ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

ブレンデッドスコッチ

キングダム17年

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6830IMG_6831
IMG_6827
本日飲むのは、「キングダム17年」です。

ボトルラベルには「マーシャル・マクレガー社によってスコットランドで蒸留、熟成、瓶詰めされた」とありますが、箱には「コクレーン・ブレア社によって~」とあります。

どっち?(笑)

これまで全く見たことも聞いたこともなかった本品。海外旅行のお土産で購入していたのだけど飲まないからということで頂戴したものです。免税店で購入したのでしょうね。

ググってもあまり多くの情報は入手できませんでしたが、どうやら予めブレンド・ボトリングされたスコッチを韓国の企業(?)が輸入し、販売していたウイスキーのようです。

トランジットで仁川国際空港などで購入したんでしょうかね。いただいておいてあまり根掘り葉掘り聞くのも野暮でしょうから聞いておりませんが。

韓国語はさっぱりですし、現在の韓国の酒税法や表示規則等は全く知らないのですが、本品が販売されていた時点では、年数表記は使用されている原酒の内、酒齡の最も長いものの年数を記載することができたようです。

現在はわかりませんが、製品の内容量に占めるウイスキーの比率が低くてもウイスキーを名乗れたり、焼酎に色付けしたイミテーションウイスキーが販売されていたりと、年数表記の件も含めて日本のウイスキー黎明期を思い起こさせる感じがあったようですね。

いずれ鳥井信治郎氏や竹鶴政孝氏のような人物が現れて、韓国産ウイスキーが製造される時代がやってくるんでしょうか。

製品紹介についてはボトル裏面をご覧いただくよりありませんが、スペイサイドモルトとグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーのようですね。

スコッチの17年モノブレンデッドというと普段であれば大変期待するのですが、本品の場合は年数表記はあてにならないようですし、さてさて…。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:キングダム 17年
種類:ブレンデッドスコッチウイスキー
製造:マーシャル・マクレガー社またはコクレーン・ブレア社
容量:700ml 40%
価格:不明
IMG_6835
【ストレート】
牛乳とバターの香る焼く前のクッキー生地、軽くソーピー、ほんのりとオレンジや杏、食パンの白い部分を思わせる香りを感じます。

口に含むと、酒質なのかグレーンウイスキーの比率が相当に高いのか、かなりライトで輪郭を掴みにくいです。ミントにうっすらとオレンジや杏、薄手のバタースコッチを思わせる風味を感じます。鼻に抜けるのは樽材の木の香り。

(´ε`;)ウーン…

【ロック】
IMG_6833
オンザロックにすると、樽材の木の香りにオレンジオイル、薄めのミルクキャラメル、少しミントを思わせる香りを感じます。

口に含むと、アルコールの刺激は割合強め、オレンジを思わせる薄手の風味、樽材の木の風味に軽くバニラアイス、黒糖を思わせる風味を感じます。

入りは薄べったい感じがしますが、後半は樽系の風味やグレーンウイスキー由来のものか、ミルキィで少し焦げ感のある甘みが感じられて悪くありません。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、オレンジにレモン、パイナップルなど、フルーティな香りが感じられます。

口に含むと、樽系の薄いミルクキャラメル風味に少しオレンジやパイナップルを思わせるフルーティさが加わる感じ。


水割り(1:2加水をオンザロック)にすると、香りらしい香りは立たなくなり、味もこれといって特徴的な要素はなくなりますが、ほんのり木の香りのする焼酎甲類にレモン風味を加えた感じで、ダラダラ長く飲める感じは悪くありません。

【その他】
IMG_6838
ハイボールにすると、薄く柑橘類を思わせる香りと木の香り。口に含むと、炭酸の爽快感とシトラスフレーバー、軽めの香味がかえってハイボールに合っている感じがします。

あまり濃くしないハイボールでグイグイ飲むのが正解かもしれません。

【感想】
私の粗末な鼻と舌で感じる個人的な感想においては、「断じて17年熟成ではない」。
個人の感想ですよ(ノ∀`)

熟成感、モルトウイスキーっぽさ、香味などいずれも、これまでに飲んできた低価格帯の地ウイスキーなどと有意差があるようには思えず、若いし薄いと感じてしまいました。

正直そう美味しいとは感じられませんでしたし、ハイボールで消費してしまうことになるだろうと思います。

【リピート】
もう出会うこともないでしょう。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

掛け材

皆さんこんばんは、ポッキーです。

先だってテイスティングした「オールド・マスター」ですが、経年による揮発で液面低下しており、明らかにアルコール度数が低くなっていたことから、本来のコンディションではありませんでした。まだ飲める状態であったのは幸いだったんですけどね(´・ω・`)

さて、飲用可能ですがアルコールが揮発してしまっているオールド・マスターについて、「じゃあアルコールを足せば復活しないだろうか?」という、圧倒的な素人感覚を基に今日の記事をお送りします。

水やソーダ水やコーラなど、お酒に合わせるソフトドリンクのことを割り材と言います。高いアルコール度数をソフトドリンクで割ることでアルコール度数が低くなり、飲みやすくしてくれることから割り材と呼ぶのでしょう。してみると、今回の試みは、他のお酒を掛け合わせることでアルコール度数を高めることから、掛け材と呼ぶのが適当ではないか。そんな(安易な)考えから、今日のタイトルは「掛け材」です( ^ω^)

掛け材として使用するのは、なるべく雑味が少なくて基のウイスキーの味を阻害せず、アルコール度数だけを高めてくれるものが理想と思われ、そうなると最も適任であるのはやはりこのお酒でしょう。

名称:スピリタス
種類:ウォッカ
製造:ポルモス・ワルシャワ
容量:500ml 96%
価格:約1,500円
IMG_0464
ポーランドが誇る(?)世界最強のアルコール度数のお酒、ウォッカ「スピリタス」です。蒸留を繰り返すこと70数回という凄まじい工程を経て、この96度のお酒は誕生します。これを酒と呼ぶことが適切なのか、若干の不純物が混じったアルコールと呼ぶことが適切なのではないか、スピリタスを見る度いつも悩んでしまいます。

それはさておきテイスティングしましょう(・∀・)

【香り】
少量を加酒精(笑)すると、ストレートで感じられた微細な香りがアルコール感に封じ込められます。加水によって香りが開くのであれば、加酒精によって香りが閉じるのもまぁ合点がいくところです。酒精の量を増やすと、消毒臭さが支配的になりますが、奥から麦芽の甘い香りが漂ってきます。アルコール感の強い、若いウイスキーになった感じです。
【味】
香りほどにはアルコールが支配しませんが、微細な香味はアルコール感に封じ込められてしまっています。しかし、オールド・マスターの「煮た小豆」のような熟成した麦芽の甘みの後からアルコールの刺激がやってきて、それなりに飲めるウイスキーに仕上がっています。

ただ、スピリタスとオールド・マスターがバラバラで、同じグラスでブレンドしているのに二種類のお酒を同時に飲んでいるかのような感じになります。しっかり混ぜたんですが両酒が平行に走っている感じです。

1:1に加水することをトワイスアップと言いますので、トワイスダウン(1:1で加酒精)にすると、いよいよ消毒臭でオールド・マスターの香りが薄れ、グラスからはアルコール感ばかりが漂ってきます。しかし、飲むと麦芽の甘みはしっかりとしますので、割と悪くない印象です。

トワイスダウンしたものに少量加水すると、香りが開いて麦芽の甘い香りが強まりますが、同時にスピリタスの香りも開きます(´゚ω゚):;*.:;

そうでしたスピリタスもお酒なんですから、加水で香りが開いてもおかしくないですね(笑)従ってオールド・マスターだけでなくスピリタスも開きます(笑)少量加水はかえってアルコール感を引き立て、飲みづらくなってしまいます。

トワイスダウンしたものをトワイスアップ(1:1加水)(もはや何をしているのかわかりませんね(笑))にまで加水量を増やすと、アルコールの刺激が薄れ、シェリー樽由来と思われるタンニン感が出てきます。麦芽の甘みと合わさって、何だか「それっぽい」感じになりますw(*゚o゚*)w

ただやはりオールド・マスターとスピリタスがチグハグなのは解消されず、単一のウイスキーを飲んでいるというよりは、複数の酒類を掛け合わせたカクテルを飲んでいる感じになります。
【評価】
それなりに悪くないが、バラバラの風味はごまかせません。それっぽくはなりますが、ドーピングのようなもので、真の実力があるわけではないです。ただ、そこそこ美味しいです( ^ω^)

さて、そこそこ飲めるものに仕上がりましたので決して悪くないのですが、ここで諦めては面白くありません(笑)
チグハグさを解消させるためにマリッジもどきをさせてみようかと思います。マリッジというのはウイスキーの専門用語で、ブレンドしたウイスキーを樽などで再貯蔵することで、親和性を高めるというものです。

オールド・マスター×スピリタスも、樽で再貯蔵というわけにはいきませんが、ブレンドした後、瓶などに入れてしばらく置いておいてみようと思います。まぁマリッジというよりは、焼酎でいうところの前割りですね。

今回は前掛け(笑)ですが、数日置いておくことで、一体感が強まることを期待したいと思います。





さて、丸4日程置いてみたオールド・マスター×スピリタスがこちらです(・∀・)
IMG_0574
【香り】
スピリタスの消毒臭が鼻を突くが、スワリング(グラスの中でお酒をくるくる回すこと)すると消毒臭が鳴りを潜め、煮た小豆を思わせる濃厚な甘み、ダークチェリーを思わせる柔らかな酸味、レーズン、古びた樽香が姿を見せます。奥にアルコール感も残っており、なかなか悪くない感じです。

ごく少量加水することでアルコール感は一気に後退し、煮た小豆、紅茶、ニカワ、古びた樽香などがより鮮明になってきます。

トワイスアップ(1:1加水)まで持って行くと、シェリー樽由来と思われる渋みと酸味が力強さを増します。甘みだけでなく、渋みと酸味が渾然一体となったふくよかな香りです。
【味】
煮た小豆の濃厚な甘みと紅茶の渋みに、アルコールに掻き立てられたスパイシーさがビリビリとやってきます。後口にアルコール感はありますが、あずきアイスを食べた後のような、濃縮された麦芽の甘みが長く響いて楽しませてくれます。甘み、酸味、渋み、辛味と多様な風味が口中を駆け巡り、スピリタス添加前のオールド・マスターよりもお酒らしさが増しています。

割ってすぐよりも明らかに親和性が増しており、知らないと二種類のお酒を混ぜているとは判別できないと思います。スピリタスを添加する行為そのものの是非はともかくとして、前掛け自体はやはり効果がありますね。

ごく少量加水することで、ビリビリきていたスパイシーさがいくぶん後退し、ピリピリくらいになります(笑)その分、麦芽の甘みをしっかりと堪能でき、ゆっくりと楽しむことのできるクオリティを持った酒と言ってよい状態になっています。

トワイスアップでは、スパイシーさもすっかり抑えられ、変わって紅茶的な渋みや酸味が麦芽の甘みと入り混じり、非常に調和してバランスの良い味わいとなります。スパイシーさやアルコール感も程良く残り、トワイスアップが最もバランスが良いように感じます。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると再び煮た小豆の甘さが強まりますが、後口を渋みと酸味が引き締めてくれるので、甘みでだれてしまうことはありません。そこから更に加水量を増やすと、小豆の甘みが漂う実にスムーズな飲み口になります。熟成された麦汁という感じです。

オンザロックでは、麦芽の甘みと後にスパイシーさがキリッと引き締めてくれます。香味は限定されますが、後口の清涼感は他の飲み方では感じられないものです。
【評価】
スピリタスを添加することにより抑えこまれてしまう香味はあると思います。また、せっかくの高級ブレンデッドスコッチに対する冒涜と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、濃縮した麦ジュースのようでもあった添加前よりも、若さを取り戻したウイスキーのような香味となり、個人的には面白い試みでした。

液面低下しているウイスキーを飲むことも、購入することも、オススメはできません。また、せっかくの質の高いウイスキーに敢えて混ぜ物をすることも決して推奨はされないと思います。あくまで素人の思いつきと捉えていただきたいところですが、予想以上に上手くいきましたので、手元の他のウイスキーが液面低下しているようでしたら、私はまたやってしまいそうです(ノ∀`)

万一やられるのでしたら、突然ボトルにスピリタスを注ぐのではなく、今回の私のように別の瓶などに少量移して試してみるのがよろしいかと存じます( ^ω^)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ