉が良ければ後は程々で(・∀・)イイ!!

IMG_1330
旅館入口前には温泉の効能や注意の書かれた看板と、「霧島新燃荘」が取り上げられた新聞記事などが飾られています。

温泉の効能として、毛細血管が著しく拡張し血行が良くなることや、毛穴の脂肪が落ちて肌がつるつるになることなどが挙げられています。

「著しく」との記載通り、相当に血行が良くなるようで、1回30分以上の入浴、飲酒後の入浴は厳禁だそうです。その効能の高さから湯治に来る方も多いようです。

IMG_1330-1
部屋は旅館ではなく確かに宿舎という佇まい(笑)
しかし抜群の効能の温泉と、一泊二食で7,200円からというお値段であることを加味すると、十分ではないでしょうか。

IMG_1330-3IMG_1330-2
温泉の湯はかなり濃い真っ白で、温泉成分の濃さを感じさせてくれます。

過去に硫化水素中毒による死亡事故があったそうで、露天風呂は1名での入浴禁止で必ず誰かと連れ立って入るようになっています。内風呂の窓を閉めていたことによる換気不足が原因だったようですが、本当に成分の強い温泉なんですねΣ(´д`;)

入浴しての感想ですが、本当に血行がものすごく良くなるのが実感できます。汗はふき出すし体はぽかぽか、お肌はつるつるで最高に気持よい温泉だと思います(*´Д`*)



さて、温泉につかってデトックスしたのであれば、当然、ご飯が美味しく酒が美味しいのが道理なわけで…(笑)

IMG_1312IMG_1316
マスの洗いに塩焼き。山に来たなという感じがしますね。

IMG_1314IMG_1318
黒豚の骨付き肉を黒砂糖、味噌、焼酎などで煮込んだ鹿児島県の郷土料理であるトンコツ料理。ビールにももちろん良く合いますが、すぐに焼酎も注文しました(´∀`*)

やはり鹿児島県に来たのであれば芋焼酎でしょう.。゚+.(・∀・)゚+.゚

鹿児島県とはいえ標高がそれなりにありますので朝夕は冷えます。熱々の茶碗蒸しも嬉しかったです。

IMG_1320IMG_1325
ビーフシチューのような装いですが、黒味噌を使った田舎風鍋です(笑)
ビールに良し、ご飯に良し、そして焼酎との相性は最高です(∩´∀`)∩ワーイ

IMG_1327
写真を撮り忘れましたが、この後ちゃんとデザートまで出てきました(´∀`)
ブルーベリーソースのかかったかわいいチーズケーキで、旅館の風貌に似合わぬオシャレで嬉しい驚きでした。

【感想】
温泉は最高!!料理も値段を考えると十分すぎるものでした。

【リピート】
湯治にきて一週間くらい泊まり込みたいですね(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ウイスキーショップW.

皆さんこんにちは、ポッキーです。

ティスティング以外のネタは休肝日に取っておきたいなぁと思いつつ、あまりタイムリーでなくなるのもいかがなものかと思いまして、例によって時間が取れる時に更新更新(∩´∀`)∩

今日はサントリーのアンテナショップ(と分類して良いものかはわかりませんが)である「ウイスキーショップW.」について。ウイスキーショップW.はサントリー直営のウイスキーショップで、サントリーウイスキー、ウイスキー関連書籍、グラスなどのグッズ、ウイスキーとマリアージュさせるおつまみなどが揃っているウイスキーファンにはたまらないお店です。

ウイスキーショップW.は、サントリーグループの持株会社であるサントリーホールディングスがある、大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1-40のサントリービル1Fにあります。事業会社のほとんどは東京に登記がありますので、現在のサントリーウイスキーの製品ラベルには東京都港区の住所が書いてあるかと思いますが、2009年の持株会社移行以前の製品ラベルにはこの大阪の住所が記載してありますので、昔からウイスキーを親しまれていた方には懐かしい住所表記かもしれません。

店名:ウイスキーショップW.
所在:大阪府大阪市
種類:ウイスキーショップ
営業:11:00~19:00
休日:土日祝日
最寄:京阪電気鉄道中之島線「渡辺橋駅」より徒歩2分
IMG_0113IMG_0115
ウイスキーショップW.は全国唯一ここにしかなく、しかも土日祝日休みという田舎住まいの私には大変厳しい仕様となっています。営業時間も遅く開店して早く閉店するという…。

その一方で、このウイスキーショップW.オリジナルウイスキーが年に数回程度散発的に発売されており、簡単には到達できないがそこには追い求めるモノが待っているという、地方住まいのコアなウイスキーファンにはガンダーラのようなお店です(笑)

2枚目の写真がウイスキーショップW.オリジナルのシングルモルトです。山崎、白州が基本的に交互に発売されています。少量生産な分、定番品の山崎・白州とは違った個性が楽しめるようです。これ以外にも臨時で限定品が発売されたり、サントリーが取り扱う海外のウイスキーの限定品も時折見られるようです。私の住む田舎にも出店してくれないでしょうか…(´・ω・`)

IMG_0118IMG_0117
店内では購入だけでなく試飲もできます。ただし、バーではないから一人三杯までとのこと。メニューの記載はごく少数ですが、バーカウンター奥の棚には魅力的なボトルが多く並んでおり、それらも試飲できるようです。

IMG_0119IMG_0122
私はメニュー通りの「山崎リミテッドエディション2015」ウイスキーショップW.オリジナルの「№6白州蒸留所」同じくオリジナルの「№7山崎蒸溜所」を試飲しました。№7が個人的には香ばしくて美味しかったです。

ウイスキーショップW.はネット通販も行っていますので、オリジナルウイスキーもネットで購入可能なのですが、基本的にすぐ売り切れます('A`|||)ネットで売り切れた後でも店頭在庫は確保されているようで、この日もネットでは売り切れになっていたオリジナルウイスキー№6~№8がまだ販売されていました。「山崎リミテッドエディション2015」や「知多蒸溜所特製グレーン」もプレミアのつかない定価で販売されており、あるところにはあるもんだな、と。都会は便利で良いですねぇ('A`)

店内は正直狭く、アイテム数は決して多くありませんが、レアなもの、上質なものが多く、いつか再訪してみたいと思います。いつになるやら…(´Д⊂)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ