ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

普通酒

華泉 原酒

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は島根県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7859IMG_7860
本日飲むのは島根県は鹿足郡津和野町の合資会社石州酒造のが醸造する「華泉 原酒」です。

(資)石州酒造は享保15年(1730年)創業の酒蔵で、当代で10代目となるそうです。昭和48年(1973年)に石州酒造と華泉酒造が製造部門を石州酒造に統合し、販売部門を華泉酒造に一本化したそうです。

代表銘柄は「華泉」ですので、製造は石州酒造が行いつつも表に出てくるのは華泉酒造なんですね。

本日飲む「華泉 原酒」なんですが、華泉酒造のHPには同じラベルの製品がなく、表裏のラベルにもあまり説明がありませんので詳細がはっきりしないんですが、ラベルに特定名称の表示がありませんので普通酒と考えて良さそうです。

製品紹介(普通酒の原酒についてのもの)は以下の通りです。

古くから華泉を代表する看板酒です。昔から津和野では「男酒」と呼ばれ親しまれてきました。最小限度の加水にとどめたため、アルコール度数は通常のお酒より4度も高い19.5度と非常にアルコールの強いお酒です。一度飲んだら癖になる味わい!口当たり甘く、のど越しはガツンとくる飲み口!「男酒」と呼ばれる所以です。冷酒かロックがおすすめです。

普通酒を飲むことは日頃あまりないんですが、普通酒の原酒となるとそもそも飲む機会に恵まれることがほとんどないように思います(・∀・)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:華泉 原酒
種類:日本酒
系統:普通酒(?)原酒
精米:70%
酒米:国産米
日本酒度:+1.0
製造:合資会社石州酒造(島根県鹿足郡津和野町)
販売:華泉酒造合資会社(島根県鹿足郡津和野町)
容量:720ml 19%
価格:1,370円(税込)
IMG_7873IMG_7874
スペックはHP上の「蔵出し原酒」のものを参考にしています。

【香り】
灰色がかり、くぐもった感じのある炊飯した酒米の香り、少しのアルコール感とナッツ類や木材を思わせる香り、バニラやカスタードクリーム、少しベタつきのある糖蜜を思わせる香りを感じます。

【味】
原酒らしいシロップを思わせる濃厚な甘さとジンジンと感じるアルコール感、白桃や白粉を思わせる風味、少し木材やナッツ類を思わせる風味を感じます。

【ロック】
IMG_7876
原酒ですしオススメに従ってオンザロックにしてみると、クッキーやビスケットを思わせる甘い穀物香、灰色がかった炊飯した酒米の香り、うっすらと白桃やシロップを思わせる甘い香りを感じます。

口に含むと、シロップを思わせる少しベタつくプレーンな甘み、酸味がしっかり目に感じられます。アルコール感はじんわりと喉の奥が熱くなる感じ。酒米の灰色がかった風味も感じられます。

アルコール感がいくぶん弱まり飲みやすくなりますが、濃い甘みが薄れる分、他の色々な香味を感じやすくなり、普通酒らしさを感じてしまいます。

【感想】
原酒らしさも普通酒らしさも味わえる酒。個人的には香りはイマイチだけど思ったよりは美味しいなと思いました。酔いの周りはちょっと早い印象。

香りを嗅いだ時は普通酒ならこんなものかなという印象でしたが、味は原酒らしく濃厚で、けっこう甘みを楽しめました。原酒だからということもありますがアルコール感は強めですが、価格も踏まえてそれなりに楽しめる酒なんじゃないかと思います。

普通酒ですし、原酒でこの価格ですので過度な期待は禁物でしょうか。

【リピート】
しません。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

雪の十和田 にごり酒

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は秋田県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7190
IMG_7192IMG_7191
本日飲むのは、秋田県は大館市の株式会社北鹿が醸造する「雪の十和田 にごり酒」です。

北鹿㈱は昭和19年(1944年)創業で、秋田県の北部に位置する「北秋田郡」と「鹿角郡」の頭文字から命名されたそうです。

新し目の酒蔵だなと思ったんですが、当時、政府の企業整備により北秋田郡、鹿角郡内の21業者8工場が合同して業を起こしたんだそうです。個々の業者はそれ以前から酒造りを行っていたんでしょうから、厳密にはもっと歴史のある酒蔵なんでしょうね。

先般飲んだ「雪の十和田 厳寒仕込み」と同じ酒造会社で、株式会社小山本家酒造が中心の世界鷹小山家グループ」の一社です。

本品は株主優待でいただいたものですが、オリジナル商品なのかHP等で製品紹介を見つけることはできませんでした。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:雪の十和田 にごり酒
種類:日本酒
系統:普通酒(にごり酒)
酒米:国産米
製造:株式会社北鹿(秋田県大館市)
容量:720ml 15~16%
原料:米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、酸味料
価格:推定1,000円前後
IMG_7224
IMG_7222IMG_7223
上澄み部分を注いだものと、もろみを溶かしたもの。

【香り】
乳酸菌飲料や梅の実を思わせる酸味、灰色がかった炊飯した酒米の香り、お餅や白粉を思わせる少し甘い香りを感じます。

【味】
通常の酒にはない固形物感というか粉っぽさ、少しのレモンと乳酸菌飲料、じんわりとアルコール感で喉の奥が熱くなります。アルコール感で塗り潰されている感じはありますが、白玉のようなお米の風味と柔らかめの甘さも感じられます。

【お燗】

ググってみると、冷やして飲むのが一般的なようで、にごり酒をお燗しても特に悪くはないようです。低価格帯の普通酒ですし、遠慮なくお燗してみると、やや粉っぽさを伴う香り立ち、ヨーグルトに少しだけカスタードクリーム、クルミにごく薄くシナモン、松の実を思わせる香りを感じます。

口に含むと、粉っぽさはありますが冷酒ほどには気になりません。暖かい乳酸菌飲料という感じで、少し酸味は目立ちますがアルコールの刺激も弱まり、冷酒よりもバランスが良いかもしれません。

もちろん銘柄にもよるのでしょうが、にごり酒のお燗も悪くないものなんですね(´∀`*)

【感想】
やっぱり意外と大丈夫。

価格は推定ですがかなりお安めと思われ、それを踏まえると十分アリなお酒かなと思います。

冷酒、お燗どちらでもそれなりに飲める、価格志向の方向けのにごり酒です。

【リピート】
しません。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

雪の十和田 厳寒仕込み

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は秋田県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7193
IMG_7195IMG_7194
本日飲むのは、秋田県は大館市の株式会社北鹿が醸造する「雪の十和田 厳寒仕込み」です。

北鹿㈱は昭和19年(1944年)創業で、秋田県の北部に位置する「北秋田郡」と「鹿角郡」の頭文字から命名されたそうです。

新し目の酒蔵だなと思ったんですが、当時、政府の企業整備により北秋田郡、鹿角郡内の21業者8工場が合同して業を起こしたんだそうです。個々の業者はそれ以前から酒造りを行っていたんでしょうから、厳密にはもっと歴史のある酒蔵なんでしょうね。

以前に飲んだ「杜氏の心 大吟醸原酒」を製造する株式会社小山本家酒造が中心の世界鷹小山家グループ」の一社です。

本品は株主優待でいただいたものですが、オリジナル商品なのかHP等で製品紹介を見つけることはできませんでした。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:雪の十和田 厳寒仕込み
種類:日本酒
系統:普通酒
酒米:国産米
製造:株式会社北鹿(秋田県大館市)
容量:720ml 15%
原料:米、米こうじ、醸造アルコール、糖類、酸味料
価格:推定1,000円未満
IMG_7212IMG_7213
色々な原料を使用してますね…(;´∀`)

【香り】
お米の香りは軽めでドライというかプレーンな香り立ち、少しの白粉、控え目ながら缶チューハイなど缶飲料のお酒に通じる糖類っぽさを感じます。

なんというか味付けして水割りにした焼酎甲類のような。

【味】
トロンとした口当たり、白粉を思わせる米の風味と甘みに糖類系の甘みが混じり、甘みはしっかり目に感じられます。次いで酸味がやってきて、飲み込むと喉がカッと熱く感じ。

度数の割りにはアルコール感が強めですが、味の面ではしっかり目の甘みに酸味もあって、上手にアルコールのドライさを抑えている印象です。

【お燗】

お燗してみると、炊飯した食米の香り、少しショートニング、湿った樹木、微弱なぶどうを思わせる香りを感じます。

口に含むと、ぶどうや柑橘類を思わせる甘みと酸味、少し苦味、うっすら樹木を思わせる風味を感じます。

甘みも酸味もなかなかに不自然な感じがありますが、それはそれとして普通に飲めてしまうのは北鹿の技術なのか清酒業界の進歩なのか。

【感想】
価格志向型清酒。

正確な価格がわからないのでコメントが難しいのですが、相当程度価格は安いものと思われ、それなりに飲めますので価格次第でアリの酒だと思います。

もっと美味しくなくて飲むのが辛くなることも想定していましたが、私の粗末な鼻と舌のおかげもあってか、ハードルが低いことが奏功してか、意外と大丈夫でした。

【リピート】
しません。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

五橋 上撰

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は山口県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6942IMG_6943
本日飲むのは山口県岩国市の酒井酒造株式会社が醸造する「五橋 上撰」です。

酒井酒造㈱は明治4年(1871年)創業の酒造会社です。昭和22年に全国新酒鑑評会で一位となったことからその名を知られるようになった酒蔵だそうですね。

製品紹介は以下の通りです。

スムーズでなめらか。バランスのよさを保ちながら、ほのかな旨みと苦味が深みを与えている。

当ブログでもそれなりに日本酒を記事にしてきたつもりでしたが、普通酒を記事にするのはこれが初めてとなります(・∀・)

いただきものなんですが、なかなか自分では日頃、普通酒には手が伸びなかったもので、こういう機会はありがたいものです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:五橋 上撰
種類:日本酒(普通酒)
酒米:山口県産日本晴
精米:70%
日本酒度:+2~3
酸度:1.3~1.4
アミノ酸度:1.3~1.4
製造:酒井酒造株式会社(山口県岩国市)
容量:1,800ml 15~16%
価格:2,017円(税込)
IMG_6944IMG_6945
これぞデイリーユースという価格ですね(´∀`*)
  
【香り】
白粉やライチの混じる、少し重めで乳製品っぽさのある米の甘い香り、灰色がかった炊飯したお米の香り、ツンとややアルコール感を感じます。

【味】
飲み口は柔らかめ、アルコール感に混じって弱い酸味と軽めの甘み、やや苦味もはっきりと感じられる印象です。

【お燗】
IMG_6948
お燗してみると、蜂蜜に乳製品の混じる甘い香り、灰色がかった炊飯した米の香り、少しシナモンを思わせるスパイス感、ややベタつきを感じます。

口に含むと、みかんなど柑橘類を思わせる酸味に柔らかな甘み、アルコール感はややツンツンとしていますが、甘みと酸味のバランスが良く、旨みも感じられてなかなか悪くありません。

個人的には常温で飲むよりはお燗した方が格段にオススメです。

【感想】
お燗にピッタリの酒。

冬場にあるとぬる燗でも熱燗でも美味しく飲めると思います。冷やではそれほど美味しいものではありませんが、それも価格を踏まえると十分だと思いますし、好きなようにお燗して好きなように飲んでいいデイリーユースとしては十分なお酒だと思います。

【リピート】
積極的にリピートはしませんが、ワイワイ飲む分には良い酒だと思います。グループで鍋をつつきながら飲みたいところ。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ