ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

キリンディスティラリー

薫風 バレルセレクション2017

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はキリンディスティラリーのウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6303IMG_6304
本日飲むのは「薫風 バレルセレクション2017」です。

「薫風」(くんぷう)については、「バレルセレクション2015」や「同2016」の記事もご参照ください(´∀`*)

「薫風 バレルセレクション2017」は酒ゃビックとキリンディスティラリーが共同開発するオリジナルブレンデッドウイスキーです。

2015年、2016年と飲んできましたが、2017年版でどうやらシリーズ完結となるようです(´・ω・`)

2001年から続いてきた「薫風」ですが、やはりキリンディスティラリーも他のジャパニーズウイスキー各社同様に、原酒のやり繰りが厳しいんでしょうかね(´Д⊂)

消費者とすると良質な原酒が余って安く購入できる方が有り難いのですが、製造者としてはそれでは商売が成り立たず倒産や蒸留所閉鎖の憂き目に遭いますし、これだけ価格が高騰してくると製造者としては好環境ではあるのでしょうが、消費者にとっては厳しいものがあります。

しかも急な市場の回復で、価格は上がってるけど原酒のやり繰りに四苦八苦、消費者は価格は上がるわそもそも売ってないわで四苦八苦。この状況が落ち着くにはまだまだ何年もの時間が必要なんでしょう。

東京五輪に向けて思い切り盛り上がって、それが終わったら少し落ち着くんだろうと思うんですけどね。

本品の製品紹介(ブレンダーコメント)は以下の通りです。
御殿場蒸溜所の原酒在庫の中でも希少なヘビーピートモルト原酒をキーモルトに、フルーティーな果実香と力強い樽香の中にスモーキーで芯のある味わいが感じられるよう仕上げたブレンドです。ストレートでは、熟した果実感や甘い樽香と共に口中に広がる複雑なスモーキーフレーバーが愉しめる。トワイスアップでは、華やかでフルーティな香りと力強い樽香がさらに引き立ち、心地よく続くスモーキーフレーバーの余韻と共に愉しめる。
シリーズ最終作です。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:薫風 バレルセレクション2017
種類:ブレンデッドジャパニーズウイスキー
製造:キリンディスティラリー株式会社
原料:モルト、グレーン
容量:500ml 40%
価格:1,944円(税込)
IMG_6360
【ストレート】
ツンとした香りに乗って、乾いたウッディな香り、稲藁や干し草、湿った泥を思わせる香り、薄手のオレンジに少しだけシトラスピール、香ばしいビスケットを思わせる香りを感じます。

口に含むと、ピリリとアルコールの刺激、パイナップルやリンゴを思わせるフルーティさにシロップを思わせるプレーンな甘み、樽材のビターにスパイシーさ、じんわりとスモーキーフレーバー、水で薄めたレーズン、ほんのり杏やオレンジ風味を感じます。

【加水】
IMG_6362
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)すると、レモンにシトラスピール、パイナップル、ミルクチョコレート、軽めのスモーキーフレーバーを感じます。

口に含むと、杏に樽材のウッディな風味、リンゴを思わせる薄手のフルーティさ、樽材のビターを感じます。後味や鼻に抜ける香りはじんわりとスモーキーです。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、カリンにパイナップル、レモン、軽くオレンジ、ほんのりスモーキーな香りに黄色い花を思わせる香り、薄く樽香を感じます。

口に含むと、薄手のパイナップルやリンゴを思わせるフルーティさ、軽く樽材のビター、シロップを思わせるプレーンな甘み、樽香を感じます。

【ロック】
IMG_6365
オンザロックにすると、ごくうっすらとスモーキーさ、焼酎甲類を思わせるプレーンなフレーバーを感じます。

口に含むと、黒糖にミルクチョコレート、少しコーヒーを思わせる甘苦さ、カリンにパイナップル、少しリンゴを思わせるフルーティさ、シロップを思わせるプレーンな甘み、樽材の木の香りにスパイシーさを感じます。ややアルコールの刺激は強めです。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)にすると、カリンを思わせる香りにほんのりとビターな香りを感じます。

口に含むと、シロップを思わせるプレーンな甘み、うっすらとリンゴやパイナップルを思わせるフルーティさ、軽めの樽香を感じます。

【その他】
IMG_6367
ハイボールにすると、レモンに少しだけパイナップルを思わせる甘酸っぱさ、うっすらと樽香、プレーンな甘みを感じます。

口に含むと、ほんのりとリンゴやパイナップルの混じるプレーンな甘みと樽香が感じられます。こざっぱりというかさっぱりし過ぎている感もありますが、すっきり飲める味わいです。

レモンやオレンジでも絞れば美味しく飲めそうです。

【飲み比べ】
IMG_6369
薫風 バレルセレクション2016」と飲み比べてみます(・∀・)

[香り]
2016年の方が明確に樽系のバニラやチョコレートといった甘い香りを感じられます。2017年は樽香はウッディさやスパイシーさが主体で、焼酎甲類を思わせるプレーンな香りです。

[味]
味の面でも2016年は樽系の甘い風味が目立ち、少しオイリーな印象です。2017年は樽感が薄い分、モルトの影響が感じられ、フルーティさやシロップを思わせる甘みを感じることができます。

樽感の薄い2017年の方がモルトウイスキーの風味をより感じやすく、キリンディスティラリーの個性なども感じやすいはずなんですが、いかんせんグレーンウイスキーの比率が高いようで焼酎甲類的な要素も強く、わかりやすく甘いフレーバーの2016年の方が良いようにも思います。

ハイボールなら2017年、オンザロックは引き分け、ストレートや加水では樽感やプレーンさに対する好みによりけりというところでしょうか。

【感想】
2015年、2016年とは少し趣きを変え、樽感を弱く、ハイボールに合うように寄せてきた印象です。どれがどうかは好みによるのでしょうが、3本の中で最もキリンディスティラリーの原酒の個性が感じられたのが本品だったように思います。

特に加水やロックではその傾向が顕著でした。

一方でどうしてもモルトウイスキーの含有量が低そうなのは否めず、結果として焼酎甲類っぽいプレーンさが随所に出てしまっており、その辺を考慮して樽感を強くしていたのが2015年、2016年であったように思います。

価格が価格とはいえ、やや期待はずれだったようにも思いますし、まぁ値段相応だよねと思う自分もいます。値段なりにハイボールやロックで十分に飲み進められるので、最低限必要なクオリティは外されていないと思います。

過剰な期待は禁物ですが、価格を加味すれば最終的に満足できるクオリティかなと思います。最後の年ですしもう少しプレミアムなものが良かったなぁとも思いますが、まぁ贅沢な要望というものなんでしょうね(´・ω・`)

IMG_6293IMG_6296
2001年から続いてきた「薫風」シリーズ、そして2015年からの「薫風 バレルセレクション」シリーズは2017年にて終了ということのようです。

表面ラベル、裏面ラベルとも毎年更新されており、裏面ラベルの田中城太氏の写真?もいい味を出してくれています(笑)写真も毎年変えてあるのが良いですよね(・∀・)

【リピート】
残念ながら限定品です。
ラベルデザイン、コンパクトなボトル、500mlで手軽な容量と価格など、なくしてしまうのは惜しい企画だと思いました。いつかの復活や、次の企画に期待しておこうと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

薫風 バレルセレクション2016

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はキリンディスティラリーのウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6301IMG_6302
本日飲むのは「薫風 バレルセレクション2016」です。

「薫風」(くんぷう)については、「バレルセレクション2015」の記事をご参照ください。

本品についても「バレルセレクション2015」と同様に、酒ゃビックとキリンディスティラリーの共同開発です。酒ゃビック開発メンバーがキリンディスティラリー富士御殿場蒸留所を訪問し、2樽(2つの原酒)を選定、キリンディスティラリーのチーフブレンダーである田中城太氏がブレンドしています。

味わいはフルーティさとスモーキーフレーバーという「2015」の特徴を継承しつつ、樽由来の甘く華やかな香りをプラス、リッチで複雑な味わいに仕上げているそうです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:薫風 バレルセレクション2016
種類:ブレンデッドジャパニーズウイスキー
製造:キリンディスティラリー株式会社
原料:モルト、グレーン
容量:500ml 40%
価格:1,944円(税込)
IMG_6342
【ストレート】
軽く燻したような干し草に乾いた木材、少しオイリーで甘く、バタースコッチを思わせる香り、ビスケットにトーストなどモルティな香り、徐々にバナナやミルクチョコレート、バニラを思わせる甘い香りも出てきます。

口に含むと、薄手のオレンジや杏、シトラスオイル、樽由来のビター、ミルクチョコレート、ごく薄手のレーズンを感じます。

あぁキリンディスティラリーっぽいなぁと思われる要素は何となくあるのでじすが、やはりちょっとグレーンウイスキーの比率が高いようで、扁平な印象を受けます。

【加水】
IMG_6345
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)すると、燻した干し草の香りにミルクキャラメル、バニラ、コーヒー、樽材の木の香り、ほんのりリンゴを思わせるフルーティさを感じます。

口に含むと、ビターチョコレートにマーシャルビーンズ、焼酎甲類のようなクリアでプレーンなアルコール感、麦芽糖やほんのりリンゴを思わせる甘みを感じます。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、カリンにレモン、少しオレンジやパイナップルのニュアンス、干し草を思わせる軽めのスモーキーさ、乾いた樽材の木の香りに薄く麦芽糖を思わせるプレーンな甘みを感じます。

口に含むと、シトラスに薄くパイナップル、麦芽糖を思わせるプレーンな甘み、樽由来のスパイシーさを感じます。

特別美味しいとは思わないのですが、気づいたらグラスが空いている感じ(笑)
加水すると意外と飲みやすいようです。

【ロック】
IMG_6347
オンザロックにすると、ほんのりとスモーキーな香りに薄手の樽由来のビター、少し樹液を想わせる甘みを感じます。香りはやはり閉じ気味ですね。

口に含むと、粉っぽさに樽由来のスパイシーさやビター、樹液や少しメープルシロップを思わせる甘み、軽めのレーズンやオレンジ、杏を思わせる風味を感じます。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)にすると、スモーキーさはごくうっすら感じられるかどうかというところ、ミルクチョコレートを思わせる甘い香りを感じます。

口に含むと、樽由来のスパイシーさや樹液、メープルシロップを思わせる甘みが感じられます。

樽系の香味に偏っていますが、ロックは甘めの香味がしっかりと感じられて、悪くありません。

【その他】
IMG_6349

ハイボールにすると、ほんのりとスモーキーな香りに軽めのプレーンな甘み、薄く樽香を感じます。

口に含むと、樹液やメープルシロップを思わせる甘みに軽めの樽材のビター、樽材の木の香り、麦芽糖を思わせるプレーンな甘み、ほんのりとカリンやリンゴを思わせるフルーティなニュアンスを感じます。

少し薄まってきた方が飲みやすく感じましたので、今回はウイスキー45mlとソーダ水190mlで作りましたが、ウイスキー30mlくらいで作ったほうが良いかもしれません。

【飲み比べ】
IMG_6353
薫風バレルセレクション2015」と飲み比べてみます(・∀・)

[香り]
かなり似通った印象を受けます。2015年の方がよりスモーキーな印象で、2016年の方が樽感が強くややドライな印象を受けます。

[味]
2015年の方が樽材のビターやチョコレートを思わせる風味が目立つ印象で、2016年の方がドライでスパイシーな印象を受けます。とはいえ味の面でもかなり似通った印象を受けます。

ストレートなら2015年、加水やロック、ハイボールなら2016年というのが個人的な好みです。

【感想】
薄べったくて物足りない、価格相応のクオリティとも思いますが、意外と飲みやすく何だかんだグラスは空になっています。

加水すると飲みやすく、オンザロックでは甘さと飲みごたえが感じられ、これらはなかなか悪くありません。ハイボールはこざっぱりし過ぎているようにも感じましたが、飲みやすくはあります。

樽を選んで販路を限定して、こだわっていそうな割りには価格は安いので、まぁ納得というところです。

【リピート】
残念ながら限定品です。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

薫風 バレルセレクション2015

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はキリンディスティラリーのウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6298IMG_6299
本日飲むのは「薫風(くんぷう) バレルセレクション2015」です。

「薫風」ですが、ウイスキーの販売が苦境にさらされる中で国産ウイスキーの活性化を行なうべく、2001年に愛知県稲沢市の藤桂京伊株式会社(酒ゃビック)と麒麟麦酒株式会社(キリンディスティラリー株式会社)が「お値打ちで美味しい国産ウイスキーを」をコンセプトに共同開発をしたブレンデッドウイスキーだそうです。

2015年からはコンセプトはそのままに、酒ゃビック開発メンバーが富士御殿場蒸溜所を訪問し、膨大な原酒の中から2樽をセレクト。その原酒を元に、キリンディスティラリーのチーフブレンダーである田中城太氏がブレンドする、「バレルセレクション」に変更されています。

本品を販売する藤桂京伊㈱は、安政元年(1854年)創業で元々は酒造業を営んでいたようです。現在は酒ゃビックを中心に中京圏に100を超える店舗を有する、一大酒類卸・小売業チェーンとなっています。

同社の本拠地である愛知県に麒麟麦酒の工場が名古屋にあることや、キリンディスティラリーのある静岡県にも多数の店舗を有するあたりが本品の企画のきっかけだったんでしょうかね。

製品紹介については裏面ラベルの画像をご覧いただくのが良さそうですが、「バレルセレクション2015」はフルーティさとスモーキーフレーバーが特徴のようです。

ジャパニーズウイスキーは長熟原酒を中心に品薄が続いており、こうした企画商品、PB商品のようなものはあまり姿を見かけなくなっているように思いますので、こうして続いてくれているだけで何となくレア感や有り難みがありますね(笑)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:薫風 バレルセレクション2015
種類:ブレンデッドジャパニーズウイスキー
製造:キリンディスティラリー株式会社
原料:モルト、グレーン
容量:500ml 40%
価格:1,944円(税込)
IMG_6306
【ストレート】
干し草に少し苔の混じったようなピート香、焦げた樽材のスモーキーな香り、樽由来のバニラやミルクキャラメルを思わせる甘い香り、牛乳をかけたシリアルにトーストを思わせる香り、終盤にかけて軽めのゴムっぽさやレーズンを思わせる香りも感じられます。

口に含むと、杏にバタースコッチ、樽由来のビターチョコレートやコーヒーを思わせる風味、埃っぽさや土壁を思わせる風味、薄くそこに混じる渋いレーズン、奥の方にオレンジを思わせる風味を感じます。

最後のオレンジを思わせる風味などキリンディスティラリーのウイスキーっぽさは感じられますが、ちょっとグレーンウイスキーの比率が高いのか、やや味が扁平で樽感に偏っている印象です。

【加水】
IMG_6308
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)すると、オレンジに薄くパイナップルやレモンを思わせるフルーティさ、樽由来の甘くミルキィな香り、干し草に少し埃っぽさの混じるピート香、トーストを思わせる香ばしさを感じます。

口に含むと、地ウイスキーっぽい土壁や埃っぽさを感じる風味はピート由来なのか樽由来なのか。薄手のオレンジや杏を思わせる風味、麦芽糖を思わせるプレーンな甘み、ビターチョコレート、水で薄めたレーズンのような風味を感じます。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、パイナップルにレモン、樽由来のミルキィな甘さ、ぼんやりとですがスモーキーな香りを感じます。

口に含むと、埃っぽい土壁、水で薄めたレーズン、樽材のスパイシーさ、ほんのりラズベリーの混じるプレーンな甘み、軽めのチョコレートを感じます。

【ロック】
IMG_6310
オンザロックにすると、甘系の香りの多くは閉じてしまうようですが、ビターでスモーキー、軽めのチョコレートっぽさもある香りです。

口に含むと、しっかり目の樽材のスパイシーさ、ミルクチョコレート、軽めのオレンジや杏を感じます。

地ウイスキーっぽいしっかり目のスパイシーさはあまり好みではありませんが、ストレートや加水よりもアルコール感や飲みごたえが感じられ、飲み方としては悪くないようです。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)にすると、ほとんどの香りは閉じてしまい、ほんのり甘苦い樽系の香りが感じられる程度です。

口に含むと、樽由来のスパイシーさ、軽めのミルキィさ、ほんのりプレーンな甘みを感じます。


水割り(1:2加水&オンザロック)まで加水すると、ハーフロック同様にほぼ焼酎の水割りという感じで、面白みはありませんがダラダラ飲むにはそこまで悪くありません。スパイシーさが気になる時にはいっそ水割りもアリだと思います。

【その他】
IMG_6312
ハイボールにすると、ごくうっすらとスモーキーな香りに、うっすらオレンジなどフルーティさの混じるプレーンな甘い香りを感じます。

口に含むと、樽材の木の香りや樽由来のスパイシーさ、薄手のスモーキーさ、さっぱり目のプレーンな甘み、薄くマーシャルビーンズを思わせる甘みを感じます。

ちょっと物足りない印象で、オレンジやレモンなどを絞るか、コークハイにするなどしないと、こざっぱりし過ぎている感じです。

【感想】
価格相応のウイスキー。そこまで悪くないと思うシーンもありますが、キリンディスティラリーの「クリーン&エステリー」が薄べったい方面へ振れてしまっているように感じました。

要因は原酒が若いこともあるのでしょうが、恐らくモルトウイスキーの比率が低いことにあるのだろうというところ。ネット上の情報では本品は4,800本限定とのことで、一方で富士御殿場蒸留所でセレクトされた樽は2樽です。

キリンディスティラリーでウイスキーの熟成に使われる樽のほぼ全てはバーボン樽ですし、本品もバレルセレクションというくらいですから、選ばれた樽はバーボンバレルでしょう。

バーボン樽の容量は180リットルですので、2樽で360L。本品は1本500mlですので、4,800本なら2,400Lとなります。そうなるとモルトウイスキーの含有量は15%、残りはグレーンウイスキーと加水分ということになります。

実際には更にモルトウイスキーのエンジェルシェアを考慮しないといけませんので、実態としては更に含有量は少なくなっているのでしょうしね。

この式で正しいとなると、今度はレーズンやゴムなど、シェリー樽っぽい風味はどこから来たんだとなります。選ばれた2樽のどちらかあるいは両方がシェリー樽だった可能性もないとは言いませんが、恐らくグレーンウイスキーの熟成に使用されていた樽の一部がそうだったんじゃないでしょうか。

もちろん当ブログを平素よりご覧いただいている読者様はご承知のとおり、私の鼻も舌も大変粗末ですから、シェリー樽っぽい風味は単に私の勘違いという可能性も否定はできませんが(笑)

まぁキリンディスティラリーとしては極めてレアなシェリー樽熟成のモルトウイスキーを使用したとしたら、とてもこの価格で販売できるとは思えませんし、グレーンウイスキーに使用されていた樽か、私の勘違いの二択ではないでしょうか。

オススメの飲み方はオンザロックかストレート、地ウイスキーっぽい風味はどの飲み方で飲んでも好みが分かれそうな気がします。

【リピート】
残念ながら限定品です。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルモルト2017

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はキリンディスティラリーのウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6123IMG_6124
本日飲むのは、過日訪問した「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸留所」限定での販売となっている、「富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルモルト2017」です。

キリンディスティラリーのウイスキーは富士御殿場蒸留所及びキリン公式通販の「DRINX」限定での販売となっているものが多いのですが、本品は公式通販でも販売されていない、蒸留所訪問をされた方だけのお楽しみとなっています(・∀・)

先般、飲んだ「シングルグレーンウイスキー」と一緒に購入してきたものです。

本来ウイスキーの花形であるモルトウイスキー、それもシングルモルトですが、グレーンウイスキーが世界的な評価を受けている一方で、モルトウイスキーに関してはやや日の目を見ることが少なくなっています。

キリンディスティラリーの場合、現在はシングルモルトウイスキーは一般小売されておらず、蒸留所または公式通販サイト「DRINX」での直接販売のみとなっています。

サントリーやニッカウヰスキーのように複数の蒸留所を保有するわけではなく、蒸留釜も1973年の創設以来のもので老朽化が進んでおり、稼働させなくなっているものも多くなっているようですから、生産量が限られているんでしょうね。

一般小売に乗り出してあまり大量には出荷できないんだろうと思います。

個人的にはサントリーともニッカウヰスキーとも違うモルトウイスキーを製造していて、しかもなかなか美味しいという印象がありますので、麒麟麦酒グループの力でドーンと設備更新していただきたいところなんですけどね( ^ω^)

さて、そんなキリンディスティラリーの蒸留所限定シングルモルトですが、製品紹介は以下のとおりです。
富士御殿場蒸留所が目指してきた「クリーン&エステリー」。ライトリーピーテッドモルト原酒をベースにエール系酵母のノンピートモルト原酒をブレンドしました。オレンジを想わせるフレッシュな香りと味わいが感じられます。ほんの少しの水を加えることで、時間と共にゆっくりと香りが広がります。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルモルト2017
種類:シングルモルトジャパニーズウイスキー
製造:キリンディスティラリー株式会社
原料:モルト
容量:200ml 49%
価格:2,160円(税込)
IMG_6148
【ストレート】
バナナに草を思わせるピート香、はっきり目の樽材の木の香り、蒸した穀物の香り、焼く前のクッキー生地、クルミを思わせる少しオイリーなナッツ感、薄く杏やオレンジを思わせるフルーティな香りを感じます。

口に含むと、杏に枇杷、オレンジなどを思わせる淡めのフルーティさ、シナモンにメープルの混じる甘スパイシーな樽香、軽めの樽材のビター、レモンや薄くパイナップルを思わせる酸味を感じます。後味は甘酸っぱいフルーティさと鼻に抜ける軽めのピート香。

軽やかな香味が中心ですが、それ故かアルコールの刺激も度数相応に感じます。飲みやすい味わいですがそれなりに若い原酒も使用されているのでしょうか。

【加水】
IMG_6149
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)すると、レモンクリームに焼く前のクッキー生地、緑のトーンの軽いピート香、香ばしい穀物の香り、パイナップルや少しオレンジを思わせるフルーティな香りを感じます。

口に含むと、アルコールの刺激は幾分治まり、少し舌先がピリッとする程度です。スムーズな飲み口に甘酸っぱいシトラスフレーバー、チョコレートの混じる樽材のビター、後味はキレイなモルティさが感じられます。ピート香は少し鼻で感じられる程度でしょうか。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、レモンにカリン、黄色い花、軽めのウッディな香り、焼く前のクッキー生地に少し香ばしいモルティな香りを感じます。

口に含むと、淡くオレンジ、パイナップル、カリン、薄くチョコレート混じりの樽材のビターを感じます。

トワイスアップが飲みやすくて良いですね。少しアルコール度数が高めな分、ここまで割っても薄っぺらにはなりませんし、キレイな味でゆっくり飲むのに適していると思います。割り水は冷やしておいた方が良いかもしれません。

【ロック】
IMG_6151
オンザロックにすると、冷却されて香りはかなり閉じ気味になります。ほんのりモルティで甘い香り、薄くレモン、軽めのピート香に樽香を感じます。

口に含むと、トロミを感じる口当たりに、レモンやカリン、少しハッカを思わせる、フルーティさと軽いピート香、バタースカッチを思わせるオイリーさや甘み、モルティなコク、最後に樽系の香味を感じます。

オンザロックは実に良いと思います。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)にすると、バタースカッチにモルティな甘みを感じます。口に含むと、カリンに薄くパイナップル、樽香、麦芽糖、少しロウソクの蝋を感じます。

悪くありませんが、オンザロックに比べると少し落ちる印象です。ならばと水割り(1:2加水)まで加水量を増やしてみると、かえって水割りの方が飲みやすくて良い感じ。

オンザロックはキツイという方はいっそ水割りまで加水した方が良さそうです。

【その他】
IMG_6153
ハイボールにすると、軽めのレモンやカリン、柑橘系の蜂蜜を思わせる香りにほんのりと樽香を感じます。

口に含むと、カリンにシトラスフレーバー、柑橘系の蜂蜜、軽めのウッディさを感じます。ハイトーンな味わいというのか、クリアでフルーティな味わいのハイボールです。少し変わっていてなかなか美味しい。

【ブレンド】
IMG_6154
本品と「DISTILLER'S SELECT シングルグレーン2017」を1:2でブレンドしてみます。

ブレンドしたばかりということもあってか、ツンとアルコールの刺激、樹液にチョコレートを思わせる樽系の甘い香り、カリンに杏、バタースカッチ、青みがかったピート香を感じます。

口に含むと、強めのアルコールの刺激にカリン、オレンジ、杏、チョコレート、ライ麦のスパイシーさ、ナッツ類を感じます。

アルコールの刺激が些か強いですが、それを除けばバランスの取れた香味でなかなか美味しいです。


IMG_6157
次いで本品と「The Fuji Gotemba Distillery Blender’s Choice シングルグレーンウイスキー」を1:2でブレンドしてみます。

湿気た黒糖にシトラスフレーバー、焦げた樽香を感じます。

口に含むと、カリンにリンゴ、黒糖にチョコレート混じりの焦げた樽香を感じます。


「ディスティラーズセレクト」とのブレンドの方が、よりハイトーンで一体感があるように感じます。一方で「ブレンダーズチョイス」とのブレンドの方が、より重厚感があるように感じます。

後はもう好みでしょうね(笑)

【感想】
クリアでハイトーン、サントリーともニッカウヰスキーとも違う、キリンディスティラリーのモルトウイスキーの個性が味わえるウイスキーだと思います。

オススメの飲み方はオンザロック、トワイスアップ(割り水は冷たく)です。ハイボールや水割りも次点に来ます。

キリンがビールだけではなく、もっとウイスキーに本気になってくれると面白いなぁと改めて感じました。是非、蒸留所に設備投資をして、ポットスチルなど蒸留所設備の更新や強化をしてほしいところです。

【リピート】
1mlで10円(700mlフルボトルで7,000円)はノンエイジのウイスキーとしては高額ですが、蒸留所限定販売のジャパニーズウイスキーとしては、今の御時世だとやむを得ないのでしょうか。

内容量が少ない分、お土産等に手を出しやすいのは救いだと思います。蒸留所では有料試飲もできますので、行かれる機会があれば是非試してみてください( ´∀`)b

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルグレーン2017

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はキリンディスティラリーのウイスキーを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6120IMG_6121
本日飲むのは、過日訪問した「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸留所」限定での販売となっている、「富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルグレーン2017」です。

キリンディスティラリーのウイスキーは富士御殿場蒸留所及びキリン公式通販の「DRINX」限定での販売となっているものが多いのですが、本品は公式通販でも販売されていない、蒸留所訪問をされた方だけのお楽しみとなっています(・∀・)

シングルモルトは単一蒸留所で蒸留されたモルトウイスキーですが、シングルグレーンは単一蒸留所で蒸留されたグレーンウイスキーのことを指します。

モルトウイスキーは二条大麦を原料とした蒸留酒で単式蒸留機で蒸留しますが、グレーンウイスキーはトウモロコシ、ライ麦、小麦、二条大麦など様々な穀物を原料に連続式蒸留機で蒸留された蒸留酒です。

日本ではサントリー、ニッカウヰスキー、キリンディスティラリーの大手三社がいずれもモルトウイスキーとグレーンウイスキーの両方を製造していますが、その中でもキリンディスティラリーは三種類の異なる連続式蒸留機を用意することで、様々なタイプのグレーンウイスキーを作り分けるなど、グレーンウイスキーへのこだわりの強いウイスキーメーカーです。

その結果は、「富士御殿場蒸留所シングルグレーンウイスキー25年」がワールド・ウイスキー・アワード2016、2017と2年連続で「ワールド・ベスト・グレーンウイスキー」賞を受賞するなど、世界的な評価へと繋がっています。

サントリーやニッカウヰスキーといったジャパニーズウイスキーの先駆者から数十年遅れてウイスキー事業に参入したキリンですが、竹鶴政孝氏の功績でスコッチウイスキーの影響が強い両社に対し、当初、海外企業と合弁することでバーボンやカナディアンウイスキーの影響も受けるなど、両社とは違う形で個性を出し、差別化を図っています。

キリンディスティラリーは三種類の異なる連続式蒸留機で、ヘビー・ミドル・ライトの3タイプのグレーンウイスキーを作り分けています。モルトウイスキーを製造する蒸留所で連続式蒸留機を保有する蒸留所は世界的に見ても少なく、ましてや3タイプのグレーンウイスキーを作り分けるとなると、世界的にも極めて珍しいようです。

さて、そんなキリンディスティラリーの蒸留所限定シングルグレーンですが、製品紹介は以下のとおりです。
富士御殿場蒸留所が世界に誇る3種類の「リッチグレーン原酒」。その中でも、もっとも香味が強いヘビータイプ原酒の特徴を活かした個性あるシングルグレーンウイスキーです。ミントやオレンジピールのニュアンスに加え、ライ麦特有のスパイシーな香味が感じられます。ロックやミストでお楽しみください。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:富士御殿場蒸留所 DISTILLER'S SELECT シングルグレーン2017
種類:シングルグレーンジャパニーズウイスキー
製造:キリンディスティラリー株式会社
原料:グレーン、モルト
容量:200ml 52%
価格:2,160円(税込)
IMG_6128
【ストレート】
オレンジの果皮を思わせるシトラスフレーバー、樽由来のナッツ類を思わせる甘い香り、少しオイリーなバター風味、ライ麦の独特なスパイシーさ、微かにミントなど青みがかった香りを感じます。

口に含むと、まずはオレンジやレモンを思わせるシトラスフレーバーが感じられる軽快な入り、次いでナッツ類を思わせる風味や古びた樽材のウッディさ、少し黒糖風味、ライ麦のスパイシーさ、ピリリとアルコール感など、ずっしりとした風味がまとめてやってきます。

ヘビータイプを謳うだけのことはあり、グレーンウイスキーとはいえそれなりに飲みごたえのある風味になっています。

【加水】
IMG_6130
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5程度)すると、甘いバニラやミルクチョコレート、ナッツ類、オレンジやカリンを思わせる香りを感じます。

加水によって樽系の要素が強くなってくるようです。

口に含むと、シトラスフレーバーにライ麦パン、ナッツ類、樽材の木の香りを感じます。

少量加水でグンと飲みやすくなりますよ(・∀・)


トワイスアップ(1:1加水)にすると、よりはっきりとオレンジを思わせる香り、少しレモンやパイナップルも。ナッツ類にライ麦パン、マッシュされた穀物の甘い香り、樽材の木の香りを感じます。

口に含むと、樽系のウッディな風味にライ麦由来と思われるピリッとスパイシーな風味、軽めのシトラスフレーバーを感じます。

トワイスアップまで加水してしまうと薄べったくなってしまう印象です。この辺はグレーンウイスキーですし当然のことなんでしょうね。

【ロック】
IMG_6131
オンザロックにすると、ほんのりとライ麦を思わせる香りや樽香を感じられる気がしますが、基本的には無臭に近いほど香りは閉じてしまいます。

口に含むと、シトラスピールの香りにライ麦のスパイシーでパワフルな風味、ナッツ類にバニラ、ミルクなどを思わせる甘い風味を感じます。

アルコールの刺激は度数相応にありますし、香りの面ではイマイチですが、ロックがオススメのことはあってパワフルな穀物感も甘い樽系の風味もしっかりと感じられ、富士御殿場蒸留所らしい柑橘系の爽やかさも感じられてなかなか美味しいです。

こうやって改めて飲んでみると、グレーンウイスキーも悪くないんですよね。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)にすると、薄くナッツ類を思わせる香りや樽材の木の香りが感じられる程度で、やはり香りは閉じてしまいます。

口に含むと、トワイスアップに比べて冷却されたためか、穀物や樽系の甘い風味を感じることができます。とはいえやはり薄べったさは否めず、加水のし過ぎは禁物のようです。

【その他】
IMG_6138ハイボールにしてみると、香りは閉じ気味ですが、ナッティ、ウッディな香りが感じられてそこまで悪くありません。

口に含むと、ナッツ類を思わせる香ばしさに樽由来のバニラやミルクを思わせる甘み、樽材の木の香りが感じられます。意外と味のあるバランスの良いハイボールです。

【飲み比べ】
IMG_6140
The Fuji Gotemba Distillery Blender’s Choice シングルグレーンウイスキー」と飲み比べてみます。存在を忘れ去って棚の奥に潜んでいましたが、本品を飲もうとしてそういえばと思い出しました(ノ∀`)

今回のんだディスティラーズセレクトは税抜2,000円/200ml、ブレンダーズチョイスは税抜5,000円/500mlですので、価格帯は同じです。

[香り]
ディスティラリーズセレクトはナッツ類に柑橘類、バニラを思わせる香りが目立ち、ブレンダーズチョイスはミルクチョコレートや黒糖を思わせる香りが目立ちます。

前者の方がより華やかで軽快、後者の方がより濃厚で重たい感じを受けます。

[味]
ディスティラリーズセレクトはライ麦系のスパイシーさや樽由来のナッティな風味が目立ちます。ブレンダーズチョイスは黒糖やとうもろこしを思わせる甘みが目立ちます。

やはり前者の方が軽快、後者の方が重厚な印象を受けます。どちらがどうかは好みによりけりだと思いますが、ブレンダーズチョイスは重厚な分クセも感じられ、万人受けしそうなのはディスティラリーズセレクトの方でしょうか。

【感想】
黒子に徹するのが基本のグレーンウイスキーですが、単体でも楽しめる力が感じられ、そこはさすがキリンディスティラリーというところではないでしょうか。色々なモルトウイスキーと合わせて、即席で自己流ブレンデッドウイスキーを作ってみるのも楽しそうです。

オススメの飲み方はオンザロック、ハイボール、少量加水というところです。

200mlで2,160円は決して安くありませんが、量が手頃な分、負担感が薄いのは良いですね。

【リピート】
蒸留所では有料試飲もできますので、行かれる機会があれば是非試してみてください( ´∀`)b
量が少ない分、手を出しやすい価格帯になっていますので、お土産にも良さそうです。

どうせ買うならモルトウイスキーの方がという思いはやはりありますので、同じものをリピートはしないと思いますが、定期的に趣向を変えたグレーンウイスキーが出てくるのであれば、それはまた機会があれば購入してみたいと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ