皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は米焼酎を飲みます(∩´∀`)∩

IMG_6623IMG_6624
本日飲むのは宮崎県は児湯郡高鍋町の株式会社黒木本店が製造する「野うさぎの走り」です。

㈱黒木本店は創業明治18年の酒造会社です。製品は焼酎一筋で、芋・麦・米など定番の原料を使用して焼酎を製造しています。「甦る大地の会」という農業生産法人を自ら運営して原料の栽培を行っているそうで、焼酎を蒸留した後の焼酎粕や廃液を肥料に使用することで循環型の有機栽培に取り組んでいるそうです。

発酵に用いる酵母は自家培養した純粋酵母だそうで、芋、麦、米といった原料の違いだけでなく、同じ原料の中でも品種の違いによって数種類の酵母を使い分けているそうです。そうして作られる酒母(水と麹と酵母)を木桶仕込みによって発酵させることで、酵母に加えて木桶に住み着いた乳酸菌などの微生物が独自の複雑な味を生み出してくれるのだとか。

と、ここまでは以前に飲んだ「百年の孤独」の記事のコピーです(笑)
「百年の孤独」を飲んだ時に、前に飲んだ「野うさぎの走り」という焼酎に似てるなぁと思いながら飲んでいたんですが、どちらも㈱黒木本店が製造していたんですよね(・∀・)

「百年の孤独」は麦焼酎、「野うさぎの走り」は米焼酎ですので原料こそ違うんですが、水なのか酵母なのか作り手なのか熟成環境なのか、似通った個性を感じたことを覚えています。

久しぶりに「野うさぎの走り」をいただいたもので、懐かしみながら飲んでみようと思います(´∀`*)

製品紹介は以下のとおりです。
ドライでスッキリとしていて、ややスモーキーな風味の香り。滑らかでまとまりがあり、ナッツのニュアンスを持つ複雑な風味と旨味のある余韻が感じられます。水割りでは、よりナッツフレーヴァーが顕著に感じられ、優しい口当たりながらも、複雑な風味を楽しめる。お湯割りでは、旨味が豊かに広がり、複雑なナッツの風味との一体感のある味わいに。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:野うさぎの走り
種類:米焼酎
製造:株式会社黒木本店(宮崎県児湯郡高鍋町)
容量:600ml 37%
価格:2,985円(税込)
IMG_6626
【ストレート】
クリアでドライ、すごく硬質的な香りに感じられ、鉱物を液体にしたような印象を受けます。麹のは華やか香りに混じる生米を思わせる香り、梅干を思わせる酸味、焚き火のような焼き物のような土の香りの混じる香ばしさ、確かに少しナッツにも感じられます。

口に含むと、米の甘みと香ばしさ、麹の華やかで甘い風味、少しの発酵系の酸味、甕熟成なのか焼き物や土の風味、硬質的なミネラル感を感じます。

黒木本店の焼酎の硬質的な感じは何から来るのでしょうね。酵母なのか麹なのか水なのか、熟成環境や熟成容器なのかもしれませんし、作り方かもしれません。これだけはっきりと個性が出るのは面白いですね。

熟成感がありアルコール度数ほどのキツさは感じられませんし、人気があるのもわかる独特の味わいだと思います。

【ロック】
IMG_6627
オンザロックにすると、麹の甘やかな香りに何かもっちりとした米の香り、土の香りに最後はやはり硬質的なミネラル感を感じます。

口に含むと、まず米や麹の甘さ、次いで華やかな麹の風味、土っぽさに木の実を思わせる香ばしさやコク、終盤はやはり鉱物や金属っぽくもある硬質的なミネラル感を感じます。

IMG_6629
水割り(1:2加水をオンザロック)にすると、まだまだ麹の華やかな香りも残しつつ、硬質的なミネラル感や少しの土っぽい香ばしさが中心になります。

口に含むと、色々薄まる分、米焼酎らしさを最も感じられる飲み方かもしれません。お米のまろみや甘みを中心に、薄くなっていますがミネラル感も感じられ、味のある水割りになると思います。

一本全部オンザロックでも良いかなと思うくらいに美味しかったのですが、水割りも捨て難いものがありますね。美味しいです。

【その他】
IMG_6630
焼酎ハイボールにすると、麹の華やかな香りと硬質的なミネラル感の入り混じった香り。米焼酎らしい米の香りも感じられます。

口に含むと、炭酸の爽快感に発酵系の酸味、麹の華やかな風味、土っぽい風味に硬質的なミネラル感を感じます。

炭酸と酸味で爽快な飲み口になっており、薄めに作るとゴクゴク飲めそうです。

IMG_6631
お湯割りにすると、麹の香りに混じってしっかりと米の旨みとコク、やはり焼き物を思わせる香りに硬質的なミネラル感を感じます。

口に含むと、角ばった印象がなくなり柔らかく甘い口当たり、ミネラル感や焼き物っぽさも感じられますが、随分と優しい印象に変化します。

お湯割りも美味しいですね(∩´∀`)∩

【感想】

黒木本店の焼酎らしい硬質感と長期熟成焼酎らしい熟成感が感じられ、アルコール度数が高く(あまり)割水されていないからこその香味の濃厚さを堪能できます。

飲みたかを選ばず、自分の好きな飲み方で飲んで間違いないと思います。何となくボトルのデザインが本品の味わいを良く表しているように思います。

【リピート】
百年の孤独に比べれば入手難度も低いですし、また是非飲みたいですね。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ