ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

甕長期熟成さつま島美人原酒

皆さん、こんにちは。ポッキーです。

今日は自宅で洗濯機を回しながら昼酒です(笑)
料理や洗い物をしながらのキッチンドリンカーも、サクッとビールやハイボールを飲むにはなかなか楽しく、あくまで適量をとの前提条件の中においては、飲みながらだとおっくうな家事も捗ります( ^ω^)

名称:甕長期熟成さつま島美人原酒
種類:芋焼酎
製造:長島研醸有限会社
容量:720ml 37%
価格:2,200円前後
151031_さつま島美人原酒01
151031_さつま島美人原酒02
【香り】
高い度数だが意外とアルコール感は弱め。芋臭さではなく、芋の優しい甘い香り。
【味】
高めの度数だけにパンチはある。香り同様芋の優しい甘さ。加水するとアルコール感が薄れ、一層芋の甘さが引き立つ。湯割りも同様。
【評価】
これと主張してくるものはないが、日本の食中酒としては使い勝手が良さそう。甕長期熟成を謳うだけあってまろやかで、原酒ならではの飲みごたえはありつつもアルコール感を強く感じさせない。ロック・濃い目の水割りが良いか。合わせる肴で割りの濃淡を調整すると良い。
【リピート】
値頃感あり、通販で取り寄せまではしないが、店頭で見かければ購入を検討。

昨 年、鹿児島県に旅行に行った際に、自身の土産は焼酎にしようと酒屋に入り、「甕熟成」のものと注文したらこれを勧められました。

また、先日、職場の研修で鹿児島県の方にお会いする機会があったのですが、いくつかオススメの焼酎をあげられる中にこれが入っており、そういえば買ったっけと思いだしてチビチビやっているところです。複数の方に勧められると裏付けが取れたようで嬉しくなりますよね(笑)

鹿児島旅行ではいくつか焼酎を買って帰ったのですが、樽熟成させているものが流行りで、甕熟成のものは少し下火なのかなと感じました。甕熟成のものばかり買って帰りましたけどね(・∀・)
焼酎は樽熟成よりも甕熟成派です。シェリー樽熟成の焼酎や樫樽熟成の焼酎などで驚くほど美味しいものに出会うこともあるのですが、それはウイスキーで楽しめば良いかな、と。樽由来の香味などがつかない分、甕熟成だと熟成で生まれるまろやかさをよりストレートに感じられる気がします。

【肴】
151031_鮭の西京焼き
冷凍庫に転がっていた鮭の西京焼きです。味噌漬けは風味が程よくつくのと、鮭のパサパサ感を防いでくれるのが嬉しいですね。味噌は本来木桶で熟成させるもの なので、同じ木樽熟成のウイスキーとも合わないはずはあるまいと、焼酎の後でブラックニッカハイボールに切り替えてみましたが、なかなか良い取り合わせで した。洋酒といえども日本酒ですから、和食にも合ってもらわないとね( ^ω^)

それではこの辺で。


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年

皆さん、こんばんは。ポッキーです。

休日になると酒屋めぐりをしたくなります。
こちら田舎住まいなものですから、未だに昭和で時が止まったような個人商店も時折見かけられ、既に終売になっている銘柄や、閉鎖した酒造会社の製品を見つけたり、値上げされた製品が値上げ前の価格で売っていたりと田舎ならではの時の流れの遅さを感じられます。

量販店と違って個人商店の酒屋は出入りに多少勇気が必要で、何も買わずに出ていきにくい雰囲気もあります。ですが掘り出し物を見つけた時の嬉しさには勝てず、どこか出かける度に酒屋がないかつい辺りを見渡してしまいます。

名称:ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年
種類:ウイスキー(ブレンデッド/スコッチ)
製造:JOHN WALKER AND SONS
容量:750ml 40%
IMG_0323
【香り】
初めにピート、次いでチョコレートの香りと熟成感あるエステリーさが漂う。さすがに熟成感がある。わずかに加水すると一層エステリー感が開く。
【味】
チョコレート、リンゴ、パイン、バナナなど様々な味が口中に広がる。余韻でピート感。
加水してもバランスは崩れず、扁平にもならない。
ハイボールにすると酸味が目立ち、ピーティーさ、エステリーさは追いやられてしまう。美味しく飲めはするが極めて勿体無い。
【評価】
非常にバランスが取れ、熟成感に溢れる。ピート感は嫌味ではなく、エステリーさにアクセントを加えてくれる。さすがのジョニーウォーカー。さすがのブレンデッドスコッチ。
【リピート】
終売品だが比較的高価格帯ということもあって、まだそこかしこで見かける。プレミア価格になってなく、かつ財布にゆとりがあればリピートする価値あり。

既 に終売になっているジョニーウォーカーの旧ゴールドレーベルです。現行品のゴールドレーベルリザーブ、プラチナムレーベルは試していませんが、年数的には プラチナムレーベルが後継品となるようです。リザーブはグリーンレーベルの後継品になるのかな?

スコッチの多様な原酒を使用したブレンデッドウイスキー は、本当にバランスが良く取れ、ブレンダーの作る芸術品であることがわかります。ジョニーウォーカーはどのレーベルもそのネームバリューに恥じない出来ですので、入門編としては今や2,000円前後で買えてしまうブラックレーベル、通称ジョニ黒を試してみるとそのすごさがわかるのではないでしゃうか。
個人的にも早くリザーブ、プラチナムレーベル、そして最高峰のブルーレーベルを試してみたいものです。

それでは本日はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

黄金桜黒

皆さん、こんばんは。ポッキーです。
今日から有休・祝日合わせて4連休(*´∀`)
数日間は安心して呑んだくれることができるというものです。

名称:薩摩芋焼酎 黄金桜黒 黒こうじ仕込み
種類:芋焼酎
製造:本坊酒造(鹿児島県鹿児島市)
容量:1,800ml 25%
IMG_0318
IMG_0320
【香り】
アルコールの揮発臭に混じって芋の香り。大別すると芋臭い芋焼酎だが比較的ライト。
【味】
ストレート:芋の甘みは感じられるが、アルコール感もしっかりとあり。ストレートではやや辛い。
1:1加水:アルコール感はほぼ消え、非常に飲みやすくなる。ただし芋感も薄れ、全般的に扁平。
湯割り:あまり香りは立たない。無難に飲める。
【評価】
鹿児島のコープ限定品。地元民以外は入手性に欠ける。飲み方問わず安定して飲める品質があり、一升で1,380円は値打ち感あり。単体でじっくり楽しめる酒ではないが、日々の食事に合わせて財布を気にせず飲める晩酌焼酎。
【リピート】
入手性に欠け、わざわざ探して買おうとは思わないが、鹿児島県でコープに行く機会があるならば購入を検討する。

仕 事関係の方にちょうだいした一本。「プレミアなんてついてなくても鹿児島には美味い焼酎がいっぱいあるんよ」と、あえてコープのリーズナブルな焼酎を選ん でくれたそうです。絶品とは言いませんが、飲み飽きない安定感があります。ウーロンハイなんかで乱暴にがぶがぶ飲んでも許されるであろう庶民の味方です。
ち なみに製造元の本坊酒造は、鹿児島県にある焼酎メーカーですが、山梨県でマルスワイン、長野県でマルスウイスキーという屋号でそれぞれワイン、ウイスキー を製造しています。ワインは日頃ほとんど飲まないのでわかりませんが、ウイスキー蒸留メーカーとしてはなかなかの歴史を持ち、サントリーやニッカウヰス キーなどの大手ウイスキーに続く地ウイスキーメーカーとしてはかなり有名どころではないでしょうか。
「黄金桜黒」という名前は、黄金千貫という品種の芋を使用して、桜島黒麹で醸していることからかと思います。

それではこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

アサヒ ドライプレミアム 贅沢香り仕込み

昨夜はニンニクたっぷりの鰹のたたきを一節食べつくしたのですが、今日は仕事で地元の商談会にブース出展していました( ^ω^)
特に誰からも何も言われませんでしたが、うちのブースに訪れる人は少なかったような気がします。
…商品のせいということにしておきましょうね(;^ω^)

名称:アサヒ ドライプレミアム 贅沢香り仕込み
種類:ビール
製造:アサヒビール
容量:350ml 5.5%
原料:麦芽、ホップ、米、コーンスターチ
151030_アサヒスーパードライ ドライプレミアム 贅沢香り仕込み
【香り】
ベルギービールを思わせる甘く華やかな香り。ただし若干。
【味】
スーパードライらしいキレとプレミアムらしいコクに香り同様の若干のフルーティーさ。ベルギービールほどの華やかさはないが爽やかですっきりとした苦味。
【評価】
万人受けするビール。ビールがそう得意でない人でも比較的飲みやすいと思われる。コクがあり少し冷えが甘くても美味しく飲める。ベルギービールの華やかさが苦手な人にも受け入れられそう。余韻は長くなく後口はすっきり。
【リピート】
限定醸造品だが再販されるなら購入したい。

アサヒスパードライの上級品であるドライプレミアムの限定醸造品です。香りの華やかなホップを多めに使用することでドライプレミアムに華やかさを加えているんだとか。食事と合わせても単体でも、シーンを選ばず楽しめそうで、華やかすぎないのが個人的には嬉しいです。ビールはベルギーよりもドイツ派です(*´∀`)

さつま白波七年貯蔵

記念すべき初記事は焼酎です。
日本酒とウイスキー中心で書こうと思っていたんですが、どうしてこうなった…

さつま白波七年貯蔵
芋焼酎
薩摩酒造株式会社
鹿児島県枕崎市
720ml 25%
151029_さつま白波七年貯蔵01
151029_さつま白波七年貯蔵02
【香り】
アルコール感に甘い芋の香り。いわゆる芋臭い感じではなく、焼酎初心者にも親しみやすそう。
【味】
ストレート:十分飲めるが、ややアルコール感が強く、芋の甘味が開かない
1:1水割り:アルコール感が薄れ、芋の甘味が生きる
ロック:すいすい飲めて食事の邪魔をしない
湯割り:期待したほど香りが開かない
【評価】
スッキリ飲めて鹿児島の温暖な気候に良く合いそう。濃い味の和食全般に向いていると思われ、食事の後口をさっぱりさせてくれる。食事とともに楽しむお酒。
全般的にパンチは弱く、これだけでじっくり楽しむ酒ではない。あくまで日常の中でがぶがぶ飲んでも懐の傷まない大衆酒。7年熟成だがタンク貯蔵のためか熟成感はあまり感じられない。
【リピート】
積極的に選択しないが、今後も自宅で外食で気がつくとお世話になっていそう。

さつま白波のセブンイレブン限定品です。コンビニで気楽に買える利便性に加え、7年熟成で1,500円を切るのは値打ち感があります。焼酎は製造後比較的短期間の内に出荷して飲んでしまう傾向が強いですが、甕などでじっくり熟成させると円味を帯びて実に美味しくなります。ウイスキーのように木樽で熟成させる焼酎も増え、それはそれで美味しいのですが、個人的には焼酎は甕熟成が好きです。

【肴】
151029_明神水産の鰹のたたき
さつま白波を製造する薩摩酒造は鹿児島枕崎市の会社です。
枕崎市というと全国屈指の鰹の水揚げ地で、鰹節の名産地でもあります。
そんなわけで今日の肴はいただきものの鰹のたたき。ただし高知県産ですが(ノ∀`)
明神水産という高知県黒潮町の会社の、「鰹一本釣り藁焼きたたき」という製品です。
我ながら写真技術のなさに愕然としますね…(;´Д`)
ブログを継続することで改善されるよう期待しましょう。

写真を見るとさっぱり美味しくなさそうで、明神水産から訴えられてもおかしくありませんが、これがけっこう美味しいんです。藁焼きの焦げ感もあり、足の早い鰹ですが臭みも感じられません。セットになっているタレもしっかりした出来で、比べてはいけませんがスーパーの鰹のたたきとは完全に別物です。こちらは積極的にリピートしたい感じなのでまた誰かくれないかなぁ( ^ω^)

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ