ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

札幌酒精(北海道)

サッポロウィスキーSS

皆さんこんばんは、ポッキーです。

厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると、大卒の初任給平均は202,000円、大学院修士卒が228,500円、高専・短大卒175,600円、高校卒160,900円で、すべて前年よりアップしているそうです。

また、三井ダイレクト損保の調査(2015年5月)によると、初任給の使い途は、親にプレゼント51.3%、貯蓄46.7%、外食32.7%、仕事用品(スーツ、靴、カバンなど)23.0%、旅行10%、化粧品8.3%、家具・家電3.0%、車2.7%、スマホ・タブレット2.3%、PCを購入2.0%、その他3.3%、特に使う予定なし15.7%(複数回答)だったそうです。

私もその昔、初任給で両親を寿司に、初ボーナスで祖父母を食事に招待したのを覚えています。もちろん寿司は回る方でしたが(ノ∀`)

初任給の使い途の第一位である「親にプレゼント」ですが、平均金額は19,500円、第二位の貯蓄の平均金額は64,000円だったようです。親に感謝もしつつ、堅実に貯金も行い、素晴らしいですね。残さず使いきるキリギリスのような生活ではいけません。

ちなみに貯蓄は給与から天引きしてもらうのが確実で良いそうです。そうしないとどこかのキリギリスのように貯蓄もしないでお酒ばかり買うはめになりかねないからですね( ^ω^)

さて、どこかのキリギリスが飲む本日のお酒は、北海道の地ウイスキー第三弾です(∩´∀`)∩

本日飲むのは札幌酒精の製造するウイスキーのフラッグシップモデルである、「サッポロウィスキーSS」です。

札幌酒精のHPによると、「数種の長期貯蔵モルトをブレンド、再貯蔵によりさらにじっくりと熟成させた地ウイスキー」とのことです。

ところでSSって何の略なんでしょうか。HPを見てもほうぼうネットを見まわっても何の略かは見つけられませんでした(笑)誰か見つけたらまたはご存知の方、教えてくださいm(_ _)m

サッポロウィスキーや札幌酒精については「サッポロウィスキー37%」「サッポロウィスキー40%」の記事をご覧いただくことにして、早速飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:サッポロウィスキーSS
種類:ジャパニーズブレンデッドウイスキー
製造:札幌酒精株式会社(北海道札幌市)
原料:モルト、グレーン
容量:720ml 43%
価格:1,515円(税込)
IMG_1845
ボトルの形状は「サッポロウィスキー40%」と同じですね。ラベルは麦畑の絵柄になっています。「サッポロウィスキー37%」だけがやけに浮いて見えますね(笑)37%のボトルの感じが個人的には好きですので、SSがそっちの方が良かったんじゃないかとも思いますが…(ノ∀`)まぁ私は美的センス皆無ですので余計なお世話ですね(;´Д`)

【ストレート】
樽由来の木香、チョコレート、カラメル香が主体の香り。樽の焦げ感もあり余計に樽香が目立つ印象です。奥にうっすらぶどうのようなモルトウイスキーの香りも感じられます。

口に含むと、ピリピリとかなり強いアルコールの刺激、続いて蜂蜜やパイナップルを思わせるモルトウイスキーの甘み、樽のカラメルの甘み、グレーンウイスキーの杏のような香味を感じます。

樽のカラメルが濃すぎてモルトウイスキーの甘みを塗り潰しているような気がしますが、モルトウイスキーの使用比率は高そうです。

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、樽の木香とカラメルをより強く感じるようになります。奥にモルトウイスキーの甘い香りも潜んでいるはずなのですが、とにかくカラメルが目立つ印象です。グレーンウイスキーはストレートでもそれほどには感じませんでしたが、更に抑えられ、甘ったるくないすっきりした香りになっています。

口に含むと、アルコールの刺激は強いものの、蜂蜜、パイナップル、青りんごのようなモルトウイスキーの甘みを感じます。後口にカラメルの甘さが残り、ややくどく感じてしまいます。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、甘酸っぱいパイナップルに青りんごとカラメルの香り。加水量を増やすことでグレーンウイスキーの香味はどんどん控え目になり、モルトウイスキーの香味が活きてきますが、やはりカラメルの甘みがくどさを感じさせ、せっかくの熟成の進んだモルトウイスキーがもったいない気がします。

口に含むと、蜂蜜や花の蜜のようなモルトウイスキーの甘さに、カラメルの甘さが感じられます。

【ロック】
オンザロックにすると、樽の木香にカラメル、グレーンウイスキーの杏香、すっきり目の麦芽の甘い香りを感じます。口に含むと、カラメル、甘酸っぱいパイナップル、青りんごを感じます。氷が溶けてくると、カラメルのくどさが抑えられ、バランスが良くなります。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、カラメルにさっぱり目の麦芽の甘さ、薄くグレーンウイスキーを感じます。やはりある程度加水した方が、カラメルの甘みを抑えられてバランスが取れます。

【その他】
ハイボールにすると、りんごと麦芽の甘み、モルトウイスキーの甘みがしっかり感じられる美味しいハイボールになります。濃い目にするとカラメルが目立ってきますのであまり濃い目にしない方が良いようです。

コークハイにすると、元のコーラよりも甘くなるコークハイになるように感じます。美味しいのですが、それなりにモルトウイスキーの味が感じられるウイスキーでコークハイにするのはもったいないのかもしれませんね。

【飲み比べ】
IMG_1855
サッポロウィスキー3種類揃い踏みとなりましたので、飲み比べてみました。右から「サッポロウィスキー37%」「サッポロウィスキー40%」「サッポロウィスキーSS」です。

写真の写りの問題はありましょうが、肉眼では、SSが最も色が濃く、次いで37%が色が濃いように感じました。

飲んでみての感想ですが、SS>40%≧37%の順でモルトウイスキーの比率が高くなっているように感じました。

ただし、37%と40%に関しては、加水率の違いだけの可能性もあります。ボトルの形状やアルコール度数こそ違うものの、どちらも「サッポロウィスキー」という製品名ですし、そうなると37%と40%の製品名がまったく同じであることに納得がいきます。

1989年以前の従価税表記の時代は、37%が2級、40%が1級、SSが特級だったようですので、少なくとも昔はモルトウイスキーの比率自体が違っていたようです。従価税表記の廃止以降はわかりませんが、飲んでみた感じでは、加水量の違いだけではなく、モルトウイスキーの比率もそれぞれ違っていそうです。

SS>40%≧37%の順でモルトウイスキーの比率が高いように感じられるのですが、同時に樽由来のカラメルも濃く感じるようになっており、個人的な好みではありますが、せっかくのモルトウイスキーの蜂蜜や果実を思わせる甘い香味が非常にもったいないように思いました。なまじそれなりにモルトウイスキーが熟成しているようなので尚更でしょうか。

札幌酒精のSSの紹介文では「数種の長期貯蔵モルトをブレンド、再貯蔵によりさらにじっくりと熟成させた地ウイスキー」となっています。スコットランドから輸入した時点で既に樽にカラメルが塗布されていたのか、再貯蔵用の樽にカラメルを塗布しているのか、あるいはその両方なのかはわかりませんが、ややカラメルの香味が他の香味を阻害している印象を受けました。

カラメル感がもっと弱いと、本品への評価はぐっと上がる気がします。あくまで私の好みですが(笑)

記事が長くなってますが、3品ともそれなりにモルトウイスキーの比率の高さや熟成年数の長さを感じることができ、値段相応または値段以上の価値のあるウイスキーだと思います。

香りを嗅いだ印象と飲んだ味の印象がかなり違っていたり、加水量の増減でかなりバランスが変わってきたりと、割りと変化の激しいウイスキーのようですので、少し時間を置いてみることでもかなり変化しそうです。しばらくしてから飲むとまた違った感想になりそうです。

【感想】
値段相応のなかなか美味しいウイスキー。

水やソーダ水で割って飲む前提のブレンドになっているウイスキーと思われますが、フラッグシップモデルだけにモルトウイスキーの比率はそこそこ高そうで、なかなか美味しく飲めました。

多分に個人の嗜好の問題になりますが、もう少しカラメル感が弱いと、ストレートで飲んでもしっかりとモルトの甘みを感じることができ、値段以上の美味しいウイスキーと感じられるのではないかと思います。

【リピート】
気が向いたらありかな。

私の住む田舎では通販以外に入手経路はないと思われますが、フラッグシップモデルだけにあちこちで通販を行っており、送料に目をつぶれば入手は容易です。今後、時間経過による香味の変化が楽しめるようなら、リピートはありそうです。

お土産物としてはもちろん大変重宝しそうですので、北海道に訪れた際には購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

サッポロウィスキー40%

皆さんこんばんは、ポッキーです。

北海道の地ウイスキー第二弾です(∩´∀`)∩

今日は前回飲んだ「サッポロウィスキー」の度数違いのものを飲みます。名称はまったく同じ「サッポロウィスキー」ですが、アルコール度数が前回のものは37%、今回のものは40%になります。

名前は判別しやすいようにした方が販売上、有利というか顧客に識別してもらいやすい気がするのですが、本品を製造する札幌酒精では、芋焼酎もじゃがいも焼酎も昆布焼酎も麦焼酎も全部「喜多里」の商品名で販売していますし、ブランドネームには統一感を持たせたい意向が強いのでしょうかね。

まぁ素人が商売に口を出すのは程々にして、早速飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:サッポロウィスキー
種類:ジャパニーズブレンデッドウイスキー
製造:札幌酒精株式会社(北海道札幌市)
原料:モルト、グレーン
容量:720ml 40%
価格:1,271円(税込)
IMG_1840
「サッポロウィスキー37%」と比較して、価格は1.5倍近くになりますが、容量が640mlから720mlに増え、アルコール度数は3%上がっています。

ボトルの形状も大きく変わり、ラベルも帆船の絵から麦の穂のラベルになっています。名称は同じですが見た目での判別は容易そうです。統一感に欠ける気もしますが(ノ∀`)

【ストレート】
グレーンウイスキーの杏のような香りと樽由来のチョコレートやカラメル、ナッツのような香りがします。グレーンウイスキーからか樽からか少し苦みやエグみも感じられます。奥にうっすらぶどうのような香りがあります。

口に含むと、まず杏のような香味に樽由来のものか苦みとエグみがやってきて、その後、薄い蜂蜜にパイナップル、少し柑橘系の果実を思わせるさわやかなフレーバーと樽香も感じられます。

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、チョコレートやカラメル、樽の木材由来と思われるエグみをしっかり感じるようになります。グレーンウイスキーの杏のような香味はやや控え目になり、モルトウイスキーの蜂蜜のような甘さ、花の蜜・柑橘類の爽やかな甘酸っぱさ、少しパイナップルのような甘さが目立つようになります。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、薄くパイナップル、少し柑橘系のフレーバー、うっすらとぶどうのような香りがします。加水量が増えるごとにグレーンウイスキーの香りは抑えられ、モルトウイスキーの香りが開いていくように感じます。樽由来のカラメルの香味は引き続き生きています。

口に含むと、ぶどうのような穏やかな甘みがよく感じられ、カラメルやチョコレートなどの香味や、薄めの蜂蜜といったやパイナップルのような甘酸っぱさとのバランスが良く、優しい飲み口です。加水によってグレーンウイスキーの香味や樽由来と思われる苦みやエグみは随分抑えられますので、トワイスアップなど加水して飲むのがオススメです。

【ロック】
オンザロックにすると、パイナップル、ぶどう、りんごなど果実のような甘み主体の香りが主体になります。奥には麦芽の香りや樽香もあります。一方で口に含むと、グレーンウイスキーの杏のような香味が目立ちます。苦みやピリピリとしたアルコールの刺激もありますが、じょじょに氷が溶けてくると、香りで感じたようなモルトウイスキーの甘みがよく感じられるようになります。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、ぶどう、りんご、蜂蜜などの甘い香りに柑橘系の爽やかフレーバーがします。加水と冷やすことでグレーンウイスキーの香りや樽香が抑えられるようで、すっきり甘酸っぱい香りでなかなか好ましいです。

口に含むと、香りで感じたモルトウイスキーの甘みもありますが、樽由来のカラメルやチョコレート、薄くグレーンウイスキーの杏のような香味も感じられます。オンザロック同様に氷が溶けてくるとそれらのバランスが良くなっていくように感じます。

【その他】
「サッポロウィスキー37%」では超濃い目のハイボールを推奨しましたが、わずか3%の違いで随分と香味は濃くなっていますので、普通の分量のハイボールで楽しめます。りんごやぶどうを思わせる優しい甘みに樽のカラメルを感じるハイボールです。優しい甘みで美味しいと思いました。

コークハイにすると、本品の比較的強いカラメル感がコーラの甘みで中和され、ウイスキーと混じることでコーラの甘みは優しくなります。要はとてもベタなコークハイになり、美味しく飲めます(笑)

【感想】
「サッポロウィスキー37%」でやや自分のハードルを上げすぎたものの、値段相応にまともなウイスキー。

水やソーダ水で割って飲む前提のブレンドになっているウイスキーと思われますが、どの飲み方でもそれなりに楽しめ、前提条件を守ると割りと美味しく飲めます。

「サッポロウィスキー37%」とはアルコール度数わずか3%の違いですが、香りも味も随分と濃くなっており、特に蜂蜜、りんご、ぶどう、パイナップルなどのモルトウイスキー由来の香味をしっかり感じられるようになっています。濃くなった分、苦みやエグみ、カラメルのややくどい甘さもしっかり感じられるようになってしまっていますが、加水によってそのあたりはバランスが取れるようになります。

スコッチウイスキーやバーボンと比較してコスト高になりがちなジャパニーズウイスキーの、しかも大手と違ってスケールメリットの働かない地ウイスキーメーカーですので、定価税込1,300円を切る価格で割りと美味しく飲める品質なのは素晴らしいと思います。

【リピート】
「サッポロウィスキー37%」同様に、私の住む田舎では通販以外に入手経路はないと思われ、送料を考えるとリピートは二の足を踏んでしまいます。札幌酒精のHP経由で購入すれば、送料無料ですが、12本単位で購入する必要があり、それもまた厳しいですね(笑)

お土産物としても重宝しそうですので、北海道に訪れた際には購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

サッポロウィスキー37%

皆さんこんばんは、ポッキーです。

これまで富山県山梨県の地ウイスキーを飲みましたが、今日は北海道の地ウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのはそのままズバリ「サッポロウィスキー」というウイスキーです(笑)

製造元は札幌酒精株式会社という企業で、昭和8年創業となかなかの業歴を誇る会社です。主に焼酎を製造しており、北海道に札幌・函館・厚沢部と三箇所の工場を有する、業歴相応の規模もある企業です。

北国は日本酒が好まれ、南国は焼酎が好まれる印象がありましたが、北海道でも焼酎は愛飲されているようですね。札幌酒精が製造している乙類焼酎は、芋・麦といった定番のものの他、北海道らしく牛乳やじゃがいも、昆布などを原料とした焼酎があるようです。また、50年もの歴史を誇る甲類焼酎「サッポロソフト」が看板製品のようです。

そんな札幌酒精が製造する北海道の地ウイスキーが「サッポロウィスキー」です。最も、札幌酒精は自社でウイスキーの蒸留は行っていないようで、本品はスコットランドから輸入されたウイスキーを当社がブレンドし、瓶詰めして販売しているようです。所謂「ボトラーズ」と呼ばれる業態ですね。

輸入されたウイスキーを瓶詰めしたものを地ウイスキーと呼んでよいのかは疑義があるところかもしれませんが、樽買いしてきて北海道で熟成させているのであれば、それはスコットランドで熟成させるのとは違った香味になるでしょうから、北海道の地ウイスキーと呼んで差し支えないのではないでしょうか。

ステンレスのタンクなんかで貯蔵している場合には…(||´ロ`)o=3=3=3 ゴホゴホ

まぁ仮にステンレスタンク等で貯蔵しているとしても、札幌酒精が原酒をブレンドして瓶詰めしているわけですから、やはり札幌酒精の製造するウイスキー、北海道の地ウイスキーと呼んで差し支えないと思料します。

さて、前置きはこのくらいにして飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:サッポロウィスキー
種類:ジャパニーズブレンデッドウイスキー
製造:札幌酒精株式会社(北海道札幌市)
原料:モルト、グレーン
容量:640ml 37%
価格:890円(税込)
IMG_1831
なぜ帆船の絵のラベルなのかはわかりませんが、フォントも含めて古風な感じでなかなか良いなと思いました。

【ストレート】
ピートの草のような匂いにぶどうやレーズンを思わせる香り。てっきり若いグレーンウイスキーの杏のような香りや、樽の木材の香りばかりの安っぽいものを想像していただけに、やや驚きです。

口に含むと、レーズンのような香味に樽由来のものか少し苦みを感じます。グレーンウイスキーの杏のような香味もありますが、思ったよりもモルトウイスキーの比率が高いのか、あるいはモルトウイスキーやグレーンウイスキーがそれなりに熟成年数の長いものなのか、思ったよりもずっとしっかりしたウイスキーです。

ただ、すごい勢いで香りが飛んでいき、しばらくするとアルコールの香りをしっかり感じるようになります。これは、37%というアルコール度数の低さ、つまり加水量の多さが原因なのだろうと思います。

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、ぶどうや草の匂いのする、とても静かな印象受ける香りです。アルコールのトゲは感じられず、若い原酒ばかりを使用したウイスキーではなさそうです。

口に含むと、全般的に味が薄くなり、薄べったさは隠せませんが、グレーンウイスキー一辺倒の香味にはならず、草のようなピート香やぶどうのようなモルトウイスキーの甘みも感じられます。

トワイスアップ(1:1加水)にしても、ぶどうや草のようなピートの匂いは感じられます。グレーンウイスキーばかりが目立つ安ウイスキーとはやや趣を異にするように思います。口に含むと、うっすらとモルトウイスキーの甘み、グレーンウイスキーの杏感、ピートの草のような香り、ぶどうのような香味が感じられますが、元々の度数が低いだけに、全般的に香りも味も薄くなりすぎて物足りません。

【ロック】
オンザロックにすると、柔らかな草の匂いとレーズン、アルコールの刺激もそれなりに感じられ、オススメの飲み方です。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、トワイスアップが更に薄くなりますのであまりに薄味が過ぎますが、草の匂い、ぶどうの香味はきちんと感じられ、ここまで薄まってもまだグレーンウイスキー一辺倒の香味にはなりません。薄味ではありますが不快な香味はなく、お酒に強くない方が飲む分には良さそうです。

【その他】
ウイスキー1:ソーダ水2~2.5くらいの、かなり濃い目のハイボールにすると、パイナップルのような甘み、草やレーズンのような香味、グレーンウイスキーの杏感などが感じられ、正直なかなか美味しいじゃないかと思ってしまいました。居酒屋で飲む薄い◯ハイボールよりはずっと好みに合います。

通常のハイボールとして、1:3~4くらいで割ってしまうと、味が薄すぎてあまり美味しいものではありません。超濃い目ハイボールに限りオススメです。

コークハイにすると、コーラに負けてしまい何だか寝ぼけた味になってしまいます。いっそかなりコーラを多めにして、アルコール入りのコーラと割り切って飲めばまぁそんなものかなと思います。

【感想】
思ったよりまともなウイスキー。

キングウイスキー凛」(867円/720ml)や「香薫」(718円/600ml)に匹敵する価格(890円/640ml)だけに、およそ飲めた代物ではないだろうと、ブログネタぐらいの気持ちで購入してみたのですが…。

値段などから舌のハードルが下がっていたのは間違いありませんが、「凛」「香薫」が原料にスピリッツ(醸造アルコール)を使用しているのに対し、本品はモルトとグレーンのみで構成されていますし、恐らく熟成年数やモルトの比率も両者より上でしょう。

アルコール度数は37%とウイスキーとしては最低の部類に入りますし、加水や時間の経過で一気に香味が薄まるなど、値段相応な部分はありますが、ストレートでも不快感なくそれなりに飲めてしまいますし、想像していたものとは違う、思ったよりまともなウイスキーでした。

全国展開の大手とは違う商売ベタっぷりというか、これ原酒の保管コストが価格に入ってないんじゃないのかな、と思いますがどうなんでしょうか。

早急にボトルを空けないと、ものすごい勢いで香味が飛んでいっているはずですので、超濃い目ハイボールなどで早期に消費したいと思います(笑)

【リピート】
私の住む田舎では通販以外に入手経路はないと思われ、送料を考えるとリピートは二の足を踏んでしまいます。札幌酒精のHP経由で購入すれば、送料無料ですが、12本単位で購入する必要があり、それもまた厳しいですね(笑)

お土産物としても重宝しそうですので、北海道に訪れた際には購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ