ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

泡盛

忠孝 秘蔵13年古酒

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は泡盛を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6581IMG_6582
本日飲むのは、沖縄県は豊見城市の忠孝酒造株式会社が製造する「忠孝 秘蔵13年古酒」です。

先日も同社の泡盛を飲みましたが、そういえば他にも泡盛があったっけなと棚を漁ってみたところ、これまた忠孝酒造のものでした(・∀・)

泡盛の製造会社をそれほど気にしたことも正直なかったのですが、面白いめぐり合わせだなと思いました。それだけ同社の泡盛が広く売られており入手性が高いということなのかもしれませんね。

本品は13年貯蔵の泡盛です。ブレンドかな?とも思ったんですが、平成25年10月に「泡盛の表示に関する公正競争規約」が改正されており、
貯蔵年数を表示する場合は、当該年数表示以上貯蔵したものとする。異なる貯蔵年数の古酒を混和した場合は、その割合にかかわらず、最も貯蔵年数の少ない古酒の年数を表示する。貯蔵年数の年数未満は切り捨てて表示するものとする。
となっていました。ウイスキーと同じような感じになっていますね。非常に良いことだと思います(∩´∀`)∩
そんなわけで全量13年以上熟成の古酒ということですね。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:忠孝 秘蔵13年古酒
種類:泡盛
製造:忠孝酒造株式会社(沖縄県豊見城市)
容量:360ml 43%
原料:米こうじ(タイ産米)
価格:2,160円(税込)
IMG_6584
【ストレート】
発酵した米の香り、とても華やかでくっきりとしています。食パンの白い部分やクッキー生地を思わせるニュアンスもあり、籾殻のような少し香ばしい香りも感じます。

確かに私のよく知る泡盛の香りなんですが、ウイスキーにも通じるような熟成感ある香りとなっており、非常に良いですね。

口に含むと、白粉や少し白桃を思わせる、日本酒的な感じも受ける米の甘み、度数相応のアルコールの刺激とパンチ、少しトロミのある口当たりで中盤からはまろやかでスムーズ、飲み込むと口中で麹の華やかな香りが一気に広がり、薄く黄色系フルーツを思わせるフルーティさ、喉の奥がじんわりと熱くなっていきます。

少し甕熟成系の土っぽい風味も感じられ、勘違いでなければステンレスタンクだけではなく甕熟成も行われているのかもしれません。

【ロック】
IMG_6586
オンザロックにすると、豆類やチョコレートを思わせるコッテリとした甘い香り、パン生地やクッキー生地を思わせる甘めの穀物感を感じます。

口に含むと、冷えた泡盛が口中で温度が戻り、一気に華やかな香りが広がります。アルコールの熱は感じますが、熟成感あり口当たりは非常にまろやかで、しっかりと米の甘みを感じることができます。素焼きのカップに入れていることもあってか、甕系の香ばしさがストレート以上に感じられるように思います。

IMG_6586
水割り(1:2加水のオンザロック)にしてみると、軽く麹の香りにうっすら土っぽい香り。かなり香りは抑えられますが、その分、飲みやすそう。

口に含むと、米焼酎のようでもありますが、やはりこの華やかさや濃厚な香味は泡盛ならではではないでしょうか。少しトロミも残っており、口当たりは非常に柔らかいのでゆっくり長く飲めそうです。

香味が大人しくなる分、飲みやすさや肴の選択肢が広がるように感じました。

【その他】
IMG_6588
ソーダ割りにすると、炭酸の爽快感と軽めの麹の華やかな香り、ごくうっすら土っぽい香りが感じられ、爽やかで良い香りです。

口に含むと、米の甘さと麹の華やかさ、炭酸の爽快感、軽めの酸味、うっすら土っぽさを感じます。

これまた美味しいですねぇ。好みで言うとソーダ割りよりも水割りですが、そこは好き好きというもので、ソーダ割りも実に美味しいですし、こちらの方が好みという方も多そうです。

IMG_6590
お湯割り(1:3加水)にすると、きのこや豆類のスープを連想させるコクのある香り、甕の土っぽい香りを感じます。

口に含むと、米の甘み、不思議としっかりとしたコク、籾殻っぽさもある香ばしさを感じます。

何がどう作用するのか、スープやだし汁を連想させるコクのある味わいに感じられます。美味しいし後口に泡盛っぽさはあるのですが、ちょっと困惑する味です。

【感想】
( ゚Д゚)ウマー...

熟成感のある非常に美味しい泡盛でした。飲み方次第で味の濃いものから薄いものまで、肉でも魚でも合わせられそうです。

13年というのは無論、短い時間ではないのですが、こんなにまろやかで美味しくなるものなんだなと驚かせてもらいました。

20年、30年、それ以上に寝かせるとどうなっていくんでしょうか。お値段はすごいことになるのでしょうが、本品を飲んで興味津々になってしまいました(ノ∀`)

【リピート】
先日の3年ものも、本品も実に美味しいものでした。また飲んでみたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

忠孝3年古酒 2018年干支ボトル戌

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は泡盛を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6556IMG_6557
本日飲むのは、沖縄県は豊見城市の忠孝酒造株式会社が製造する「忠孝3年古酒 2018年干支ボトル戌」です。

忠孝酒造㈱は昭和24年創業の酒造会社です。泡盛メーカーとしては初めて自社に窯を有し、泡盛熟成用の容器を開発した企業だそうです。泡盛は長期間熟成させて古酒(クース)とするのが一般的ですし、そのためには泡盛を寝かせるための甕が欠かせないですものね(・∀・)

製品紹介は以下の通りです。

職人が一つ一つ丁寧に仕上げた琉球城焼のプレミアム干支ボトル。
3年古酒入りでご自宅用としてはもちろん、贈答品としても人気の高い逸品です。
※陶器ロックグラス一個付き

ということで、中身は3年熟成の古酒、外見は当社製造の琉球城焼(りゅうきゅうぐすくやき)の干支ボトルです。

IMG_6561IMG_6552
IMG_6553IMG_6554
オンザロック、水割りどちらにも使えそうな酒器もセットになっています。これも琉球城焼なんですね(・∀・)

こういうのは12種類集めたら楽しいんだろうなぁとか、このまま置いておくだけで熟成が進んでいくようですので、次の戌年まで置いてみようかとか、色々思いはするのですが、そういえばしばらく(家で)泡盛飲んでないなとか思い始めたら無性に飲みたくなりましたので、欲望のままに飲んでしまおうと思います( ^ω^)

酒飲みに長期保存は向きませんね(ノ∀`)
ちなみに空になったボトルは新たにお酒を入れて熟成用に再利用できるようです。途中で仕次ぎしても良さそうですね。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:忠孝3年古酒 2018年干支ボトル戌
種類:泡盛
製造:忠孝酒造株式会社(沖縄県豊見城市)
容量:720ml 43%
原料:米こうじ(タイ産米)
価格:5,966円(税込)
IMG_6562
【ストレート】
甕熟成らしい土っぽさ、焼き物の焦げ感、不思議と樽香を思わせるバニリィな香り、カスタードクリーム、黄色系フルーツを思わせるフルーティさ、泡盛らしい麹の華やかな香りを感じます。

口に含むと、トロミのある口当たり、口中にしっかりと甘みが感じられた後は、泡盛らしい独特で華やか、かつパワフルな麹風味、甕の土っぽさや焦げ感を感じます。

後口や胃の中で泡盛らしいアルコール度数の高さを感じますが、意外なほどアルコールの刺激は強くなく、わずか3年の熟成にしてはかなりまろやかになっているように感じます。

甘みは米のようであり、カスタードクリームやフルーツのようでもあり、泡盛をこうしてじっくり味わうのは久しぶりですが、やっぱり美味しいですね。

久しぶりに飲む分、美味しく感じやすくなっているのか、本品が色々な要素を含んでいて美味しいのか難しいところもありますが、あまり泡盛でフルーティさって感じた記憶がないように思います。

ただ、なまじフルーティな甘みがある分、甕系の香りとややミスマッチが生じているようにも感じます。貯蔵容器の影響の薄いステンレスタンクや瓶熟成にするか、あるいは樽熟成にしてみると面白いかもしれませんね。

【ロック】
IMG_6564
オンザロックにすると、甕の香りに少しバナナを思わせる香り、すっきりキレイな米の香りを感じます。酒器に我が家の丸氷がちょうどスッポリ入って良い感じ(笑)

口に含むと、口当たりはストレートよりも更にトロミを増し、柔らかな飲み口です。アルコールの刺激はストレートよりもむしろしっかり、じんわりと喉の奥に上がってくる感じがありますが、泡盛らしいこのパワフルさは個人的には嫌いではありません(・∀・)

注いですぐは甕の風味(酒器の風味?)ばかり強く感じてしまいましたが、氷と馴染んでくると、トロミも相まって重湯を思わせる米の風味、甕の土っぽくも香ばしい風味、麹の華やかさ、まろみのあるバニラやカスタードクリーム、バナナを思わせる風味を感じます。


水割り(1:2加水のオンザロック)にしてみると、香りはだいぶ弱くなりますが、甕や米、麹など、泡盛の基本的な香りはきちんと感じられます。

口に含むと、泡盛は良くも悪くも個性が非常に強いこともあり、水割りでも全く薄べったくは感じません。緩やかなトロミと柔らかい米の甘み、甕の土っぽい風味、大人しくなっていますが麹の華やかな風味も健在、元々のアルコール度数が高く香味共に強い分、水割りはむしろ飲み疲れせずかつ美味しく飲めて非常に良いですね。

【その他】
IMG_6567
ソーダ割りにすると、発酵系の酸味に甕香、麹の華やかな香りを感じます。

口に含むと、しっかりと米の甘み、あられを思わせる甕の香ばしさ、軽めの酸味を感じます。もっと酸っぱかったりで合わないかなとも思ったのですが、ソーダ割りかなり美味しいですね。

IMG_6566
お湯割り(1:3加水)にすると、米の少しヒネたような香りに甕香、あられ、麹の香り、何故か樽材を思わせる木の香りを感じます。

口に含むと、米やバニラを思わせる甘みがしっかりと感じられ、アルコール感は弱く非常に飲みやすいです。後半にかけて甕系の風味もありますが不思議と弱まっていてあまり強く感じられません。

南国のお酒ですのでどうかなと思ったんですが、湯割りも悪くないですね(∩´∀`)∩

【感想】
フルーティでマイルド、泡盛らしいパワフルさも随所に感じられるお酒。

たかが3年程度の熟成と思っていたのですが、南国での3年、そしてステンレスタンクや瓶熟成でない甕熟成での3年は思った以上に大きいのかもしれません。

本当に久々に、じっくり泡盛を飲んだ気がします。

飲みやすさならソーダ割り、水割り、お湯割りがオススメ、じっくり味わいたいならオンザロックかストレートがオススメです。つまりどう飲んでも大体美味しかったですね(笑)

泡盛を飲んでこれまであまり感じた経験のないフルーティさが印象的でした。

【リピート】
私が唯一悪酔いする酒、泡盛。大好きなのに…何故なんだ(´;ω;`)ウッ…

などという悩みはありながらも、適量なら大丈夫と自分に言い聞かせ、いつも適量を探してギリギリを攻めています。ギリギリを見誤った時にはいつも大変な目に合うのですが、同じアルコール度数のウイスキーやブランデーや焼酎はもっとたくさんの量を飲んでも何ということもないんですが、何故なんだ(´;ω;`)ウッ…

泡盛大好きなのに(´;ω;`)ウッ…

飲み慣れていないだけだと自分に言い聞かせ、今後も泡盛は飲み続けていきます(`・ω・´)

この干支ボトルはいただきものでしたが、実に美味しい泡盛でした。次の亥年ボトルも(||´ロ`)o=3=3=3 ゴホゴホ

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

神泉5年

皆さんこんばんは、ポッキーです。

10月末から開始した当ブログ「ポッキーの酒的備忘録」ですが、おかげさまで開始から半月程で訪問者数が累計100名に到達しました。当分の間はアクセス数0を覚悟していただけに、「おぉブログランキングってすごいな」と完全に他人事ですが、お読みいただいた方々には感謝申し上げます。

ありきたりな薀蓄と私的な雑感が主体となっておりますが、なるべくたくさんのお酒とグルメを楽しむことで、多少なりとお役に立てれば幸いです。今後もよろしくお願い致します。

さて、今宵は私の大好きで大の苦手とするお酒、泡盛のテイスティングです。思い起こせばこれまでの人生でこれはたまらんと思う程の酔い方をした際は、大体隣に泡盛がありました。また、基本的に宿酔いとは無縁の私ですが、唯一宿酔いするのが泡盛にやられた時です。

でも沖縄を訪れた時や蒸し暑い真夏の夜など、キンキンに冷えた泡盛はそりゃぁもうこれしか考えられないでしょってなもので、ついつい手元に泡盛を常備しちゃうんですよね。今夜も焼酎を飲もうかなと思ったらフッと泡盛に焦点が合いまして…。休肝日明けで調子も良いし、明日は休みだから最悪宿酔いでもどうにかなるか、と今日は泡盛に一直線です。

名称:神泉 沖縄限定 長期熟成五年古酒100%
種類:泡盛
製造:上原酒造株式会社
容量:500ml 30%
価格:不明
IMG_0409
【香り】
少しひねたようにも感じる米の甘い香り。泡盛特有の水と米と土(甕?)の香りがします。

少し加水するとひね香が弱まり、米の甘い香りがはっきりしてきて、バニラ香のようでもあります。
【味】
30度という泡盛にしては比較的低いアルコール度数もあってか、ストレートでもあまりアルコールのパンチは強くありません。泡盛らしい米の甘みとうっすらバニラを感じます。

加水していくにつれてシンプルに飲みやすくなると共に、泡盛が米から作られることをはっきり感じられるようになります。ハーフロック(1:1加水をオンザロックに)にすると、香りが鮮烈になり、余韻に涼しさを感じられるようになります。
【評価】
割水、冷やすことによって鮮烈さが増し、暑気払いには持ってこい。真夏の夜に飲みたい、やはり沖縄らしい酒。オススメの飲み方はハーフロックですが、本品は30度ですので、アルコール度数の高い泡盛の際は水の量を増やしても良いかも。あまり濃くせずにクイクイと飲める方が沖縄の気候には合っているかもしれません。キンッキンに冷やして飲みたいお酒です。
【リピート】
「沖縄限定」とか書かれているとつい惹かれてしまいます(笑)今は地方限定品もネットで大体買えてしまいますが。比較的熟成の浅い5年モノですが、古酒100%だからか柔らかい飲み口で好印象でした。

焼酎とは一線を画すようで分類的には焼酎乙類になる泡盛。原料が米だけに特に泡盛と米焼酎との違いがわかりにくいですが、

1.米の種類:米焼酎は日本米(短粒種)、泡盛はタイ米(長粒種)

2.仕込み方:焼酎は二次仕込み(麹製造後、更に原料を追加。これにより原料の風味が残りやすくなる)、泡盛は全麹仕込み(原料を全て米麹にし、途中の追加はなし。全て麹となることで泡盛独特の風味が生まれる)

3.麹の種類:焼酎は主として白麹、泡盛は黒麹。ただし、焼酎も黒麹で造ることはある(黒霧島とか黒伊佐錦とかが有名ですかね)。

4.蒸留方法:焼酎は主として減圧蒸留、泡盛は常圧蒸留。ただし、焼酎も常圧蒸留で造ることはある。常圧蒸留の方が原料の風味が残りやすく、減圧蒸留では飲みやすいすっきりした焼酎ができる。

所謂、昔の焼酎は粗っぽく「臭い」と揶揄されることも多かったですが、減圧蒸留や長期貯蔵によりすっきりした飲みやすい焼酎が増え、一時は焼酎ブームで人気銘柄には大変なプレミアがついていました。今でも特に人気の銘柄にはプレミアがつき続けていますが、一部を除けばだいぶ価格が適正に戻ってきているなと感じます。

泡盛の場合は製造後比較的早期に飲んでしまう焼酎と違い、熟成するのが一般的であることから、製造過程ですっきりしたものを造るのではなく、熟成に負けない強さを持つ昔ながらの製法のままであることが多いようです。ただ長期熟成をするには資金繰り的な問題もありますし、なかなか何十年も寝かせておくわけにはいきませんので、嗜好の変化に配慮した泡盛を造るところも増えているように思います。

今回飲んだ神泉の場合は、「電子技法」というマイナスイオンを付加・貯蔵する技術により、仕込み水をマイナスイオン水にしたり、貯蔵庫にマイナスイオン発生装置を設置したりしているそうです。詳しくはHPを見ていただくのが早いと思います。
これを購入した沖縄の酒店さんによると、「マイナスイオンが効いているのか、まろやかで悪酔いしない」そうです(笑)

眉唾で話半分に聞いておく必要があるなと感じつつ、泡盛好きなのに悪酔いしやすい私にはとても心惹かれるセールストークで、ついつい本品に手を伸ばしてしまいました(;^ω^)
好きなのに体に合わないって辛いですよね(´・ω・`)「適量」を守れればそもそも問題ないんですが…
マイナスイオン効果で今宵は悪酔いしないことを願います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ