IMG_8804
皆さんこんばんは、ポッキーです。

バーテンダー技能競技大会と時を同じくして、主に日本バーテンダー協会の賛助会員(酒類メーカーや酒販業者)によるブースが、同じフロアの別のホールに展開されていました。

画像かなり多いです、ご留意ください(・∀・)
技能競技大会そのものの記事よりも遥かに多いという…(ノ∀`)
IMG_8805IMG_8808
賛助会ブースのあるホール入り口付近に集まる物産展示ブース。

広島県産のレモンやライムといった柑橘類に広島県呉市の地ビール。広島県はレモンの産地として有名なのは知っていましたが、ライムも作っていたんですね。

どちらも酸っぱすぎない柔らかな風味が印象的でした。そのまま食べても全然平気、美味しかったです。

IMG_8809
最初の一杯は日本酒から。ワインくらいのアルコール度数で製造されている「低アル清酒」を飲みました。米の味がしっかりと残され、意外なほど美味しく感じました。

肴に合わせてチビリではなく、洋食に合わせたり、あるいは海外へ輸出することを考えると、ワイングラスである程度の量を飲めるよう、このくらいのアルコール度数が良いのかもしれません。時代に合った日本酒の新しいスタイルではないでしょうか。

IMG_8810
イベリコ豚の生ハムやサラミ。味見しましたが熟成感があって( ゚Д゚)ウマー...でした。

IMG_8815IMG_8814
入り口すぐはやはり?サントリーのブースでした。きっちり目立つ一等地を確保していますね(笑)

「バランタイン17年」と「バランタイン17年 トリビュートリリース」を試飲。トリビュートは価格的に若干手を出しにくい感がありますが、そこを抜きにすれば十分美味しいものでした。

IMG_8819
普段、私が行くようなウイスキーのイベントには当然ない、「貴州茅台酒」のブース。

白酒の最高峰、中国の国酒とまで呼ばれるスピリッツですね。非常に鮮烈な香りを誇るお酒ですが、バーでこれを飲むとするとどういう飲み方になるんでしょうね。

茅台酒はやや価格的に気軽にカクテル材にはしにくいですが、白酒を使用したカクテルなんかも飲んでみたい気がします。

IMG_8820
アサヒビールのブースですが、ニッカウヰスキーの存在感は希薄 (´・ω:;.:…

スコッチ、アイリッシュ、バーボンと海外のウイスキーをメインにカクテル材としては超メジャー級のカンパリが待ち構えていました。

「ベンリアック キュオリアシタス10 年」と「ウッドフォードリザーブ ダブルオークド」を試飲。

IMG_8827
遠く北海道から、えぞ麦酒㈱のブース。えぞ麦酒は自社の地ビールの他、様々な海外の地ビールやスピリッツを取り扱っています。

この日のブースはスピリッツ主体。フィリピンのラム「ドン・パパ」を飲みましたが、とろりとメローな甘さで美味しかったです。

改めてラムって美味いなぁ…と。ウイスキーがお高くなるばかりですし、ラム酒への注目度もますます上がっていくんじゃないでしょうか。

IMG_8828
2018年4月にウイスキーの蒸留所「嘉之助蒸溜所」をオープンさせた小正醸造㈱のブース。

すぐに製品化してお金に変えられるジンなどのホワイトスピリッツはやはり大事なんでしょうか、桜島小みかんをボタニカルに使用した「KOMASA GIN」を展開していました。

みかんの香りがしっかりと感じられて、日本人好みなんじゃないでしょうか。

IMG_8829IMG_8830
兵庫県の㈱フードライナーのブース。イタリアのリキュールやグラッパが展示されていました。グラッパはまだまだ勉強不足、色々飲んでみたいですね。

IMG_8834IMG_8832
㈱ジャパンインポートシステムのブース。ウイスキー系のブースでしたので何となく馴染みが( ^ω^)

いくつか飲ませてもらいました。

IMG_8835IMG_8836
兵庫県の雄山㈱のブース。台湾のカバラン蒸留所やイギリスのレイクス蒸留所のお酒を取り扱っています。今回はレイクス蒸留所推し。

レイクス蒸留所はご多分に漏れず、ウイスキー製造の前段として、ジンの製造を行っていた蒸留所ですね。ついにウイスキーも販売となり、いよいよこれからというところでしょうか。

IMG_8841
フランスのシロップ「1883 メゾンルータン」を取り扱うブース。全てフランスの自社工場で製造されているそうです。

トマトをはじめ、変わり種のシロップが置いてありました。

バーだけでなく、カフェ、スイーツ、サラダにもどうぞとのこと。カクテル材も日進月歩なんですね。

IMG_8846
アルメニアのブランデー「アララット」を取り扱うブース。

いくつか飲みましたがけっこう美味しかったです。

ブランデーはウイスキーより保ちが良いのか数十年単位の超熟のものがよく見られる印象で、その意味ではまだアララットはフレッシュな部類に入るのかも。

IMG_8849IMG_8850
日本酒類販売㈱のブース。

日本での正規取扱店がなくなっていた「ブラック&ホワイト」でしたが、日本酒類販売㈱で取扱うようになっていたようです。良かった良かったε-(´∀`*)

IMG_8848
広島県で開催のイベントらしい一品。

IMG_8864
様々な樽でフィニッシュしたラムと、中央はジョシィーのティーリキュール。

IMG_8869IMG_8870
レミーコアントローのブース。

「ポートシャーロット」と「サゼラック ライ」を試飲。コアントローも色々なバリエーションがあったんですね、知らなかった。

IMG_8872
大和貿易㈱のブース。

アイリッシュウイスキーのグレンダロウ蒸留所のものが揃っていました。ウイスキーの元祖と言われるアイリッシュウイスキー、その中でもウイスキーの起源とも言われる、「ポチーン」というスピリッツを飲ませてもらいました。

てっきりグレンダロッホと読むのかと(笑)
ネットで見てもそう表記しているところもありますが、大和貿易での読み方に従うことにします(・∀・)

IMG_8873
㈱都光酒販のブース。台湾の南投蒸留所(オマー)、グレンスコシアなどを取り扱っています。

テキサスのハンドメイドクラフトウォッカ「ティトーズ」を試飲。クリアでクリーンですが美味し。

IMG_8875IMG_8961
国分グループ本社㈱のブース。

インドのウイスキー「ポールジョン」や高知のアグリコールラム「セブンシーズ」を試飲。

ウイスキーの世界最大級の消費地であるインドは、技術の進歩もありこれからますますウイスキーの生産量が増えていくんじゃないでしょうか。

IMG_8876
開催地広島県から中国醸造㈱のブース。

「桜尾ジン」が世界的な評価を得て知名度向上中でしょうか。ウイスキー造りも開始されており、先々楽しみな企業です。

レモンのリキュールと八朔のリキュールが出展されていました。カクテル材というよりは果実酒扱いでしょうか。

IMG_8880IMG_8877
ペルノ・リカール・ジャパンのブース。

アイリッシュウイスキーの「レッドブレスト」や「ジェムソン」、プレミアムウォッカの「アブソリュートエリクス」が出展されていました。

アイリッシュもまだまだ全然飲んだ経験が少なく、勉強不足を痛感(ノ∀`)

IMG_8881IMG_8883
スコッチモルト販売㈱のブース。

新顔のルーキーからそろそろ一般的な存在へと変わりつつある「ウルフバーン」やボトラーズのクーパーズチョイスが出展されていました。

お高いやつをサクッと試飲できるの嬉しいですね(ΦωΦ)フフフ…

IMG_8885
ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティのブース。

ソサエティは今年35周年、日本支部は25周年とのことで、記念ボトルを含め今年は発売されるボトルが多めのようです。

会員しかボトルの購入はできませんが、試飲はできるのでこういうイベントは良いですよ(´∀`*)

イベント会場限定で割引になっているボトルもあるので、会員にとっても狙い目でしょうか(・∀・)

IMG_8957IMG_8956
三陽物産㈱のブース。

間もなく年数表記が変更になってしまう「オールドプルトニー」、実はほとんど飲んだことのないバルブレア、イギリスのラム「セイラージェリー」などが出展されていました。

プルトニーのオイリーというのかバターのような風味、好き。

IMG_8959IMG_8960
本坊酒造㈱のブース。

今年発売の「シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2018」やザ・ラッキーキャットシリーズから第四弾となる「ザ・ラッキーキャット”メイ”」を試飲しました。

リミテッドはふんふんバーボン樽の若いウイスキーという感じ、メイはけっこう梅酒風味が感じられました。

限定版主体の販売体制は、売り切り御免で不良在庫にならずに良い面もあるんですが、あっという間に売り切れてしまう現在の状況は営業畑の人には悩みのタネのようです(ノ∀`)

上得意様に注文を受けても対応できないなんてことがあるでしょうしね。怒られるんだろうなぁお客に…(笑)

早く儲けてポットスチルを増設してもらいましょう(・∀・)

IMG_8963
㈱ウィスク・イーのブース。

すっかり中堅のオーラが出てきたアラン、品質安定でどれも間違いのないイメージです。

IMG_8967
小西酒造㈱のブース。日本でベルギービールといえばまずはここが思い浮かぶんじゃないでしょうか。

メジャーな銘柄になると大手に販売権を取られたりしているようですが、社長さんが日本人として初めてベルギービールの騎士に認証されるなど、ベルギービールと日本との関わりおいては欠かせない企業だと思います。

大手に負けず頑張ってほしいところです。

IMG_8968
明治屋のブース。ワイルドターキーやチンザノの独占販売権を持つ、古豪的な企業ですよね。

ワイルドターキーはサントリーから明治屋へ。超大手からの販売権移転で意外な感じも受けますが、サントリーはジムビームを保有していますので、バーボンといえばジムビームという感じでより一層押していくという決意の表れなんでしょうか。

IMG_8970IMG_8971
モエヘネシーディアジオのブース。

ウイスキーをはじめとする有力銘柄がずらり。

IMG_8972IMG_8973
キリンディスティラリーのブース。

シングルトンも気になるところでしたが、やはりジョニ黒のシェリーエディションが気になってしまいました(・∀・)

けっこう美味しかったので、一本は買おうと思いました。何だかんだシェリー樽原酒系のウイスキーは大好きです。

IMG_8974
サボテンのロゴがかわいらしいテキーラのブース。

テキーラは完全に門外漢ですのでもう少し色々飲んでみたいです。

IMG_8977IMG_8842
ミリオン商事㈱のブース。グレンファークラスがこれだけ並ぶと壮観ですね。シェリー樽原酒メインのグレンファークラスとシェリー酒。

全部順繰りに飲んで、ここで酔い潰れたい(ノ∀`)



というわけで、記事を2つに分けましたが、バーテンダー技能競技大会でした。

大会そのものも楽しみましたが、賛助会ブースもたっぷり満喫してしまいました(´∀`*)

ブースを回る方もバーテンダー等のプロの方が多いであろうことや、一般向けのイベントよりも人が少ないこともあり、説明が丁寧かつ専門的だったように思います。

もらえるパンフレットもお金かかってそうなページ数の多いものや、営業目線でのものが散見されました。

近年は何かとウイスキーを贔屓にすることが多くなっていますが、ラムにテキーラにウォッカにジン、ブランデーと他の蒸留酒も飲めば非常に美味しいです。

リキュールにシロップにとカクテル材も日進月歩、知らないものだらけでこちらも大変面白い体験ができました。

肝臓が1個では足りないなと思いながらブースをグルグル回り、会場ではよくあそこまでビシッとできるものだとバーテンダーの所作に感心し、6時間超の長丁場でしたので、途中で退屈するかなとも思ったのですが、気づけばあっという間に終了していました。

かなり無理をしてスケジュールをやりくりして観戦に行ったのですが、後悔なし(∩´∀`)∩

帰ってから大忙しで無茶苦茶疲れましたけどね(ノ∀`)

機会があればまた是非、観戦に行きたいと思います。次回はどこであるんだろ。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

|彡。゚+.*:.サッ