ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

焼酎・泡盛(種類別)

陽出る國の銘酒 2008

IMG_8194
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は黒糖焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのは鹿児島県は大島郡喜界町の朝日酒造株式会社が製造する「陽出る國の銘酒 2008」です。続きを読む

猶薫

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は麦焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_8063IMG_6687
IMG_6681IMG_6682
IMG_6683IMG_6684
IMG_8067
本日飲むのは宮崎県は西臼杵郡高千穂町の神楽酒造株式会社が製造する「十三年熟成 猶薫」(なおしげ)です。

神楽酒造㈱は昭和29年(1954年)創業の焼酎蔵です。「ひむかのくろうま」で知られる企業です。”とっつあんはえらい”なんていうキャッチコピーで思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

同社については以前の記事もご参照ください(・∀・)

製品紹介は以下の通りです。
むぎ焼酎の風味豊かな味わいと華やかな香りを詰められた一升瓶はその姿のまま、宮崎県高千穂町の長さ1,115メートルのトンネルで眠りについています。そして今、その最深部、漆黒の闇の中13年に亘る刻の流れにゆっくりと…ゆっくりと熟成を重ねながら、創業者の名を冠し、特別限定品として登場いたしました。
タンクや樽に入れ、3年以上寝かせた焼酎は「長期貯蔵酒」になります。
このむぎ焼酎「猶薫」の貯蔵方法は瓶貯蔵、瓶に詰められた「猶薫」をトンネルの最深部で瓶の姿のまま13年間の深い眠りにつかせました。樽貯蔵酒の様に琥珀色の味や香りはつきません、しかしその澄み切った透明な「むぎ焼酎」は、13年の刻の流れと共にゆっくりと口の中でとろける深い味わいへと変化(熟成)していったのです。
13年の刻の流れにゆっくりと熟成された味わいをお楽しみください。
というわけで、樽や甕に比べて熟成がゆっくりになりそうな瓶熟成ではありますが、13年間トンネル内で熟成された麦焼酎です。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:十三年熟成 猶薫
種類:麦焼酎
製造:神楽酒造株式会社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)
容量:720ml 40%
価格:4,320円(税込)
IMG_8064
【ストレート】
麹の甘い香りに漆喰や土壁を思わせる香り、ツンとアルコールの揮発感、香ばしい麦殻や麦の穀物香、穀物の甘い香りを感じます。

瓶熟成のはずなんですが甕熟成のような土っぽい香りも感じられます。720ml瓶用の猶薫は甕熟成なのか、熟成の一定期間は甕壷も使用されているのか、瓶であっても周囲のトンネル内の匂いはうつるものなのか、興味があるところです。

口に含むと、アルコール度数40%とは思えないまろみを帯びた口当たり、土壁や甕壷を思わせる風味、麹や穀物の強めの甘さを感じます。

土っぽい香ばしさの後は麹や麦の強い甘みが感じられ、甘さに驚かされる焼酎かもしれません。13年熟成とはいえ瓶熟成ですし、度数相応の荒々しさを予想していましたが、予想を大幅に超えるまろやかさで個人的にかなり驚きました。

瓶熟成もバカにならないということなのか、そもそもの造りが良いからなのかわかりませんが、実に美味しい焼酎だと思います(´∀`*)

【ロック】
IMG_8065
オンザロックにすると、麹の甘い香りが良く目立ちます。土っぽさや麦殻を思わせる香り、麦の香ばしさも感じられ、焼酎のオンザロックにしては意外と良く香るなぁという印象。

口に含むと、とろんとした口当たりで引き続きアルコール度数の高さを感じさせない口当たり、喉の奥や余韻には舌の上に熱さが感じられ、力強い印象。

ストレートほどではありませんが麹の甘さが感じられ、土っぽい香りと混じり合っています。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、麹の香りと土っぽい香りが1:1という感じ。麦の穀物香も感じられます。

口に含むと、麹の甘みがクリーミィに感じられ、土っぽさに瑞々しさが出てキツさが薄れる印象、非常に飲みやすいのでハーフロック~水割り(1:2加水)あたりで好みで加水して飲むのがオススメです。

クラッシュドアイス満載のオンザロックというのも良さそう(・∀・)

以前は水割りを昭和の飲み方、おじさんの飲み方、酒がもったいない等、思っていたんですが、最近は個人的に改めて水割りを見直しているところです。

ウイスキーも良いですが、焼酎の水割りは食中酒やダラダラ飲むのには素晴らしいお酒だと思うようになってきています。

【その他】
IMG_8068
焼酎ハイボールにすると、炭酸の爽快感と共に軽めの麹の甘さが感じられます。

口に含むと、麹の風味に土壁、すっきりと麦風味、軽めの酸味を感じます。水割りの方がよりオススメですが、ハイボールもすっきり飲みやすくて良いですね。美味しいですよ(´∀`*)


IMG_8069
お湯割り(1:2)にすると、穀物やイモ類を思わせるコクある穀物香、少しの土っぽさを感じます。

口に含むと、優しい穀物の甘さ、少しの土っぽさ、軽めの麹の風味を感じます。穀物の柔らかい甘さがすごく良いですね。寒い時期に飲むならお湯割りで決まりかなと思います。

【感想】
おぉ、美味しい!!

期待していたよりもずっと美味しかったです。ウイスキーばかり贔屓にして焼酎を一段低く見てしまっているきらいがありましたが、やはり普段遣いの酒や食中酒として、焼酎は素晴らしい酒ですね。

水割りまたはお湯割りでいくらでも飲めそうですし、ソーダ割りにすれば暑気払いにうってつけです。

13年熟成は長いようでそうでもないような微妙な期間ではありますが、熟成環境が良いのか造りが良いのか、円熟味の感じられる柔らかい優しい味わいが楽しめました。

居酒屋や小料理屋でちょっといい肴と共に楽しみたいお酒ですね。満足しました。

【リピート】
是非また飲みたい焼酎。美味しい肴と共に楽しみたいです。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

|彡。゚+.*:.サッ

喜界島 黒つぼ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は黒糖焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_3619IMG_8006
IMG_8011IMG_8013
IMG_8008IMG_8010
本日飲むのは鹿児島県は大島郡喜界町の喜界島酒造株式会社が製造する「喜界島 黒つぼ」です。

喜界島酒造㈱は大正5年(1916年)創業の焼酎蔵です。地域柄、製品はほぼ黒糖焼酎のようですね(・∀・)

製品紹介は以下の通りです。
11年(いい年)もの永い歳月をかけ、長期熟成された古酒ならではの華やかで、かつ深みのある味わいは、まさに黒糖焼酎の醍醐味を充分にご満足していただける商品と確信しております。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:喜界島 黒つぼ
種類:黒糖焼酎
製造:喜界島酒造株式会社(鹿児島県大島郡喜界町)
容量:1,000ml 37%
価格:税込3,500円前後
IMG_8015
【ストレート】
ツンとアルコールの刺激に甕壷の土の香り、求肥や白玉を思わせる香り、ラム酒、素朴な黒糖の香りを感じます。

口に含むと、黒糖、黒蜜、甕壷の土の香り、少しチョコレートを思わせる風味を感じます。

度数相応にアルコールの強さは感じますが、長熟だけあって口当たりは刺激も少なくマイルドです。グラスに口を近づけた時に鼻に香る土の香りや白玉を思わせる香りと、口に含んだ時のしっかりとした黒糖の甘いフレーバーの取り合わせが良いですね(・∀・)

【ロック】
IMG_8016
オンザロックにすると、土の香りや白玉等を思わせる香りが少し薄れ、黒糖の香りがその分、目立つ印象です。求肥や白玉を思わせる香りはやはり米麹の香りなのか、お団子のような香りのニュアンスが薄れ、お米っぽさが出てきます。

口に含むと、チョコレートを思わせるビターを伴う黒糖の甘み、甕壷の土の香りも続けて感じられます。甘み、苦味、香ばしさのバランスが非常に良いです。

オススメの飲み方だけあって、オンザロックで飲むのが美味しいですね。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、香りはほんのりお米やお団子っぽい香りにうっすら黒糖っぽさが感じられる程度です。

口に含むと、黒糖のともするとキツい風味が弱まり、優しい甘みに化けてくれます。米麹のお米の風味と相まって、米焼酎を飲んでいるような感覚にも。

するする飲めてまずいですねこれ(笑)無限に飲めてしまいそう(ノ∀`)

これまたオススメです。

【その他】
IMG_8018
ソーダで割って焼酎ハイボールにすると、白玉やお団子を思わせる香りを感じます。

口に含むと、黒糖のコクある甘い風味に甕壷の土の香り、お団子を思わせる白い穀物の風味を感じます。

黒糖焼酎って焼酎の中でもソーダ割りに合うものが多いイメージがあります。本品も良く合います(´∀`*)


IMG_8017
お湯割りにしてみると、白玉やお団子を思わせる香り、甕壷の土の香りが中心、黒糖の香りもうっすら感じられます。

口に含むと、チョコレートを思わせるビターや黒糖の甘みももちろん感じられますが、それ以上に黒糖の旨味とコクがしっかりと感じられます。

飲みごたえがあってすごく旨い酒だと思います。蒸留酒ですから糖分が含まれているわけでもないんですが、スープでも飲んでいるような元気が出る感じのお酒です。

( ゚Д゚)ウマー...

【感想】
すごく美味しい黒糖焼酎。長熟のマイルドな飲み口で、飲み方問わず楽しめます。

ハーフロックの飲みやすさはすごい(・∀・)

食中酒としてはハーフロックや水割り、寒い時期はお湯割り、暑い時期はソーダ割り、本品の個性を堪能したければオンザロックでしょうか。

満足しました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

【リピート】
また是非飲みたい。いつか喜界島など奄美大島へ行って飲んでみたいですね(´∀`*)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

|彡。゚+.*:.サッ

黒麹づくり 安納

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は芋焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6698IMG_6699
IMG_6696IMG_6697
本日飲むのは鹿児島県は西之表市の種子島酒造株式会社が製造する「黒麹づくり 安納」です。

種子島酒造㈱はその名の通り、鹿児島県西之表市、つまり種子島にある焼酎蔵です。創業は明治35年(1902年)、焼酎の原料となる芋は全て自社農園で栽培されているそうです。

製品紹介は以下の通りです。

甘くておいしいサツマイモ「安納芋」を原料に、黒麹菌を使用して、一次も二次も国産の甕壺で仕込んだこだわりの芋焼酎。濃厚でブランデーのような風味が芋焼酎のイメージを変えてくれます。贈答品にお勧めです。

というわけで、抜群に甘くて美味しいと、ブームにもなったさつまいもの品種である「安納芋」を原料にした芋焼酎です。

甘い、つまり糖度が高ければそれだけ酵母もアルコール発酵する燃料が多いわけですし、お酒の原料としても優秀なんでしょうかね。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:黒麹づくり 安納
種類:芋焼酎
製造:種子島酒造株式会社(鹿児島県西之表市)
容量:720ml 25%
価格:4,190円(税込)
IMG_6732
【ストレート】
さつまいものほっくりとした香りに少し土っぽい香り、甕熟成系の焼き物の香りを感じます。

シンプルな芋焼酎の香りですが、クリアでキレイな香りです。焼酎というよりはウォッカなどに通じるスピリッツの香りといった感じで、透明感があります。焼酎もスピリッツなんですけどね(笑)

口に含むと、含んだ瞬間からさつまいもの甘い風味、滑らかな口当たりですが芋のジュースを飲んでいるかのようです。甕系の土っぽい香りにじんわりとアルコール感もありますが、主役は芋の甘い風味です。

キレイな飲み口としっかりとしたさつまいもの甘みで上品な印象を受ける芋焼酎です。

【ロック】
IMG_6736
オンザロックにすると、元々がクリアな香りだっただけに、冷却されて香りは随分控え目になります。ほんのりとさつまいもの甘い香りに土の香りが混じって感じられます。

口に含むと、しっかり発酵・熟成が進んださつまいもの風味という印象で、ネットリとした甘さにコクや旨みも感じられます。さつまいもを原料にした洋酒・スピリッツといった感じで、良い意味で焼酎らしさが強くありません。

IMG_6739
水割りに(1:2加水をオンザロックに)すると、オンザロック同様に香りは控え目、少し甕系の土っぽい香りが強く感じられる印象です。

口に含むと、味の面でも甕系の風味が前に出てきて、さつまいもの甘みよりもコクや旨みの方が強く感じられます。

この感じだと肉料理や味の濃いものとの相性は抜群だと思われ、ザ・食中酒という感じがします(笑)
他のスピリッツに対する焼酎の最大の強みが、個人的にはこの食中酒としての汎用性の高さではないかと思っています。

オンザロックも水割りも実に美味しいですね。良い焼酎、良い酒です。

【その他】
IMG_6742
ソーダで割って焼酎ハイボールにすると、炭酸の爽快感に乗って甕系の土っぽい香りとさつまいもの甘みやコクを感じます。

口に含むと、焼酎ハイボールにありがちですが酸味が出てきてしまい、好き好きですが個人的にはあまり好みではありません。酸味の後にはきちんとさつまいもの風味も感じられ、すっきりとした味わいですので好意的な印象を持つ方も多いんじゃないかと思います。

IMG_6745
お湯割り(1:3)にしてみると、穀物の香りというか炭水化物の香りというか、芋の甘みや土っぽい香りに混じって、芋のコクある香りがしっかりと感じられます。ふかし芋や粉吹き芋に近いかもしれません(・∀・)

口に含むと、すごく柔らかい飲み口で、いくらでも飲めそうなお湯割りです。さつまいもの旨みが甘み以上にしっかりと感じられる印象です。ホッとする味わいですね。

焼酎を濃くしてみるとさつまいもの甘みや甕系の土っぽい香りも強まり、これもまた美味しいので1:2くらいでも良いかもしれません。お酒好きなら1:1でも良いだろうと思いますが、食事と合わせるなら少しお湯の量を多めにした方が汎用性は高そうです。

クセの強いものを合わせるのであれば濃い目のお湯割りも良いでしょうね。

【感想】
シンプル故に造りの良さがわかる芋焼酎。奇を衒う感じがない分、ストレートにレベルの高さがわかる感じがしました。すごく美味しい芋焼酎だと思います。

ゆっくり楽しむならオンザロック、食事と合わせるなら水割りやお湯割りがオススメです。

【リピート】
日常使いにはちょっとお値段が張るかなというところ。”贈答品にお勧め”という製品紹介の通りかなと思います。私の場合もいただきものでした、本当にありがとうございました( ^ω^)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

閻魔ハイボール

皆さんこんばんは、ポッキーです。

いつの間にか4月ですね。1~3月はやはり過ぎるのが早かったように思います(゚Д゚≡゚д゚)!?

新年度を迎え、環境が変わったという方も多いのではないでしょうか。

私はと言えば、今年は昨年のように異動もなく、比較的穏やかに新年度を迎えられています。まぁその分、昨年度は日常業務が忙しかったわけなんですけどね(ノ∀`)

何気なくブログを更新しようとしていましたら、今日が当ブログを開設して888日目となるようです(・∀・)
末広がりで何となく気分が良いですね(´∀`*)

今年度も美味しいお酒をたくさん呑めると良いなと願っています。引き続き当ブログをよろしくご愛顧ください.。゚+.(・∀・)゚+.゚


(・ω・ノ)ノオイトイテ


さて、今日は缶チューハイを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6633IMG_6635
本日飲むのは、ローソン限定オリジナル焼酎ハイボールの「閻魔ハイボール」です。「蔵人ハイボール」「鬼火ハイボール」に続く第三弾ですね(・∀・)

ローソンの製品紹介は以下の通りです。

樽熟成のまろやかな味わいと、上品な香りが特徴の麦焼酎で作ったハイボールです。
ハイボールの選択肢を広げる、新たな商品です。

通常缶チューハイに使用する焼酎は焼酎甲類であることが一般的ですが、本品は焼酎乙類である麦焼酎を使用した製品です。

原料の香味が残されている芋・麦・米焼酎などに代表される焼酎乙類は、果汁を入れるなどした甘い缶チューハイでは元のお酒の個性がある意味で邪魔になるため、無味無臭に近い焼酎甲類を使用することが一般的です。

本品の場合はあえて芋焼酎を使用することで、食事と一緒に楽しめる缶チューハイにしているようです。

使用されている焼酎は、大分県日田市の老松酒造株式会社が製造する「樽熟成焼酎 閻魔」です。老松酒造㈱は寛政元年(1789年)創業の古い酒蔵で、日本酒も焼酎もどちらも製造しています。本品に使用されている「閻魔」は酒店やコンビニなどでも良く見かけますね。

「樽熟成焼酎 閻魔」の製品紹介は以下の通りです。
樽熟成で飲みやすいタイプ。
閻魔の燃える炎の赤を基調としたブランド「閻魔」を築き上げた樽熟成商品です。お湯割りでもロックでも本当に旨いと感じさせる商品です。
蔵人・鬼火の両ハイボールとも非常に美味しかっただけに、本品も期待が持てますね(´∀`*)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:閻魔ハイボール
種類:焼酎ハイボール
製造:三幸食品工業株式会社
容量:350ml 9%
原料:しょうちゅう、炭酸、酸味料
価格:198円(税込)
IMG_6646
【香り】
バニラに少しチョコレート、樽材の木の香りといった樽熟成系の香りに、少し麹の香りを感じます。独特の甘酸っぱさがありますね。

【味】
麦焼酎らしい麦と麹の風味、香りは樽系のものを強く感じましたが、味の面ではまずしっかりと焼酎らしさが感じられ、その後、ふわりと樽系の風味がやってくるように感じました。

【感想】
「樽熟成の焼酎」の味。缶飲料で余計な味がしないというだけで嬉しくなります。このシリーズは良いものですね(´∀`*)

ただ強めの濾過をかけて色味を落としているんでしょうかね、せっかくの樽熟成焼酎ですが香味が削がれている感があり、本当はもっと美味しく作れるんじゃないかなという気がしました。

日本の酒税法では焼酎を名乗るために樽熟成焼酎をわざわざ不味くしないといけないのが残念でなりません。

【リピート】
このシリーズはまだ続けてくれるんでしょうか。引き続き追いかけていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

「pocky_withbooze」または「#ポッキーの酒的備忘録」で検索してみてください( ´∀`)b

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ