皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は長野県の地ウイスキーを飲みますよ(∩´∀`)∩

IMG_4752IMG_4758
本日飲むのは鹿児島県鹿児島市の本坊酒造株式会社が長野県のマルス信州蒸留所で製造する「岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ」です。

製品紹介は以下の通りです。
「岩井トラディション」を、山梨マルスワリナリーの「穂坂日之城農場産 赤ワイン」に使用した樽に入れて一年以上追加熟成(フィニッシュ)したブレンデッドウイスキー。
上品な口当たりの柔らかさに、シェリー樽の古木香とワイン樽由来の甘いバニラ香が調和し、赤ワインのタンニンとうまみが味わいのトーンにほどよく厚みをもたらす逸品に仕上がりました。
岩井喜一郎氏や「岩井トラディション」については以前の記事をご参照くださいね(・∀・)

それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)

名称:岩井トラディション ワインカスクフィニッシュ
種類:ブレンデッドジャパニーズウイスキー
製造:本坊酒造株式会社
容量:750ml 40%
原料:モルト
価格:2,700円(税込)
IMG_4763
【ストレート】
オレンジママレード、イチゴ、マスカットを思わせる甘い果実香、なめした革の香り、青みがかったピート香、金属質な香り、レモングラス、古びた木の香り、バニラの香りを感じます。

口に含むと、アルコール度数40%の蒸留酒とは思えない丸い口当たり、すぐに樽材のビターやスモーキーフレーバー、ベリー系の赤いフルーツや薄手のママレードを思わせるシェリー樽原酒系の甘いフルーティさにじんわりとアルコール感、後味にかけて赤ワインを思わせる風味や少しタンニンを感じます。

ワインカスクで1年間以上の後熟をしているとのことで、しっかりとワインカスクの影響が出ているように思います。赤ワイン風味ももちろんですが、それ以上に口当たりの柔らかさなど、蒸留酒のキツさが上手くマスキングされており、皮革や金属を思わせる香りがありつつも穏やかさや飲みやすさが影響として現れているように感じました。

【加水】
IMG_4767
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、金属質な香りに青みと少し粉っぽさのあるピート香、ふわりとイチゴを思わせる甘い香り、レモングラスに白ぶどう、クッキーに樽材の木の香りを感じます。

口に含むと、粉っぽさを感じる口当たりに樽材のビター、スモーキーフレーバー、木苺、少し硫黄を思わせる風味、後半はパイナップルなど少しトロピカルな要素の感じられる甘みを感じます。

少し芯が弱い気もしますが非常に飲みやすく、スイスイ飲めてしまいます。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、ゴムや皮革、金属質な香りに続き、パイナップル、パッションフルーツ、レモン、ラズベリー、白木の香り、ほんのりピート香を感じます。

口に含むと、粉っぽいコーヒー、ビターな樽香、ゴムに薄く硫黄、ママレードっぽさもあるプレーンな甘み、レモングラスを感じます。

加水量を増やすに従ってワインカスクの影響が薄まり、代わって原酒の風味が開いてくる感じがあります。その結果、トワイスアップあたりまで加水するとシェリー樽原酒のあまり好みでない風味もしっかりと感じられるようになり、個人的にはトワイスアップはオススメしません。

【ロック】
IMG_4769
オンザロックにすると、イチゴやラズベリー、ママレードなどベリー系や少し煮詰まった感じのあるフルーティさ、軽めのピート香に古びた木の香りを感じます。

口に含むと、トロミを感じる口当たりにバッチリと硫黄や金属質な風味、オレンジやパイナップルを思わせるフルーティさ、後味にかけてシェリー酒っぽい風味に混じりほんのりとワイン風味も感じられます。

硫黄や金属的な風味が割りとはっきり感じられ、その点ではあまり好みでないのですが、フルーティさやシェリー、ワイン的な風味も相応にあり、それなりに飲めてしまうのは面白いところでしょうか。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、香りはかなり弱くなり、ほんのりとイチゴやラズベリーを思わせる香りに樽香が感じられる程度です。

口に含むと、樽材のビター、ゴムや硫黄、煮詰まったフルーティさが合わさって、樹液などを思わせるドロリとした甘みを感じます。全般的には相応に薄まっていますが、これまたそれなりに飲めてしまうのは面白いところ。

オンザロック、ハーフロックは難しい香味もありますが、そこは個々人好き嫌いの度合いに差があるでしょうし、個人的には苦手な方だと思いながらもそれほど悪く感じずに飲める力がありました。

【その他】
IMG_4771
ハイボールにすると、レモンやグレープフルーツといった柑橘系の酸味、ほんのりママレード、ガムシロップ、薄くパイナップルや樽香を感じます。

口に含むと、硫黄や金属質と思しき風味はあるのですが、かなり薄手で個人的には気になりません。木質感にレモングラス、ノンアルビールっぽい甘さ、ほんのり柿を感じます。

さっぱり味のとても飲みやすいハイボールだと思います。ワインカスク感は個人的に全くと言ってよいほど感じませんが、そういうのをさておけば悪くないハイボールです。

【飲み比べ】
IMG_4773
「岩井トラディション」と「同ワインカスクフィニッシュ」を飲み比べてみます(・∀・)

[香り]
「岩井トラディション」の方がはっきりとピート香や原酒の甘みなどウイスキーの風味を感じます。一方の「ワインカスクフィニッシュ」は、そうしたウイスキーの強い香りがマスキングされ、全般的に落ち着いた香りになっていると共に、ベリー系のフルーティさが感じられます。

[味]
「岩井トラディション」についてはスコッチを飲んでいるかのようなピート香と麦芽風味、「ワインカスクフィニッシュ」についてはピート香にシェリー樽原酒の風味がより強く顔を出し、後味にかけてワイン系の風味も顔を見せます。

ピートの感じなど、同じウイスキーをワインカスクで後熟させたかどうかの違いだけに、似通った面も確かに感じられます。

【感想】
よくできたワインカスクフィニッシュのブレンデッドウイスキー。地ウイスキーということを踏まえると特筆すべき出来映えかもしれません。

2,700円という価格は必ずしも安いとはいえませんが、昨今のジャパニーズウイスキーの高騰や、ワインカスクで1年以上の後熟を行っていること、やはり地ウイスキーということを踏まえると、個人的には価格面でも奮闘しているように感じます。

本品の良さを感じられるのは基本的にはストレート一択、少量加水が限界かなという気はしますが、ワインカスク云々がどうでもよければオンザロックやハイボールでも面白さは味わえます。

ワインカスクフィニッシュ自体はウイスキーでそう珍しいわけではありませんが、自社蒸留のウイスキーを自社醸造のワインを寝かせていた樽で後熟させるという、マルスウイスキーとマルスワインという2つのブランドを持つ”本坊酒造ならではのワインカスクフィニッシュ”。個人的にはけっこう楽しめました(∩´∀`)∩

【リピート】
心なしか以前に飲んだものよりも味が落ちたような気がしないでもないのですが、割りと気に入っているウイスキーなのでまたリピートしたいと考えています。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ