ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

芋焼酎

黒麹づくり 安納

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は芋焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6698IMG_6699
IMG_6696IMG_6697
本日飲むのは鹿児島県は西之表市の種子島酒造株式会社が製造する「黒麹づくり 安納」です。

種子島酒造㈱はその名の通り、鹿児島県西之表市、つまり種子島にある焼酎蔵です。創業は明治35年(1902年)、焼酎の原料となる芋は全て自社農園で栽培されているそうです。

製品紹介は以下の通りです。

甘くておいしいサツマイモ「安納芋」を原料に、黒麹菌を使用して、一次も二次も国産の甕壺で仕込んだこだわりの芋焼酎。濃厚でブランデーのような風味が芋焼酎のイメージを変えてくれます。贈答品にお勧めです。

というわけで、抜群に甘くて美味しいと、ブームにもなったさつまいもの品種である「安納芋」を原料にした芋焼酎です。

甘い、つまり糖度が高ければそれだけ酵母もアルコール発酵する燃料が多いわけですし、お酒の原料としても優秀なんでしょうかね。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:黒麹づくり 安納
種類:芋焼酎
製造:種子島酒造株式会社(鹿児島県西之表市)
容量:720ml 25%
価格:4,190円(税込)
IMG_6732
【ストレート】
さつまいものほっくりとした香りに少し土っぽい香り、甕熟成系の焼き物の香りを感じます。

シンプルな芋焼酎の香りですが、クリアでキレイな香りです。焼酎というよりはウォッカなどに通じるスピリッツの香りといった感じで、透明感があります。焼酎もスピリッツなんですけどね(笑)

口に含むと、含んだ瞬間からさつまいもの甘い風味、滑らかな口当たりですが芋のジュースを飲んでいるかのようです。甕系の土っぽい香りにじんわりとアルコール感もありますが、主役は芋の甘い風味です。

キレイな飲み口としっかりとしたさつまいもの甘みで上品な印象を受ける芋焼酎です。

【ロック】
IMG_6736
オンザロックにすると、元々がクリアな香りだっただけに、冷却されて香りは随分控え目になります。ほんのりとさつまいもの甘い香りに土の香りが混じって感じられます。

口に含むと、しっかり発酵・熟成が進んださつまいもの風味という印象で、ネットリとした甘さにコクや旨みも感じられます。さつまいもを原料にした洋酒・スピリッツといった感じで、良い意味で焼酎らしさが強くありません。

IMG_6739
水割りに(1:2加水をオンザロックに)すると、オンザロック同様に香りは控え目、少し甕系の土っぽい香りが強く感じられる印象です。

口に含むと、味の面でも甕系の風味が前に出てきて、さつまいもの甘みよりもコクや旨みの方が強く感じられます。

この感じだと肉料理や味の濃いものとの相性は抜群だと思われ、ザ・食中酒という感じがします(笑)
他のスピリッツに対する焼酎の最大の強みが、個人的にはこの食中酒としての汎用性の高さではないかと思っています。

オンザロックも水割りも実に美味しいですね。良い焼酎、良い酒です。

【その他】
IMG_6742
ソーダで割って焼酎ハイボールにすると、炭酸の爽快感に乗って甕系の土っぽい香りとさつまいもの甘みやコクを感じます。

口に含むと、焼酎ハイボールにありがちですが酸味が出てきてしまい、好き好きですが個人的にはあまり好みではありません。酸味の後にはきちんとさつまいもの風味も感じられ、すっきりとした味わいですので好意的な印象を持つ方も多いんじゃないかと思います。

IMG_6745
お湯割り(1:3)にしてみると、穀物の香りというか炭水化物の香りというか、芋の甘みや土っぽい香りに混じって、芋のコクある香りがしっかりと感じられます。ふかし芋や粉吹き芋に近いかもしれません(・∀・)

口に含むと、すごく柔らかい飲み口で、いくらでも飲めそうなお湯割りです。さつまいもの旨みが甘み以上にしっかりと感じられる印象です。ホッとする味わいですね。

焼酎を濃くしてみるとさつまいもの甘みや甕系の土っぽい香りも強まり、これもまた美味しいので1:2くらいでも良いかもしれません。お酒好きなら1:1でも良いだろうと思いますが、食事と合わせるなら少しお湯の量を多めにした方が汎用性は高そうです。

クセの強いものを合わせるのであれば濃い目のお湯割りも良いでしょうね。

【感想】
シンプル故に造りの良さがわかる芋焼酎。奇を衒う感じがない分、ストレートにレベルの高さがわかる感じがしました。すごく美味しい芋焼酎だと思います。

ゆっくり楽しむならオンザロック、食事と合わせるなら水割りやお湯割りがオススメです。

【リピート】
日常使いにはちょっとお値段が張るかなというところ。”贈答品にお勧め”という製品紹介の通りかなと思います。私の場合もいただきものでした、本当にありがとうございました( ^ω^)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

爆弾ハナタレ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は芋焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6649IMG_6650
IMG_6652
本日飲むのは宮崎県は児湯郡高鍋町の株式会社黒木本店が製造する「爆弾ハナタレ」です。

㈱黒木本店については以前の記事をご覧いただくことにして、とりあえずインパクトのあるネーミングですね(笑)

ハナタレというのは「初垂れ」と書き、焼酎の醪を蒸留する際に蒸留器から出てくる最初に部分のことを指します。初留とも言いますね。ウイスキーだとヘッドと呼ばれています。

加熱して最初に揮発してきた部分ですので非常にアルコール度数が高く、香味は濃厚ですがとても荒々しくなります。ウイスキーでは飲用に回さない部分ですし、焼酎においても取れる量が少ないのと、荒々しくて万人受けする部分ではないことからあまり製品化されることはありませんが、本品はあえてそれを製品化したものです。

製品紹介は以下のとおりです。

IMG_0000
華やかで強く揮発的な香りとフルーツ感が特徴。凝縮した味わい、とろみのある食感を持ち、終始滑らかです。水割りにすると、より華やかでフローラルな風味となり、甘やかな飲み心地の口当たりとなります。お湯割りでも香りの華やかさは強調され、フローラルでややバナナのニュアンスを感じさせます。甘やかで丸みのある口当たりで、芋の風味が余韻に残ります。
アルコール度数が45%を超えると、酒税法の定めで焼酎ではなくスピリッツ扱いとなることから、加水して45%以下にしているようです。

どうせなら原酒で飲んでみたかったところなんですが、味やクオリティをとことん無視してませんかね日本の酒税法。

愚痴るとキリがないので、それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:爆弾ハナタレ
種類:芋焼酎
製造:株式会社黒木本店(宮崎県児湯郡高鍋町)
容量:360ml 44.1~44.9%
価格:2,470円(税込)
IMG_6655
【ストレート】
黄桃にマンゴー、強くバナナを思わせる、濃く粘度の高いフルーティな香り、さつまいもらしい香ばしさやコク、少しの芋臭さもあり、それがないと果実の蒸溜酒と勘違いしそうです。若干の金属感や焦げ感も感じられます。

口に含むと、さつまいも、栗、黄桃、パイナップル、マンゴー、バナナなどを思わせる強いフルーティさと芋の風味、黒木本店の焼酎らしいミネラル感・硬質感も感じられますが、それほど強いものではありません。

終盤~余韻にかけて、ミネラル的な硬質感や少し柑橘類を思わせる酸味、バナナのような芋の甘味が感じられます。あまり長引かずキレイな余韻です。

アルコール度数が高いこと、荒々しい風味の初留液部分であることからかなりキツイ飲み口を想像していましたが意外なほど飲みやすく、香味の濃厚さは必ずしも万人受けするものではないのかもしれませんが、個人的には非常に面白く美味しい蒸溜酒だと思います。

【ロック】
IMG_6658
オンザロックにすると、冷却されても香りは普通の焼酎ばりには濃厚です。バナナやカボチャを思わせる芋の甘くフルーティな香りに芋臭さを感じます。

口に含むと、さつまいもをそのまま液体にしたような甘みやコク、香ばしさや芋臭さなど、濃いさつまいもの風味、バナナを思わせるエステリーな風味、後半からミネラル的な硬質感、麹の華やかな風味、少し柑橘類を思わせる酸味も感じられます。

IMG_6661
水割り(1:2加水をオンザロック)にすると、引き続きさつまいもの濃厚な香りが中心ですが、やや芋臭さやアクを連想させる香りが目立つようになります。

口に含むと、さつまいもの濃い風味にバナナを思わせる濃いエステリーさ、少し金属感もあります。

水で割ることで本来の濃厚さがやや薄れ、その分、却って雑味のようなネガティブな部分が出てきてしまい感じがあり、水割りはあまりオススメしません。

【その他】
IMG_6664
お湯割り(1:3)にしてみると、香りが揮発してしまうのか濃厚なフルーティさや芋の香りは控え目となり、ほっくりとした芋の旨みやコク、少し畑の土を思わせる香りが中心となります。

口に含むと、バナナを思わせるエステリーな風味、芋の甘みとコクが感じられ、すごく美味しいお湯割りだと思います。

香りが飛んでしまう感じや味もマイルドになる感じがあり、本品の味わい方として必ずしもオススメはしませんが、本品が香りも味もキツくて飲みにくいという方にはお湯割りが良いかなと思います。

【氷結】
IMG_6758
アルコール度数の高い蒸溜酒は冷凍庫に入れても凍ることがありません。冷凍庫でキンキンにしてトロミを付けて飲むのは焼酎に限らず蒸溜酒の飲み方として広く知られているものですが、本品についてもそれがオススメされていますので、試してみようと思います(・∀・)

冷凍庫でキンキンにしましたので香りはほぼしないのではとも思いましたが、それでも尚、バナナ、さつまいも、栗、カボチャなどを思わせる甘さと野菜の青々しさ、穀物感を感じます。香りは本当に良く立ちますね。

口に含むと、トロンとした口当たり、香りとアルコールのダブルパンチ、冷たさとカーっと熱くなる感じの対比が良いです。甘さと青さ、穀物感といったさつまいものしっかりとした風味が感じられ、それに加えて華やかでエステリーなフルーティさが感じられます。

口中で転がして温度を上げて、風味の爆発を楽しむのも良いですが、一気に飲み込んで冷たさと熱さの対比、その後の鼻から抜ける香りを楽しむのも良いものです。

ショットグラスで飲むことを推奨されていますし、一気にクイッと飲み干すのがオススメということで良さそうです。

【感想】
想像以上の華やかで濃厚、強い香味と、想定外の飲みやすさに驚かされる焼酎。もっと荒々しく、ある種の暴力的な風味やキツさを予想していただけに驚きでした。

実にクリアな焼酎を造る黒木本店だからこそのハナタレの味わいなのか、意外とハナタレって思っていたようなキツさはないものなのか、他の酒蔵のものも飲んでみないことにはわかりませんが、面白い体験でした(∩´∀`)∩

正直、すごく美味しいと思いましたが、香りも味も強く、割ってしまうと個性が薄れてイマイチかなとも感じましたので、食中酒としては難しいかもしれません。

エステリーな香味の強さも含めて洋酒に近いものがあるかなとも思いましたので、食後酒の方が良さそうです。

香りと味の爆弾を楽しむことができました(・∀・)

【リピート】
夏場の暑気払いにも良さそうです。また飲みたいなぁ。他の酒蔵の初留にもトライしてみたいですね。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

蛮酒の杯

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は芋焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6599IMG_6601
IMG_6600
本日飲むのは鹿児島県は薩摩川内市のオガタマ酒造株式会社が製造する「蛮酒の杯」です。

オガタマ酒造㈱は平成5年設立の新しい焼酎蔵です。寿酒造株式会社という企業から酒造に関する権利の譲渡を受けて設立されたそうで、HPでも「明治27年の創業から」といった記述も見受けられ、おそらくは寿酒造㈱の創業年が明治27年でそこから通算ということなんでしょう。

寿酒造㈱の酒造に関する権利の譲受人は、大正元年(1912年)創業の山元酒造株式会社という焼酎蔵です。同社がオガタマ酒造㈱を設立して寿酒造の酒造に関する権利を買い取ったようで、現在も2社が存続しており代表者も同一のようです。

焼酎蔵を2社持つ理由はわかりませんが、節税効果やブランドの維持、販売する焼酎の路線の違いの明確化などが目的なんでしょうかね。

製品紹介は以下のとおりです。
封印甕貯蔵古酒「蛮酒の杯」は、甕壷の中でじっくりと3~5年の長期貯蔵させたオガタマ酒造の秘蔵の古酒です。その芳醇な香り、口当たりは、他の追随を許さぬうまさです。まずは、ストレートでじっくりと味わいをお楽しみください。
以前に鹿児島県を訪れた際、ちょうど木樽熟成の焼酎ばかり飲んでいた時期でやや樽感に飽きていたこともあり、甕熟成の焼酎が欲しい旨を酒屋で告げたところ勧めてもらったものです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:蛮酒の杯
種類:芋焼酎
製造:オガタマ酒造株式会社(鹿児島県薩摩川内市)
容量:720ml 25%
価格:2,054円(税込)
IMG_6602
【ストレート】
グラスの外まで強く漂ってくる甘い香り、鼻を近づけると強くはっきりとさつまいもの香り、ミネラル感ある硬質的な香り、芋の香りの奥に軽めの麹の華やかな香りを感じます。

口に含むと、滑らかな口当たりに硬質感、はっきりとさつまいも風味、麹の華やかさも感じられますが、原料のさつまいもの風味が主体、じんわりと喉の奥が熱くなります。

芋臭いという感じではなく、原料のさつまいもの香味がしっかりと感じられます。グラスに注ぐと外まで甘い香りが漂ってきました(・∀・)

【ロック】
IMG_6603
オンザロックにすると、香りは冷却されて随分おとなしくなります。さつまいもの甘い香りに少し土っぽさ、ストレートではさつまいもの甘い香りが主体でしたが、それに加えてさつまいものコクが感じられるように思います。

口に含むと、口当たりにトロミが出てきます。さつまいもの甘みにコク、旨みが感じられ、存分にさつまいもを味わえるお酒という印象です。

甕熟成系の土っぽさなどはあまり感じないのですが、口当たりの柔らかさなどに熟成感を感じることができます。

IMG_6604
水割り(1:2加水をオンザロック)にすると、軽めにさつまいもの香り、少し硬質的なミネラル感を感じます。

口に含むと、模範的な芋焼酎の水割りといった印象。さつまいもの甘みにコク、少し土っぽさが感じられ、マイルドな飲み口でいくらでも飲めそうですが、しっかりと芋焼酎としての主張はあって美味しい水割りです。

【その他】
IMG_6605
焼酎ハイボールにすると、香りに酸味が出てきます。さつまいもの甘い香りも健在です。

口に含むと、香りに酸味が出ていましたので、酸味が強くて飲みにくくなるかなとも思っていたのですが、しっかりとさつまいものコクや甘みがあるため、酸味ももちろんあるのですがそれだけではなく、バランスの良い味わいです。

酸味に負けないあたり改めて本品の芋の味の濃さを感じることができます。

IMG_6606
お湯割り(1:2)にしてみると、さつまいもの旨みやコクがより感じられる印象で、甘みや土っぽい香りも感じることができます。

口に含むと、温かく柔らかい口当たりにさつまいもの風味がこれでもかと感じられます。なまじ風味が強い分、やや味濃く感じてしまうきらいもあります。お湯割りの際は薄めにした方が良いかもしれませんね。

【感想】
原料の濃厚な風味をしっかり感じられる芋焼酎。麹の風味は強くなく、芋焼酎というかさつまいものお酒という印象を受けました。

熟成感が出てまろやかですし、おぉ旨いなという印象でした。どの飲み方でもハズレはないように思われ、個人的にはオンザロックが王道かなと思います。

【リピート】
芋味が濃厚な分、好き嫌いは分かれるかも。個人的には美味しいと思いましたし、また飲みたいと思います。更に長熟のものや原酒も飲んでみたいのですが販売してくれませんかね(ノ∀`)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は芋焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6396IMG_6397
本日飲むのは、宮崎県は日南市の株式会社酒蔵王手門が製造する「牢」です。

㈱酒蔵王手門は明治28年創業の焼酎蔵です。

製品紹介は以下の通りです。

低温発酵のこだわり製法でじっくりと育てたもろみを使い、手間ひまかけて丹念に造り上げた七分無濾過焼酎。奥深い旨みとキレのある喉ごし、紅寿芋とあや紫の豊かな香りが口の中に広がり、「牢」ならではの芋焼酎本来の骨太さを味わえる逸品に仕上げております。

焼酎を記事にするの、本当に久しぶりですね~w(゚o゚)w

外飲みではしょっちゅう飲んでいるんですが、その反動なのか家ではめっきりご無沙汰してしまっていましたね。

缶の焼酎ハイボールなんかは記事にした記憶がありますが、ボトルでの記事となると今年はもちろん、去年ですらいつ記事にしたか記憶にないほどです。

で、検索してみましたところ、去年は焼酎のボトルは一度も記事にしていないようですね(´゚ω゚):;*.:;

ちょっとここまで久しぶりとは思いませんで、我ながら困惑気味です(笑)
けっこうボトルも増えていますので、少し集中して記事にしていきたいなぁ。

と、思いつつ色々飲みたくなるのが人情ってものなんでしょうけれどもね(´∀`*)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:牢
種類:芋焼酎
製造:㈱酒蔵王手門(宮崎県日南市)
容量:720ml 28%
原料:甘藷(紅寿・あや紫)、米麹(国産・タイ産)
価格:1,673円(税込)
IMG_6432
【ストレート】
芋焼酎らしいさつまいもの甘い香りに少しの酸、焼酎らしいクリアでプレーンな香り、少し瓷や土壁を思わせる香りを感じます。

口に含むと、わずかにトロミを感じさせる口当たり、芋の甘み、少しの酸味、麹の香りに瓷や土壁を思わせる土っぽさを感じます。

アルコール度数28%ですので、ウイスキー程ではないにせよ蒸留酒らしい相応のアルコール度数の高さなんですが、よく角が取れてこなれており、ストレートでも十分飲めるまろやかさがあります。

低温発酵で育てた醪や七分無濾過などの影響なんでしょうか。あるいはそこそこの熟成期間を経ているのかもしれませんね。

【ロック】
IMG_6433
オンザロックにすると、一本筋の通ったすっきり感、軽めの芋の甘い香りにクリアな硬質感、麹の香りを感じます。ストレートよりも香りにまとまりを感じます。

口に含むと、ストレートよりも芋の力強さが感じられ、飲みごたえが増す印象。甘みに少し瓷系の土っぽさが感じられ、なかなか旨い焼酎だと思います。

やはり角を感じないまろやかさな飲み口なのも嬉しいところ。


水割り(1:2加水をオンザロック)にすると、プレーンで硬質的な香りに薄手の芋の香りを感じます。口に含むと、薄手で優しい芋の甘みに土っぽさ、硬質感を感じます。

ダラダラ飲むのに良さそうです。

【その他】
IMG_6435
焼酎ハイボールにすると、ほっくりとした芋の甘い香りに、少し酸味も前に出てきます。口に含むと、クリアでプレーンな味に瓷や土壁を思わせる土っぽさ、ほんのりと芋の甘みを感じます。

焼酎のソーダ割りは酸味が強く出過ぎてしまうものもありますが、本品はそんなこともなく、プレーンな味が中心で飲みやすいですね。プレーン過ぎるきらいもないではないですが、その分、真夏にガブガブやるのも悪くなさそうです。

IMG_6436
お湯割り(1:1)にすると、ツンツンした感じはなく、土っぽい香りと芋のコクある香りを感じます。口に含むと、芋の甘みがかなりしっかりと感じられます。優しい柔らかな口当たりで、1:1だと少し濃いかなとも思いながら作りましたが、全くそんなこともなく実に飲みやすいですね。

【感想】
まろやかで飲みやすい芋焼酎。ある意味で何の変哲もない芋焼酎なんですが、若さやツンツンした感じや妙な芋臭さなど、芋焼酎の嫌な部分を全く感じさせない上質な焼酎だと感じました。

特にお湯割りは本品の個性を味わうのに最も良いかなと思います。甘く感じすぎてちょっとという方はオンザロックや水割りも良いですし、ガブガブ飲みたければ焼酎ハイボールが良いと思います。

個人的にはお湯割りがベストでした。

【リピート】
お湯割りで瞬殺してしまいそう(笑)
焼酎はお財布に優しいのも非常に嬉しいところですし、また買っちゃいそうです。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

鬼火ハイボール

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は缶チューハイを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_5892
IMG_5893IMG_5894
本日飲むのは、ローソン限定の芋焼酎を使った缶チューハイ、焼酎ハイボールの「鬼火ハイボール」です。ローソンの製品紹介は以下の通りです。

炭火でじっくり焼き上げた焼き芋で仕込んだ「鬼火」。その甘くて芳醇な香りは炭酸割りにぴったりどんな食事にも合います。

通常缶チューハイに使用する焼酎は焼酎甲類であることが一般的ですが、本品は焼酎乙類である芋焼酎を使用した製品です。

原料の香味が残されている芋・麦・米焼酎などに代表される焼酎乙類は、果汁を入れるなどした甘い缶チューハイでは元のお酒の個性がある意味で邪魔になるため、無味無臭に近い焼酎甲類を使用することが一般的です。

本品の場合はあえて芋焼酎を使用することで、食事と一緒に楽しめる缶チューハイにしているようです。

使用されている焼酎は、鹿児島県はいちき串木野市の田崎酒造株式会社の「炭火焼き芋焼酎 鬼火」です。田崎酒造㈱は明治20年創業の焼酎蔵で様々なタイプの芋焼酎を製造しています。「七夕」なんかは良くコンビニなどでも見かける気がします。

「鬼火」の製品紹介は以下の通りです。
芋はこだわりの種子島紫芋。さらに炭火で焼いて仕込みました。
炭火焼いも焼酎『鬼火』は、鹿児島県種子島の契約農家で栽培された「種子島紫芋」を、自家製釜炭火焼でじっくり時間を掛けて焼き上げた芋を使用しています。
香りと甘味が強い焼いもを、上質な天然水と、丁寧に造られた麹と混ぜ合わせ、蔵人たちの手によって鮮やかな紫色のモロミへ。
通常、芋焼酎はさつま芋を蒸して仕込みますが、『鬼火』は炭火焼き芋を使うことで、さらに甘みと香りを増しました。
香ばしく豊かな味わいが口いっぱいに広がります。
焼酎ファンにはもちろん、女性にもおすすめしたい、ひと味違う飲み心地を誘う熟成炭火焼きいも焼酎です。
蒸した芋ではなく焼き芋を原料とした面白い芋焼酎なんですね(・∀・)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:鬼火ハイボール
種類:焼酎ハイボール
製造:三幸食品工業株式会社
容量:350ml 9%
原料:しょうちゅう、炭酸、酸味料
価格:198円(税込)
IMG_5929
【香り】
きちんと芋焼酎らしい香り。焼き芋焼酎だからなのか、さつまいもの甘みをしっかりと感じることができます。炭酸の爽快感ですっきりとした香りに仕上がっています。

【味】
入りはプレーンな甘みが感じられ、追いかけて芋焼酎の風味とさつまいもの甘みがやってきます。後口は炭酸ですっきりとしており、余韻は口中にさつまいも風味のプレーンな甘み、アルコール度数9%だけあって喉の奥でややドライ、飲みごたえもあります。

【感想】
変な味がしない。こういうのほんと嬉しい。

これでいいんですよこれで(∩´∀`)∩

【リピート】
先日の「蔵人ハイボール」もそうでしたが、やるなローソン。また買おう。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ