ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

蒸留所・醸造所・工場見学

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺

皆さんこんばんは、ポッキーです。

IMG_4156
過日、静岡県の地ビールメーカーであるベアードブルーイング合資会社の本店所在地である「ベアード・ブルワリーガーデン修善寺」を訪問してきました。既に昨年のことですが(;^ω^)

ちなみに「富士御殿場蒸留所」を訪問したその足で行ってきました(笑)
旅程の都合があったとはいえ、さすがに強行軍であったと今は反省しています。

この日の夜は沼津に宿泊しましたが、地元のバーに行くなんて元気もなく、夕食もそこそこにさっさと寝るハメになりましたので(ノ∀`)

IMG_4150IMG_4151
最寄駅は伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺駅です。駅からはバスやタクシーで15分程です。今時はどこに行ってもこうしたゆるキャラ?がいますね。

IMG_4152IMG_4153
ベアードブルーイング(資)は平成12年(2000年)設立の地ビールメーカーです。代表者はアメリカ人のブライアン・ベアード氏。配偶者のさゆり・ベアード氏と共に同社を設立しています。

外国人が日本でクラフトビールメーカーを設立するというのも何ともユニークな話ですが、配偶者が日本人なので納得というところですよね(・∀・)

”Celebrating Beer”ビールを祝福するをモットーに人生の様なシーンをビールで楽しむべく、同社のビール造りは行われています。

IMG_4178
IMG_4174IMG_4175
IMG_4179IMG_4180
個人的な同社への印象は、何と言ってもビアスタイルの豊富さ。定番ビール・限定ビールとも、これだけ多様なビアスタイルを用意している地ビールメーカーは、あるいはビールメーカーは日本にはないのではないでしょうか。

メニュー表や黒板に所狭しと書かれるビールの豊富なこと!!

IMG_4170IMG_4173
ベアードブルーイングではこのブルワリーガーデン修善寺で、各土日祝日に1日3回のブルワリーツアーを行っています。試飲等はありませんが、無料で醸造所内の案内を受けることができます。

集合場所は3Fのタップルームで、ツアーの前後には同社のビールを楽しむこともできます。タップ数は20もあり、少しですがフードメニューもあります。

ツアーに参加しない方でもタップルームでビールを楽しむことはできますので、自身の旅程に合わせることができると思いますよ(・∀・)

IMG_4185
まずは使用する麦芽の説明や香りを嗅がせてもらえます。色づくまでじっくり乾燥・焙煎された麦芽の香りは香ばしくて実に良いですよね(´∀`*)

IMG_4191
袋詰めされた麦芽。イギリスからの輸入品ですね。

IMG_4193
ベアードブルーイングのビールは基本的に(全て?)瓶内で二次発酵させる酵母の生きたビールです。酵母が働くためのお食事として、4種類の砂糖を使い分けているそうです。

IMG_4199
ホップは冷凍庫で保管しているそうです。ホップは香りが命ですから、鮮度管理が大事なんですね。

IMG_4203IMG_4202
麦芽を麦汁用に粉砕するモルトミル。

IMG_4211IMG_4213
粉砕した麦芽と温水を混ぜて麦汁を作ります。もう1枚は何だっけ…麦汁の味見とかするためのものでしょうか。

IMG_4214
要所要所で漂う中小企業っぽさ(笑)
地ビールメーカーって感じで良いですね (´▽`)

IMG_4215
蓋にちゃんとベアードブルーイングのマークが。

IMG_4218IMG_4227
2014年に沼津から修善寺へと本店所在地を移転。製造能力は移転前の6倍となる6,000klへと拡大しています。

IMG_4230IMG_4231
ビールを充填する樽です。ステンレス製はリターナブルで国内向け、プラスチックはワンウェイで海外向けだそうです。

IMG_4234IMG_4237
充填やラベル貼りを行う作業所。真ん中のラベラー導入でかなり効率化が図れたようで、従業員は大喜びだとか。出荷用の樽や瓶も並べられていました。

以上で醸造所見学は終了。この後は修善寺観光も良し、このまま有料試飲を楽しむも良し。当然私はおビール様を飲むことになります(∩´∀`)∩ワーイ

IMG_4241
カウンターで味わうベアードブルーイングの樽生(´∀`*)

一杯目は記憶がうろ覚えですが「ダグのレッドエール」だったはず。”ダグ”は従業員の名前でしょうか。季節限定ビールとして黒板に記載されていました。レッドエール大好きなので嬉しい。きっちり美味しかった覚えがあります。

価格は基本的にハーフパイントであれば500円。例外もあったかも。

IMG_4243
一杯目を飲んでいる途中で存在に気がついた、サンプラーセット800円。「スルガベイ インペリアルIPA」「帝国IPA」「ブルワーの悪夢 ライIPA」のIPA3種類飲み比べにしてみました(゚∀゚)

メニュー表をご覧いただければわかりますが、名前のユニークさもベアードブルーイングの特徴の一つ。地ビールメーカーは大手や他の地ビールメーカーとの差別化やインパクト・個性を出すために奮闘しているんですね。

IMG_4247
お次はリアルエールの「静岡エール」、ビアスタイルはストロングレッドエールだそうです。ベアードブルーイングは東京、静岡などを中心に7箇所のタップルームを出店しています。

各店舗でそれぞれオリジナルのリアルエールを用意してくれているようで、ここブルワリーガーデン修善寺ではストロングレッドエールでした。季節やタイミングで入れ替えもあるのかもしれません。

飲みやすいんですがきっちり力強い味でした。レッドエールは本当に口に合うものが多いです(・∀・)

IMG_4249
最後は「修善寺ヘリテッジヘレス」にしたと思います。修善寺に来たので修善寺と銘打ってあるものを飲もうという安直な考えです(ノ∀`)

これだけたくさんのスタイルのビールが揃っていて、どれもきちんと美味しいのはすごいことだと思います。とても一度では飲みきれない…(笑)

また来る楽しみができますね (´▽`)

IMG_4244IMG_4248
フードも軽くつまみました。クリームチーズ&ラスクに伊豆産の鹿肉ジャーキー。シンプルなものですが美味しかったです。


というわけでベアードブルーイング初訪問でした。飲むのもほとんど初めてでした。多彩なビアスタイルを揃えてあるのは知ってはいましたが、これほど豊富とは思っていませんでした。季節限定や店舗限定のビールなんかもしっかりとあり、シーンや気候、その時の気分でビールをチョイスできる楽しみがあります。

多品種ですが粗製濫造な感じはなく、ネーミングも含めて楽しみながらしっかりと美味しいビールを造っている印象を受けました。

ビールはハードリカーのようにアルコール度数が高いわけではなく、苦味が強いものばかりでもなく、味や濃淡、ボディなど多種多様で、四季のある日本にとっても、アルコールに耐性の強くない方の多い日本人にとっても本来、親しみやすいお酒だと思います。

大手メーカーもどんどんピルスナー以外のビアスタイル、クラフトビールに目を向けるようになっていますし、もっともっと気軽に多様なスタイルのビールが飲めるようになっていくと良いですね(*´Д`)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

三度、キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所

皆さんこんばんは、ポッキーです。

もう昨年のことですが、出張にかこつけて静岡県御殿場市まで足を伸ばしてきました(・∀・)

IMG_4092IMG_4148
昨年7月以来3度目となりますが、キリンディスティラリーの富士御殿場蒸留所へ訪問してきました(´∀`*)

IMG_4084
仕事を終えて、夕方に御殿場まで到着。この日は小料理屋さんで一杯やって、ホテルでゆっくり休みました (´▽`)

ひじきの煮物とビール、こういうシンプルで素朴なの大好きです( ´艸`)

IMG_4093IMG_4094
富士御殿場蒸留所は元々あまり見学を企図していなかったのか、展示はサントリーやニッカウヰスキーと比べて控え目です。

ただ、スコッチウイスキーの影響の強いサントリーやニッカウヰスキーとは異なり、バーボンやカナディアンウイスキーの影響も強く受けているキリンディスティラリーのウイスキーは、地ウイスキーも含めてスコッチウイスキー、竹鶴政孝氏の影響が強い日本では他に類を見ないオリジナリティがあり、なかなか面白いものがあります。

IMG_4099IMG_4103
IMG_4101
平成27年9月から蒸留所見学が大きくリニューアルされており、見学では最初にプロジェクションマッピングを活用した富士御殿場蒸留所の説明を見ることができます。

撮影禁止ですが実に面白いので、機会があれば是非一度体感してみてください( ´∀`)b

映像の後は蒸留所内を歩いて見学させてもらえます。上の写真のコーナーでは、ウイスキーを構成する香りを大きく4つに分類し、それらの香りを個別に嗅ぐことができます。

ノージング体験という感じでしょうか。実際のお酒の香りを嗅ぐわけではないので、お酒が苦手な方や子どもでも体験できるのが良いですね。

IMG_4108IMG_4115
IMG_4109IMG_4110
銅製のポットスチル。ステンレス製っぽいのはグレーンウイスキー用でしょうか。銅製のポットスチルは1973年の蒸留所設立当初からのものですのでかなり古びており、設置はしているものの既に稼働させていないポットスチルもあるそうです。

大メーカーの麒麟麦酒グループなわけですし、どのタイミングでどのように設備更新や蒸留所の改修がなされるのか、楽しみです。何か驚くほどすごいことやってくれませんかね( ^ω^)

IMG_4116IMG_4119
蒸留を終えたウイスキーの原酒であるニューポットの樽詰めを行う工程です。同工程はサントリーやニッカウヰスキーでは見ることができない貴重なものだったと思いますので、一度稼働しているところを見てみたいですね。

どうしても行くのが休日になるため、蒸留所が稼働していないのが残念(´・ω・`)

IMG_4121IMG_4122
IMG_4124IMG_4126
ボトリング、ラベリング、箱詰めなどを行う工程です。ウイスキーの製造工程は稼働していませんでしたが、キリンの缶チューハイ”氷結”の工程は稼働しており、写真をじっくりご覧いただくと箱詰めされた氷結が大量にあるのがおわかりいただけると思います。

たくさん売れるんでしょうね( ^ω^)

IMG_4096IMG_4133
IMG_4129IMG_4131
蒸留所見学を終えた後は、お楽しみの試飲タイムです(∩´∀`)∩ワーイ

前回訪問時は「富士山麓 樽熟原酒50°」と「ロバート・ブラウン」の2種類が試飲できていましたが、今回はロバート・ブラウンに変わって「キリンウイスキー 富士山麓 Signature Blend」が新たに試飲の対象となっていました。

美味しいんですよねシグネイチャーブレンド(´∀`*)
ロバート・ブラウンに不満はありませんが、フルボトルで5,400円(税込)のウイスキーを試飲させてもらえるのは、今の御時世では何とも贅沢なことだと思います(・∀・)

チーズ味の限定柿の種も地味に美味しいのでけっこう好きなんですよね。毎回買って帰ってます(笑)

IMG_4139IMG_4143
遥々蒸留所までやってきて、無料試飲だけで終われるはずもなく…(´∀`*)ウフフ

蒸留所見学者用の団体席からカウンターへと居を移し、ある意味では本当のお楽しみ、本来の目的ともいえる有料試飲へと突入です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG_4127
以前はスコッチやバーボンも有料試飲のメニューにありましたが、全て富士御殿場蒸留所のウイスキーに切り替わっていました。

それだけキリンとしてもウイスキー製品を充実させてきているということだと思います。キリンの自社ウイスキー製品は、一般小売店で販売されるのは「富士山麓 樽熟原酒50°」や「オークマスター樽薫る」程度に限られており、基本的にはキリンの公式オンラインショップ”DRINX”と富士御殿場蒸留所内のショップに販路が絞られています。

麒麟麦酒自体は大メーカーですが、ウイスキーに関しての生産量は恐らくサントリーやニッカウヰスキー程ではなく、一般小売店向けのアイテムは極力絞ってそれに集中、ウイスキー好き向けの高級品は生産量が限られているため自社で直売というスタイルを取っているのだと思います。

限定品を一般小売店に販路開拓するほどには経営資源を割きたくないこと、販路開拓しても大量に納品するほど生産できないこと、自社直売の方が利益率が良いことなどが要因なのでしょうね。

メーカーが直売すると卸や小売に嫌がられることが多いでしょうが、販売量がごく限られていることからそのあたりの問題が起きないのでしょう。

IMG_4144
最初は「セレクトセット」にしました。富士御殿場蒸留所のシングルモルトとシングルグレーンの2017限定版を各15mlずつで400円。富士御殿場蒸留所内の限定販売ですし、非常に安いかと( ^ω^)

お安く飲めるのがわざわざ蒸留所まで出向く大きな要因の一つです(笑)

IMG_4138IMG_4135
続いては「蒸留所セット」、富士御殿場蒸留所のウイスキーの内、ピンきりのピンが中心のセットです(笑)

世界一にも輝いたシングルグレーン25年や、すっかり貴重になってしまった富士御殿場蒸留所の長熟シングルモルト2種など、富士御殿場の真価が味わえるセットだと思います。

”DRINX”で買おうにもあっという間に売り切れてしまいますし、蒸留所まで来て良かったと思わせてくれるクオリティでした(´∀`*)



蒸留所見学と試飲は個人的にとても楽しいのですが、有料試飲やお土産物の物色を含めても2~3時間あれば済んでしまいます。

交通の便が良いわけでもありませんし、基本的には蒸留所だけを目当てに訪れるには少々厳しい感じがありますが、富士山も近く、御殿場には地ビールの醸造所やアウトレットモール、リゾート施設などもありますので、旅行のプランの一つに組み込むと楽しめるんじゃないでしょうか(∩´∀`)∩

皆さんも機会があれば是非行ってみてくださいね(´∀`*)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

三度、サントリー白州蒸溜所

皆さんこんばんは、ポッキーです。

過日、2015年10月2016年7月に続いて三度目となる、山梨県の”サントリー白州蒸溜所”への訪問をしてきました(∩´∀`)∩

富山県の”若鶴酒造 三郎丸蒸留所”、長野県の”本坊酒造 マルス信州蒸留所”と合わせて訪問してきました( ^ω^)

3日で3県、3つの蒸留所をハシゴするというものでしたが、正直、体力的にも酒量的にもさすがにきつかったなと終わってから反省しました(笑)

IMG_3990IMG_3991
今回の旅程である意味、一番の驚きだったのが、白州蒸溜所最寄り駅であるJR小淵沢駅の駅舎が建て替えられて真新しくなっていたことでした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

確かに古びた駅舎ではあったのですが、タクシーの運転手さんに聞けばやはり、外国人観光客など白州蒸溜所を訪問するのに小淵沢駅で乗降車する人がかなり増えていたとのことで、そのあたりが大なり小なり加味されての駅舎新築だったんじゃないでしょうか。

白州蒸溜所は山梨県北杜市にあり、最寄り駅は上述の通りJR小淵沢駅です。今回は前日に長野県駒ヶ根市から山梨県甲府市まで移動して宿泊しており、甲府駅からJR中央本線で小淵沢駅まで移動しました。

甲府駅から小淵沢駅までは所要時間40分ほどで、乗り換えなしで行くことができます。駒ヶ根駅から甲府駅だと途中で小淵沢駅を通り過ぎてしまうのですが、甲府市はこれまで何度か訪れていて安心感があることや、県庁所在地ということもあって賑やかでお店も多いので甲府泊としました。

小淵沢駅から白州蒸溜所までは、土日祝日であれば無料のシャトルバスが運行しています。小淵沢駅から白州蒸溜所までは所要時間15分ほどで、1時間に多くて2本程度の運行です。上手く時間を合わせることができればその分を飲み代やお土産代に回せますよ(´∀`*)

平日に白州蒸溜所を訪問される場合には、タクシーが基本になるかと思います。路線バスの場合は小淵沢駅ではなくJR韮崎駅から白州蒸溜所最寄りのバス停である松原上バス停まで行くのが便利なようです。所要時間は40分ほど、料金は1,000円です。

十分な広さの駐車場がありますので、お酒を飲まれない方と同道されるのであれば自家用車でも差し支えありません。

タクシーは小淵沢駅から白州蒸溜所まで所要時間15分ほど、料金は2,000~2,500円程です。往復するとなかなかの金額になりますので、グループで乗り合わせたり極力シャトルバスを活用するのが良さそうです。

IMG_3998IMG_3994
IMG_3993IMG_3995
白州蒸溜所内のウイスキー博物館がガイドツアーの待合所も兼ねています。最上階には展望室もありますし、展示内容はかなり充実していますのでじっくり見て回ればけっこうな時間が潰せ(?)ます。

無料のロッカーも設置されていますので、不要な荷物は預けて身軽になって蒸留所見学を楽しめます(・∀・)

IMG_4002
白州蒸溜所ツアーは所要時間約80分、料金は1,000円です。原則、事前予約制で、未成年の参加はできませんのでご注意ください。

ツアーだけでなく蒸留所の自由散策もすべて予約制になっていますが、空きがあれば予約なしで訪問しても入れてもらえます。ただ、今回は平日である月曜日に訪問したにも関わらず蒸留所ツアーは大入り満員でしたので、自由散策はともかくとしてガイドツアーはきちんと予約しておいた方が良さそうです。

IMG_4006
定番ですが麦芽とピート(泥炭)の展示。ピートは経年のせいか、火で焚いていないせいか、そのままではほとんど匂いがありませんでした。

IMG_4008
麦汁を製造する巨大なステンレスタンク。ジャパニーズウイスキーとして最小規模の三郎丸蒸留所、中堅どころのマルス信州蒸留所と見学してきた後なだけに、尚更サントリーの生産規模の大きさに驚かされます。

床下まで何メートルもある巨大なステンレスタンク、しかもこれがいくつもあるわけですから、さすがは世界第三位の蒸留酒メーカーにまで成長しているサントリーですよね。

IMG_4017
IMG_4013IMG_4018
できあがった麦汁を発酵させる木桶発酵槽。ステンレス製の発酵タンクを使用するところも多い中で木製にこだわるのは、木に棲み着く自然の乳酸菌を活用するためだそうです。樽材は北米産(カナダだったかな)のもみの木だそうで、冷涼な場所で育つ木だけに保温性に優れているのだとか。

発酵させるための菌に働いてもらうにはある程度の温度が必要ですしね。

IMG_4020
スコットランドのように多数の蒸留所がひしめくわけでも、ボトラーズ(樽買い瓶詰め業者)が発達しているわけでもない日本では原酒を互いに融通し合う文化とはなっておらず、単独で多様な原酒を作り分ける必要があります。

軽く10を超えるポットスチル、そして形状はどれもマチマチとなっており、これによって蒸留の具合が変わり、個性の異なる原酒を作り分けることができています。

日本の地ウイスキーメーカーの持つポットスチルは1~2機が基本で、初留・再留の一対を超えて保有する蒸留所となると、サントリー以外にはニッカウヰスキーの余市・宮城峡蒸留所かキリンディスティラリーの富士御殿場蒸留所だけとなりますので、ここでもやはりサントリーの生産能力の高さが窺えます。

IMG_4031IMG_4032
樽を貯蔵して原酒を熟成させるウェアハウス。手前は展示用のオブジェだそうですが、奥は本当に原酒が眠っているそうです。一体どれほどの樽が貯蔵されているのか…スマホのカメラでは奥まで見えませんでした。

IMG_4041IMG_4044
IMG_4045IMG_4048
見学を終えるとガイドツアー最大のお楽しみ、試飲タイムです( ^ω^)

「シングルモルト白州」にその構成原酒である「ホワイトオーク樽原酒」「ライトリーピーテッド原酒」をウイスキーに合うおつまみと共に楽しむことができます。

少量加水やトワイスアップによる変化を楽しみながら参加者みんなで飲んでいく流れですが、お構いなしで全部ストレートで飲みました(´∀`*)

シングルモルト白州は別にもう一杯、ハイボールとして飲むことができます。ハイボール用のソーダ水は白州蒸溜所と同一敷地内で採水・ボトリングされる「南アルプスの天然水 スパークリング」、氷は同天然水を凍らせた大きめのロックアイスということで、非常に親和性の高い美味しいハイボールが楽しめました。

白州蒸溜所を訪問する際は、やはりこのガイドツアーはマストではないでしょうか。今回も満足させてもらいました(∩´∀`)∩

IMG_4052
IMG_4055IMG_4060
ガイドツアー終了後は白州蒸溜所内にあるレストランで昼食です。訪問時には毎回このレストランで食事していますが、今回は飲み物は「響 ジャパニーズハーモニー」、食べ物はソーセージ盛り合わせとウイスキー樽燻製のローストビーフにしました(´∀`*)

ローストビーフは葡萄ソースも含めてなかなか美味しかったです。ハイボールでも良いですが、オンザロックと合わせるか、赤ワインで食べたい感じ。ソーセージ盛り合わせも定番のお味でした。

IMG_4061IMG_4062
蒸留所訪問はまだまだ終わりません(笑)

最後は蒸留所併設のバーでちょっと良いお酒を堪能して終わりにします(・∀・)
が、今回はまさかの「白州18年」が欠品…(゚ロ゚;)エェッ!?

今回は白州18年はできれば2杯飲もうくらいの気持ちで来ていただけに残念(ノ∀`)
15mlとはいえ600円は今のご時世ではとてもリーズナブルですしね(´・ω・`)

IMG_4065IMG_4067
じゃあとばかりにむしろスコッチに走ってみました。

「マッカラン18年」と「グレンフィディック21年」です。早くも舌がバカになっていたのか、美味しいけど…?という印象。期待したほどではないなと思ったのはハードルを上げすぎたこととガイドツアーやレストランで既にそこそこ飲んでしまっていたからでしょう。

IMG_4069
白州18年がないならば、と「山崎18年」です。この日は体調のせいかタンニンを強く感じてしまい、楽しみきれなかった感じですが、やはりこのクラスになると美味しいですね(´∀`*)

IMG_4071
15mlの液体の価格としては非常にお高いものですが、ボトルを購入することを思えば手は届きます。ここまで来たからには飲まねばの「白州25年」です。

この価格を出してでも絶対に飲めとはもちろん言えませんが、私の場合は次に行っても絶対注文すると思います。やはり( ゚Д゚)ウマー...でした。

IMG_4074
白州25年で締めても良かったんですが、この日は本当にタンニンを強く感じてシェリー樽原酒系をいつもほどには楽しめませんでしたので、変わり種の「響17年構成原酒 ミズナラ樽」を最後に持ってきてみました。

最低17年以上熟成のミズナラ樽原酒ですからそりゃ美味しいよねってなもんですが、独特のオリエンタルな風味が楽しめ、この日はこれを最後にして正解だったと個人的には大満足でしたヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪

IMG_4079
〆は小淵沢駅の立ち食い蕎麦屋で(笑)
旧駅舎の頃からの人気店で、新築されていたのでどうなったかなと思いましたが、きちんと新しい駅舎にも入っていました(・∀・)

大きなとり天のような鶏唐揚げのようなが乗った山賊そばに馬肉をトッピング( ^ω^)
唐辛子も多めに振って蕎麦をたぐると美味しいこと美味しいこと。汁の旨味が酔っ払いの身体に染み渡っていきました(笑)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

再び本坊酒造 マルス信州蒸留所 後編

皆さんこんばんは、ポッキーです。

前編”の続きです(∩´∀`)∩

IMG_3956IMG_3957
蒸留所見学を終えた後は、もちろんお楽しみの試飲の時間です(・∀・)

IMG_3973IMG_3977IMG_3978IMG_3974
試飲会場の展示コーナー。ちょこちょこ興味を惹かれる展示がなされています(笑)

IMG_3980IMG_3962
有料・無料の試飲が並ぶカウンター。この日の試飲は「ツインアルプス」「信州」「竜峡梅酒」の3種類でした。いずれも1:1に加水されており、ちょっと残念な気もしましたが、蒸留所を訪れるのは観光バスなどでやってくるウイスキーをストレートで飲むことはまずなさそうな方々が大勢でしょうし、これで正解だろうと思います。

IMG_3958IMG_3959
蒸留所見学をネットで予約すると、有料試飲のウイスキーの一部または南信州ビールから1杯追加で無料試飲できます。南信州ビールは4杯セットがお得だったので追加チケットは使用せず(笑)

どれも良かったですがりんごのエールが美味しかったです。

IMG_3960IMG_3961
初めて飲む”マルスワイン”から「デラウェアにごり」です。名前の通り少し濁りのある新酒です。

日本酒でもにごり酒はあるわけですから、ワインにあってもおかしくないですもんね。フレッシュな味わいで美味しかったです。

IMG_3966IMG_3967
追加チケットを使用しての「岩井トラディション」と「竜峡樽出梅酒」。

岩井トラディションはちょいとスモーキーで思っていたより美味しかったです。竜峡樽出梅酒は個人的には「竜峡梅酒」の方が好きでした。

IMG_3969IMG_3970
あっという間に売り切れてしまって買えなかった、蝶を題材としたシリーズ”ル・パピヨン”から「マルスモルト ル・パピヨン アオスジアゲハ」です。

「オオルリシジミ」の方は蒸留所の試飲でも売り切れてしまっていました(´・ω・`)

熟成3~4年程度でカスクストレングスでしたが、意外と熟成感があってキツさは感じませんでした。ウイスキー樽としては小型のバーボン樽で、年間通して気温の高い鹿児島県で熟成させていることが要因だろうと思います。

第三弾はあるんでしょうか。

IMG_3972IMG_3981
「シングルモルト駒ヶ岳 Nature of Shinshu 竜胆」と「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エイジング」です。

「Nature of Shinshu」シリーズは信州の自然を題材としたシリーズで、その第一弾が竜胆でした。発売当初、手元不如意だったこともあり購入しなかったのですが、後にバーで飲んで1本買っておけばよかったと後悔したボトルです。

蒸留休止前の貴重な長熟原酒と蒸留再開後の若い原酒をブレンドしたシリーズで、マルスウイスキーの気合を感じた一本です。やはり美味しかった(´∀`*)

「津貫エイジング」はその名の通り”マルス津貫蒸留所”で熟成させたウイスキーです。樽もバーボン樽でしたし、傾向としては上述の「アオスジアゲハ」に近しいものがあったように思います。やはり若い割りには熟成が進んでいる印象でした。

IMG_3983IMG_3984
竜胆に続く「Nature of Shinshu」シリーズ第二弾の「シングルモルト駒ヶ岳 Nature of Shinshu 小彼岸桜」です。周りの評判は竜胆ほど芳しくなかったんですが、個人的には嫌いじゃない1本。

まぁ所詮、私の鼻と舌なんて…ね( ´_ゝ`)

美味しいと思ったんだけどなぁ(ノ∀`)


(・ω・ノ)ノオイトイテ


そんなわけでビールにワインに梅酒にウイスキーと有料・無料取り合わせてたっぷりと飲んで楽しめました(∩´∀`)∩

昼食でもしっかり飲みましたし、個人的には大満足、前回よりも楽しみきった感じがあります(笑)

信州長野は海こそないものの豊かな自然に恵まれていますので、マルスウイスキーだけではなく、本当はどっかり腰を据えて観光したいところなんですが、つい欲張ってあちこち行こうとしすぎてしまうのが悪い癖です。

信州蕎麦も今回は食べられませんでしたし、地酒やワイン、山の幸も堪能してみたいところです。

あまり欲張らずに一県滞在型観光もやってみたいですね。貧乏性なので難しいんですが…(ノ∀`)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

再び本坊酒造 マルス信州蒸留所 前編

皆さんこんばんは、ポッキーです。

過日、本坊酒造株式会社の”マルス信州蒸留所”に二度目の訪問を果たすことができました(∩´∀`)∩ワーイ

以前に訪問した時点では”信州マルス蒸留所”と名乗っていたように記憶しているんですが、2016年に津貫蒸留所ができた頃からではないかと思いますが、”マルス信州蒸留所”、”マルス津貫蒸留所”と表記されるようになっています。

IMG_3885IMG_3886
富山県砺波市の”若鶴酒造 三郎丸蒸留所”を訪問した翌日にその足で訪問してきました(・∀・)

前夜に”白馬舘”も訪問していますが、その際マスターに翌日に長野県駒ヶ根市の”本坊酒造 マルス信州蒸留所”を訪問する旨を伝えたところ、旅のお供にと「キリン一番搾り 富山に乾杯」をいただきました(´∀`*)

早朝の出発だったんですが、そんなわけで朝酒からスタートですヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪

IMG_3889
JR飯田線の駒ヶ根駅へ到着。前回も駒ヶ根駅で降りましたし、ここが最寄駅だと思っていたんですが、同じく飯田線の大田切駅や宮田駅も距離的にはあまり変わらない感じがしました。

その辺が気になったのは、駅前でタクシーが全く捕まらずけっこうな時間を待つことになったためです(ノ∀`)
行楽シーズンとかち合ってしまったようで、駅前タクシー乗り場でひたすら待つハメになってしまい、無為な時間を過ごしてしまいました(´・ω・`)

大田切駅や宮田駅が駒ヶ根駅よりも大きいようであれば、そちらの方がタクシーに出会える確率は高いかと思います。行楽シーズンなんかは時間に余裕を持って行動するか、タクシーは予約しておいた方が無難かもしれません。

IMG_3903IMG_3891
さて、お昼ごはんを食べる時間がどうにか確保できそうなタイミングでタクシーが捕まりましたので、前回訪問時の夕食でも訪問していた”南信州ビール直営レストラン味わい工房”へ向かいました。

お昼ごはんを食べる時間を予定に入れていて良かった…ε-(´∀`*)ホッ
急ぎ足で食べることになり、少しゆとりのない昼食となりましたが、途中から食べられないことも覚悟していたのでタクシー車内で胸をなでおろしていました(・∀・)

IMG_3892IMG_3893
IMG_3894IMG_3900
他にもたくさんメニューはありますが、主にこんな感じ。詳しくは南信州ビールのHPをご覧ください。

南信州ビール株式会社は本坊酒造が資本参加する第三セクターで、同社のビールを製造する駒ヶ岳醸造所はマルス信州蒸留所と同一敷地内にあります。代表者も本坊酒造㈱の会長が兼任しており、事実上、本坊酒造が運営する地ビール会社です。

IMG_3895IMG_3901
乾杯はマルスウイスキーの「越百」をハイボールで。今、写真を見返してもなぜ南信州ビールにしなかったのか不思議でしょうがないですね(笑)

マルスウイスキーを始めとして本坊酒造の製品がしっかりと揃っています。

越百ハイボールは意外といっては失礼ですがなかなか美味しいじゃないかと。あまり芳しい評判を聞いていなかったもので少しドキドキしながらの注文だったんですが、コスパ等を言い出すとアレかもしれませんが、特に不満は感じませんでした。

IMG_3898IMG_3899
「根羽和牛のビール煮込み」とマルスワインの「メルロー・ベリーA穂坂収穫」にしました(´∀`*)

根羽和牛のビール煮込みはやはり前回も注文したのですが、ホロホロと崩れるほどに柔らかく、赤ワインとの相性も申し分なし(・∀・)

違うものにしようかとも思っていたのですが、少々時間的に焦っていたこともあり、これなら間違いなしとあまり考えずに選びました(ノ∀`)

期待通り間違いのない美味しさで、赤ワインもあまり重たくないフレッシュなものでなかなか美味しかったです。

IMG_3904
ウイスキー冬の時代の訪れと共に、1992年頃から2010年まで蒸留を休止していたマルスウイスキーですが、平成20年(2008年)に底を打ったウイスキーの消費量がハイボールブームにより回復を見せ始めたことから、平成23年(2011年)より再びウイスキーの蒸留を再開しています。

その後、2014年に老朽化の激しかったポットスチルを一新し、それまで使用されていたポットスチルはマルス信州蒸留所でオブジェとして展示されています。

IMG_0843
前回訪問時の写真(笑)行きも帰りも急ぐことになったため、蒸留所の外観等は撮影できませんでした(ノ∀`)
ちなみに駒ヶ根駅からマルス信州蒸留所までタクシーを利用すると、片道2,000~2,500円というところです。

IMG_3905IMG_3907
マルス信州蒸留所の見学は事前予約制です。この蒸留所見学の最大の特徴は「自由見学」であるということです。

ニッカウヰスキーの”余市蒸留所”でもガイドなしでの自由見学は可能ですが、信州蒸留所のように本当にお酒の詰められた樽の眠る貯蔵庫まで勝手に入れるところを私は知りません(笑)

IMG_3909IMG_3910
この樽全てにウイスキーが詰められて熟成していっているんですよね。
穴を開けてストローで吸い出したくなる欲求に駆られませんか?(ΦωΦ)フフフ…

IMG_3912IMG_3906
一つ一つ顔の違う樽。近年はウイスキー業界全体でシリーズ物や限定販売などが流行りになっており、ウイスキーがすっかりお高いものになってしまっています。

マルスウイスキーでも定番品はブレンデッドウイスキーが中心で、シングルモルトは限定品でしか発売されなくなってしまっていますが、2011年の蒸留再開から6年目を迎え少しずつ原酒の貯蔵量も増えているのではないかと思いますし、いずれまたシングルモルトが定番品として発売されるものと期待しています。

IMG_3915
貯蔵庫の次は原酒製造棟です。

IMG_3916IMG_3921
粉砕した麦芽を温水と混ぜて麦汁を製造する糖化室。文字盤による案内に加えて、ボタン式の音声案内もあります。ガイドなしでもウイスキー作りを学べます。

IMG_3917IMG_3918
見学コースと設備の間を隔てる壁はなく、設備までの距離も非常に近いです。設備稼働中は建物中がかなり暑いんじゃないでしょうか。

近すぎて写真一枚に収めることもできません(笑)

IMG_3923IMG_3925
麦汁に酵母を加えてアルコール発酵させる発酵室です。やはり距離が近すぎて(以下略)

IMG_3927IMG_3928
麦汁をアルコール発酵させた実質ビールを蒸留してウイスキーの基”ニューポット”へと生まれ変わらせる蒸留室。

ポットスチルはジャパニーズウイスキーの父、竹鶴政孝氏の書いた竹鶴レポートを基に、同氏の高校の先輩であり同氏をスコットランドに派遣した上司でもある岩井喜一郎氏の指導により設計された”岩井式ポットスチル”です。

IMG_3929IMG_3930
初留、再留を担う2機の岩井式ポットスチル。2014年設置からまだ3年目ですのでキレイですが、前回訪問時と比較するとやや輝きが落ちているようにも見えます。

IMG_3931IMG_3933
アルコール濃度を測定し蒸留工程を調節するスピリットセーフ。窓を開ける鍵は税務署が保管していると聞きますが本当なんでしょうか。

IMG_3940
南信州ビールのものではないかと思われるタンク。せっかくだから南信州ビールの見学もしたかったな、と前回も思った気がします(ノ∀`)

前後の移動時間が長すぎてあまり見学時間が取れないんですよね。じっくり見学しようと思うと1泊する覚悟が必要です。腰を据えて長野県観光にするともっと楽しめそうです。

いつかやりたいなぁ。

IMG_3943
開放されている”常時閉”。こういう緩さは決して嫌いではありません(´∀`*)

IMG_3946IMG_3947
IMG_3952IMG_3953
豊かな自然に囲まれ、水の豊富な酒造りにはうってつけの場所だと思います。

アルプスの山々に雪が降り積もり、その雪解け水が地中で濾過され、長い年月をかけて地表に湧き出て、マルスウイスキーや南信州ビールはそれを(実際には地下から汲み出して)利用できるわけですから、実に恵まれた環境にあると思います。

ついでにミネラルウォーターなんかも売ってみては。

長くなりましたので続きはまた後編で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ