ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

蒸留酒

KOMASA GIN -桜島小みかん-

IMG_3592
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はクラフトジンを飲みます(∩´∀`)∩
続きを読む

クラフトジン 岡山

IMG_3613
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は当ブログで記事にするのは初めてとなりますが、スピリッツの「ジン」を飲みます(∩´∀`)∩
続きを読む

生チョコレート[アイラウイスキー(ポートシャーロット)]

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はもぐもぐタイムにしますよ(∩´∀`)∩

IMG_7887IMG_7888
本日もぐもぐするのは「 生チョコレート[アイラウイスキー(ポートシャーロット)] 」です。

製品紹介は以下の通りです。

豊かに広がるスモーキーな余韻

香り立つ奥深いアロマ、まろやかさが際立つミルクチョコレートの風味、そしてすっきりとした甘さとともに続く、スモーキーな余韻。ウイスキーの聖地といわれるスコットランドのアイラ島・ブルックラディ蒸留所のシングルモルト「ポートシャーロット スコティッシュ・バーレイ(※)」をやさしい甘さのミルクチョコレートにブレンドしました。ウイスキーの特長が最大限に生かされた「余韻」をテーマにした味わいを、じっくりとお楽しみください。
※金色に輝くユリのような色をした、スモーキーでありながら甘く、フローラルなエレガントさを感じられる奥深い味わいのシングルモルト・ウイスキー。燻製のような芳しい香りの余韻が特長。スコットランド産大麦を100%使用。アイラ島の水を使い、海岸沿いにあるポートシャーロット村で熟成され、島内でボトリング。原材料とアイラ島で造ることにこだわる、蒸留所の信念を物語るウイスキーです。

というわけで、スコットランド産の大麦を100%使用したアイラモルト「ポートシャーロット スコティッシュ・バーレイ」を使用したロイズの生チョコレートです。

ロイズは北海道札幌市を本店とするチョコレートメーカーです。ロイズのチョコレートは北海道のお土産品としては定番ですし、北海道に行ったことのない方でもご存知の方が多いのではないでしょうか。

バレンタインデーの時期などを中心に、洋酒を練り込んだ生チョコレートを限定販売していますが、本品はウイスキーの中でもとりわけ個性的なアイラモルトを練り込んだ生チョコレートです。



動画をご参照いただくとよりイメージが湧いてくるのではないかと思います。

それでは早速、もぐもぐしてみましょう(*゚∀゚)

名称:生チョコレート[アイラウイスキー(ポートシャーロット)]
種類:チョコレート
製造:
株式会社ロイズコンフェクト(北海道札幌市)
原料:卵、砂糖、小麦粉、蜂蜜、水飴、酒
価格:821円(税込)

IMG_7890IMG_7889
【味】
滑らかで濃厚なチョコレートのビタースイート、洋酒の風味とミルクチョコレートの取り合わせはやはり鉄板。後半からふいに魚の干物や煙、燻製の香りが感じられ、甘いばかりではない独特の大人のスイーツの雰囲気を感じさせてくれます。

【ポートシャーロット】
IMG_7892
ポートシャーロットの生チョコレートと合わせるのは、まずは当然ポートシャーロット(´∀`*)


相性は☓~◎。人によってかなり好みが分かれそうです(笑)

生チョコレート単体ではアイラモルトの風味も含めて上々~極上といって良い出来栄えですが、更にアイラモルトと合わせると、ややクセの強さにチョコレートが押し負けるきらいがあります。

チョコレートをクセでサンドイッチしてしまった感があり、それを好むかどうかはかなり意見が分かれそうです( ´艸`)

【ブレンデッドウイスキー】
IMG_7893
クセを抑えて甘めのブレンデッドならどうかということで、「ティーチャーズ ロイヤルハイランド12年」です。

相性は◯。

思ったよりチョコレートが勝つ感じはありますが、チョコレートの甘さとチョコレートとは違うウイスキーのフルーティな甘さが合致、チョコレートのクセとティーチャーズのアイラモルトほどではないクセもそれほどケンカせず、相性は良いようです(・∀・)

【バーボン】
IMG_7894
毛色を変えて、バーボンと合わせてみます。「ワイルドターキー トラディション」にしてみました(・∀・)

相性は◎。

バーボンの穀物系の甘さやコクと、チョコレートの糖分や脂肪分、ほんのりアイラモルトのクセがピッタリ!!

互いにないものを持ち寄って相互補完している感じで、言うことなしですね( ´艸`)

【感想】
やはりロイズのチョコレートは美味しい!!

単体で食べて十分美味しいチョコレートです。下手なお酒では負けてしまうかなというところ。

アイラモルトで合わせるのは好みがはっきりしそうで、難しさがある印象、シェリー樽原酒系のウイスキーやバーボンと合わせるのが良さそうです。ラム酒などでも良いのではないかと思います。

【リピート】
こういう限定ものは嬉しい。これからも色々チャレンジしてほしいと思います。
また食べよう(´∀`*)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

バーボン ウイスキーカステラ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はもぐもぐタイムにしますよ(∩´∀`)∩

IMG_7261IMG_6409
本日もぐもぐするのは「バーボン ウイスキーカステラ」です。

先般の「スペイサイドモルト」同様に随分前の書き溜めなので、賞味期限は(・∀・)キニシナイ!!

本品は愛知県で開催された「ウイスキーラバーズ2018」にて「Taro’sBar」というバーのブースにて販売されていたものです。

IMG
バーでボトルに少し残ったものを活用しているのか、オリジナルでブレンドしているのかわかりませんが、多種のウイスキーを織り交ぜてカステラに染み込ませてあるようです(・∀・)

甘いカステラと甘くほろ苦いバーボンの取り合わせですから、大いに期待できるんじゃないでしょうか(´∀`*)

カステラ1個にダブルショット分のウイスキーを染み込ませたというやる気満々(?)の逸品です(ノ∀`)

それでは早速、もぐもぐしてみましょう(*゚∀゚)

名称:バーボン ウイスキーカステラ
種類:和菓子(カステラ)
製造:安城とらや
(愛知県安城市)
販売:Taro’sBar
愛知県安城市
原料:卵、砂糖、小麦粉、蜂蜜、水飴、酒
価格:1,500円(税込)

IMG_7267
【味】
バーボンのとうもろこし系の甘さや樽材のビター、ふわりと香る洋酒っぽいお酒の香りとカステラの香ばしさ、甘さを感じます。

確かにバーボン、嗅いだ瞬間それとわかる香りです(笑)
そしてやはり少し脳が混乱しますね(ノ∀`)

味の面でもしっとりと洋酒を仕込みこませたスポンジケーキのようなお酒感と甘みに続き、バーボンらしいとうもろこし系の甘さや樽材のビターが程よく感じられ、単体で十分美味しいお菓子ですね(´∀`*)

【バーボン】
IMG_7269
まずはバーボンカステラ×バーボン(・∀・)
「バッファロートレース」と合わせてみました。

相性は◯~◎。

「バッファロートレース」はライ麦由来のビターやスパイシーさが割りとしっかり感じられる印象なんですが、そこにカステラの甘みと染み込ませてあるバーボンのとうもろこし系の甘みなどが加わることでなかなか良い感じです。

バーボン×バーボンで食い合いになることも予想していましたが、上手く補完してくれたようです(・∀・)

【ブレンデッドウイスキー】
IMG_7271
続いては「シーバスリーガル12年」と合わせてみました。免税店仕様?の容量1リットル度数43%のものです。

相性は◯。

シーバスリーガルは万人受けするブレンデッドウイスキーという印象だったのですが、バーボンカステラと合わせてみると、ピート香やミントや香草を思わせる風味、樽系の香味などが強く感じられました。カステラが甘い分、ウイスキーの甘み以外の要素が強調されたんでしょうかね。

少し新しい顔が見えたような気がして、面白い体験でした(・∀・)

【スペイサイドモルト】
IMG_7273
続いても合わせやすそうな、「マッカラン ファインオーク12年」にしてみました。

相性は◎(∩´∀`)∩ワーイ

文句なしの取り合わせ。シェリー樽原酒系の華やかな風味に加えて、カステラと合わせることで樽材やバーボンのライ麦などのスパイシーさが際立ってくるように感じられました。

樽材のビターも感じられ、ビター・フルーティ・スパイシーなどの要素がとてもバランス良く感じられました。

( ゚Д゚)ウマー...

【アイラモルト】
IMG_7276
ちょっとリッチに「ボウモア18年」と合わせてみました( ^ω^)

相性は◯~◎。

カステラと合わせてみると、シェリー樽原酒の酸味の部分がより鮮明になり、フルーティさやフレッシュな感じが強まります。

単体で飲むと相応の熟成感や円熟味が感じられるのですが面白いですね(・∀・)

パフューム香やソーピーな感じもカステラの甘みやバーボン系の風味で上手く塗りつぶしてくれる感じがします。

【ハイランドモルト】
IMG_7279
リベンジのハイランドモルト、「グレンカダム15年」と合わせてみました(ノ∀`)

相性は◯。

単体で飲むよりもカステラと合わせた方がスモーキーさやビターが目立つ印象です。カステラを食べた後にグレンカダムを飲むと、徐々にカステラの甘みをグレンカダムのスモーキーさとビターが覆っていき、最終的に口中がグレンカダムで満たされる感じ。

【感想】
バーボンとカステラ、間違いのない非常に美味しいお菓子でした( ´∀`)b

ウイスキーとの取り合わせも相性に苦労しないで済みましたし、大満足でした(´∀`*)

【リピート】
残念ながらイベント限定版です。「ウイスキーラバーズ」にまた行く機会があればまた購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

スペイサイドモルト ウイスキーカステラ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

昨日は1日の訪問者数が、ブログを開設して以来、最多となる400人でした!!


ィェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━ィ!!


ありがたいもので最近は訪問者数が300人を下回る日が少なくなっていまして、すごいことだなぁと思っていたのですが、さすがに300人台で頭打ちだろうと思っていたところ、ふいに400人です。

大体、突然なんですよね(笑)

ちなみに恐らくは「ティーチャーズ」のブランド力によるものです(ノ∀`)

「ティーチャーズハイランドクリーム」は当ブログではかなり以前に記事にしているんですが、未だにお読みくださる方のいる当ブログの記事の中でも累計アクセス数がかなり多いウイスキーです。

このところ「ティーチャーズ」の記事をいくつか書きましたし、昨日は終売品の「ティーチャーズ」でしたので、いつもより興味を示される方が多かったんでしょうね(・∀・)

初めて100人、200人、300人を超えた時も随分と驚きましたし嬉しかったことを覚えています。

ただ、諸々あってデータ関係がアレしてしまいまして、過去のアクセス数やら撮りためた画像やら書き溜めたテイスティングコメントもどきやら何やらかんやらがどうにもならなくなり、今、大変ピンチです(´;ω;`)ウッ…

訪問者数400人が過去になかったのは記憶しているんですが、じゃあそれまでの最多が何人だったかは記憶になく、記録はなくなり、1日の総アクセス数や月次アクセス数なんかもいつが最多だったのか(´・ω...:.;::..

そんなわけでせっかく訪問者数上り調子なところで更新が滞りそうですが、引き続き楽しく飲んでまいりますのでどうぞご愛顧の程をm(_ _)m


(・ω・ノ)ノオイトイテ


さて、今日はもぐもぐタイムにしますよ(∩´∀`)∩

IMG_6492IMG_6409
本日もぐもぐするのは「スペイサイドモルト ウイスキーカステラ」です。

先般の「アイラモルト」同様に随分前の書き溜めなので、賞味期限は(・∀・)キニシナイ!!

ライブドアブログに保存しておいたやつは大丈夫でしたのでどうにかもう少しは凌げそうです(ノ∀`)

本品は
愛知県で開催された「ウイスキーラバーズ2018」にて「Taro’sBar」というバーのブースにて販売されていたものです。

IMG
バーでボトルに少し残ったものを活用しているのか、オリジナルでブレンドしているのかわかりませんが、多種のウイスキーを織り交ぜてカステラに染み込ませてあるようです(・∀・)

甘いカステラと華やかなスペイサイドモルトの取り合わせですから間違いようがないんじゃないでしょうか(´∀`*)

カステラ1個にダブルショット分のウイスキーを染み込ませたというやる気満々(?)の逸品です(ノ∀`)

それでは早速、もぐもぐしてみましょう(*゚∀゚)

名称:スペイサイドモルト ウイスキーカステラ
種類:和菓子(カステラ)
製造:安城とらや
(愛知県安城市)
販売:Taro’sBar
愛知県安城市
原料:卵、砂糖、小麦粉、蜂蜜、水飴、酒
価格:1,500円(税込)

IMG_6491
【味】
トロピカル感や白桃など白系フルーツを思わせるフルーティさ、スペイサイドだけに万人受けしそうな美味しいカステラ。たっぷりウイスキーが染み込ませてあり、重み?で底面がよりしっとり湿っている感じがあって、お酒感強し。(・∀・)イイネ!!

【ハイランドモルト】
IMG_6500
まずはモルティで合わせやすそうなものからいこうかと、「グレンカダム15年」と合わせてみました。

相性は△。

意外とクセが気になる感じ。スモーキーさや柑橘系の酸味が浮き上がってくる印象で、カステラの美味しさを押し込めてしまう感じを受けました。お酒を選ばないかと思いきや意外とそうでもない模様です。

グレンカダムなら色々合わせやすそうだなと思い、まずはでトライしてみたんですが、おや…?(笑)

【ラム】
IMG_6502
全く趣向を変えて、ラム酒の「ロンサカパ23年」と合わせてみました。

相性は◎ε-(´∀`*)ホッ

カステラの甘み、少し熟成した感のある洋酒系の甘み、ラムのべっこう飴やカラメルソースを思わせる熟成感のある甘みの取り合わせが( ´∀`)bグッ!

ウイスキーカステラなんだからウイスキーじゃないと、とも思いましたが、グレンカダムとのマリアージュがイマイチだったので、もっとまろやかで甘系のやつということでラムにしてみました。

余韻の樽由来のホロ苦ビターな感じも甘いばかりではなくて良いですね。

【バーボン】
IMG_6503
バーボンならば間違いの起きるようなことはあるまいと、「エンシェント・エンシェント・エイジ 10スター」と合わせてみました。

相性は◎(∩´∀`)∩ワーイ

ラムほどに甘口ではありませんが、甘さもホロ苦さもあり、バーボンのとうもろこし感とカステラの麦の穀物感とも相性は良いようです。

【アイラモルト】
IMG_6510
アイラモルトカステラが美味しかったですし、きっと合うはずと「アイリーク(イーラッハ)」と合わせてみました。

相性は◯。

フルーティで甘いカステラにアイラのクセの強さは意外なほど合います。

グレンカダムがイマイチでしたので、アイラももしかするとネタにしかならないかなと思いきや、カステラの甘さとアイラのピートフレーバー、ヨードや潮気が意外なほど合います。高め合うというよりは相互補完している印象でした。

【感想】
アイラモルトカステラがキワモノであった時用に、間違いないお土産として購入して帰ったんですが、案の定、非常に美味しかったです( ´∀`)b

コーヒーやデザートワインとも相性が良いのではないかと思います。

【リピート】
残念ながらイベント限定版です。「ウイスキーラバーズ」にまた行く機会があればまた購入したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

「pocky_withbooze」または「#ポッキーの酒的備忘録」で検索してみてください( ´∀`)b

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ