ポッキーの酒的備忘録

日本酒、焼酎、ウイスキー、ビールなどなど、私、ポッキーが毎日のように飲むお酒の私的備忘録です。 テイスティング能力、語彙ともに貧困ですが、記録に残すことで少しづつ慣れていければいいなぁ… お酒との組み合わせ、食事や肴についても記録に残していきます。 自分がリピートする際の参考に。どなたかの参考にもなれば幸いです。

ベンチャーウイスキー

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は埼玉県の新興地ウイスキーメーカーである、ベンチャーウイスキーについて書きます。ベンチャーウイスキーの製品を飲む記事に書こうかと思ったのですが、長くなりすぎますので(笑)

というわけで試飲記事ではありません(・∀・)

社名:株式会社ベンチャーウイスキー
本社:埼玉県秩父市
創業:2004年9月
資本金:4,100万円
社長:肥土 伊知郎(あくと いちろう)
売上高:3億7,875万円(2015年3月期)
従業員:12名
事業内容:ウイスキーの製造・販売

現時点で日本では唯一となる、ウイスキーのみを製造・販売する企業です。サントリー、ニッカウヰスキー(アサヒビールの傘下)、キリンディスティラリー(キリンビールの傘下)、マルスウイスキー(本坊酒造)などは総合酒類・飲料メーカーですし、地ウイスキーメーカーと呼ばれる小規模なウイスキーメーカー(若鶴酒造など)は、基本的に日本酒などの蔵元がウイスキー「も」造っている酒造会社です。

大手メーカーの傘下ではなく、日本酒・焼酎・地ビール・ワインなど他の酒類を造るわけでもなく、ウイスキーという製品単体で、自社単体で販路を切り開いていく当社は、まさしく「ベンチャー」企業なのでしょう。

当社が正式に蒸留所をオープンしたのは創業から約3年半後の2008年2月のこと。つまり、ベンチャーウイスキーの原酒は最長でも約8年間しか熟成は進んでいません。「イチローズ・モルト」(社長の名前に由来)というブランドネームで販売される当社のウイスキーの年間生産量は90klで、日本国内のウイスキー年間販売量の1000分の1以下です。

当社で製造するのは、二条大麦麦芽を原料に、単式蒸留機で蒸留するモルトウイスキーで、とうもろこしなど様々な穀物を原料に連続式蒸留機で蒸留するグレーンウイスキーは製造していません。連続式蒸留機は単式蒸留機に比べて、高いアルコール度数の原酒を大量に製造できますが、単式蒸留機よりも多額の設備投資が必要となりますので、将来的にはともかく現時点では製造していないようです。

ウイスキーには熟成が必要なのは広く知られていますが、仕込みから出荷まで最低3年間は必要です。スコッチウイスキーのイギリスではウイスキーを名乗るためには3年間の貯蔵が必須と法律で義務付けられています。日本の酒税法では熟成期間に定めはなく、蒸留してしまえばウイスキーを名乗ることはできますが、蒸留したてのウイスキー(ニューポットと言います)は、無色透明で焼酎に近く、ウイスキーとしては飲めません。

また、ビールなどの醸造酒と違い、蒸留機に多額の設備投資が必要になることから、ウイスキー業界への参入障壁はビールなどと比べて高くなります。地ビール会社は日本全国に数多くありますが、自社で蒸留まで行う地ウイスキー会社はわずかです。

基本的に最低3年間は販売する製品がないわけですから、ウイスキーでは売上が立ちません。ウイスキー以外の酒類を造って凌いでいるわけでも、大手メーカーの資金投入があるわけでもありません。資本金も現在ようやく4,100万円ですから、資本家に出資を募って潤沢な資金を保有しているわけでもありません。

そんな当社がどのようにして創業期を乗り切ってきたのか、その答えはベンチャーウイスキーの社長である肥土伊知郎氏の家業にあります。

肥土氏の実家は、埼玉県羽生市にある東亜酒造という酒造会社です。1625年創業の老舗造り酒屋で、現在は日本酒、焼酎、みりんなどを製造しています。また、かつては「ゴールデンホース」という銘柄のウイスキーも製造していました。

肥土伊知郎氏は、東京農業大学で醸造学を学び、サントリーに入社して営業部門で働いていたという経歴の持ち主です。実家の東亜酒造の経営が悪化したのを契機に、1997年に東亜酒造に入社しています。しかし残念ながら経営立て直しには至らず、2000年には東亜酒造は民事再生法適用を申請し、2004年には日の出みりんなどで知られるキング醸造のグループ企業となります。

民事再生ですから、破産とは違って事業は継続できますし、キング醸造というスポンサー企業も見つかったわけですから、後は立て直していくだけです。実際、現在でも東亜酒造は企業存続しています。

しかし、バブル崩壊以降、国内のウイスキー市場は縮小を続け、非常に低迷していたことから、不採算部門としてウイスキー部門は廃止、貯蔵中であった約400樽にも及ぶ原酒は、引き継ぎ先が見つからない場合には破棄するよう求められてしまいます。ウイスキーを貯蔵するには樽が必要で、それは必要に応じて補修が必要です。また、樽を保管する場所の土地と建物、その維持費、管理する人の人件費なども必要になります。ウイスキー市場の回復の目処の立たない中で、そのコストに見合うリターンは期待できないと、スポンサーが判断するのも無理からぬことでしょう。

しかし、それは肥土氏にとって耐えられることではありませんでした。ウイスキーは今日造って明日売れるものではなく、原酒は先代から受け継いだ大切な宝でした。原酒の中には20年近い熟成期間を経たものもあり、肥土氏は原酒の貯蔵場所を提供してくれる企業を探すために東奔西走しました。

上述のとおり様々なコストが必要になるウイスキーの保管に、簡単に応じる企業など普通はありえないのですが、福島県郡山市の笹の川酒造が原酒の保管に協力してくれることとなります。何をどうしたらそんなことができるのか、合理性を超えたところに判断要因があるのではないかと思います。

ただ、笹の川酒造も日本酒を造る酒蔵ですが、地ウイスキーメーカーとして今もウイスキーの販売を行っています。東亜酒造のゴールデンホースのことも当然知っていたものと思われ、長期貯蔵の原酒が破棄されてしまうのは酒のつくり手としてあまりにも忍びなかったのかもしれません。

肥土氏は、笹の川酒造に原酒を保管してもらうと共に、ベンチャーウイスキーの起業準備を始めます。そして、2004年9月に株式会社ベンチャーウイスキーを創業し、2005年5月には初製品となる「イチローズ・モルト」を世に送り出します。

原酒は東亜酒造の羽生蒸留所のものであり、笹の川酒造に保管してもらっていたものであり、製品化に必要な設備も笹の川酒造に借りて製造したものでした。

良い製品こそできたものの、中小零細企業が通常最も苦労するのが販路開拓です。往々にして良いモノさえ作れば売れるという考えから販促を疎かにしたり、製品を作ってから売り方を考えるなど対応が後手後手になり、在庫を抱えて資金繰りがショートしてしまうことも珍しくありません。

縮小を続け、サントリーとニッカウヰスキーが9割のシェアを占める国内ウイスキー市場で、名もないベンチャー企業が如何にして販路を開拓したか。肥土氏は、バーや酒販店への飛び込み営業を行うことで販路を開拓していきました。イチローズ・モルトの初期ロット600本は、2年間かけての飛び込み営業でようやく売り切ったそうです。並行して市場調査としても2000軒のバーを巡るなどして、今後の製品自体の方向性も検討していきます。

その結果が現在の、少数限定売り切りでの高級モルトウイスキーを主体とした製品構成です。ベンチャーウイスキーでは定番銘柄はほとんど造らず、その都度、400樽の羽生蒸留所原酒や、新たに造られる秩父蒸留所を巧みにブレンドし、本数限定でボトリングしています。限定品の高級ウイスキーとして売り出すことで希少性が高まり、今や当社の製品はバーテンダーやウイスキー愛好家たちに、また広く海外のウイスキー愛好家たちにさえ熱狂的に求められるようになっています。

少数のボトリングしかしないことで、樽に貯蔵する原酒以外の大量の在庫を抱えるリスクは軽減されます。大手と比べて生産能力が低く、原酒の保有量も少ない当社で、製品の味を一定に保つことは困難を極めますが、定番品をあまり造らず限定品主体とすることで、味を一定に保てないことを逆手に取って希少性を打ち出すことに成功しています。

600本売るのに2年を要したイチローズ・モルトは現在、数百~数千本の限定品を売り出す度に即日完売する状況が続いています。インターネット予約などでは、予約開始数十秒で完売になってしまうほどです。ただ、残念ながら完売になった限定品はオークションで高値で取引されるようになり、50万円の値が付いたことすらあります。

高値で転売可能で短期間で利ざやを稼げるウイスキーは、自分で飲むために購入する愛好家に加えて、いわゆる転売屋などの業者の格好の商材にもなってしまっています。限定品中心のイチローズ・モルトは特にこの傾向が強いようです。

そんなわけでイチローズ・モルトの限定品は私の口に届くような状況には到底ありませんが、秩父蒸留所の原酒の熟成が進む中で、今後じょじょに解消されていくのではないかと個人的には期待しています。

肥土氏はインタビューなどで、東京オリンピック開催の2020年の秩父蒸留所の10年熟成の製品を出したいと考えていることや、最終目標として30年熟成の製品を出したいことを語っています。秩父蒸留所の原酒が30年目を迎えるのは最速でも2038年、今から22年後のことです。

鬼が笑いすぎて顎を外しそうですが、イチローズ・モルト30年を飲める日が来ると良いですね。手軽なお値段でイチローズ・モルトが飲める日も来ると良いですね……(-。-) ボソッ

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノナガクテゴメンナサイ!!
|彡。゚+.*:.サッ

富士山麓 樽熟50°と富士山麓チョコレート

皆さんこんばんは、ポッキーです。

今日は東日本を中心に大荒れの天気でしたね(((( ;゚д゚)))
首都圏では交通ダイヤの乱れなどがひどく大変な騒動だったようですが、北国の民からするとたかだかあの程度の雪で交通昨日が麻痺するなんてって感じですよね( ^ω^)

あの手のニュースと、消費者庁や文化庁の地方移転検討のニュースを見ると、あまりにも一極集中しすぎている首都機能の地方移転は、やはり真剣に検討するべきなのではないかと思います。自然災害などに備えての混雑回避やリスク分散は、軽んじるべき議論ではないでしょう。

それはさておき、今日も今日とて呑んだくれ(∩´∀`)∩今日はキリンのウイスキーの代表銘柄である「富士山麓」を飲みます。富士山麓は実売1,000円を切ることが珍しくないリーズナブルなウイスキーですが、2014年、2015年と連続してインターナショナル・スピリッツ・チャレンジという国際的なコンクールで金賞を受賞している実力派のウイスキーです。

ジャパニーズウイスキーにおいて、これだけの低価格で国際的な賞を受賞しているのは、富士山麓だけで、世界的にも稀です。また、通常1,000円前後のウイスキーとなると、アルコール度数は40%かそれを下回ることが一般的ですが、本品は50%と非常に高く、ジャパニーズウイスキーの中では極めて異端な存在と言えます。

名称:富士山麓 樽熟50°
種類:ウイスキー(ブレンデッド/ジャパニーズ)
製造:キリンディスティラリー株式会社
容量:600ml 50%
価格:1,288円(税込)
IMG_0951
【ストレート】
青りんごを思わせるモルトウイスキーの香り、バーボンを思わせるグレーンウイスキーの甘いとうもろこしの香り、樽の木の香り・バニラの香り、アルコールの揮発感を感じます。

口に含むと、とうもろこし、青りんご、樽材に後からバニラ、後口は少しビターで、ピリピリとしたアルコール感があります。私がブラインドで飲んだらバーボンと回答してしまうと思います。アルコール度数が高いだけに、ストレートで飲むのはウイスキー好きでないと辛いかもしれません。

【加水】
少量加水(ペットボトルのキャップに1/5未満、ほんの数滴)すると、甘いバニラの香りが強く香るようになり、とうもろこし、青りんごなどが香ります。余韻はアルコール感でドライな印象です。

口に含むと、青りんごやパイナップルのようなモルトウイスキーの甘さ、とうもろこし、ピリピリとスパイシーなアルコール感を感じます。少量加水ではまだまだアルコール感が強いです。

トワイスアップ(1:1加水)にすると、青りんごのような若い果実感が強まります。奥にあるとうもろこしと合わさって、非常に優しい甘さを漂わせます。アルコール感は薄れてほとんど感じられません。

口に含むと、サトウキビ、熟れていないパイナップル、とうもろこし、奥にしっかり目のアルコール感を感じます。アルコールの刺激をピリピリと感じることはないですが、余韻にしっかりとアルコール感があります。あっさりとした甘さになり、飲みやすくはありますが、やや単調になる印象です。

【ロック】
オンザロックにすると、ほろ苦いバニラ、樽香を強く感じ、甘い香りが目立ちます。口に含むと、青りんご、パイナップル、とうもろこし、ピリピリとスパイシーなアルコール感、余韻はビターです。

ハーフロックに(トワイスアップをオンザロックに)すると、リンゴやパイナップルのような果実の甘酸っぱい香りとバニラの香り、口に含むとバニラ、少しビター、とうもろこしのすっきりした甘さを感じます。飲みやすいですが平坦な印象です。

【その他】
ハイボールにすると、甘いバニラと青りんごのような香り。口に含むと、樽由来のバニラのような甘みや、モルトウイスキー由来の青りんごのような爽やかさ、グレーンウイスキー由来のとうもろこしの味わい。グレーンウイスキーの目立つ、若いウイスキーですが、樽由来の香味や定評のある富士御殿場グレーンのおかげか、刺々しさは感じません。美味しいです。

【感想】
和風バーボンといった印象(笑)青りんごのような爽やかさはジャパニーズウイスキーっぽいですし、とうもろこしやバニラ感はバーボンのようです。「樽熟」を名乗るだけあって、樽由来のバニラなどの香味がしっかりと感じられます。オススメはストレートに少量加水か、ハイボール。バーボンに似た香味がありますので、コーラ割りでコークハイにしても楽しめそうです。

キリンディスティラリーは今でこそキリンビールの100%子会社としてウイスキーを製造していますが、かつてはカナダのシーグラム社との合弁会社である、キリン・シーグラム社としてウイスキー製造を始めた歴史を持ち、シーグラム社はカナダでカナディアンウイスキー、アメリカでバーボン、イギリスでスコッチの製造販売を行っていたことから、キリンのウイスキーは特にスコッチ・バーボンの影響を受けています。

また、富士御殿場蒸留所では、ウイスキーの貯蔵にバーボン樽をメインに使用していることもあり、そうした経緯から富士山麓はバーボンを思わせる香味があるのだろうと思います。また、バーボン樽は容量180リットルとウイスキーを貯蔵する樽としてはかなり小さい部類に入る大きさで、この場合、ウイスキーは容量に比して樽に接地する面積が大きくなることから、樽の木材が呼吸する影響を受けやすく、熟成が早期に進みます。

富士山麓が恐らく大半が若い原酒を使用しているにも関わらず、あまり刺々しさ・荒々しさを感じないのは使用樽のほとんどがバーボン樽であることが影響していそうです。

スコットランドで研鑽を積んだ竹鶴政孝氏の影響から、サントリー(竹鶴政孝氏が山崎蒸溜所の初代工場長)やニッカウヰスキー(竹鶴政孝氏が創業者)はスコッチウイスキーの影響が強く、この辺りはキリンが大手2社と一線を画するところです。

実売1,000円を下回ることが珍しくない本品ですが、アルコール度数50%と、ジャパニーズウイスキーの中ではコストパフォーマンスは最高クラス、恐らく№1ではないでしょうか。

富士山麓(本品)ですが、実は本年3月で終売になり、新たにノンチルフィルタードの富士山麓が販売になるようです。「ノン」「チルフィルタード」とは、チルフィルタードしていない、つまり冷却濾過していないという意味です。一般にほとんどのウイスキーは、透明度を高めるために瓶詰め前に0~5度に冷却し、出てきた澱を取り除いています。これをしないと、ウイスキーの温度が低くなった時に溶け込んでいる香味成分の一部が飽和状態となって析出し白濁してしまうのです。

ノンチルフィルタードにすることで、長期間保存すると白濁するリスクはありますが、濾過することで失われてしまう香味がそのまま残り、長期間経過したり冷えると澱が出る可能性がありますが、原酒のより濃厚な自然な香味が味わえます。
IMG_0950
写真はキリンのロバート・ブラウン特級ボトルのものですが、沈殿物があるのがおわりいただけますでしょうか。これはウイスキーの香味成分が時間の経過や低温により結晶化したものです。あくまでウイスキーの成分の結晶ですので飲む分には支障はありませんが、気になる場合はコーヒーフィルターなどで濾過すれば良いと思います。

ただし、古いコルク栓などがくだけて沈んでいる場合もありますので、コルク栓の古いボトルで沈殿物がある場合には注意を要します。

【リピート】
ハイボールやコークハイで気軽に楽しむことも、ストレートで濃厚さを楽しむこともでき、かつお値段1,000円程度とコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。現行品は終売予定ですのでもう買う機会はないかもしれませんが、3月に発売予定の新富士山麓はぜひ試してみようと思います。

【肴】
IMG_0953
富士山麓に合わせて富士山麓チョコレートで(∩´∀`)∩
富士山麓をゼリー状にしたものがチョコレートの中に入っています。相性は言うまでもなく抜群です。ウイスキーは甘味との相性が非常に良いので、チョコレートとの相性も非常に良いことが多いです。

個人的には羊羹をつまみにウイスキーを飲むのが好きです( ^ω^)

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

本搾り レモン

皆さんこんばんは、ポッキーです。

明日は東日本を中心に、広く雪になりそうですね。私の住む田舎でも明日は雪の予報になっています。暖冬でしたが年明けからようやく冬らしい気候になってきまして、なかなか体のリズムが追いつきません。

明日は少し早起きして、天候を確かめながら仕事に赴こうと思います。皆さんも暖かくされて風邪など召されませぬよう。

さて、今日もキリンの本搾りを飲もうと思います(∩´∀`)∩
一時、缶チューハイをぱったり飲まなくなっていたのですが、飲みだすと続いてしまいますね。本搾りは2月2日から新製品のピンクグレープフルーツが期間限定で登場するそうです。

私の住む田舎ですぐに発売されるかは不透明ですが、見かけたら試してみようと思います( ^ω^)

名称:本搾り レモン
種類:缶チューハイ
製造:キリンビール株式会社
容量:350ml 6%
原料:レモン、ウォッカ
価格:127円(税込)
IMG_0942
【香り】
レモンのすっきりした香りにアルコールのドライ感。レモンは酸味に果皮の苦味のある香りも感じられます。本搾りの各製品の中では最もドライな香りです。

【味】
レモンの酸味はありますが酸っぱすぎず、果皮の苦味が感じられるすっきりした飲み口です。酸味と苦味が主体で甘みはあまりないことから、アルコールのドライ感もしっかり感じられて本搾りの中では最も大人向けな印象です。

【評価】
缶チューハイですが甘口が苦手な男性にも受けそうです。

【リピート】
缶チューハイを買う時はまっさきに本搾りを探します。

【その他】
IMG_0943
山口県に住む友人から「長門ゆずきち」というご当地柑橘の果汁をいただきましたので、混ぜてみました(∩´∀`)∩

レモンとはまた違う優しい酸味と香りがあり、2つの香酸柑橘が合わさることで、相乗効果を発揮してくれています。これは混ぜて正解でした。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

猪苗代地ビール ラオホ

皆さんこんばんは、ポッキーです。

この週末も家の掃除に勤しんでいるところですが、モノが多すぎて収納に困ってしまっています。どうやらなかなか捨てられない体質のようで、もったいないお化けが出るかもしれませんが、断捨離にチャレンジする時がきたのかもしれません。

スーパーマーケットのビニール袋とか、デパートの紙袋とか、着なくなった服とか、何となく保管しているものが多すぎるので、思い切ってばさばさ捨てていこうと思います。家電の説明書とか大量の紙類は、必要なものはスキャンしてデータ化して、紙自体は捨ててしまいます。

すごい量のゴミが出そうですが(;´Д`)

さて、今日は先日の「ゴールデンエンジェル」に引き続き、猪苗代地ビールを飲みます(∩´∀`)∩

本日飲むのは「ラオホ」というタイプのビール、ラオホとは燻煙という意味だそうで、本品はブナのチップで麦芽を燻製しています。猪苗代地ビールは各製品とも、会津磐梯山の伏流水に、ドイツ産の大麦・小麦麦芽、ホップのみを使用して造られています。

ゴールデンエンジェルと同時に入手しましたので、購入後相当程度経過しています。酵母が生きたままのこのビールがどのような香味になっているのでしょうか。

名称:ラオホビール
種類:ビール
系統:ラオホ
製造:親正産業株式会社(福島県白河市)
容量:330ml 5%
原料:麦芽、ホップ
価格:540円(税込)
IMG_0956
【香り】
燻した木、コーヒー、カラメルに少し酸味が混じります。香りは全般的にかなり強めです。酸味混じりの香りは猪苗代地ビール館で飲んだ時には感じられず、ゴールデンエンジェル同様に瓶内発酵が進んだ影響と思われます。

【味】
コーヒーやワインを思わせる独特の深みがありますが、かなりあっさり目の味わいで、どっしり感はありません。深いのに軽いので不思議な感覚になります。大麦麦芽だけでなく小麦麦芽を使用していることが猪苗代地ビール全般の味わいの軽さに影響しているのでしょうか。

味にも香り同様酸味が出ており、正直酸味が邪魔で薫香などが上手く楽しめませんでした。冷蔵庫とはいえ長期間置いてしまったことで飲み頃を逃してしまい、酒飲みとしては深く恥じ入るところです('A`)

【感想】
猪苗代地ビールでは本品が最も気に入ったビールです。カラメルやワイン等、いわゆる黒ビール的な味わいに薫香が加わることで、甘さ・ほろ苦さ・香ばしさの取り合わせがとても良いです。

味わいは猪苗代地ビール全般かなり軽めで、個人的な好みではありますがもう少し飲みごたえがほしいところです。

【リピート】
猪苗代地ビールでもう一度飲んでみたいのは間違いなくこのラオホです。また福島県を訪問したら是非飲みたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

サントリー クラフトセレクト アンバーエール

皆さんこんばんは、ポッキーです。

名称:サントリー クラフトセレクト アンバーエール
種類:ビール
系統:アンバーエール
製造:サントリービール株式会社
容量:350ml 5.5%
原料:麦芽、ホップ
価格:257円(税込)
IMG_0945
【香り】
カラメルを思わせる麦芽の甘い香りに、ホップの青く、少し柑橘類を思わせるフルーティーな香りがします。

【味】
飲んだ瞬間はしっかりとホップの苦味が効き、追いかけて麦芽の甘さがやってきます。余韻は柑橘類を思わせるホップのすっきり感が残ります。

【感想】
華やかな香り、甘さはあるものの、香りも味も余韻をすっきりとさせることで、スムーズに次の一口へ移行できます。お酒単体でも楽しめますが、食事との取り合わせ・食中酒としての役割の方が力を発揮してくれると思います。

アンバーエールの深いコクや濃密な香りを期待して飲むと肩透かしをくらいますが、夏場にキンキンに冷やして飲んでも美味しそうなライトなアンバーエールです。

【リピート】
所謂アンバーエールに期待する濃厚さはなく、積極的に探してリピートはしないと思います。ただ、真夏も含めてオールシーズン楽しめるライトタイプのアンバーエールですので、見かけた時にふっと手を伸ばすこともありそうです。

サントリービールの地ビールタイプビールのブランドである、クラフトセレクトシリーズの第5弾として、「IPA」と共に発売になったビールです。

サントリーらしく(?)万人受け、日本人受けするビールと思われ、いつもの金色のピルスナービールとは違うビールにトライしてみたいという方の入門編として良さそうです。苦味はありますが柑橘系の爽やかさもあり、濃厚すぎないことから女性受けも良いのではないでしょうか。

地ビールを飲み慣れている方にはやや物足りないかもしれません。

それでは今回はこの辺で。

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
|彡。゚+.*:.サッ

ランキングに参加中です。お気に召されましたら、クリックいただけると幸いです(∩´∀`)∩


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村へ

Instagram

Instagram始めました
(*゚ノェ゚)コショショ

「pocky_withbooze」または「#ポッキーの酒的備忘録」で検索してみてください( ´∀`)b

記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ