IMG_8174
皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はサントリービールを飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのは、コンビニエンスストア限定販売の「ザ・モルツ 麦香る3.5%」です。
IMG_8175
製品紹介は以下の通りです。
デコクション製法(糖化工程で麦汁を煮沸する製法)で丁寧に引き出した6種類の麦芽の旨みとアルコール度数3.5%により、ビールならではの香り豊かな麦の味わいを心地よくお楽しみいただけます。
というわけで、昨今、ストロング系のお酒が流行っている中、あえて低アルコール度数で挑んできた逆張りのお酒です(・∀・)

「ザ・モルツ」は1986年から販売されているサントリービールの看板銘柄でしたが、アサヒビールの「スーパードライ」、キリンビールの「一番搾り」や「キリンラガー」、サッポロビールの「黒ラベル」など、他社の看板製品と比較すると、ややブランド力に劣る印象がありました。

近年は「ザ・プレミアムモルツ」が人気を博したこともあって、サントリービールの進境は著しいものがありますが、一方でなおのこと「ザ・モルツ」は見劣り具合が増しているようでもあり…。

個人的にも正直そこまで「ザ・モルツ」は贔屓にしていないんですが、さて本品はどうでしょうか。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:ザ・モルツ 麦香る3.5%
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:サントリービール株式会社
容量:500ml 3.5%
原料:麦芽、ホップ
価格:292円(税込)
IMG_8192
【香り】
麦殻に麦芽の穀物香、あっさり目の麦芽の甘み、ホップの香りは濃い目の深緑を思わせます。アルコール度数低めですので勝手に軽いものと決めつけていましたが、香りは意外とどっしりしている印象。

よくよく考えればアルコール度数高めの方がドライな香りになりますよね(ノ∀`)

【味】
麦のだし汁といった印象、素朴な穀物感中心で甘さはあっさり目、ホップの風味はそれほど強いものではありません。喉越しは柔らかく、まろやかな印象を受けます。

素朴な味わいなのは悪いことではなく個人的にも嫌いではありませんが、それだけだと少々抑揚に欠ける印象を受けてしまいます。

苦味が弱く喉越しはまろやかなので、発泡酒好きの方など軽めの味わいを好む方にはウケが良いかもしれませんね。

【感想】
素朴で喉越しまろやか、苦味も弱く飲みやすいが、抑揚に欠ける印象。

二番絞り麦汁中心なのか、アルコール度数低めで甘さも控え目な味わいでした。アルコール度数の低いビールを醸造しようとするとどうすれば良いんでしょうね。麦汁に含まれる糖分が少なければ良いのか、酵母を発酵力の強くないものにするのか、発酵時間を短くするのか…。

酵母や発酵時間のコントロールで低アルコール度数にすると、アルコール発酵に使用されなかった糖分がたっぷり残って甘いビールになりそうな気がするので、そもそも麦汁に含まれる糖分を少なめにしておいたんでしょうか。

そうすると一番搾り麦汁を少なくして二番絞り麦汁中心としたのか、デンプンを糖化させる過程をコントロールして糖化をあまり進めないようにしたのか…。

素人考えですとプレモルなんかに一番搾り麦汁をしっかり使用してそうなので、二番絞り麦汁中心の製品を別途、製造して販売できれば経済的で(・∀・)イイネ!!ってなもんですが、実際にはそんな単純な話でもないんでしょうね(ノ∀`)

実際どうなのかはわかりませんが、まぁ飲みやすいビールなのでたまにはこういうのも良いのかもしれません。

【リピート】
積極的にはしません。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

|彡。゚+.*:.サッ