ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

アサヒビール

アサヒ 食楽

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はアサヒビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_8176IMG_8177
本日飲むのは、「アサヒ 食楽」です。

ニュースリリース(抜粋)は以下の通りです。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、秋の店頭や食卓を鮮やかに彩る秋限定ビール『アサヒ 食楽』(缶350ml・缶500ml・瓶500ml・瓶633ml)を(2018年)8月21日(火)より全国で発売します。

『アサヒ 食楽』は、さんまやきのこなど秋に旬を迎える食材と相性の良い秋限定醸造の生ビールです。ミュンヘン麦芽を一部使用しビールらしい豊かなコクと程よい苦みに加えて、焙煎された国産米を採用し食事に合う香ばしい香りを実現しました。また、本年4月のビール定義変更により原料として新たに認められたカイエンペッパー(香辛料)を隠し味として加えたことによるピリッと心地よい刺激が、食事との相性をさらに高めます。

製品紹介は以下の通りです。

食がすすむ秋にふさわしい限定醸造生ビール。食事の味に負けずに調和するしっかりしたコクがありながら、新たに採用した「国産焙煎米」による香ばしい薫りと、これまでのビールには無い喉の奥にピリっとくる心地よい刺激によってより食が楽しめる、食欲の秋ならではのビールです。

というわけで、アサヒビール版「秋味」とでも言うのか、秋限定のビールです。2018年4月からビールの副原料の幅が大きく広がったのは記憶に新しいところですが、カイエンペッパー…(゚ロ゚;)

楽しみではありますが、ちょっとどのような味わいになるのか想像がつきません(;・∀・)

副原料のお米を焙煎していることも特徴のようですね、琥珀系の色が付いたりするのか、香味に副原料がどの程度、影響するものなのか。色々わかりませんね(・∀・)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:アサヒ 食楽
種類:ビール
系統:カイエンペッパー入りアンバーエール風ピルスナー?(笑)
製造:アサヒビール株式会社
容量:350ml 6%
原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、香辛料
価格:224円(税込)
IMG_8208
【香り】
軽めの麦芽の穀物香と甘み、その奥から香辛料のピリッとした香り、炒ったお米の香りを感じます。

【味】
麦の穀物感に炒ったお米の香ばしい風味、奥から粘性を帯びた軽めですが華やかな麦芽の甘み、苦味はそれほど強くないようでじわじわ効いてくる、確かに最後に微かなピリッと感があります。

【感想】
秋の風味がするビール。秋の和食との相性はまず間違いなさそう、個人的には洋食とは合わせたくなく断固、和食と合わせたい。

ビール単体ではそれほど驚きはないんですが、お米の香ばしさやピリッとした風味があり、肴と合わせずとも何となく秋をイメージしてしまう、少し郷愁を誘うお酒です。

秋刀魚の塩焼き、松茸の土瓶蒸し、栗ご飯やきのこの炊き込みご飯などが今ものすごく食べたくなってきました。食欲を増進してくれるビールといっても良さそうです( ^ω^)

【リピート】
小料理屋なんかで美味しい肴と飲みたい。明日は秋刀魚でも焼こうかな…(´∀`*)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

|彡。゚+.*:.サッ

アサヒ生ビール

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はアサヒビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7330IMG_7331
IMG_7332
本日飲むのは、「アサヒ生ビール」です。

ニュースリリース(抜粋)は以下のとおりです。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ビールの新たな需要の創出を目指し、これまで一部地域限定で発売してきた『アサヒ生ビール』の樽生を、2018年3月20日(火)から全国に拡大するとともに、新たに5L入りの樽生商品を5月2日(水)から発売します。また、『アサヒ生ビール』の缶350ml・500mlを2018年5月15日(火)に期間限定で発売します。

『アサヒ生ビール』は、当社の前身となる大阪麦酒社が1900年に発売した商品をルーツとするピルスナータイプの生ビールです。当時では珍しい熱処理を施さない製法は、高い技術力を示すもので、その味わいは高い評価を頂きました。その後、醸造技術や微生物管理技術の発展と共に改良を重ね、深みのあるコクと爽やかなキレをお楽しみいただける「アサヒ樽詰生ビール」として一部地域限定で発売されてきました。

当社は2018年を「ビール改革元年」と位置付け、2026年のビール類の税率一本化を見据えた市場の活性化に取り組んでいます。飲食店様を中心に、長年その味わいに対して高い評価を頂いてきた『アサヒ生ビール』の展開エリアを拡大するとともに缶商品を期間限定発売することで、認知拡大と多様なビール文化の醸成を図ります。

というわけで、樽限定かつ地域限定でのみ販売されていた「アサヒ生ビール」の期間限定缶ビールです。原型となる製品は1900年発売ですので、100年以上の歴史を持つアサヒビール最古の製品ということになろうかと思います。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:アサヒ生ビール
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:アサヒビール株式会社
容量:350ml 4.5%
原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
価格:204円(税込)
IMG_7334
【香り】麦殻に麦芽の穀物香がまずは感じられ、そこにお米の香りも混じってきます。甘みやホップの香りは控え目で、麦汁の香りもすっきりした感じ。麦芽のコクと旨みがメインです。

【味】
しっかりと水の味を感じられるような印象で、日本のビールというよりはドイツビールを思わせる感じがあります。麦殻を思わせる風味や麦の穀物的な味わいが中心、甘さは控え目で少しの酸味、ホップの苦味はそれほど強いものではありませんが、後口をすっきりさせてくれます。

【感想】
どでかいジョッキで飲みたいビール。水代わりであり栄養ドリンク代わりでもありそうな、海外のビールの雰囲気を持つ日本のビール。

今の日本にこの手のビールは他にあるんでしょうか。ここからスタートして日本人の口や気候風土に合うように進化させていったのが現在の日本のビールだと思いますので、海外のビール的な雰囲気があるからと手放しで褒めてはいけませんが、個人的には好きなタイプのビールです。

パブで大ジョッキで飲みたい感じのビールで、私の住む田舎では見かけたことがありませんが、置いている酒場に出会いたいなと思いました。

【リピート】
リピート確定。どのくらい買い足そうかな( ^ω^)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

アサヒ スタイルフリー

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は発泡酒を飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_6874
IMG_6875IMG_6876
本日飲むのは、アサヒビールが製造する「アサヒ スタイルフリー」です。

どうやら2018年4月3日よりリニューアルされて、「アサヒ スタイルフリー<生>」に生まれ変わっているようなんですが、私が購入したのはリニューアル前のもののようです(ノ∀`)

発売当時のニュースリリース(抜粋)は以下の通りです。

アサヒビール(株)の調査によると、お客様がビール類市場の中で「発泡酒」を選ぶポイントは新ジャンル市場の拡大とともに多様化する傾向がうかがえます。特に発泡酒ならではの明快な価値を持つ商品として、“コクや味わい深さ”といった特長や、“糖質オフ”等の健康志向に対応した特長を求める割合が増加しています。
一方で“糖質オフ”等の健康志向に対応した発泡酒を主に飲用しているお客様の要望を調査した結果、『味わいはそのままにもっと糖質等の“オフ率”を高めて欲しい』という声が約6割を占め、更なる“糖質オフ”への期待感を抱いていることが分かります。また、こうした発泡酒を主に飲用しているお客様のビール類に対する嗜好は、「飲みごたえ」「コク」「味わい深さ」よりも「スッキリ」「さっぱり」とした味わいを好む傾向がうかがえます。

『アサヒ スタイルフリー』は、このようなお客様のニーズを先取りし、アサヒビール㈱独自の技術によって“糖質ゼロ”を実現し、開発された提案型商品です。“糖質カットをとことん追求するとともに、麦とホップの香りを残しながらも、雑味のないさっぱりとした味わいの発泡酒”を実現しています。そして発泡酒の中でも飲用時に健康を気にして”糖質オフ”を重視するお客様にむけて“更なる価値”を提供してまいります。

今回“糖質ゼロ”を実現するため、当社独自の「ハイパーファーメント製法」を採用しました。当製法は、当社のビール類内でもっとも高い発酵度(当社発泡酒比で約1.3倍)を目指し、最適な発酵条件を選定することで酵母の働きを活き活きとさせ、原料由来の糖分のほとんどを酵母に消化させることにより “糖質ゼロ”を実現するものです。また味わいの特長は、麦芽の風味を残しながら、ファインアロマホップ等の素材の醸し出す“安らげる香り・さっぱりとした後味”をお楽しみいただけます。

田舎バンザイ(・∀・)
またいずれ新しいのも飲んでみましょうね。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:アサヒ スタイルフリー
種類:発泡酒
製造:アサヒビール株式会社
容量:500ml 4%
原料:麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、酵母エキス、大豆たんぱく
価格:181円(税込)
IMG_6900
【香り】
レモンや乳酸発酵系の酸味が強めの構成、淡い麦殻の香りに豆類を思わせる香り、ホップの香りは苦味中心、薄く紫がかった葉や枝の香りも感じられます。

【味】
極めて薄いパナシェという印象、全般的に非常に軽い味わいで水のようです。香り同様にレモンを思わせる酸味が感じられ、ほんのりと麦や豆類を思わせる風味、苦味もごく軽めです。

ビールに染まって濃い味に慣れてしまっているためか、そもそもやはり鼻も舌も粗末だからか、一口目は自分は今、何を飲んだのだろうかという感じでした(ノ∀`)

ただそれは妙な香味がないということの裏返しでもあり、糖質ゼロにするためにどうしても香りも味も薄くなってしまうものを、妙な添加物で補っていないということでもあります。

水代わりにスッキリガブガブ飲めるのは好印象ですね。

【感想】
薄味のパナシェまたはビアスプリッツァー。本品単体で飲んで満足感を得ることは難しそうですが、糖質ゼロなのに妙な香味もなく、水代わりに飲めるのは素晴らしいと思います。

健康を考えると休肝日もですが、ビールではなくこうした健康的?なお酒を時々混ぜることも大事なことなのかもしれませんね(ノ∀`)

【リピート】
でもやっぱりビールが好き(´∀`*)

それでは今回はこの辺で。


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

アサヒ グランマイルド

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はアサヒビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6935IMG_6936
本日飲むのは、2018年4月17日新発売の「アサヒ グランマイルド」です。

ニュースリリース(抜粋)は以下のとおりです。

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ビールの新たな需要の創出を目指し、ゆっくり楽しめるアルコール7%のビール新商品『アサヒ グランマイルド』を2018年4月17日(火)に全国で新発売します。

『アサヒグランマイルド』は、これまでのビールにはない新たな需要を創出するために、時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値を追求しました。
時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値に対するお客様のニーズは、「おいしさの持続性」と「高アルコール」です。これまでの高アルコールビール類は、時間の経過と共に“もったりとした穀物香”や“アルコール臭”が際立ってくるといった特性があり、ゆっくり時間をかけて楽しむことが難しいという課題がありました。そのような中、当社は高アルコールでありながら時間をかけて楽しめる味わいをつくりだすため、2つの特許技術を活用しました。
1つは、ビールの定義変更で使用可能となる副原料を使い、香気をコントロールすることで、主に“もったりとした穀物香”の低減を可能にする技術です。もう1つは、原料となる麦芽から“アルコール臭”を抑制する効果のある成分を抽出する技術です。
『アサヒ グランマイルド』は、この2つの技術を活用することで、食後などのくつろぎのシーンと相性の良い、柔らかなコクが続く味わいを実現しました。

※2018年4月よりビールの定義の改正が実施されます。その中のひとつとして、副原料の規制が緩和され、果実や一定の香味料などが使用可能になります。(使用する麦芽の重量の5%の範囲内に限る)。

アサヒビール(株)は、ビールの定義変更を好機ととらえ新素材の積極的な活用を進めるとともに、確かな技術に裏付けられたイノベーションあふれる商品開発を通じてビール市場の活性化と新市場の創造に取り組んでいきます。

ということで、平成30年4月1日施行の酒税法改正により、日本のビールメーカー四大大手を中心に新商品の発売が起きているようです。アサヒビールの新商品の目玉の一つがこのグランマイルドということになるんでしょうか。

酒税法改正のうちビールに関する部分についての主な変更点ですが、

1.ビールの原料に占める麦芽の重量が、ホップ及び水以外の原料の重量の合計の67%以と定められていましたが、これが50%以上に引下られました。

2.原料に占める物品の重量の合計が麦芽の重量の5%を超えないものに限り、政令に定める副原料を使用できるようになりました。

で、「政令」というのは酒税法施行令のことなんですが、この施行令も改正されていまして、以前に認められていた副原料は、

「麦、米、とうもろこし、こうりやん、ばれいしよ、でん粉、糖類又は財務省令で定める苦味料若しくは着色料」

のみだったんですが、これに

「果実(果実を乾燥させ、若しくは煮つめたもの又は濃縮させた果汁を含む。)又はコリアンダーその他の財務省令で定める香味料」

が加わりました。

で、「財務省令」というのは酒税法施行規則のことなんですが、この施行規則も改正されていまして、以前に認められていたのは

「財務省令(酒税法施行令)で定める着色料は、カラメルとする」

ということだけだったんですが、これに

「財務省令で定める香味料は、コリアンダー又はその種のほか、ビールに香り又は味を付けるため使用する次の各号に掲げる物品とする。
一 こしよう、シナモン、クローブ、さんしようその他の香辛料又はその原料
二 カモミール、セージ、バジル、レモングラスその他のハーブ
三 かんしよ、かぼちやその他の野菜(野菜を乾燥させ、又は煮つめたものを含む。)
四 そば又はごま
五 蜂蜜その他の含糖質物、食塩又はみそ
六 花又は茶、コーヒー、ココア若しくはこれらの調製品
七 かき、こんぶ、わかめ又はかつお節」

が加わりました。

( ´ー`)フゥー...

たらい回し感満載で面倒くさいヽ(`Д´)ノプンプン

という思いは当然あるのですが、法律はそうそう簡単に変えられるものではありませんし、その下に施行令や施行規則を置くことで、改正するために必要な権限を調整してよりタイムリーな変更が可能となるようにしようとはしているんでしょうね。

まぁわかりにくくて面倒くさいんですがヽ( ´ー`)ノフッ

ともあれ、これまでビールを名乗るためには使用できなかった副原料が数多く使用できるようになり、多様な副原料を使用するベルギービールや、各地の特産物などを使用したり個性的な香味を求めたりすることで大手にはない特色を出してきた地ビールですが、そのうちこれまで発泡酒を名乗らなければならなかったものの多くがビールを名乗れるようになるんじゃないでしょうか。

また麦芽の使用量が引下げられたことで、発泡酒の酒税は値上がりすることになりますが、ビールの酒税は引下げられることとなり、税金面でも原料面でも「ビール」に対する敷居が下がったと言って良いんだろうと思います。

何事にも陰と陽はあるもので、今回の変更が必ずしもあらゆる面でプラスに運ぶものではないのかもしれませんが、ビールから発泡酒や新ジャンルにシフトしていた大手からも、個性を打ち出すことでビールを名乗れず発泡酒を名乗らざるを得なかった地ビールメーカーからも、また新たなステージで新たなビールが開発されてくるのではないかと思います。

酒飲みにとっても、酒造りをする方にとっても、今回の酒税法改正がより多くのプラスを与えてくれるものであることを願っています(´∀`*)

で、そろそろ忘れている方もいるかと思いますが、「アサヒ グランマイルド」の記事です( ´,_ゝ`)

それではいい加減、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:アサヒ グランマイルド
種類:ビール
系統:ピルスナー系オリジナル
製造:アサヒビール株式会社
容量:350ml 7%
原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ、レモングラス
価格:223円(税込)
IMG_6940
日本の大手メーカーのビールとしては異例の高アルコール度数となる7%のビールです。昨今、ストロング系のチューハイなどを中心に高アルコール度数のお酒が日の目を見るようになっていますし、タイムリーで良いんじゃないでしょうか(・∀・)

その名の通りレモンを思わせる爽やかな香りのレモングラスを副原料に加えることで、「時間をかけて」つまり少し温度が上がって多少ぬるくなっても?楽しめるビールに仕上げてきているようです。

【香り】
レモンに少しパッションフルーツを思わせる青みがかった香り、アルコール度数が高い分もっとすっきりドライな香りかと思いましたが、意外とシロップ的な甘い香りも目立ちます。麦芽の穀物的な香ばしさも感じられます。

全体的には発泡酒っぽさのあるボディの軽そうな軽やかな香りです。

【味】
苦味が強くなく、その分まずは麦芽の甘みがしっかりと感じられます。次いでホップ由来のものかオレンジやパッションフルーツを思わせるフレーバーに軽めの苦味、ホップのものかレモングラスのものか緑がかった風味も感じられます。

香りからは想定していませんでしたが飲みごたえはしっかりとあり、やはりビールなんだと再確認できます。後口から余韻にかけてアルコール度数の高さを感じられるじんわりとしたアルコール感とドライさが喉の奥にやってきますが、フルーティで爽やかなフレーバーのおかげで非常に飲みやすく心地よく感じられます。

【感想】
ホップや副原料の風味がフルーティで爽やか、その風味を少し時間をかけてゆったりと楽しみたくなるビールです。軽いばかりではなく麦芽の風味やパワフルなアルコール感を楽しめるのも魅力です。

個人的に好きなタイプのビールですね。美味しかった。

【リピート】
ゆっくり飲めるピルスナータイプのビールというのは日本の大手メーカーからはあまり出てこなかった製品ではないでしょうか。個人的にはリピート確定です。満足しました。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

アサヒドライプレミアム豊醸 ワールドホップセレクション 華やかな薫り

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はアサヒビールを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_6327IMG_6330
本日飲むのは、2017年の冬季ギフト商品として販売された「アサヒドライプレミアム豊醸 ワールドホップセレクション 華やかな薫り」です。

我が家にあるワールドホップセレクション4本のうち、最後の1本を飲みます(゚∀゚)

「ワールドホップセレクション」は「アサヒドライプレミアム豊醸」をベースに、ホップの世界生産量1%未満しか生産されていない”希少ホップ”を使用したビールのようです。

製品紹介は以下の通りです。

ドイツ産の希少ホップ「マンダリナババリア」を使用し、オレンジのような甘い華やかな香りと麦のうまみをお楽しみいただけるプレミアムビールです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:アサヒドライプレミアム豊醸 ワールドホップセレクション 華やかな薫り
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:アサヒビール株式会社
容量:350ml 6%
原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
価格:230円(税込)
IMG_6374
【香り】
マッシュ感のある麦芽のクリーミィな甘さに、グレープフルーツやオレンジなど柑橘類を思わせる香りが入ることでピンと筋が通った香りになっています。麦汁の甘い香りも奥から漂ってきて、甘くフルーティな香りです。最後にホップの青々しさも感じられて、輪郭の感じられる香りになっていると思います。

【味】
麦芽のコクと旨み、まずは麦の美味しさが感じられます。甘さは控え目、少しシトラス感のあるホップの苦味が余分な味を洗い流してくれて、後口がとてもキレイです。

口中を洗い流してくれるかのようで、旨いけどクドくないビールです。

【感想】
麦汁の美味しさ、麦の旨さを味わえるビール。ホップは主役を張る感じではありませんが、麦芽のコクや旨み、甘みに輪郭を持たせてくっきりとさせてくれているように感じました。

副原料も使用されますが、基本的には麦とホップと酵母と水で味わいが決まるのがビールです。ホップを変えれば、仮に他の3つが同じでもできあがるビールの印象は全く違うものになるのでしょうね。

今回のワールドホップセレクションは必ずしもホップ以外の要素を全て同じにしているわけではないのかもしれませんが、ドライプレミアムというビールの枠組みの中でのホップの違い、それも希少性の高いホップの香りや苦味を体験できる面白い試みだと思います。

今年の贈答用品では続編が出るのか、はたまた更に新しい試みがなされるのかわかりませんが、楽しみにしていようと思います(・∀・)


こういう限定品を飲んだ後で改めて「ドライプレミアム 豊醸」を飲むと、また一段と美味しさを実感できるのかもしれませんね。

IMG_6377
そんなわけでいただきます( ^ω^)

【リピート】
残念ながら限定品です。また今後の展開を期待しています。

それでは今回はこの辺で。


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ