ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

ティーチャーズ ハイランドクリーム

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は「スコッチの先生」と呼ばれるブレンデッドウイスキー*「ティーチャーズハイランドクリーム」を飲みます。スコッチの先生と呼ばれる理由は、一点目はもちろんこのウイスキーを作ったウィリアム・ティーチャー(William Teacher)の名前から。先生(teacher)とは綴りも同じですね。

二点目は、彼の製造するウイスキーの品質・ブレンドの味がとても安定していつも同じだったからなんだとか。このウイスキーが誕生したのは1863年、実に19世紀のことで、現代のようなコンピューターでの品質管理や機械での温度・湿度管理などは望むべくもない時代です。

その中にあって、複数の樽からの原酒をブレンドするウイスキーの品質を常に安定させるというのは、大変難しいことであったはずです。誕生から150年を超えて今なお製品が存在し、遠く日本でも飲むことができる本品はどのような味わいなのでしょうか。

*モルトウイスキー**とグレーンウイスキー***をブレンドしたウイスキーのこと。
**二条大麦を原料に単式蒸留機で蒸留したウイスキーのこと。
***穀物(トウモロコシのことが多いが二条大麦、小麦、ライ麦など様々)を原料に連続式蒸留機で蒸留したウイスキーのこと。

名称:ティーチャーズ ハイランドクリーム
種類:ウイスキー(ブレンデッド/スコッチ)
製造:ウィリアム・ティーチャー&サンズ社
容量:700ml 40%
価格:1,372円(税込)
IMG_0889
【ストレート】
ピート、ヨード(海藻)、杏、バニラ、カスタードクリーム、なめした皮、少しのレーズンの香りがします。

口に含むと、パイナップル、杏、麦芽の甘みにピートや硫黄がしっかりと感じられます。クセは強めですがブレンデッドスコッチらしく、バランス良くすっきりと飲めます。

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、古びた樽の木の香りが目立つようになります。チョコレートやバニラのようで、ピート香は後ろに下がりますが引き続きしっかりと感じられます。

口に含むと、チョコレートやバニラのような濃い目の甘み、杏、ピート、ヨードなどを感じます。ストレートでもクセの割に飲みやすいですが、ごく少量の加水でも更に飲みやすさが増します。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、パイナップル、杏など甘酸っぱい香りが前面に出てきます。煙たさや樽香はかなり弱まります。

口に含むと、パイナップルや杏を思わせるモルトウイスキーの甘さと、ここまで加水すると後口にグレーンウイスキーの静かな甘さがかなり目立つようになっている印象です。アルコールの刺激や煙たさはかなり薄れており、とても飲みやすくなっています。

【ロック】
オンザロックにすると、ヨードやピートの草原の香り。口に含むと、アルコールの揮発感、ピート、杏、パイナップルのようなモルトウイスキーの甘みを感じます。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、ピート由来の草原の香り、バニラとカスタードクリームの香りを感じます。口に含むと、グレーンウイスキーが効いてすっきりとした印象。ピートの草の匂いと合わさって爽やかで飲みやすいです。

【その他】
ハイボールにすると、ピーティでクリーミィ。杏のような爽やかな甘さも感じられ、大人な感じのハイボールになります。美味しくてオススメです。

開栓直後はかなり煙たさがありクセが強いですが、1~2週間ほどすると幾分落ち着いてきて飲みやすくなります。クセが強くて飲めないという方は少し時間をあけると良いかもしれません。

【感想】
コストパフォーマンスは最高クラス。値段相応の薄べったさはありますが、飲み方を問わず・お財布を気にせず楽しめるウイスキーです。最近ブームのハイボールで美味しく飲めるので、日本での評判はもっと上がってもおかしくないと思います。

実売価格が1,000円を下回ることもある、所謂1,000円ウイスキーですが、某インターネットの掲示板サイトでは、1,000円ウイスキーの中では五つ星として、最高ランクに位置づけされています。日本ではサントリーが輸入代理店として取り扱っていますので、酒屋さんなどで比較的容易に入手できるのも嬉しいところです。

昨日飲んだ「若鶴20年」に通じるピート香や硫黄香が感じられるなぁというのが飲んでの感想です。近時、ジャパニーズウイスキーがかなりブームになっていますので、地ウイスキーの雄である若鶴20年(フルボトルで12,960円)に興味がある方もいらっしゃると思います。

そういう方はまずティーチャーズ(フルボトルで1,372円)を試してみてはいかがでしょうか。本品を飲んで強烈なピート香などクセの強さを楽しめる方は、若鶴20年も楽しめると思います。若鶴20年を買ったはいいですが、クセの強さがまったく合わないとなるとお財布に痛すぎますので(笑)

シングルモルトで長熟の若鶴20年と比較すると明らかに薄べったく、熟成も若いのがよくわかりますが、価格差ほぼ10倍ですので、そこは当然のことでしょう。

ティーチャーズは45%のモルトウイスキー配合率となっており、30%程度の配合率も珍しくないブレンデッドウイスキーの中ではかなり高い配合率となっています。それでいて価格は定価でもほぼ最下層の1,000円台前半、若鶴20年の10分の1です。お値打ち感抜群ですね(笑)

【リピート】
家庭の常備菜ならぬ常備酒たりえる、手頃で本格感のあるウイスキーです。なくなったらあまり間を置かずに買ってしまうだろうと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

再び若鶴20年

皆さんこんばんは、ポッキーです。

明日は休みですので今日はしっかり飲んじゃいましょう( ^ω^)

と、いうわけで12月中旬に開栓した「若鶴20年」1990年1995年を再度飲んでみようと思います。ウイスキーは開栓して空気に触れることで、また、飲み進めて中身が減り、空気との接地面積が増えることで、少しづつ香味が変化していきます。

本品は開戦直後に飲んだ際に香りがくぐもっているように感じたこと、20年の樽貯蔵を経ていることから、樽から瓶詰めされて開栓した直後はまだ眠っている状態なのではと考えたことから、飲み進めずに箱に収めて放置しておいたものです。

開栓から20日ほどですが何がしかの変化が感じられるでしょうか。

名称:サンシャインウイスキー20年シングルモルト(1990年蒸留2014年瓶詰め、1995年蒸留2015年瓶詰め)
種類:ウイスキー(シングルモルト/ジャパニーズ)
製造:若鶴酒造株式会社
容量:300ml 59%(1990年)50%(1995年)
価格:5,400円(税込)
IMG_0899
【1990年】
チョコレートを思わせる樽香、樽の木材の焦げた匂い、杏、カスタードクリームのような香りもあります。開栓直後に強く感じたピートや硫黄の香りもしっかりとありますが、それらはかなり落ち着いて、樽香が前に出てきました。悪く言えば香りが飛んでしまったと言うのでしょうが、荒々しさが落ち着いたように思います。

口に含むと、ピートと硫黄、チェリーのような熟れた甘みと杏のようなフレッシュな甘み、とろみがあってオイリー、口中がとても煙たくなります。加水するとパインやオレンジのような香味も出てきて、煙たさは引き続きありますがすごく飲みやすくなります。

【1995年】
バニラやカスタードクリームを思わせる濃厚な甘い香り、チョコレートのような樽香、奥からピート香。度数50%にも関わらずアルコール感はきつくありません。

口に含むと麦の穀物感、ピート、硫黄、杏、オレンジ。1990年と比べると、とろみはなくさらりとしています。加水するとピートにヨード(海藻)の香りがしっかりとします。杏やパインのような甘さ、レモンのようなすっきりさもあります。

【感想】
これをブラインドで飲んでジャパニーズウイスキーと回答する方はあまりいないのではないでしょうか。ピート、硫黄、ヨードなどで非常に煙たいスコッチウイスキータイプのウイスキーです。とはいえ開栓後20日ほどで、ピート・硫黄の香りは落ち着きを見せ、樽由来のチョコレートやバニラ、杏のような香味がしっかり感じられるようになってきました。カスタードクリームのような濃厚で甘い香りも感じられるようになり、面白い変化を見せていると思います。

またもうしばらく放置してみようと思います(・∀・)あまり長く置くと香りが飛びすぎてしまったりで劣化に繋がるようですので、まぁほどほどに(笑)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

サッポロ黒ラベルとミニ肉まん

皆さんこんにちは、ポッキーです。

暖冬とは言うものの、冬は冬なわけで、こう寒いと外に出る気がしませんね(´・ω・`)
そんなわけで今日はもう早々に飲み始めます(∩´∀`)∩

今日はサッポロビールの定番ビールを飲みます。

名称:サッポロ生ビール黒ラベル
種類:ビール
系統:ピルスナー
製造:サッポロビール株式会社
容量:350ml 5%
原料:麦芽、ホップ、米、コーンスターチ
価格:209円(税込)
IMG_0891
【香り】
麦の穀物的な香りが主体です。軽めのすっきりした香りです。

【味】
麦芽の甘みよりも麦の穀物感をしっかりと感じます。ホップの種類などの影響なのか、若干の酸味が混じった苦味があります。穀物感はしっかりありますが、副原料に米やコーンスターチが使われていることもあってか、軽めの味わいで後口もすっきりしています。

【感想】
ジョッキでぐびぐび飲みたいビール。冬場に飲むには軽くてもの足りなさがあります。黒ラベルは泡立ちがすごく良くて、細かくきれいな泡が立ってくれるのでグラスに注いでいて嬉しいです(∩´∀`)∩

【リピート】
定番らしい安定感。また暖かくなってきたらお世話になる機会が増えることでしょう。

【肴】
IMG_0894IMG_0897
私の住む田舎から車で1時間ほどのショッピングモールの中にある、テイクアウトできる中華料理店のミニ肉まんです。レンジでアツアツに温めると冷たいビールとの相性は( ´∀`)bグッ!!

裏側の紙を剥いだら生地も剥げまして(笑)中具の写真を撮るには良かったです(ノ∀`)チェーン店か何かだろうとあまり期待せずに買いましたが、思ったよりずっとしっかりした品質で、美味しかったです(´∀`*)

酢醤油や辛子をつけて食べても美味しいと思いますが、私は肉まんには何もつけずに食べる派です(・∀・)写真の腕のせいかランチョンマットの柄のせいか背景のせいか、ものすごく殺風景で貧相に見えますが、本当に美味しかったですよ('A`|||)

どうしたらもう少し良い感じに写真が取れるのでしょうか…

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

本搾り 冬柑

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は当ブログ初となる、缶チューハイの記事です(・∀・)

今日飲むのはキリンの「本搾り」シリーズ、果汁とお酒(ウォッカ)のみで作られた缶チューハイで、糖類だの香料だのは使用されていません。

スーパーで初めて本搾りを見つけ、原材料表記を見た時の衝撃は今でも忘れられない(笑)ほどで、「こういう缶チューハイを待っていたんだ!!」と.。゚+.(・∀・)゚+.゚

正式には缶チューハイ(焼酎ハイボール)ではなく缶ウォッカハイですが、果汁もたっぷり使われていて、妙に甘ったるかったり薬臭かったりの不自然で人工的な味ではなく、それ以来、缶チューハイといえば本搾りです(´∀`*)もう少しバリエーションを増やして季節限定品などもより多く欲しいところですが、こういうビシっとした(笑)製品は長く生き残ってほしいと思います。

名称:本搾り 冬柑
種類:缶チューハイ
製造:キリンビール株式会社
容量:350ml 6%
原料:グレープフルーツ、ゆず、すだち、かぼす、ウォッカ
価格:132円(税込)
IMG_0789
【香り】
ゆずを中心に、すだちなど柑橘類の華やかな香りにグレープフルーツのすっきり感が混じった香りです。

【味】
グレープフルーツを中心に、かぼすなど柑橘類のすっきりした香味です。甘さは控えめで、柑橘類中心のブレンドですが酸味もきつくなく、優しい味で飲みやすいです。味わいに棘がないことから、氷で薄まると一気に平坦な印象になってしまうところが少し残念です。冬場ですから氷なしで飲むことを想定しているのかもしれません。

【評価】
ゆず、かぼす、すだちと日本の柑橘類をミックスした和の缶チューハイ。
すっきりした味わいで、和食、とりわけ鍋類など冬場の料理に合わせると非常に相性が良さそうです。熱々の料理に冷たくすっきりした本品の取り合わせは間違いないと思います。

【リピート】
鍋をする時には買ってしまいそう。今後も本搾りには大いに期待しています(∩´∀`)∩

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

天使のRED ALE

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日はお気に入りの地ビールを飲みます。今日飲むのはレッドエールというスタイルのビールで、焙煎した大麦を使用することから赤みがかった色になるそうです。苦味やホップの香りは比較的弱めで、麦芽やキャラメルの香りがするというビールです。

以前から「天使のRED ALE」はかなり好みで、見かける度に購入していたんですが、私の住む田舎ではあまり見かけないので地ビール人気もまだまだだなぁなどと思っていました。

どうやら「冬季限定」だそうです(笑)

そういえばブログを始めるまでは、ついぞラベルの記載などまともに見ていませんでしたし、いかに飲み散らかしていたかが今日自分でよくわかりました(ノ∀`)

名称:天使のRED ALE
種類:ビール
系統:レッドエール
製造:ヘリオス酒造株式会社(沖縄県名護市)
容量:350ml 5%
原料:麦芽、ホップ
価格:306円(税込)
IMG_0773
【香り】
カラメル、チョコレート、イチゴ、そして濃い麦の香りがします。甘く華やかな香りだけでなく、しっかりと麦の穀物感のある香りもします。

【味】
いちごチョコレートのような、フルーティな甘さがあります。濃厚で麦芽のコクがすごいですが、とても優しい味でしつこさはありません。

【評価】
通年販売してください.。゚+.(・∀・)゚+.゚
よく冷やしても美味しく、あまり冷やさなくても美味しいです。

【リピート】
既に数本購入済みです(´∀`*)
今後もまた買うでしょう。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

「pocky_withbooze」または「#ポッキーの酒的備忘録」で検索してみてください( ´∀`)b

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ