ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

けやきひろば秋のビール祭り

皆さんこんばんは、ポッキーです。

時間が取れる時に書いておくか、ということで、過日行われた「けやきひろば秋のビール祭り」についてアップします。まったくもって(以下省略( ^ω^)

主催:株式会社さいたまアリーナ
日時:平成27年9月18日(金)~9月23日(水・祝)11:00~21:30
会場:さいたまスーパーアリーナけやきひろば(埼玉県さいたま市)
料金:入場無料

IMG_0322 IMG_0330
IMG_0333 IMG_0326
IMG_0336

9月のシルバーウィークはあちこちでお酒のイベントが催されてましたね。先んじて記事にしたウイスキーマーケットやアル添酒フェスティバルの他、やはり時期的にビール系のイベントが多く開催されていました。ドイツビール主体のオクトーバーフェストやベルギービールウィークエンドのことですが、日本の地ビールをメインに開催するビール系のイベントがこのけやきひろばビール祭りです。

これら酒系のイベントへの参加を目指して、シルバーウィークは上京していました( ^ω^)
日比谷であったオクトーバーフェストにもお台場であったベルギービールウィークエンドにも出没していたんですが、何分混雑がひどくほとんど写真を撮っていないので、ビール系はけやきひろばビール祭りだけ記事にしておきます。これもほとんど写真ないんですが(笑)

けやきひろばビール祭りには全国各地から地ビールメーカーが出展しており、各ブースでご当地グルメも肴で売り出しているのが特色でしょうか。地ビールとご当地グルメのマリアージュを楽しむも良し、お目当てのビールとお目当ての肴を取り合わせるも良し、シルバーウィークに参加した他の酒系イベントと違って肴の満足度が非常に高かったです。

オクトーバーフェストやベルギービールウィークエンドは楽しかったんですが混雑がひどいのと全般的に価格がちょっとアレでした(笑)特にフードは(´ε`;)ウーン…だったもんですから、比較的ビールも肴も値頃感のあるけやきひろばビール祭りは満足度高めでした。

イベント全般に言えることかもしれませんが、酒を飲むのにずっとスタンディングはやはり厳しいです。立ち飲み屋のようにサッと飲んでサッと帰る分には良いのですが、イベントですからそれなりの時間滞在しますので、各イベント共もう少し席数なんとかならんものかな、と。

テーブルもイスも確保できないと酒はともかく肴を食べるのはなお厳しいですしね。そういう意味ではけやきひろばビール祭りは会場や周辺が広い分、オクトーバーフェストやベルギービールウィークエンドよりは座りやすいのが有りがたかったです。

種類が多すぎて1日ではとても楽しみきれないので、開催期間中に数日行けるとより楽しめそうです。肴は島根県のアワビがお高いだけあって美味しかったです( ^ω^)我が住まいの田舎近辺でもこういうのやってくれないかなぁ…

それではこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

第4回アル添酒フェスティバル

皆さんこんばんは、ポッキーです。

時間が取れる時に書いておくか、ということで、過日行われた「第4回アル添酒フェスティバル」についてアップします。まったくもってタイムリーではないですが(以下省略( ^ω^)

主催:アル添酒フェスティバル実行委員会(恐らく東京都内の複数の酒店)
日時:平成27年9月21日(月・祝)11:00~15:00
会場:Coconeriホール(東京都練馬区)
料金:前売りのみ4,500円

12011187_1676991552520082_3056876417587462188_n 11952747_1676991585853412_6304578042833637181_o
IMG_0289 IMG_0299
IMG_0298 IMG_0293
IMG_0297 IMG_0292
IMG_0291 IMG_0286
IMG_0285 IMG_0283
IMG_0278 IMG_0275
IMG_0282

昨今の日本酒人気の回復は純米酒に牽引されてのもので、アル添酒はどちらかといえば隅に追いやられているように感じます。荒々しい焼酎なんかと同じで、昔の酔っぱらい、昔の日本を想起させるのかもしれません。

とはいえ、今以って日本酒消費の約8割はアル添酒なわけで、逆風どこ吹く風で4回目を迎えたアル添酒フェスティバルに初参加です。

アル添酒というのはざっくり言うと純米酒以外の日本酒で、普通酒、本醸造酒、吟醸酒、大吟醸酒のことを指します。純米酒は純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒ですね。

昔ながらの普通酒には質の良くない悪酔いしそうな出来のものも少なからずあるのは確かですが、長く続いた日本酒冬の時代の間にかなりの淘汰は進んでいると思われ、生き残った酒造会社ではアル添酒を含めて質の高いお酒を作るようになっています。

アル添酒フェスティバルはそんな酒造会社を集め、日頃冷たくされがちなアル添酒にフィーチャーすることで日本酒の裾野を広げたり、コアな日本酒ファンを喜ばせたりしようとしているようです。

第4回アル添酒フェスティバルは全24蔵参加で、食べ放題飲み放題で4,500円。チェイサーのミネラルウォーターも飲み放題でした。席数が少なく確保が遅れると立ち飲み立ち食いになってしまう点や、食べ物の量・質は(´ε`;)ウーン…ってな点を考えると、4,500円はいささか高いようにも感じます。

ただ、主催者のブログなど見ると酒造会社の出展料無料、酒は全部買取りと、酒造会社の負担を極力抑えようとする姿勢が見て取れ、イベントは手作り感に溢れ不要なコストは抑えようとしていることも理解できます。その辺りを加味すると4,500円という価格は納得のいくところではないでしょうか。

肝心のお酒は、特に大吟醸酒などは素晴らしい出来のものも多く、季節限定のお酒も飲める他、お燗もできるようになっているなど十分酔いどれることができるものでした(*´∀`)普通種の生原酒など日頃まず間違いなく飲む機会がないであろう変わり種も飲め、チェイサーに仕込み水も飲めて個人的には満足度大でした(∩´∀`)∩

写真で見ると料理はやはり華がないですが、日本酒と煮物の取り合わせはもうね…最高( ´∀`)b
締めに普通のソース焼きそばってのも何だか妙に嬉しかったです。後半になると焼きそばがすごい速さで消えていってまして、みんな同じなんだな、と(笑)

なお、会場で使うおちょこは持ち帰り可能で、良いお土産になります。

個人的なアクシデントとして、アル添酒フェスティバルは9月21日にあったんですが、思い切り勘違いして20日に練馬まで行っちゃいました(;^ω^)会場に辿り着いたのに、あれ?やってない…ってしばしうろうろして、チケット見直してようやく気がつきました( ;∀;)21日のスケジュールが空いてて本当に良かった…

それではこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

モダンモルトウイスキーマーケット2015

皆さんこんばんは、ポッキーです。

時間が取れる時に書いておくか、ということで、過日行われた「モダンモルトウイスキーマーケット2015」についてアップします。まったくもってタイムリーではないですが、ブログを始めたのが数日前ということでご理解ください( ^ω^)

主催:三洋物産株式会社
日時:平成27年9月19日(土)12:00~18:00
会場:アキバ・スクエア(東京都千代田区)
料金:前売り5,000円、当日6,000円


IMG_0148 IMG_0161 IMG_0175 IMG_0176
IMG_0179 IMG_0181
IMG_0208 IMG_0186

IMG_0192 IMG_0198
IMG_0200 IMG_0207
IMG_0215 IMG_0222


昨年までは業者向けだったというこのイベント、今年から初めて一般向けに公開されたそうです。

前売り5,000円、当日だと6,000円という値段を高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、個人的には十二分に元が取れたイベントだったと思います。ボトルで購入すると福沢諭吉大先生が複数人必要な、限定品に関しては別料金でしたが、定番品に関しては軽く諭吉超えするものであっても飲み放題で、Facebookで「いいね!」するだけで飲める限定品もあり、値打ち感のすごいイベントでした。

初めての一般公開でしたので、来年以降も継続するのであれば色々な調整がなされるのかもしれませんが、特に東京近郊お住まいのウイスキー好きであれば行く価値ありではないでしょうか。東京から遙か遠くに住む私ですが、来年も都合がつけば参加してみたいものです(∩´∀`)∩

開始からずっと飲み続けていたら最後はふらふらになってしまいましたが、イチローズモルトの長熟品や、各メーカーの新製品、日頃手が出しにくい高額定番品など、ウイスキー初心者からお詳しい方まで楽しめそうな良いイベントでした。会場限定品などのボトル売りがあればなお良かったな~。

ちょっと油断していた隙に別料金の余市ヘビリーピーテッドが売切れになっていたのが本当に残念でした…が、宮城峡の限定品や、実は初めて飲んだイチローズモルト、シーバスリーガルなんかは実に美味しかったです(*´∀`)イチローズモルトの長熟ものは飲めて本当に良かった…

それではこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

甕長期熟成さつま島美人原酒

皆さん、こんにちは。ポッキーです。

今日は自宅で洗濯機を回しながら昼酒です(笑)
料理や洗い物をしながらのキッチンドリンカーも、サクッとビールやハイボールを飲むにはなかなか楽しく、あくまで適量をとの前提条件の中においては、飲みながらだとおっくうな家事も捗ります( ^ω^)

名称:甕長期熟成さつま島美人原酒
種類:芋焼酎
製造:長島研醸有限会社
容量:720ml 37%
価格:2,200円前後
151031_さつま島美人原酒01
151031_さつま島美人原酒02
【香り】
高い度数だが意外とアルコール感は弱め。芋臭さではなく、芋の優しい甘い香り。
【味】
高めの度数だけにパンチはある。香り同様芋の優しい甘さ。加水するとアルコール感が薄れ、一層芋の甘さが引き立つ。湯割りも同様。
【評価】
これと主張してくるものはないが、日本の食中酒としては使い勝手が良さそう。甕長期熟成を謳うだけあってまろやかで、原酒ならではの飲みごたえはありつつもアルコール感を強く感じさせない。ロック・濃い目の水割りが良いか。合わせる肴で割りの濃淡を調整すると良い。
【リピート】
値頃感あり、通販で取り寄せまではしないが、店頭で見かければ購入を検討。

昨 年、鹿児島県に旅行に行った際に、自身の土産は焼酎にしようと酒屋に入り、「甕熟成」のものと注文したらこれを勧められました。

また、先日、職場の研修で鹿児島県の方にお会いする機会があったのですが、いくつかオススメの焼酎をあげられる中にこれが入っており、そういえば買ったっけと思いだしてチビチビやっているところです。複数の方に勧められると裏付けが取れたようで嬉しくなりますよね(笑)

鹿児島旅行ではいくつか焼酎を買って帰ったのですが、樽熟成させているものが流行りで、甕熟成のものは少し下火なのかなと感じました。甕熟成のものばかり買って帰りましたけどね(・∀・)
焼酎は樽熟成よりも甕熟成派です。シェリー樽熟成の焼酎や樫樽熟成の焼酎などで驚くほど美味しいものに出会うこともあるのですが、それはウイスキーで楽しめば良いかな、と。樽由来の香味などがつかない分、甕熟成だと熟成で生まれるまろやかさをよりストレートに感じられる気がします。

【肴】
151031_鮭の西京焼き
冷凍庫に転がっていた鮭の西京焼きです。味噌漬けは風味が程よくつくのと、鮭のパサパサ感を防いでくれるのが嬉しいですね。味噌は本来木桶で熟成させるもの なので、同じ木樽熟成のウイスキーとも合わないはずはあるまいと、焼酎の後でブラックニッカハイボールに切り替えてみましたが、なかなか良い取り合わせで した。洋酒といえども日本酒ですから、和食にも合ってもらわないとね( ^ω^)

それではこの辺で。


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年

皆さん、こんばんは。ポッキーです。

休日になると酒屋めぐりをしたくなります。
こちら田舎住まいなものですから、未だに昭和で時が止まったような個人商店も時折見かけられ、既に終売になっている銘柄や、閉鎖した酒造会社の製品を見つけたり、値上げされた製品が値上げ前の価格で売っていたりと田舎ならではの時の流れの遅さを感じられます。

量販店と違って個人商店の酒屋は出入りに多少勇気が必要で、何も買わずに出ていきにくい雰囲気もあります。ですが掘り出し物を見つけた時の嬉しさには勝てず、どこか出かける度に酒屋がないかつい辺りを見渡してしまいます。

名称:ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年
種類:ウイスキー(ブレンデッド/スコッチ)
製造:JOHN WALKER AND SONS
容量:750ml 40%
IMG_0323
【香り】
初めにピート、次いでチョコレートの香りと熟成感あるエステリーさが漂う。さすがに熟成感がある。わずかに加水すると一層エステリー感が開く。
【味】
チョコレート、リンゴ、パイン、バナナなど様々な味が口中に広がる。余韻でピート感。
加水してもバランスは崩れず、扁平にもならない。
ハイボールにすると酸味が目立ち、ピーティーさ、エステリーさは追いやられてしまう。美味しく飲めはするが極めて勿体無い。
【評価】
非常にバランスが取れ、熟成感に溢れる。ピート感は嫌味ではなく、エステリーさにアクセントを加えてくれる。さすがのジョニーウォーカー。さすがのブレンデッドスコッチ。
【リピート】
終売品だが比較的高価格帯ということもあって、まだそこかしこで見かける。プレミア価格になってなく、かつ財布にゆとりがあればリピートする価値あり。

既 に終売になっているジョニーウォーカーの旧ゴールドレーベルです。現行品のゴールドレーベルリザーブ、プラチナムレーベルは試していませんが、年数的には プラチナムレーベルが後継品となるようです。リザーブはグリーンレーベルの後継品になるのかな?

スコッチの多様な原酒を使用したブレンデッドウイスキー は、本当にバランスが良く取れ、ブレンダーの作る芸術品であることがわかります。ジョニーウォーカーはどのレーベルもそのネームバリューに恥じない出来ですので、入門編としては今や2,000円前後で買えてしまうブラックレーベル、通称ジョニ黒を試してみるとそのすごさがわかるのではないでしゃうか。
個人的にも早くリザーブ、プラチナムレーベル、そして最高峰のブルーレーベルを試してみたいものです。

それでは本日はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ