IMG_8618
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は岡山県の地ビールを飲みます(∩´∀`)∩
IMG_8620IMG_8619
本日飲むのは岡山県は岡山市の宮下酒造株式会社が製造する、「地ビール 独歩 ヴァイツェン」です。

宮下酒造㈱や独歩ビールについては以前の記事をご参照ください(´∀`*)

先般、飲んだ「地ビール 独歩 シュバルツ」は黒ビールでしたが、ヴァイツェンはドイツ南部発祥の白ビールですね。

製品紹介は以下の画像をご参照ください(・∀・)

IMG_0001 (2)IMG (2)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:地ビール 独歩 ヴァイツェン
種類:ビール
系統:ヴァイツェン
製造:宮下酒造株式会社(岡山県岡山市)
容量:330ml 5%
原料:麦芽(小麦50%、大麦50%)、ホップ
価格:389円(税込)
IMG_8621
【香り】
バナナにマスカット、バニラアイス、少しグレープフルーツ、クローブ、小麦の甘い香りと大麦の穀物香を感じます。

【味】
小麦のビールらしい透明感のあるすっきりとした飲み口、バナナや少しマスカットを連想させるエステリーな風味、重さは感じませんがしっかり目の麦汁の甘み、青みがかった軽めの苦味とスパイシーさを感じます。

軽めの口当たりで飲みやすいですが、良く熟れたフルーティさが感じられ、凛とした雰囲気のビールです。白ビールらしく軽やかですが、きっちり飲みごたえが感じられて薄べったさや物足りなさは感じません。

【感想】
軽やかな飲み口ながら妖艶な雰囲気も感じられる白ビール。満足。

白ビールらしく、ピルスナーなど一般的なビールが苦手な方のウケはもちろん良さそうですが、苦味も飲みごたえもあり、甘ったるすぎないのでビール好きにもウケが良いだろうと思います。

ドイツ人のブラウマイスターの技術指導を受けて地ビール製造を開始した歴史があるようですが、優秀な指導者だったんでしょうし、教わった宮下酒造側にも優秀な人材がいたんでしょうね。

デュンケル」、「シュバルツ」そして今回の「ヴァイツェン」と飲んできましたが、いずれも真っ向勝負の本格派という印象で、独歩ビールのレベルの高さを感じることができました(∩´∀`)∩

【リピート】
また飲みたいと思います(・∀・)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

|彡。゚+.*:.サッ