皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は埼玉県の地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

IMG_9919 IMG_9920
本日飲むのは埼玉県川越市の株式会社協同商事が醸造する、「コエドビール 瑠璃-Ruri-」です。

㈱協同商事は1982年設立で、埼玉県川越市の農家と提携して、産直有機野菜販売事業からスタートした企業です。大量に処分される規格外の薩摩芋や、連作障害を避けるための緑肥として栽培された麦を有効活用するため、1996年にビール事業部門「コエドブルワリー」を開設したんだそうです。

そんなコエドブルワリーの醸造するビールのブランドネームがコエドビールです。

日本の色の名前を冠した5種類のビールを定番商品としており、シンプルながら印象に残る名称だと思いますし、海外展開する上でも海外のビールと差別化しやすい、日本のクラフトビールとしては非常に良いネーミングなんじゃないでしょうか。

コエドブルワリーは1996年に開設され、ワールドビアカップや日本でもお馴染みモンドセレクション他で多数の賞を受賞するなど、味や品質の面でも高い評価を受けています。

日本の地ビールブランドとしては、日本国内でも海外でも著名な部類に入るのではないでしょうか。

コエドブルワリーの製品紹介は以下のとおりです。
クリアな黄金色と白く柔らかな泡のコントラスト、さわやかな飲み口が特徴のプレミアムピルスナービール。軽やかな口当たりながらも、深みある味わいとホップの香味苦みのバランスをとった上質な大人の楽しみ。飽きがこず、どんなお食事にも合うビールです。
その透明感溢れる特徴にちなんで「瑠璃-Ruri-」と名付けられました。
それでは早速、飲んでみましょう(*゚∀゚)


名称:瑠璃-Ruri-
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:株式会社協同商事コエドブルワリー
容量:350ml 5%
原料:麦芽、ホップ
価格:288円(税込)
IMG_9923
【香り】
乳酸菌飲料を思わせるまろやかな酸味にレモンやアセロラを思わせるフルーティな甘酸っぱさ、濃厚な麦芽の甘い香り、ホップのすっきりとした香りを感じます。

麦芽とホップだけのシンプルな原材料ながら、意外と酸味のしっかりとした香り立ちです。もちろん苦みや甘み、穀物感などもあり、バランスが悪いわけではありません。甘酸っぱい香りはホップからのものなんでしょうかね。

【味】
麦芽のまろやかな甘みと旨味がしっかりとしている、どっしり型のビール。ホップは苦みと少し柑橘類を思わせる風味を感じさせてくれ、味を引き締めてくれています。

苦みはあまり強くなく、とても優しい飲みやすい味わいのビールです。

【感想】
柔らかい味わいでとても飲みやすいビール。甘さ、コク、酸味、苦みがよく調和しており、少しマイルド寄りの構成になっています。

大手メーカーのピルスナーに勝るとも劣らない味だと思います。とても美味しく、コエドビールのレベルの高さを感じさせてくれます。

【リピート】
地ビールとしては入手難度は低めですし、また飲みたいと思います。他のコエドビールも飲んでみたいですね。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ



|ω・)チラ
ランキングへ参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
|彡。゚+.*:.サッ