ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

純米酒

純米毛利公

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は山口県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_7084
IMG_7086IMG_7085
本日飲むのは山口県周南市の株式会社山縣本店が醸造する「純米毛利公」です。

㈱山縣本店は明治8年(1875年)創業の酒造会社です。日本酒中心の酒蔵ですが、酒造が終わって暖かい時期になると米焼酎の仕込み、初夏には梅酒の仕込み、秋には芋焼酎の仕込みと一年を通して様々な酒類の製造を行っているようです。

そんな同社の看板銘柄が「毛利公」です。


本品の製品紹介は以下のとおりです。

お米そのものの旨味を大切に醸しました。どっしりとした飲みごたえのある純米酒です。お燗でお楽しみください。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:純米毛利公
種類:日本酒(純米酒)
酒米:国産米
精米:60%
製造:株式会社山縣本店(山口県周南市)
容量:1,800ml 15~16%
価格:2,212円(税込)
IMG_7090IMG_7091
【香り】
ミネラル感のあるクリアな入りから、花の蜜や薄手のメロンを思わせる上品で優しい甘み、軽く炊飯した酒米の香り、うっすらとバターを思わせる香りを感じます。

【味】
薄めたシロップのようなプレーンな甘み、濡れた花弁、薄手のメロン、りんごを思わせるニュアンスも。後口はピリリと辛め。

【お燗】
IMG_7088
オススメに従ってお燗してみると、少しベタつき感のあるプレーンな甘み、ツンとアルコール感、ミルククッキー、少しバナナを思わせる香りを感じます。

口に含むと、シンプルな米の甘みにほんのりと柑橘風味、ピリッと辛めですが口当たりは柔らかく、甘めで飲みやすく後口はスッキリ味。

入りは甘く感じますしベタつきもあるように思いますが、後半は辛めでスッキリとした後口になるのは好印象です。

【感想】
お燗も良いですが冷やでも飲める酒。低価格帯のデイリーユースのお酒だと思いますが、パフォーマンスは高めで嬉しいところです。普段遣いのお酒としては優秀な部類に入ると思います。

【リピート】
4月にちょうだいした山口県の日本酒一升瓶5本もこれで最後です(笑)
同じ方からいただいたわけでもないので驚きましたし分散してくれると嬉しかったんですが、贅沢な悩みを味わっているところです(ノ∀`)

毛利公はあまり見かけないし馴染みのない酒なんですが、以前に飲んだ「超特撰大吟醸毛利公」もそうでしたがなかなか良い酒だと思います。四合瓶で十分ですのでまた欲しいですね(笑)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

磯乃澤 純米酒

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は福岡県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6866IMG_6865
本日飲むのは、福岡県はうきは市の株式会社いそのさわが醸造する「磯乃澤 純米酒」です。

㈱いそのさわは明治26年(1893年)創業の酒蔵です。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:磯乃澤 純米酒
種類:日本酒(純米酒)
酒米:国産
精米:70%
製造:株式会社いそのさわ(福岡県うきは市)
容量:720ml 15%
価格:推定1,000円未満
IMG_6867IMG_6868
【香り】
炊飯した酒米のややグレーな色合いを思わせる香り、乳酸発酵系の酸味、グレープフルーツにナッツ類を思わせる香りを感じます。

【味】
若干のトロミを伴う口当たり、アルコールの刺激は日本酒にしては強めです。くっきり目の酸味に軽めの米の甘み、若干の苦味も感じられます。

【感想】
低価格帯の日本酒。雑味の割りにコクや旨みは少なく軽めの酒質、アルコール感はやや強めです。冷酒よりは燗で飲んだ方が良いかなと思います。

【リピート】
株主優待でいただきました( ^ω^)
あまり好みの味ではありませんでしたが痛みはありません(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

№6 X-type

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は秋田県の地酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6038
IMG_6040IMG_6041
本日飲むのは、秋田県秋田市の新政酒造株式会社が醸造する「№6 X-type」です。

新政酒造㈱は嘉永五年(1852年)創業の老舗の酒蔵です。現代表で八代目を迎えているそうです。日本醸造協会で頒布している協会系酵母、その中で現在も頒布されている酵母の中では最古のものとなる、協会6号酵母発祥の酒蔵です。

詳しくは同社のHPをご覧いただくのが一番ですが、秋田県で栽培された米のみを用い、天然の乳酸菌を活用する生酛造りのみを採用し、協会6号酵母のみを用いて醸造している、徹底したこだわりを持つ酒蔵のようです。

製品紹介(抜粋)は以下の通りです。

新政の唯一の定番生酒。6号酵母の魅力をダイレクトに表現することを目的に醸造されるラインが「№6(ナンバーシックス)」である。本来、日本酒の生酒は冬の新酒から翌年の春先まで、つまり気温が低い時期のみ出荷するのが妥当といえる。無殺菌で酵素も失活されていない日本酒の生酒は、6度以下、つまり冷蔵庫の中でしか品質を維持できない。このため温暖期における出荷は、変敗リスクが高いため、避けられてきたのである。しかし「№6」は、蔵内でのマイナス5度以下の貯蔵管理体制、そして厳選された銘酒専門店のみで販売することで、鮮度の高い生酒、それも市場においてもたいへん珍しい生酛純米の生酒を、通年でお届けすることを可能にしている。

*「№6」の原料米について
麹米には主に「吟の精」、掛米に「酒こまち」を配しますが、農家毎による米そのものの出来を重視するため、原料米の品種は必ずしも一定していません。このため、かならず酒造好適米を用いておりますが、特定の原料米名の表記は行っておりません。

*「№6」の取り扱いについて
日本酒の生酒は、生鮮食品と同等の代物です。開封前後に関らず必ず常時冷蔵保管してください。一般的性質として長期保管には向いておりません。

*「№6」シリーズは空寸の気体容量を減らすため740㎖入りとなっております。

「№6」最上級モデルのX-Type(エックスタイプ)は、「eXcellent」(豪華版)を意味するフラッグシップモデルである。磨きこまれた米を用いるため、より格調高い仕上がりであり、6号酵母の清楚にして力強い存在感をもっとも鮮やかに感じ取れるのがこのX-Typeであると蔵元は考えている。なお6号酵母が発見された昭和5年、すでに精米歩合40%の酒が登場しており、6号酵母はこうした吟醸もろみから採取された。6号酵母誕生当時の槽口の味わいを、85年の時を超えて想起させる作品であるように願いつつ醸される作品である。

製品紹介もそうですが、HPのあらゆる部分で同社のこだわりが感じられます。良い意味で老舗の酒蔵らしくないHPや文章で、とても面白いです。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:№6 X-type
種類:日本酒(純米生原酒*)
酒米:秋田県産酒造好適米100%使用
精米:30%
製造:新政酒造㈱(秋田県秋田市)
容量:740ml 15%
価格:3,240円(税込)
IMG_6043IMG_6045
*精米歩合のみが酒の価値を決めるものではないとの考えから、新政酒造では精米歩合でに関わらず、すべて「純米酒」という表記に統一しているそうです。

こ、こだわりますな~…(;´∀`)

ただ、その割に価格は非常に良心的だと思います。精米歩合30%の、実質的には純米大吟醸生原酒が、しかもこれだけこだわり抜いてこの価格というのは驚きを越えてちょっと怖い感じすらします。

それ故にか、入手難度が高いんでしょうね。レアなお酒となっているようで、楽◯市場などネット通販では定価を2倍、3倍もの価格で売られています(´・ω・`)

ボトル裏面には『必ず正規特約店で購入して欲しい』旨が記載されています。これだけこだわり抜いた、しかも生酒ですから、プレミアを付けて転売される過程なんかで劣化させられてはたまらないということなんでしょう。

需要と供給って難しいですね。商売ですしね。

【香り】
純白のお米に埋もれたような、カッテージチーズやクリームチーズを思わせる甘くコクある白い香り、濃密なのに透明感の高い不思議な香りです。

メロンに白桃、和梨、ぶどう、少しミネラル的なニュアンスも感じられます。

【味】
微発泡でとろんとした口当たり、ぶどうを思わせる果実味があって、日本酒というよりも白ワインを飲んでいるような感覚にもなります。

発酵系の酸味と米の甘みが合わさって、フレッシュなぶどうを思わせる甘酸っぱさとなっていることから尚更ワインを連想してしまいます。舌の上に感じるフルーティな甘酸っぱさは、ふいに消えてしまい後口は実に爽やか、喉の奥が少し熱くなります。

あまりにキレイで滑らかなのでうっかり見過ごしそうですが、コクもたっぷりと感じられます。

【感想】
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

これは極上の酒Σ(゚д゚;)

香りも味も、思わず声が出てしまう素晴らしいものでした。

【リピート】
必ずまた飲みたいお酒です(・∀・)
他の銘柄も気になるなぁ。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

生酛純米 超辛口 カネナカ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は日本酒を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_8270 IMG_8271
IMG_8273
本日飲むのは、山口県周南市の株式会社中島屋酒造場が醸造する、「生酛純米 超辛口 カネナカ」です。

㈱中島屋酒造場は文政6年(1823年)創業の老舗の造り酒屋です。今時かなり珍しくなっていますが、HPもFacebookもない古風な会社です。

醸造しているお酒も古風に生酛造りのものや熟成古酒など、寝かせてしっかりと旨味を蓄えたものが中心のようです。ごく小規模ながら、個性的なお酒を少量多品種生産する風変わりな酒蔵だそうです。

HPがありませんので同社による製品紹介はありませんが、ネット通販では「 熟成による味わい、酸味とともに丸くなった熟成酒」と紹介されています。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:生酛純米 超辛口 カネナカ
種類:日本酒(生酛純米酒)
精米:国産米(60%)
日本酒度:+19
酸度:2.0
アミノ酸度:1.8

製造:株式会社中島屋酒造場(山口県周南市)
容量:720ml 17%
価格:1,620円(税込)
IMG_8276 IMG_8277
ほんのり黄色がかっています。

【香り】
生酛造りらしい乳酸菌飲料系の香りとヒネ香、すっきりと柑橘類を思わせる酸味と脹らみのある米のコクある甘い香り、余韻はドライで辛口の酒であることを予感させます。

【味】
とろみを感じるほどに滑らかな口当たり、ごく濃厚なコクがあり、そのためかなりの辛口にも関わらず、辛さに柔らかみが感じられ、ツンツンした感じはありません。乳酸や柑橘類を思わせる酸味や少しの苦みも感じられます。

【感想】
濃厚旨口かつまろやか大辛口の酒。

仕事で赴かなかったら一生飲む機会はなかったのではと思うような、地方の無名の小さな酒蔵の日本酒ですが、とても力のある旨い酒でした。

こういう出会いがあるので地方の酒屋・酒蔵巡りはやめられないですね(´∀`*)

【リピート】
これはまたリピートしたいです(・∀・)
中島屋酒造場の他の銘柄にもトライしてみたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

八鶴 新春しぼりたて生 平成二十九年純米生原酒

皆さんこんばんは、ポッキーです。

正月三が日も開けましたが、今日も日本酒を飲んじゃいますよ(∩´∀`)∩

IMG_8249
IMG_8251 IMG_8250
本日飲むのは、青森県八戸市の八戸酒類株式会社が醸造する、「八鶴 新春しぼりたて生 平成二十九年純米生原酒」です。

青森県の知人が元旦に宅急便で届けてくれました(´∀`*)

八戸酒類㈱は天明6年(1786年)に端を発する老舗酒造会社です。昭和19年に八戸とその周辺の酒造会社が集まり、現在の八戸酒類株式会社を設立したそうです。

一部梅酒なども製造していますが、基本的には日本酒一本槍の酒蔵で、本日飲むのはその看板銘柄の「八鶴」です。正月に届けるために12月中に瓶詰めしていますので、厳密には立春朝搾りではないのですが、「新春しぼりたて生」として、絞りたての生原酒を正月早々飲めてしまうわけです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

遠く青森県のお酒があっという間に我が家まで届くのですから、物流の発展というのはすごいものですよね。新年早々届けてくださる運送業者の方にも、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。

「八鶴」の製品紹介は以下のとおりです。

協会10号酵母の発祥蔵とも言われる八鶴蔵。清冽な自然水と、津軽・南部の豊富な良質米を用いて南部流儀の伝統技法と五感で醸す手造りの「八戸のうまし酒」です。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:八鶴 新春しぼりたて生 平成二十九年純米生原酒
種類:日本酒(純米生原酒)
精米:国産米(60%)
製造:八戸酒類株式会社(青森県八戸市)
容量:1,800ml 17%
価格:いただきものにつき不明
IMG_8262 IMG_8263
【香り】
りんごにどっしりと濃い米の甘さ、乳酸菌飲料を思わせる甘酸っぱい香りを感じます。生酒らしい柔らかな香りで、純米酒らしい力強さに華やかなフルーティさも感じられます。

【味】
りんごのようなフルーティさにしっかりと米の甘み、どっしりと米の旨味を感じます。意外と辛口で、じんわりとアルコール感もあります。

【感想】
辛口芳醇。本格派の旨い酒で、絞りたてのフレッシュさ、生酒の柔らかさ、原酒のパワフルさが感じられます。
良い酒をもらいました( ^ω^)

【リピート】
また来年も送ってもらいましょうか(笑)
自腹で購入して他の銘柄も飲んでみたくなりました。良い酒だと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ