皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は長野県の地ウイスキーを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_5729
IMG_5725IMG_5727
本日飲むのは鹿児島県鹿児島市の本坊酒造株式会社が長野県のマルス信州蒸留所で製造する「シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州 信濃蒲公英」です。

製品紹介は以下の通りです。

信州の自然シリーズ第三弾 シングルモルトウイスキー

「シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州」は、若く躍動感のあるモルト原酒を主体に、信州の恵みに感謝し、自然が織りなす新旧モルトの調和をボトルに込めたシリーズです。

「竜胆・小彼岸桜」に続く3rdリリースのテーマは長野県に広く生息する「信濃蒲公英」。
バーボンバレル、アメリカンホワイトオーク新樽で熟成された2014年蒸留のモルト原酒主体に、20年以上熟成された長期熟成モルト原酒をヴァッティングしました。やわらかく華やかな香りに、シェリーカスクで長期熟成されたモルト原酒由来の熟した果実の風味を持つシングルモルトウイスキーです。
※ラベルの絵「信濃蒲公英(シナノタンポポ)」は、植物細密画家・野村陽子さんの作品です。

信州の自然を題材にしたラベルを使用している「ネイチャーオブ信州」シリーズの第三弾です。

本シリーズは本品でとも聞きますが、第四弾はあるのでしょうか。

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州 信濃蒲公英
種類:シングルモルトジャパニーズウイスキー
製造:本坊酒造株式会社
容量:700ml 52%
原料:モルト
価格:8,964円(税込)
IMG_5731
【ストレート】
最初に少しフローラルな香り、プンとウッディな香りにイチゴやクランベリー、赤ワイン、こんがり焼いたトースト、ザラメの付いたカステラ、蜂蜜ミルクの香りを感じます。

初めはフローラルさや少しケミカルな印象もあったのですが、スワリングしてみるとフルーティさや甘い香りが次々に顔を見せてくれます。

口に含むと、ドライな度数相応のアルコールの揮発感、レモンやハッカを思わせる清涼感、徐々にオレンジママレードや黄桃、パイナップル飴、薄手のレーズン風味、チョコレート混じりの樽香に少し金属的な風味も感じられます。

香りも味も、初めはさっぱり目ですが後になるほど甘みやフルーティさが出てくるように感じました。若いバーボン樽や新樽の要素を初めに感じ、長熟のシェリー樽の要素が遅れて出てくるのかなとも思いますが、温度による香味の変化が大きいのかもしれません。

【加水】
IMG_5733
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、古びた木の香りと甘いミルクチョコレート、少しビターな珈琲、レモンにオレンジ、レーズン、ドライパイナップル、クッキー生地のような甘い麦感を感じます。

口に含むと、粉っぽい口当たりにレモンなど黄色いフルーツ、少しスパイシーな樽材の風味にサラリと甘い蜂蜜、軽めのレーズン、後口はじんわりとアルコール感にプレーンなシロップを思わせるしっかり目の甘みを感じます。


トワイスアップ(1:1加水)にすると、柑橘系の甘酸っぱい香りに少しのオイリーさ、薄手のスパイシーな樽香にプレーンな甘み、ほんのりとレーズンやドライマンゴーの香りを感じます。

口に含むと、少し粉っぽい口当たりに樽材の香ばしさや麦の穀物感、レーズンやスパイシーな樽材の風味、シロップ的な甘さ、パイナップル飴に軽くレモンを感じます。

少量加水、トワイスアップともに美味しいですし、色々変化が感じられて面白いと思います。時間経過や温度変化、加水などによる変化を感じやすいウイスキーのように思われ、少量加水~トワイスアップくらいまで、加水量を調整しながら自分の好みを見つけるのが良さそうです。

【ロック】
IMG_5734
オンザロックにすると、シェリー樽原酒の影響と思われる煮詰まったようなフルーティさ、甘苦い樹液、樽材のスパイシーさに軽めのレーズン、ほんのり醤油を思わせる香りや土壁のような香りを感じます。

口に含むと、トロリとした口当たりに水分を残したレーズン、樽材のスパイシーさにチョコレート、黄色系のドライフルーツ、シロップを思わせるしっかり目の甘さを感じます。


ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、薄手のシトラスフレーバーに黄色系フルーツの甘み、ほんのりドライフルーツっぽい香り、樽材のチョコレートを思わせる香りも感じられます。

口に含むと、チョコレートソースをかけたバニラアイス、薄手のレーズンにパイナップル飴、しっかりとシロップ的な甘さを感じます。

ロックでも楽しめるウイスキーです。冷却によってモルト香りはやや閉じ気味になり、代わって樽系の香りが前に出てくる印象です。味の面ではロックに限らずですがプレーンな甘さがしっかりと感じられ、かなりの甘口ウイスキーといった印象を受けます。

【その他】
IMG_5737
ハイボールにすると、炭酸の爽快感にシトラスフレーバーが感じられてとても爽やかな香りです。薄手の樽香や何となくお米のような香りも感じます。

口に含むと、しっかりとベリー系のフルーティさ、スパイシーさの混じるほんのりとした樽材の風味にプレーンな甘み、うっすらと柑橘系の酸味も感じられます。

ハイボールも良いですね。甘めで飲み口がよく、グイグイいけてしまいます。

【感想】
かなりの甘口ウイスキー。シェリー樽原酒にありがちな硫黄系の風味も感じられませんし、どの飲み方でも楽しめる出来の良いウイスキーだと思います。

スワリングや温度変化、加水によって色々な変化を見せてくれる面白いウイスキーです。手に入れられたら是非、色々な飲み方を楽しんでみてほしいと思います (´▽`)

好みの問題ではありますが、個人的には前作の「小彼岸桜」よりも好みに合いました。

【リピート】
残念ながら限定品です。第四弾があるのか噂どおり本品でシリーズ終了なのか、次があるようなら必ずゲットしたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ